何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

台南市

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
台南市の中心部、成功路界隈

台南市(たいなん)は台湾南西部にある台湾最古の街で、日本で言えば奈良京都のような古都。台北が戦後もたらされた大陸文化の影響が比較的大きいのに比べ、台南は名所旧跡、担仔麺や棺材板に代表される美食、伝統的家屋など、台湾オリジナルの文化を数多く残しており、歴史ファン、グルメファンは是非訪れたい街。台南サイエンスパーク「台南科学工業園区」からも近く、日本や世界各国からの駐在員も多く住んでいる。現在は新北高雄台中台北桃園(桃園県が2014年12月25日に直轄市に昇格)に次ぐ、台湾第六の都市。人口は188万4千人(2014年12月現在)。[1]


地区[編集]

台南市内のうち、以下の地区についてこのページでは概要のみ取り上げている。情報の詳細については各地区のページを参照。

中心部[編集]

  • 中西区:台鉄台南駅の南西に広がるエリア。かつての中区と西区が合併してできた区で、東西に細長い形をしている。台南市内でも最も古くから栄えている場所のひとつで、見所も多い。
  • 北区:台鉄台南駅の北側一帯に広がるエリア。
  • 東区:台鉄台南駅の東側から南東にかけて広がるエリア。台湾の名門、国立成功大学があり、駅の東側一帯に学生向けの安くてうまい食堂が数多く営業していることでも知られている。
  • 南区:台鉄台南駅から見て南西分、中心からはやや外れた一体に広がるエリアで、台南空港などがある。
  • 安平区:市の西部、海岸沿いに広がるエリア。清朝時代、17世紀頃から開けた所で、中西区同様、清朝時代の歴史的建造物や日本統治時代の建物など、旧蹟が数多く残されている。
  • 安南区:市の北西部、中心からやや外れた海岸沿いに広がるエリア。

その他の地区[編集]

分かる[編集]

概要[編集]

延平郡王祠にある鄭成功の像

明代にオランダが安平に行政府をおいたことに始まり、その後台南のヒーロー「鄭成功」がオランダを追い出したが、清代には貿易で繁栄し「一府二鹿三艋」(台南府、鹿港艋舺)と言われたほど、台湾で最も繁栄した都市になった。これらの理由で市内には明時代からのものを含め旧跡が非常に多く残されている。 かつて台南市は基隆市新竹市台中市嘉義市とならぶ台湾省省轄市であったが、2010年12月25日に台南県と合併し、直轄市に昇格した。宮城県仙台市と2006年に友好交流都市提携を結んでいる。

ホテルの宿泊無料や割引あるいは古跡の入場料無料などの特典のついた府城観光護照が観光協会から999元で発行されている。 (台南市観光協会

気候[編集]

6月から8月にかけて雨量が多くなる。天候も安定し、気温も比較的しのぎやすい10月頃~3月頃にかけてがベストシーズンといえる。1月は昼間こそ日本でいえば3月くらいの気候になるが、夜は冷え込むのでダウンジャケットが必要だろう。

台南市の平均気温と降水量
 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月年 間
平均気温 (℃)17.318.221.024.527.128.429.028.428.025.822.318.724.1
降水量 (mm)19.928.835.484.9175.5370.6345.9417.4138.429.614.711.31,672.4
データ出典

着く[編集]

飛行機で[編集]

台南空港

台南空港へ台北松山空港から約45~60分(復興航空1日6便、遠東航空1日2便)。現在は、台北松山空港便は廃止。
2019年12月現在、ユニー航空(立榮航空)が金門澎湖へ1日各3便が運行中。

2015年10月28日、チャイナエアラインの関西国際空港-台南線が就航した。

チャイナエアライン関空線運航スケジュール(2019年12月現在)[編集]

CI193 関空11時40分発~台南14時25分着、火・金曜運航
CI192 台南15時25分発~関空19時05分着、火・金曜運航

台南空港からのアクセス[編集]

市の中心へは、路線番号5番のバスが台鉄台南駅へ、おなじくH31番のバスが新光三越百貨 台南西門店(新天地)付近へ向かう。いずれも1時間に1~2本の運行。

列車で[編集]

