何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

南相馬市

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
南相馬市

Default Banner.jpg

勇壮な相馬野馬追(セデッテかしまのホール展示)

南相馬市(みなみそうまし)は福島県の東部(浜通り)にある都市。 [1]


注意2011年3月11日の東日本大震災時に発生した福島第一原子力発電所の事故の影響により、南相馬市の内陸部の一部エリアで、原子力災害対策本部による「帰還困難区域」の指示が続いています。このエリアでは、立ち入りに通行証が必要であるほか宿泊が禁止されています。ただし、それ以外の多くの市域はすでに避難指示が解除されています。

「避難指示区域」に関する最新情報は、経済産業省HPを参照ください。 経済産業省HP(避難指示区域)


分かる[編集]

2006年に、旧・原町市と相馬郡の旧・小高町、旧・鹿島町が合併し誕生。

観光案内[編集]

  • 南相馬市役所 観光交流課 所在  南相馬市原町区本町2-27。  電話  (0244) 24-5263  WEB  [2]
  • 相双ビューロー (福島県相双地方振興局) — 浜通り北側の相双(そうそう)地域の各種情報を掲載。  WEB  [3]

着く[編集]

飛行機で[編集]

仙台空港から仙台駅まで、もしくは福島空港から郡山駅経由で福島駅まで移動し、そこからバスで南相馬市へ。バス路線については下記の項目を参照のこと。

列車で[編集]

東日本大震災と原発事故の影響が残り、JR常磐線いわき市方面から南相馬市の南隣である浪江町までの区間(富岡駅~浪江駅間)が不通になっている(仙台方面からの不通区間は2016年12月10日にすべて復旧した)。

車で[編集]

常磐道および国道6号線相馬市からいわき市にかけて全線通行が可能となっており、南相馬市までアクセス可能。ただし、二輪車については自動車よりも乗員の被爆線量が高くなるため、双葉町内と大熊町内の国道6号線~県道36号線ならびに国道288号線~県道35号線が通行不可となっている。

福島市方面からは、県道原町・川俣線を経由して所要およそ1時間15分。二本松市方面からは国道4号線県道原町・川俣線を経由して所要およそ1時間30分。

バスで[編集]

南相馬市に本社を置く東北アクセスの路線バスが、南相馬~仙台駅東口および南相馬~福島駅西口を結ぶ路線バスを運行している。 [4]

福島交通は、福島駅東口から川俣町飯舘村を経由して南相馬市までの路線バスを運行している。

いわき市方面からはJR東日本の代行バスが、復旧している常磐線竜田駅(楢葉町)から南相馬市の原ノ町駅までの直行便(小高駅経由)を一日2往復、運行している。 [5]

東京からは、白河市に本社を置くツアーバス事業者・さくら観光が運行する高速バス(昼行便、完全予約制)2往復が東京駅八重洲口と相馬市とを結び、南相馬市内にも鹿島区と原町区に乗降場所が設けられている。 [6]

船で[編集]

動く[編集]

列車で[編集]

JR常磐線が市内を南北に走る。 [7]

  • (相馬市 日立木駅)― 鹿島駅 ― 原ノ町駅 ― 磐城太田駅 ― 小高駅 ― 桃内駅 ― (浪江町 浪江駅)

バスで[編集]

路線バスを運行していた新常磐交通の、南相馬市内の路線はすべて運休中(2016年8月現在)。 [8]

足で[編集]

観る[編集]

相馬野馬追甲冑館 菊翁 地図  
伝統の相馬野馬追に関連した甲冑などを常設展示。みそ漬の銘店「香の蔵」敷地内(下記「#買う」参照)。
 所在  南相馬市鹿島区永田字北永田28-3  電話    WEB  [9]
 開場時間  9:00~18:00(元日休業)。  料金  無料

遊ぶ[編集]

相馬野馬追 (そうまのまおい) 地図  
500を超える騎馬武者が旗指物をつけて勇壮に駆け回る、国の重要無形文化財に指定されている行事。平安時代、相馬氏の祖とされる平小次郎将門が、軍事力としての馬に注目し、野馬を敵兵に見立てて軍事訓練を行なったことが始まりと伝えられる。雲雀ヶ原祭場地をはじめ、市内の原町区、小高区、鹿島区でそれぞれ行事が催される。2017年の開催期間は7月29日~31日
 所在    電話  0244-22-3064(相馬野馬追執行委員会)  WEB  [10]
 営業時間  毎年7月下旬の3日間。  料金  祭場地での観覧 大人¥1,000など。


高見公園 地図  
道の駅南相馬に隣接する高見公園が再整備され、各種の遊具や水遊びのできる「じゃぶじゃぶ池」が設けられている。大人向けの健康増進遊具も。
 所在  福島県南相馬市原町区高見町  WEB  みんな共和国HP
高見公園

買う[編集]

