何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

厚沢部町

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
厚沢部町

Default Banner.jpg

厚沢部町(あっさぶちょう)は北海道南西部にあり、檜山地方に属する町である。海はなく、木古内町上ノ国町江差町乙部町八雲町森町および北斗市に接している。 [1]


分かる[編集]

観光案内所[編集]

道の駅あっさぶ・グリーンプラザ227 (厚沢部町観光協会) — インフォーメーションで地図・観光パンフレットを配布。  所在  厚沢部町緑町72-1。国道227号沿い、函館から車で約1時間。  電話  (0139) 64-3738  FAX  (0139) 64-3738  時間  売店9:00~17:30、トイレ・公衆電話は24時間利用可能。12月30日~1月5日は休館。  WEB  [2]  e-mail  [3]

着く[編集]

飛行機で[編集]

函館市の函館空港を利用する。空港から連絡バスで函館バスセンターへ行き、江差行きバスに乗り換える。

列車で[編集]

町内に鉄道路線はない。最寄り駅の江差線江差駅から中心市街地まで約15km、バスによる所要時間は30~35分である。

車で[編集]

国道227号線が町を縦断し、函館方面と結ばれている。函館から約60kmである。

バスで[編集]

函館バス — 路線バスが江差ターミナルからは10本あり所要時間30~35分、函館方面からは6本あり所要時間約1時間40分。(PDF)  電話  (0138) 22-8111

  • 江差発 6:15、7:05*、7:45*、10:50*、11:55*、12:05、15:05*、15:27、18:10*、18:25。*印は函館行き。
  • 函館ターミナル発 7:02、10:22、11:53、14:34、15:42、18:33。函館駅前まで約8分。

船で[編集]

町内に発着する旅客船航路はない。

動く[編集]

バスで[編集]

国道227号に路線バスが運行されている。

足で[編集]

観る[編集]

郷土資料館  
 所在  厚沢部市街地。  電話  (0139) 64-3436  WEB  [4]
 開場時間  9:00~17:00。  料金  大人¥150、中高生¥100。


松前氏城跡・館城跡  
函館戦争時に松前藩の城として明治元年に55日間で完成した城。堀と土塁の一部、本丸、役所、武士部屋と伝えられる建物の土台石や井戸跡が確認されている。
 所在  城丘、市街地から約15km。


森林展示館  
植物の解説パネルや鳥の剥製が展示されている。
 所在  自然観察林内、市街地から約1km。  電話    WEB  [5]
 開場時間  8:30~16:00。  料金  無料。

遊ぶ[編集]

つちはし自然観察教育林  
林の中に遊歩道が作られ森林浴をしながら散策が出来る。
 所在  市街地から約1km。


うずら温泉  
泉質はアルカリ単純泉。宿泊可。
 所在  「鶉」下車徒歩5分。  電話  (0139) 65-6366  WEB  [6]
 営業時間  10:00~21:00。  料金  日帰り入浴、大人¥400、小人¥200。


俄虫温泉旅館  
泉質は緩和性低張微泉。宿泊可。
 所在  町役場から徒歩15分。  電話  (0139) 65-6366  WEB  [7]
 営業時間  11:00~22:00。  料金  日帰り入浴、大人¥400、小人¥200。

買う[編集]

食べる[編集]

安食堂[編集]

中級[編集]

高級[編集]

飲む[編集]

泊まる[編集]

安宿[編集]

森藤旅館  
 所在  「厚沢部」下車徒歩1分。  電話  (0139) 64-3006  WEB  
 時間    料金  ¥5,775~。


曾根旅館  
 所在  「厚沢部」下車徒歩1分。  電話  (0139) 64-3107  WEB  
 時間    料金  ¥5,500~。

中級[編集]

うずら温泉  
日帰り入浴可。
 所在  「鶉」下車徒歩5分。  電話  (0139) 65-6366  WEB  [8]
 時間    料金  ¥6,300~。


俄虫温泉旅館  
日帰り入浴可。
 所在  町役場から徒歩15分。  電話  (0139) 65-6366  WEB  [9]
 時間    料金  ¥8,500~12,000。

高級[編集]

出かける[編集]

この記事「厚沢部町」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。