何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

南陽市

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
南陽市

Default Banner.jpg

南陽市(なんようし)は山形県南部にある市である。 [1]


分かる[編集]

南陽市観光協会 所在  南陽市郡山番外地、JR赤湯駅内。  電話  (0238) 40-2002  FAX  (0238) 40-2002  WEB  [2]  e-mail  [3]

着く[編集]

飛行機で[編集]

列車で[編集]

東京駅より特急つばさ号で赤湯駅下車。

車で[編集]

バスで[編集]

船で[編集]

動く[編集]

列車で[編集]

赤湯(あかゆ)駅より南陽市中心部を抜けて荒砥(あらと)駅に行く「山形鉄道」がある。山形鉄道 株式会社

なお、この山形鉄道の運行ダイヤは、山形新幹線「つばさ」の赤湯駅到着ダイヤの3~30分後に発車するように組まれている。(2012.3.17改正 時点のダイヤ)

バスで[編集]

市内循環バス(公営バス)[編集]

北部地区連絡バス — JR赤湯駅バス停から小滝不動尊前バス停までを結んでいる。  時間  日曜・祝祭日、第2・4土曜日、年末年始は運休。  料金  大人100円。  WEB  市内循環バス

西部地区バス — 公立置賜南陽病院バス停から公立置賜総合病院バス停までを結んでいる。  時間  土・日曜・祝祭日、年末年始は運休。  料金  大人200円。  WEB  市内循環バス

中川地区バス — 元中山公民館バス停から公立置賜南陽病院バス停までを結んでいる。  時間  土・日曜・祝祭日、年末年始は運休。  料金  大人200円。  WEB  市内循環バス

足で[編集]

観る[編集]

烏帽子山千本桜  
桜の名所。置賜さくら回廊の南の起点。
 所在  南陽市赤湯。  電話  (0238) 40-2002  WEB  [4]
 開場時間    料金  

遊ぶ[編集]

赤湯温泉  
開湯900年余年を経た歴史ある温泉。
 所在  南陽市赤湯。  WEB  [5]
赤湯温泉

買う[編集]

食べる[編集]

おすすめ[編集]

ラーメン  
南陽市では観光振興の一環として、ラーメンの売り込みに力を入れており、特に赤湯市街地(赤湯駅東口を降りて、徒歩10分程度)に店が多数ある。有名なのは「龍上海」だが、それ以外にも下に紹介したような、うまいラーメン店があるので、食べ歩きなどを楽しみたいところである。詳しくは、ラーメンを参照。


牛肉料理  
南陽市内には、焼肉、すき焼き、しゃぶしゃぶ、その他牛肉の料理を出す飲食店がある。米沢牛・山形牛(県内で生産された牛肉のこと例、飯豊牛など)を主に使用している店舗であれば、店内に、産地証明書や米沢牛購買証明書が掲示されていることが多い。詳しくは、山形県産和牛を参照。


果物  
山形県は、果物の生産の盛んな地域である。当然南陽市も該当。春は、さくらんぼに始まり、スイカ、ぶどう、ラフランス、りんごなど。特に、ぶどうは、黒、赤、白の様々な色の、又は、様々な大きさ、そして、様々な酸味甘みのバランス、風味のものがあり、バライティーに富んでいる。

安食堂[編集]

来々軒  
南陽市赤湯のラーメンと言えば龍上海と思うのは半分正解で半分間違い。ここの中華は絶品。
 所在  南陽市椚塚1893。  電話  (0238) 43-3164  WEB  
 営業時間  11:00~15:00、17:00~20:00。  予算  中華そば¥520。


新竜  
昔懐かしい、シンプルな味のラーメン屋。普通の中華そば以外にも、味噌中華、もやしあんかけ中華そばなどがある。店主が高齢の為、急な休業などに注意。
 所在  南陽市赤湯500-3。  電話  (0238) 43-6044  WEB  
 営業時間  19:00~21:00。  予算  


ひまわりらーめん  
龍上海の味噌ラーメンとは、一味違う味噌ラーメンが食べられる。うまみと辛味、どことない甘みが売り。麺は、ひまわりラーメンの方が味とコシがある。本店は、川西町にある。
 所在  南陽市郡山945-2。赤湯駅から歩いて5分。  電話  (0238) 43-5526  WEB  
 営業時間  11:30~19:00であるが、要電話確認。  予算  中辛味噌ラーメン¥700。


龍上海 赤湯本店  
赤湯産の唐辛子を使った辛みそをのせた「赤湯からみそラーメン」のお店。
 所在  南陽市二色根6-18。  電話  (0238) 43-2952  WEB  [6]
 営業時間  11:30~19:00、定休日 毎週水曜  予算  赤湯からみそラーメン ¥780


龍上海 栄町支店  
龍上海の支店。本店は、19:00まで。夜間に龍上海のラーメンを食べたいのであれば、こちらがある。味は、あっさりめだが、麺のゆで加減が、本店に比べて抜群に一定である。麺がなくなり次第弊店の為、早めの時間帯に入店することをお勧め。割高だが、小盛もある。
 所在  南陽市赤湯420-12  電話  (023) 631-4903  WEB  [7]
 営業時間  19:00~25:00、定休日 毎週水曜  予算  


えぼし庵  
香り豊かな十割蕎麦が食べられる。しかも、お漬物、豆腐、煮物を前菜として出している。できれば日本酒で、前菜と蕎麦を楽しみたい。
 所在  南陽市二色根33-2。  電話  (0238) 43-4001  WEB  
 営業時間  11:00~、蕎麦が無くなった時点で終了。  予算  ¥600~。

中級[編集]

山形和食佐幸  
山形の地元の料理と、季節の料理が食べることができる。店の主人にお任せの料理屋なのでメニューは置いておらず、予算を主人に伝え、その予算の範囲で料理を出してもらう。できれば、事前に予約して行くことを勧める。季節により、たら、アンコウなどの魚介類もある。
 所在  南陽市赤湯3002。  電話  (0238) 43-2392  WEB  
 営業時間  電話で確認。  予算  電話で確認。

高級[編集]

飲む[編集]

酒井ワイナリー  
工場見学と試飲、販売を行っている。
 所在  南陽市赤湯980。  電話  (0238) 43-2043  WEB  [8]
 営業時間  9:00~19:00  料金  

泊まる[編集]

安宿[編集]

中級[編集]

ビジネスホテル丹泉  
赤湯駅から徒歩1分。
 所在  南陽市郡山1052-8。  電話  (0238) 40-2474  WEB  [9]
 時間    料金  


近江屋旅館  
昭和レトロの温泉宿。
 所在  南陽市赤湯292-2。  電話  (0238) 43-2016  WEB  
 時間    料金  

高級[編集]

赤湯温泉 丹泉ホテル  
ご当地食材を堪能出来る旅館。2005年8月リニューアルオープン。
 所在  南陽市赤湯988。  電話  (0238) 43-3030  WEB  [10]
 時間    料金  


櫻湯 山茱萸 (さんしゅゆ)  
7室だけの隠れ家的オーベルジュ。
 所在  南陽市赤湯740。  電話  (0238) 43-3020  WEB  [11]
 時間    料金  


山形座 瀧波  
癒しの温泉宿。
 所在  南陽市赤湯3005。  電話  (0238) 43-6111  WEB  [12]
 時間    料金  

出かける[編集]


Wikitravel Shared Logo 南陽市に関連する画像がウィキトラベル・シェアードにあります。

この記事「南陽市」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。