道の駅 南相馬 地図  
国道6号沿いの道の駅。みそタンメンやなみえ焼きそばが味わえる「お食事処 さくら亭」と、地元産品を扱う「物産館」がある。
 所在  南相馬市原町区高見町2丁目30-1。  電話  (0244) 26-5100  WEB  [11]
 営業時間  物産館 9:00~18:00、食事処 11:00~15:30(L.O. 14:30)。  値段  
道の駅 南相馬


もち処木乃幡 原町店 (このはた) 地図  
福島の名物菓子・凍天(しみてん)のお店。イートイン・コーナーあり。「凍天」は株式会社木乃幡の登録商標で、もともと南相馬に同社工場があったが、東日本大震災の影響により現在は宮城県名取市の工場で各種商品の生産が行なわれ、福島県・宮城県に展開する11店舗で販売されている(餅は各店舗で蒸しあげ作られている)。
 所在  南相馬市原町区三島町1-1-1。  電話  (0244) 22-7880  WEB  [12]
 営業時間  9:00~17:00  値段  
もち処木乃幡 原町店


セデッテかしま 地図  
相双エリア周辺の産品が揃った土産処「南相馬商店」や、浪江焼麺太国公認のなみえ焼きそばが人気の食事処「はらまち」などで構成される施設。常磐自動車道の南相馬鹿島サービスエリアに位置するが、一般道からも利用できる。
 所在  南相馬市鹿島区浮田字もみの木沢212-1  電話  0244-26-4822  WEB  [13]
 営業時間  8:00~20:00  値段  
セデッテかしま


かしま福幸商店街  
復興商店街。
 所在  南相馬市鹿島区西町1-88。  電話  (0244) 46-1177  WEB  [14]
 営業時間    値段  


香の蔵 (こうのくら) 地図  
味噌漬けの可能性を追求する会社。鹿島区にある本店には、相馬野馬追「甲冑館 菊翁」やイタリアンジェラート店「じぇらーと蔵」を併設。エスパル福島とエスパル仙台にも店舗あり。
 所在  南相馬市鹿島区永田字北永田28-3  電話  0244-46-2233  WEB  [15]
 営業時間  9:00~18:00(元日休業)。  値段  伝承蔵とうふみそ漬 ¥1,080。


御本陣 (ごほんじん)  
南相馬産の酒米「夢の香」を用いて醸した日本酒。酒銘は相馬野馬追に由来するもので、ラベルの文字は相馬家第33代当主の和胤氏が揮毫したもの。市内の店舗のみで販売される。(醸造は喜多方市の大和川酒造店。)
 WEB  [16]


フルハウス  
芥川賞作家・柳美里が開いた書店。
 所在  南相馬市小高区東町1-10。  電話  (090) 6475-1082  WEB  [17]
 営業時間  13:00〜18:00 19:30〜21:20  値段  

食べる[編集]

安食堂[編集]

旭川ラーメン ゆーから 地図  
本格的な旭川ラーメンのお店。震災後、営業再開。
 所在  南相馬市原町区本陣前2-71-3。  電話  (0244) 23-7372  WEB  
 営業時間  11:00~13:30(スープが無くなり次第閉店、水曜定休、祝日の場合は営業し翌日休み)。  予算  醤油ラーメン ¥650


双葉食堂 地図  
地元で人気のラーメン店。震災後、仮設店舗に移動して営業していたが、2016年5月に小高区のもとの場所で営業再開。
 所在  南相馬市小高区東町1-96-1  電話    WEB  
 営業時間  11:00~14:00(木曜定休)。  予算  中華そば ¥550

中級[編集]

魚料理 島魚 (しまうお)  
新鮮な魚を提供。
 所在  南相馬市小高区大町2丁目2。  電話  (0244) 44-3007  WEB  
 営業時間    予算  

高級[編集]

飲む[編集]

更紗 (Sarasa)  
小高駅近くの家庭的な居酒屋。
 所在  南相馬市小高区本町1-45。  電話  (0244) 44-5446  WEB  
 営業時間  17:00~、定休日 木曜  料金  

泊まる[編集]

安宿[編集]

ザ ランタン ハウス  
ゲストハウス。
 所在  南相馬市小高区東町1-37。  電話  (090) 8846-7287  WEB  
 時間    料金  

中級[編集]

ホテル西山 南相馬店  
原ノ町駅より徒歩3分。
 所在  南相馬市原町区旭町2-49。  電話  (0244) 24-3222
 FAX  (0244) 24-3229
 WEB  [18]
 時間    料金  シングル Bタイプ ¥5,000


ロイヤルホテル丸屋  
原ノ町駅より徒歩1分。
 所在  南相馬市原町区旭町2丁目28番地。  電話  (0244) 23-6221
 FAX  (0244) 23-4601
 WEB  [19]
 時間    料金  シングル ¥5,500


双葉屋旅館  
小高駅から徒歩1分。
 所在  南相馬市小高区東町1-40。  電話  (0244) 32-1618  WEB  [20]
 時間    料金  

高級[編集]

出かける[編集]


この記事「南相馬市」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。