何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

周遊バス

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
周遊バス

Default Banner.jpg

周遊バス(しゅうゆうバス)とは、観光地で運営されている、観光バスと路線バスの二面性を持つバスである。


分かる[編集]

日本の各地では、地元バス会社の貸切バスが大きな駅前で予約・客待ちをする例が多く、観光客は半ば強制的に観光バスに乗せられていた。しかし、様々な見所の多い町では、観光バスのルートが面白くない、自由なコース設定が出来ないとのことで、利用も下がっていた。

また、小規模グループに観光タクシーも存在していたが、特定の店に誘導する、地理に疎い観光客を相手にするために、わざと不自然なルートで走るなども見受けられた。

そこで、路面電車や路線バスを活用する現在のニーズにあったものとして、その地域の有力バス会社や自治体がバス路線を作り、1日乗車券で周遊でき、また本数も数多く設定した周遊バスを設定するようになった。

周遊バスの特徴[編集]

  • 1日に1時間おきの設定など、観光客が簡単に利用できるようにした。
  • 1日券を発行し、市内のバス全て利用できるなど、観光客が時間を気にせずに利用できる。
  • 路面電車・市バスなどと共通の乗車券がある例が多い。
  • ワンマン運転が多いが、自動放送に沿線案内が盛り込まれている例もある。

主な周遊バス[編集]

北海道[編集]

  • おたる散策バス(小樽市) - 市内に1系統ある。¥220.ほかに天狗山ロープウェイ・おたる水族館行きのバスもあり、小樽市内で使える1日券¥750.

宮城県[編集]

秋田県[編集]

  • ぐるる(秋田市) - 市内に1系統ある。1回¥100、1日乗車券¥300.[1]

新潟県[編集]

石川県[編集]

  • 城下まち金沢周遊バス(金沢市) - 市内に2系統ある。右回りは金沢駅東口からひがし茶屋街(橋場町)→金沢城・兼六園(兼六園下)→片町→香林坊→近江町市場(武蔵ヶ辻)と経由して金沢駅東口に戻るルート、左回りはその逆となる。1回¥200。1日乗車券¥500(北鉄グループの路線バスの指定区間にも乗車可能)。
  • 金沢ふらっとバス(金沢市) - 城下まち金沢周遊バスよりも小さなエリアを循環するコミュニティバス。市内に4系統ある。1回¥100。此花・菊川・材木ルート(北鉄バス担当)はICaが、長町ルート(西日本JRバス担当)は交通系ICカード10種が利用できる。PiTaPaの場合は、ポストペイ(後日請求)。その他のICカードの場合は、チャージをしてそのチャージ額を利用。
  • まちバス(金沢ショッピングライナー)(金沢市) - 土・日・祝日限定運行のバス。金沢駅東口から武蔵、香林坊を経由して金沢21世紀美術館までを往復している。1回¥100。交通系ICカード10種が利用できる。PiTaPaの場合は、ポストペイ(後日請求)。その他のICカードの場合は、チャージをしてそのチャージ額を利用。

岐阜県[編集]

  • 柳バス(濃姫バス)(岐阜市) - 市内に1系統ある。岐阜駅・名鉄岐阜駅から柳ヶ瀬を通る環状線。1回¥100。[2]

愛知県[編集]

  • メーグル(名古屋市) - 市内に1系統ある。名古屋駅から名古屋城、徳川園、栄をめぐる。1回¥210、1日券¥500.市バス1日乗車券・ドニチエコきっぷ・交通系ICカード10種利用可。月曜運休。[3]

京都府[編集]

  • 舞鶴周遊観光ループバス(舞鶴市) - 土・日・祝日限定運行のバス。市内に2系統ある。1回¥200。1日乗車券¥1,000(京都交通にも乗車可能)。

大阪府[編集]

うめぐるバス

兵庫県[編集]

  • シティー・ループ(神戸市中央区) - 北野・旧居留地・南京町・メリケンパーク・ハーバーランドなど、神戸都心エリアを一周する。1回¥260。1日乗車券¥660。[6]
  • 姫路城ループバス(姫路市) - ボンネットバスで姫路城周辺を一周する。1回¥100。1日乗車券¥300。[7][8]

