何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

唐津市

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索

唐津市(からつし)は、佐賀県北西部にある都市である。唐(中国)に渡る津(港)が名前の由来であり、玄海灘の海の幸にとても恵まれている。 唐津市ポータルサイト


分かる[編集]

観光案内所[編集]

  • 唐津駅観光案内所 (観光協会本部) —  所在  唐津市新興町2935-1 JR唐津駅内。  電話  (0955) 72-4963  時間  9:00~18:00。年中無休。  WEB  [1]
  • 呼子観光案内所 所在  唐津市呼子町呼子4185-15。  電話  (0955) 82-3426  時間  9:00~17:00。年末年始定休。

着く[編集]

唐津駅改札口内にある金持ち神社

飛行機で[編集]

佐賀県には佐賀空港もあるが、唐津市へのアクセスには福岡空港の方が便利である。詳しくは次項を参照。

列車で[編集]

福岡市の福岡空港・JR博多駅から
姪浜駅で福岡市営地下鉄空港線より直接乗り入れるJR筑肥線を利用。博多駅よりJR唐津駅まで1時間20分。
佐賀市の佐賀駅から
JR唐津線を利用する。

バスで[編集]

からつ号福岡空港博多駅・天神バスセンターから唐津大手口バスセンター・アルピノ(唐津駅から100m)・宝当桟橋までを結ぶ昭和自動車の都市間高速バスである。1時間に2~3本あるので便利である。  時間  所要時間は1:30を目安に。  料金  空港~唐津大人¥1,230、小児¥620、博多・天神~唐津大人(中学生以上)¥1,030。中学生未満・・・¥520。交通系ICカード利用可。  WEB  [2]

車で[編集]

  • 糸島市方面からは二丈浜玉道路利用。


動く[編集]

列車で[編集]

  • 筑肥線 (糸島市 鹿家駅) - 浜崎駅 - 虹ノ松原駅 - 東唐津駅 - 和多田駅 - 唐津駅
  • 筑肥線 山本駅 - 肥前久保駅 - 西相知駅 - 佐里駅 - (伊万里市 駒鳴駅)
  • 唐津線 (多久市 多久駅) - 厳木駅 - 岩屋駅 - 相知駅 - 本牟田部駅 - 山本駅 - 鬼塚駅 - 唐津駅 - 西唐津駅

バスで[編集]

唐津地区だけを観光したいのであれば、

  1. JR唐津駅バス停から出発する昭和バス唐津市内線。また、JR東唐津駅バス停へも結ぶ。
  2. 唐津大手口バス停から出発する、唐津市内循環の東コースまたは西コース。

の2つが便利かと思われる。

唐津市中心街の唐津大手口から呼子へは昭和自動車利用。多くのバス路線が集まる唐津大手口バス停はJR唐津駅から徒歩5分。

自転車で[編集]

以下のレンタサイクルが利用できる。

  • 楽チャリ (JR九州) — 旅行者向けに電動自転車の貸出を行っている。みどりの窓口などで「楽チャリ利用券」「指定券」を事前購入する。当日、身分証明書の提示ない場合、保証金が必要となる。なお、搭乗者傷害保険付きである。  所在  唐津市新興町2935-1。駅レンタカー九州 唐津駅営業所。  電話  (0955) 74-6204  時間  9:00~17:00  料金  利用料 JR利用者¥300/2時間~¥980/日。一般利用者¥500/2時間~¥1,500。  WEB  [3]

足で[編集]

観る[編集]

唐津城  
唐津湾と松浦川河口に面し、5層の天守閣が映える唐津のシンボル。1602年に、秀吉の朝鮮出兵の前線基地だった名護屋城の廃材を利用して建てられた。以後近世を通じて6家の譜代大名が治め、筑前の黒田家や肥前の鍋島家に対し睨みを利かせた。現在の天守閣は昭和41年に復元された模擬天守。
 所在  唐津市東城内8番1号 唐津駅からバス10分  電話  (0955) 72-5697  WEB  [4]
 開場時間  9:00~17:00  料金  天守閣観覧料大人¥400、小人¥200。
唐津城


旧高取邸  
炭鉱王の広大な敷地を用いた邸宅。金箔を貼った派手な家。
 所在  唐津市北城内5番40号 唐津駅徒歩15分  電話  (0955) 75-0289  WEB  [5]
 開場時間  9:30~17:00 月曜休  料金  ¥510


旧唐津銀行  
明治43年に建てられたレンガ造りの旧銀行。
 所在  唐津市本町1513番地15 唐津駅徒歩10分  電話  (0955) 70-1717  WEB  [6]
 開場時間  9:00~18:00  料金  無料