高鉄台南駅
  • 台湾鉄路管理局(台鉄)台南駅(台南火車站)下車。
  • 台北から台湾高速鉄道(高鉄、新幹線)を利用して高鉄台南駅まで所要約1時間45分。料金は片道1,350元(曜日や時間帯によっては割引料金が適用になることがある)。

高鉄台南駅からのアクセス[編集]

高鉄台南駅から市の中心部に向かう公共交通機関は以下のとおり。

鉄道
2011年1月、台湾鉄道の沙崙線(中洲−長栄大学-沙崙)が開通したことにより、高鉄台南駅に隣接した台鉄沙崙駅から台鉄台南駅まで直通列車で行くことができるようになった。高鉄の発車時刻に合わせた形で1時間に2~3本の運行。台鉄沙崙駅(高鉄台南駅)から台鉄台南駅まで25元(2018年2月現在)、所要時間は20~25分程度。切符は自動販売機で購入できるが、台南駅行きの切符については窓口でも手売りしているので、自動販売機の操作方法がわからない場合は窓口を利用すると手っ取り早く買える。なお、台鉄台南駅から沙崙駅行きの切符を自販機で買う場合、自販機によっては「沙崙駅」のボタンがないものもあるので、機械を選んで買うように(1号機から3号機あたりまでは「沙崙駅」のボタンが追加されている)。
バス
以前、高鉄台南駅と台鉄台南駅を結んでいた無料のシャトルバスは、2011年1月の台鉄沙崙線開通直後に廃止となっているが、台南空港からのアクセスで紹介した路線番号H31番のバスが新光三越百貨 台南西門店(新天地)付近へ向かう。バス停は、駅を背にして左側の端にある。
タクシー
荷物が多い場合などはタクシーの利用も便利。タクシー乗り場は、駅を背にして右側の端にある(多くのタクシーが常時停車しているのですぐわかる)。

なお、2007年の台湾高速鉄道開業から既に10年以上が経過しているが、駅周辺には飲食店や商業施設などが一切ない。このため、飲食やショッピングをしたい場合、駅構内の店舗を利用することになる。

車で[編集]

バスで[編集]

各都市から台南市へと向かうバス路線が多くあるとともに便も多い。バスターミナルは台鉄台南駅の西口(表口)に集中している。

船で[編集]

動く[編集]

市街地にある案内板

街のあちこちに案内板があり、周辺の観光名所の位置を教えてくれる。

バスで[編集]

  • 市内バス「公車」は一律18元。乗車時に料金を支払い、切符を受け取る。下車時は切符を運転手に渡して下車する。空調が故障していると半額の9元になる。バス停は駅前のロータリーにある。
  • 無料の観光マイクロバス「観光休閒公車」があり、88番は赤崁楼などで発着、安平方面まで回るので、30分に1本ほどだが利用する価値はある。

自転車で[編集]

T-Bike
  • T-Bikeという公共レンタサイクルのサービスがある。観光スポットなど、街のあちこちにあるどのスタンドでも返却が可能。観光客はクレジットカードで利用できる。料金は30分10元。使い方は、各スタンドに設置された端末の日本語ガイダンスに従えばOK。T-Bike
  • 台南駅の近く(駅から徒歩8分くらいの所)に日本語を喋る老人が経営する貸し自転車屋がある。レンタル料は1日あたり500元+保証金3,500元(2007年3月の情報)。所在などの詳細は駅のビジターセンターで尋ねるとよい。
  • 宿泊客用の自転車を用意しているホテルも多い。

観る[編集]

以下のエリアに関する情報の詳細については各地区のページを参照。


保安駅 (保安車站) 地図  
台鉄台南駅からひとつ高雄方面にある駅。現在使われている駅舎は木造で、日本統治時代の完成。この駅で購入できる、台南方面に3駅離れた永康駅への切符は、駅名を並べ替えると「永保安康」(安らかな生活と健康な体を永遠に保つ)という縁起のいい言葉になる。2000年にCMを契機としてブームを巻き起こした、実際に乗車可能な硬券が発売されている。
 所在  台南市仁徳区保安里文賢路一段529巷10号。
縁起のいい保安駅発永康駅行きの硬券