鳥取県[編集]

  • くる梨(鳥取市) - 日交バス・日ノ丸バスが運行。市内に3系統ある。1回¥100。1日乗車券¥200。交通系ICカード10種・WAON・楽天Edy・iD・QUICPayが利用できる。PiTaPa・iD・QUICPayの場合は、ポストペイ(後日請求)。その他のICカード・電子マネーの場合は、チャージをしてそのチャージ額を利用。
  • ループ麒麟獅子(鳥取市) - 日交バス・日ノ丸バスが運行。鳥取駅から鳥取砂丘・鳥取港を経由し、周回している。1回¥300。1日乗車券¥600。交通系ICカード10種・WAON・楽天Edy・iD・QUICPayが利用できる。PiTaPa・iD・QUICPayの場合は、ポストペイ(後日請求)。その他のICカード・電子マネーの場合は、チャージをしてそのチャージ額を利用。
  • だんだんバス(米子市) - 日交バス・日ノ丸バスが運行。市内に1系統ある。1回¥150。[9]
  • どんぐりコロコロ(米子市淀江町) - 米子第一交通(第一交通産業グループ)が運行。市内に5系統ある。1回¥150。[10]
  • はまループバス(境港市) - 市内に4系統ある。1回¥100。1日乗車券¥300。[11]

島根県[編集]

  • ぐるっと松江レイクライン(松江市) - 松江市営バスが運行。市内に2系統ある。松江駅から松江城・松江しんじ湖温泉駅・宍道湖を経由し、周回している。1回¥210。1日乗車券¥520、2日乗車券¥1,050(松江市営バスにも乗車可能)。[12]

岡山県[編集]

  • めぐりん(岡山市北区中区東区) - 岡山市中心部に4系統ある。1回¥100(日赤線の一部区間は¥190、益野線の一部区間は¥250)。PayPayが利用できる。[13]
  • 岡山後楽園バス(岡山市北区・中区) - 宇野バスが運行。岡山駅東口から岡山県立美術館を経由して岡山後楽園までを往復している。1回¥100。Harecaが利用できる(交通系ICカード10種は利用できない)。
  • 夢二黑の助BUS(岡山市北区・中区) - 岡電バスが運行。岡山駅東口から後楽園前を経由して夢二郷土美術館前までを往復している。1回¥140。Hareca・交通系ICカード10種が利用できる。PiTaPaの場合は、ポストペイ(後日請求)。その他のICカードの場合は、チャージをしてそのチャージ額を利用。[14]
  • ジーンズバス(倉敷市) - 下電バスが運行。倉敷市児島地区の縫製工場やジーンズショップ、観光施設などを一周する。1回¥170。1日乗車券¥510。Hareca・交通系ICカード10種が利用できる。PiTaPaの場合は、ポストペイ(後日請求)。その他のICカードの場合は、チャージをしてそのチャージ額を利用。[15]
  • ふれあい号(倉敷市) - 下電バスが運行。児島駅周辺地区を一周する。1回¥170。Hareca・交通系ICカード10種が利用できる。PiTaPaの場合は、ポストペイ(後日請求)。その他のICカードの場合は、チャージをしてそのチャージ額を利用。[16]
  • とこはい号(倉敷市) - 下電バスが運行。児島・下津井・鷲羽山地区を一周する。1回¥170~¥260。1日乗車券¥510。Hareca・交通系ICカード10種が利用できる。PiTaPaの場合は、ポストペイ(後日請求)。その他のICカードの場合は、チャージをしてそのチャージ額を利用。[17]
  • ごんごバス(津山市) - 中鉄北部バスが運行。市内に6系統ある。1回¥200。指定されたバス停で他の系統に乗り換える場合は、乗り換え券(¥100)を発行。[18]

広島県[編集]