呼子  
リアス式海岸の景勝地。壱岐へのフェリー発着地でもある。日本の古い漁村風景が堪能できる町。隣接する加部島には牧場があり、2時間ドラマのロケ地さながらの断崖絶壁の風景が楽しめる。隣町の鎮西町には、豊臣秀吉の朝鮮出兵の拠点となった「名護屋城」も史跡として残っている。呼子沿岸を周遊する遊覧船に「マリンパル呼子」の「イカ丸」「ジーラ」がある。


佐賀県立名護屋城博物館  
豊臣秀吉の朝鮮出兵の基地となった名護屋城が保存されている。
 所在  唐津市鎮西町名護屋1931-3  電話  (0955) 82-4905  WEB  [7]
 開場時間  9:00~17:00 月曜休  料金  無料


虹ノ松原  
長さ数キロにおよぶ鬱蒼とした松林が続く日本三大松原の一つ。松林の中を国道202号が通っている。
 所在  筑肥線・虹ノ松原駅下車
虹ノ松原


宝当神社  
唐津沖の高島にある神社。宝くじに当籤するための祈願をする人が多い。猫と野崎さんの島としても有名。
 所在  唐津市高島523番地。千代田桟橋よりフェリー。  電話  (0955) 74-3715  WEB  [8]
 開場時間    料金  
宝当神社


唐津神社  
唐津の海の神。唐津くんちの氏神。
 所在  唐津市南城内3-13 唐津市民会館隣・唐津駅徒歩10分、唐津バスセンター徒歩5分。  電話  (0955) 72-2264  WEB  
 開場時間    料金  
唐津神社

遊ぶ[編集]

唐津くんち  
毎年11月2日~4日にかけて行われる、唐津市民が最も盛り上がる祭り。江戸時代末期から明治時代初期にかけて作られた、巨大な鯛・かぶと・龍・船などをかたどった14台の曳山が町を練り歩く。
 所在  唐津市街全域。


唐津競艇場  
広い静水面を持つ競艇場。虹の松原からも近い。
 所在  唐津市原1116。JR東唐津駅より無料バス・無料タクシー。  電話  (0955) 77-1311  WEB  [9]
 営業時間  開催により異なる。  料金  入場料¥100。


マリンパル呼子  
海底を探検する鯨型の観光船「ジーラ」、七つ釜を観光する観光船「イカ丸」の会社。
 所在  唐津市呼子町 呼子港より出航  電話  0120-425194  WEB  [10]
 営業時間  出航時刻はHP参照  料金  ジーラ¥2100、イカ丸¥1500


厳木温泉 佐用姫の湯 (きゅうらぎおんせん さよひめのゆ)  
県内屈指の単純アルカリ温泉。
 所在  唐津市厳木町牧瀬34-2 唐津線・厳木駅徒歩15分  電話  (0955) 63-4126  WEB  [11]
 営業時間  9:30~21:00 火曜休  料金  ¥410


鳴神温泉 ななの湯  
強アルカリ温泉。
 所在  唐津市七山滝川1150 筑肥線・浜崎駅より昭和バス20分「ななのゆ」下車  電話  (0955) 70-7070  WEB  [12]
 営業時間  10:00~20:00  料金  ¥510


松浦川河畔公園・SL広場  
運動場や様々な遊具のほかにミニSL広場がある。
 所在  佐賀県唐津市久里3003  電話  -  WEB  [13]
 営業時間  -  料金  -

買う[編集]

イオン唐津ショッピングセンター  
ショッピングセンター。
 所在  唐津市鏡字立神4671  電話  (0955) 70-6200  WEB  [14]
 営業時間  9:00~21:00  値段  


呼子朝市  
日本三大朝市の一つとしても数えられる活気あふれる朝市。
 所在  唐津市呼子町呼子朝市通り。  電話  (0955) 82-3426  WEB  [15]
 営業時間  7:30~12:00  値段  


宮田の松露饅頭  
松露饅頭の店。
 所在  唐津市呉服町1815-1  電話  (0955) 72-2596  WEB  
 営業時間    値段  12個¥1155


大原老舗  
銘菓・松露饅頭の店。
 所在  唐津市本町1513-17。  電話  (0955) 73-3181  WEB  [16]
 営業時間  8:30 ~ 19:00  値段  


波戸岬サザエのつぼ焼き売店  
サザエのつぼ焼を提供する屋台群。サザエが苦手な人にはイカ焼きも用意されている。
 所在  唐津市鎮西町波戸1616-1。  電話  (0955) 82-4774  WEB  
 営業時間  [3月中旬~10月] 9:00~18:00、[11月~3月中旬] 9:30~17:00  値段  


松浦漬  
鯨の軟骨を酒粕につけたもの。
 所在  唐津市呼子町殿の浦5番地  電話  (0955) 82-0180  WEB  [17]
 営業時間    値段  180g¥1296