奇美博物館 地図  
台鉄保安駅から徒歩約10分のところにある、台湾人実業家の許文龍のコレクションを展示している博物館。1992年の開館で、台南都会公園の中にある西洋風の建物、ここはまるでヨーロッパの景色。絵画や彫刻、楽器、兵器など、文龍のコレクションの約3分の1となる4000点あまりが展示されている。
 所在  台南市仁徳区文華路二段66号。  電話  +886 6 2660808  WEB  [2]
 e-mail  [3]
 開場時間  9:30~17:30、水曜・旧正月休業  料金  200元、学生・65歳以上150元。
ヨーロッパの景色を彷彿させる、建物とその周辺


新化老街 地図  
新化区にある老街。中山路から信義路にかけての中正路の両側には、味のあるバロック風の建物が軒を連ねる。中正路の西側の建物のほうが築年数が古い。1920年代に建てられた姿のまま、店舗として使われている。看板の形が統一され、整然と並ぶ様子がきれい。また、この老街は旧正月前に行われる「年貨大街」でも有名。年貨大街は、正月用の飾りや菓子、料理の露店がずらりと通りに並び、毎年たくさんの人々でにぎわう。
 所在  台南市新化区。台鉄台南駅東口付近にある大台南公車「台南火車站(北站)」から路線番号緑幹線の玉井行きまたは同緑17の新化行きに乗車し、新化站バスターミナルで下車。所要約40分、43~53元。
中正路の西側の建物


麻豆代天府 地図  
五府千歲(5人の王爺)を主神に祀る廟。1956年の建立で、完成までに10年もの年月が費やされた。十八地獄は地獄を巡るスポットとして人気。そこはまるでお化け屋敷の雰囲気。十八地獄を体験できる地下道は本殿の裏にあり、周囲には内部が天国になっている巨大な龍の天堂秘境や、青いドームの観音宝殿(觀音寶殿)がある。長さ35メートルの滑り台は最新の施設で、大人も童心に返って遊んでいる。
 所在  台南市麻豆区南勢里関帝廟60号。台鉄台南駅西口から北へ約150mの統連客運(統聯客運)台南站バスターミナルから路線番号1625番台中行きに乗り、麻豆転運站(麻豆轉運站)で下車。所要約35分、50元。約30分に1便の運行。麻豆転運站で黄幹線、路線番号黄20のバスに乗り換えて五王廟で下車、徒歩約2分。またが台鉄隆田駅からタクシーで約15分、約200元。  電話  +886 6 5722133
 FAX  +886 6 5710294
 WEB  [4]
 開場時間  4:00~21:00、十八地獄と天堂秘境8:00~17:00  料金  無料。十八地獄と天堂秘境は各40元。
左の青いドームは観音宝殿


台湾塩博物館 (台灣鹽博物館、Taiwan Salt Museum) 地図  
台南の郊外、塩田地帯に建てられた博物館。台湾での塩の歴史や世界の塩などを紹介している。博物館から西へ徒歩約8分のところに七股塩山があり、台湾の製塩産業の最盛期を偲ぶことができる。この地域は日照が強く、雨も少ないので、天日干しの製塩産業が発達した。右側の「地図」は台湾塩博物館の場所。
 所在  台南市七股区塩埕里69号。台南駅から99路バスで「台湾塩博物館」下車、徒歩約3分。  電話  +886 6 7800990  WEB  [5]
 開場時間  9:00~17:00(土・日曜・祝日は17:30まで)、毎月最終月曜休業  料金  130元。
台湾塩博物館 七股塩山


八田与一紀念公園 (八田與一紀念公園) 地図  
烏山頭ダムを設計した八田与一の業績を称える記念公園で、2011年5月8日に開園した。完成式典には当時総統だった馬英九、与一と同じ石川県出身の森喜朗も参加した。公園内には与一と妻の外代樹(とよき)、日本人職員が住んでいた家屋が復元され、一般公開されている。
 所在  台南市官田区嘉南里66号。台鉄善化駅から烏山頭水庫行き路線番号「橘04」のバス(興南客運の運行)が7:50、10:10、12:40、16:30、19:30に発車し烏山頭水庫で下車、所要約30分、49元。烏山頭水庫バス停の目の前に公園の入場券売り場がある。烏山頭水庫からは善化駅へ戻るには橘04のバスが8:20、10:40、13:10、17:10、20:00に発車。
公園は広すぎて、徒歩で回るには厳しいため、台鉄隆田駅からタクシーをチャーターする方法もある。相場は約800元。
 電話  +886 6 6986388  WEB  
 開場時間  9:00~17:30、月曜休業  料金  200元。
公園内に復元された与一と外代樹が住んでいた家屋