めいぷる~ぷ
  • エキまちループ(広島市中区南区) - 広島バス・広電バスが運行。広島市中心部を一周する。左回り(101号線)・右回り(102号線)・広島駅〜平和大通り〜市役所前(101号線・103号線)がある。1回¥180(PASPY¥170)(2020年1月26日より1回¥190(PASPY¥180))。PASPY・交通系ICカード10種も利用可能。[19][20]
  • めいぷる~ぷ(広島市中区・東区・南区) - 中国JRバス・広島バス・広電バスが運行。広島市中心部を一周する。オレンジルート(中国JRバス担当。平和公園・美術館経由)・グリーンルート(中国JRバス担当。平和公園・並木本通り(お好み村)経由)・レモンルート(中国JRバス担当。平和公園経由)・ブルールート(中国JRバス・広島バス・広電バス担当。広島港・平和公園経由)がある。オレンジルート・グリーンルート・レモンルートは1回¥200、ブルールートは1回¥330(紙屋町→広島駅新幹線口は1回¥200)。1日乗車券¥400(ただしブルールートは紙屋町→広島駅新幹線口のみ利用可能)。PASPY・交通系ICカード10種も利用可能。[21]
  • めいぷるスカイ(広島市中区・東区・南区) - 中国JRバスが運行。金・土・日・祝日・GW・夏休み限定運行のバス。屋根のないバスで広島市内を一周する。広島市内ドライブ車窓コース・広島市内平和記念公園下車コース・ひろしまドリミネーション車窓コース(冬期限定)がある。1回¥2,000(ひろしまドリミネーション車窓コースは¥1,500)。[22]
  • のんバス(東広島市) - 芸陽バス・中国JRバスが運行。東広島市中心部を一周する。赤ルート(外回り)・青ルート(内回り)がある。1回¥200。1日乗車券¥500。PASPY・交通系ICカード10種も利用可能。[23]
  • まわローズ(福山市) - 中国バス・井笠バス・トモテツバスが運行。市内に1系統ある。1回¥150。1日乗車券¥400。PASPY・交通系ICカード10種も利用可能。[24][25]

山口県[編集]

まぁーるバス
  • 萩循環まぁーるバス(萩市) - 防長バスが運行。市内に2系統ある。1回¥100。1日乗車券¥500(防長バスの指定区間にも乗車可能)、2日乗車券¥700(同)。[26]
  • 山口市コミュニティバス(山口市) - 山口駅から瑠璃光寺などに行く「大内ルート」と湯田温泉に行く「吉敷・湯田ルート」がある。¥200(山口駅で両系統を乗り継いでも同じ運賃)。

福岡県[編集]

  • 小倉ループバス(北九州市/小倉北区)- 市内に1系統ある。小倉駅より小倉城周辺/TOTO/ドン・キホーテなどをめぐる。外国人対応。¥100.西鉄のフリー乗車券・交通系ICカード利用可。[27]
  • 福岡オープントップバス(福岡市) - 屋根のないバスで福岡市内を一周する。¥1500.[28]

佐賀県[編集]

  • 南部周遊バス(佐賀市) - 佐賀市交通局が運行。昇開橋・三重津海軍所跡・東よか干潟にいける。1回¥150.[29]

熊本県[編集]

熊本市の「しろめぐりん」
  • じゅぐりっと号(人吉市) - 市内に1系統ある。¥150~220.1日券¥500。[30]
  • しろめぐりん(熊本市) - 市内に1系統ある。熊本駅から交通センターを経由し、熊本城に上り、周回している。熊本城へ上るのがきつい人によい。車内アナウンスはコロッケの物真似。¥150.わくわく1dayパス・交通系ICカード10種・くまモンのICカード利用可。[31]

大分県[編集]

鹿児島県[編集]

サクラジマアイランドビュー
  • カゴシマシティビュー(鹿児島市) - 市内に3系統ある(城山・磯コース、ウォーターフロントコース、夜景コース)。1回¥190、1日券(市電・市バスにも有効)¥600.[33]
  • まち巡りバス(鹿児島市) - 市内に1系統ある。鹿児島市営のカゴシマシティビューとは別。1回¥170、1日券¥500.[34]
  • サクラジマアイランドビュー(鹿児島市桜島