唐津焼  
伝統的なやきもの。朝鮮との交易で発展した。

食べる[編集]

安食堂[編集]

からつバーガー  
虹ノ松原の国道202号沿いにあるご当地ハンバーガーの店。店舗はワゴン車やマイクロバスを改造したもの。但し松の木に隠れて目立ちにくいので注意。
 所在  唐津市虹ノ松原、国道202号沿い。  電話    WEB  [18]
 営業時間  10:00~20:00  予算  スペシャルバーガー¥460など

中級[編集]

海中魚処 萬坊  
海中レストラン。
 所在  唐津市呼子町殿ノ浦1946-1。  電話  (0955) 82-5333  WEB  [19]
 営業時間  11:00~20:00  予算  いかしゅうまい ¥630


コラーゲンバイキングレストラン「愛しとーと」  
コラーゲンたっぷりのメニューのバイキング。
 所在  唐津市浜玉町浜崎2467-1  電話  0120-315014  WEB  [20]
 営業時間  11:00~16:00  予算  70分¥1680


河太郎 呼子店  
烏賊の活き作りの店。中に生簀があり、すくってすぐ調理する。動く刺身が有名である。
 所在  唐津市呼子町呼子1789-2。  電話  (0955) 82-3208  WEB  [21]
 営業時間  平日12:00~20:00(月曜 19:00まで)、土日祝11:00~20:00。※盆・正月は休業。  予算  いか活き作り定食¥2,700など。


海舟 (かいしゅう)  
海沿いのイカ料理店。
 所在  唐津市呼子町殿ノ浦  電話  (0955) 82-5977  WEB  [22]
 営業時間  11:00~20:00  予算  いかづくし会席¥3996など

高級[編集]

レストラン 唐津迎賓館  
旧・唐津銀行にあるレストラン。
 所在  唐津市本町1513-15 唐津駅徒歩7分  電話  (0955) 58-9311  WEB  [23]
 営業時間  11:30~14:00/17:30~21:00  予算  唐津焼佐賀牛コース¥4800など


キャラバン  
佐賀牛のステーキ店。
 所在  唐津市中町1845  電話  (0955) 74-2326  WEB  [24]
 営業時間  11:30~14:30/17:00~20:30 火曜休  予算  佐賀牛ハンバーグコース180g¥2200など


川島豆腐店  
ざる豆腐発祥のお店。朝・昼は4部制、夜は完全予約制。唐津駅から徒歩3分。
 所在  唐津市京町1775。  電話  (050) 5590-9867  WEB  [25]
 営業時間  8:00~14:00 17:30~21:00、定休日 日曜  予算  


リストランテ マツシマ (Ristorante MATSUSHIMA)  
松島にある完全予約制のイタリアンレストラン。
 所在  唐津市鎮西町松島3488-1。  電話  (080) 2738-2655  WEB  [26]
 営業時間  10:30〜  予算  

飲む[編集]

泊まる[編集]

安宿[編集]

民宿 一福  
馬渡島にある民宿。
 所在  唐津市鎮西町馬渡島82。  電話  (0955) 82-9814  WEB  [27]
 時間    料金  

中級[編集]

唐津第一ホテル  
唐津駅より徒歩5分。
 所在  唐津市西寺町488-1。  電話  (0955) 74-1000  WEB  [28]
 時間    料金  


国民宿舎 虹の松原ホテル  
唐津市の松林の海岸・虹ノ松原にある国民宿舎。佐賀牛・烏賊などを提供。
 所在  唐津市東唐津4丁目(東唐津駅まで送迎あり。前日までに予約)。  電話  (0955) 73-9111  WEB  [29]
 時間    料金  佐賀牛とイカ生き造り1泊2食¥11,980~。


国民宿舎 いろは島  
旧肥前町。温泉が有名。
 所在  唐津市肥前町満越886-1。  電話  (0955) 53-2111  WEB  [30]
 時間    料金  旬の魚づくし膳¥10,440~。

高級[編集]

唐津ロイヤルホテル  
唐津湾と虹ノ松原を望むリゾートホテル。
 所在  佐賀県唐津市東唐津4-9-20(東唐津駅まで送迎あるが事前予約必須など条件あり。唐津駅から昭和自動車の市内循環バス。)  電話  (0955) 72-0111
 FAX  (0955) 72-0120
 WEB  [31]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 11:00 年中無休  料金  プランにより異なる。ホームページを確認。


汐湯 凪の音  
唐津湾を望む癒し宿。
 所在  唐津市浜玉町浜崎1613。  電話  (0955) 56-7007  WEB  [32]
 時間    料金  

出かける[編集]


Wikitravel Shared Logo 唐津市に関連する画像がウィキトラベル・シェアードにあります。

この記事「唐津市」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。