烏山頭ダム (烏山頭水庫) 地図  
1920年に着工し、1930年に完成したダム。海抜468mの烏山嶺に位置し、水力発電設備を備える。上空からは緑色の珊瑚のように見えるため、ダム湖は珊瑚湖と呼ばれている。このダムは当時高価だったコンクリートを多用せず、周辺で産出する岩石や粘土を用い、水の流れに乗って運ばれる土砂が重い粒子の順に堆積する原理を利用したセミ・ハイドロリックフィル工法で建設された。アメリカのフーバーダムが1936年に完成するまでは世界一のダムだった。ダムの完成で嘉南平原は台湾最大の穀倉地帯となった。
 所在  台南市官田区嘉南里。  電話    WEB  
 開場時間  無休  料金  八田与一紀念公園入場料に含まれる。
珊瑚湖

遊ぶ[編集]

以下のエリアに関する情報の詳細については各地区のページを参照。


関子嶺温泉 (關子嶺溫泉)  
日本軍によって発見された温泉で、発見された年については1898年と1902年のふたつの説がある。1913年には泥の中にラジウムが含まれることがわかり、「天下第一泉」と称された。台湾で唯一の泥湯で、湯自体はさらさらしているが、湯船の底の縁には泥がかなり沈殿している。肌に塗るための泥を別に用意しているところもあり、利用客が思い思いに塗ることができるようになっている。
 所在  台南市白河区。行き方はこちらこちら(関嶺温泉と間違って表記されている)を参照。
関子嶺温泉の源泉

買う[編集]

以下のエリアに関する情報の詳細については各地区のページを参照。

お土産[編集]

吉利號からすみ  
台南の安平地区で獲れる良質の鯔(ボラ)のみを使用したからすみは、その形、色艶、品質、食感などがその他のからすみよりワンランク上の珍味とされており、その食感と味が大きな魅力となっている。ボラの漁獲量は希少で、高度な漁獲技術が必要とされ、さらに加工に手間ひまをかけてじっくりと作られるため、珍味のからすみはさらに貴重な逸品とされており、一度食べたら、その濃厚で天然の安平の美味は絶対忘れられない逸品である。

調理方法:からすみの両面に高梁酒(コーリャン酒)を塗り、直火で表面がうすらと焦げる程度にさっとあぶり、中は半熟のまま、薄くスライスにしてニンニクと一緒に食べる。からすみの風味がさらに豊かとなりとてもうまい。


玉井青果集貨場 地図  
玉井区はマンゴー(芒果)の産地、5~9月はマンゴーのシーズンで、いろいろな種類のマンゴーがずらりと並ぶ。集貨場内でマンゴーかき氷などが味わえる。検疫上、マンゴーを日本に持って帰ることはできないが、ドライマンゴーやジャムなどの加工品ならお土産などで持ち帰ることができる。
 所在  台南市玉井区中正路27号。台鉄台南駅東口付近にある大台南公車「台南火車站(北站)」から路線番号緑幹線の玉井行きに乗車し、終点の玉井站バスターミナルで下車。徒歩約3分。  電話  +886 6 5741141  WEB  
 営業時間  4:00~19:00、無休  値段  
玉井区はマンゴーの産地

食べる[編集]

以下のエリアに関する情報の詳細については各地区のページを参照。

台南は美食の街

noframe
台湾の都市で、これだけ飲食店が多い街もそれほどないのではないかと思えるくらい、台南には食に関する店が多い。街を写そうとカメラを向けると、(ご覧のとおり)必ずと言っていいほど食べ物屋の看板が飛び込んでくるし、街中の廟や市場、メインストリートやショッピング街などのように人が集まるところには決まって食堂が密集している。しかもその一つ一つがとても個性的で、どれもこれもとてもおいしそうに写る。

史跡などは1度見てしまえば十分だが、食はそれを求めて何度でも足を運ぶ価値がある。そんな意味でも台南は何度でも訪れる価値のある街である。台南に着いたら、グルメもぜひ楽しもう。ただし調子にのって食べ続けているとそのうちおなかを壊すので注意。

台南旅行のハイライトの一つは何と言っても食べ歩きである。コラムでも紹介しているが、安食堂から高級店まで実にいろいろな飲食店があり、それぞれが個性を競っている。台湾内外に知られているような有名店も多い。

味と値段は必ずしも比例しておらず、一見安食堂風の何の変哲もない店がじつはとてもうまい料理を出す店だったりする。この記事をはじめとして台南の食に関する情報はインターネットなどにもいろいろ出ているし、地元の人からもおいしい店を教えてもらうことができるので、事前に情報を仕入れてから街へ繰り出すとよい。


安食堂[編集]

熱情小子芒果冰館 地図  
玉井区はマンゴーの産地。玉井区農会(玉井区農協)が運営する、マンゴーかき氷などといったマンゴーデザートの店。いちばんの人気はかき氷にカットされたマンゴー、アイスクリーム、未成熟のマンゴーをトッピングした熱情小子芒果実冰。ウェブサイトはフェイスブックのみ。
 所在  台南市玉井区中正路139号。  電話  +886 6 5748552  WEB  [6]
 営業時間  10:00~17:00、無休  予算  熱情小子芒果実冰150元など。

中級[編集]

高級[編集]

飲む[編集]

以下のエリアに関する情報の詳細については各地区のページを参照。

泊まる[編集]

以下のエリアに関する情報の詳細については各地区のページを参照。

安宿[編集]

関子嶺大旅社 (關子嶺大旅社) 地図  
関子嶺温泉にある、日本統治時代の1905年に開業した全45室の安宿。開業当時の名称は龍田屋。裏門は開業当時の正面玄関で、日本統治時代の看板が残されている。宿泊だけでなく、休憩や入浴だけの利用も可能。日本語名は関子嶺温泉ホテル。
 所在  台南市白河区関嶺里20号。  電話  +886 6 6822321  WEB  
 時間    料金  こちらを参照。
関子嶺大旅社の現在の正面玄関

中級[編集]

関子嶺統茂温泉会館 (關子嶺統茂溫泉會館、Guan Zi Ling Toong Mao Spa Resort) 地図  
関子嶺温泉にある、2003年にオープンした全79室のホテル。客室の浴室は温泉だが、一部の客室は温泉ではない。屋内大浴場と露天風呂は温泉。屋内大浴場は水着不要、露天風呂は水着着用。
 所在  台南市白河区関嶺里関子嶺28号。  電話  +886 6 6823456
 FAX  +886 6 6823123
 WEB  [7]
 e-mail  [8]
 時間  チェックイン 16:00 チェックアウト 11:00   料金  US$80~。
関子嶺統茂温泉会館

高級[編集]

台南桂田酒店 (Queena Plaza Hotel Tainan) 地図  
台鉄永康駅から約2km、中山高速公路の台南永康出口から車で約3分のところにある全207室の高級ホテルで、2007年にオープンした。天井は高くないが、明るい雰囲気のロビー。茶色を基調とした落ち着いた雰囲気の客室。敷地内には緑に囲まれたさわやかな空間で食事を楽しめるガーデン席が自慢のレストランがある。ホテルからすぐのところにセブン-イレブン桂田店がある。台東桂田喜来登酒店は系列ホテル。
 所在  台南市永康区永安一街99号。  電話  +886 6 2438999
 FAX  +886 6 2438666
 WEB  [9]
 e-mail  [10]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 12:00   料金  US$95~。

連絡する[編集]

無線LANアクセスポイント[編集]

飲食店の看板に店の名称とともに「免費無線上網」と書かれていれば、店内に無料の無線LANアクセスポイントが備わっている事を示している。夢中になって、長居しないように注意。

気を付ける[編集]

美食の街なので、いろいろな食べ物を試したくなるが、食べすぎにはくれぐれも注意。もともと高温多湿の土地柄で、日本に比べれば雑菌も繁殖しやすいし、中には衛生状態のあまりよくない店もある。また、全体に脂っこい料理が多く、油が体に合わないことも。慣れない気候の中、旅の疲れも出てきた頃に調子に乗ってあれこれ食べていると、てきめんにお腹に来る。

暮らす[編集]

出かける[編集]

金門島澎湖諸島へはユニー航空の直行便があり便利。

この記事「台南市」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。

Create category