何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

南樺太

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
南樺太

Default Banner.jpg

南樺太 (みなみからふと)は北海道の近くにある樺太島の南半分である。


市町[編集]

分かる[編集]

南樺太は第二次大戦以後未だ帰属未定であり、実質ロシア連邦が支配しているが、日本では一部南樺太は日本の領土だという意見があり、このページは日本案内、海外案内に両属的なものとする。

着く[編集]

飛行機で[編集]

サハリン航空が新千歳空港から毎週水曜日豊原/ユジノサハリンスクまで、函館空港から毎週月曜日と金曜日豊原/ユジノサハリンスクまでそれぞれ1日1往復飛んでいる。詳細はこちらを参照

電車で[編集]

船で[編集]

  • 小樽から真岡まで不定期に旅客船が就航している。スケジュールは代理店のファルコンジャパン[1]に問い合わせを。

バスで[編集]

車で[編集]

動く[編集]

電車で[編集]

  • 一部廃線となったものの、日本統治時代の鉄道が今なお利用されている。

バスで[編集]

足で[編集]

観る[編集]

遊ぶ[編集]

  • 北海道からバイクを持ち込みツーリングを楽しむこともできる。手続きが複雑なため、旅行会社に問い合わせを。

買う[編集]

食べる[編集]

飲む[編集]

泊まる[編集]

暮らす[編集]

出かける[編集]

  • ワニノ:間宮海峡をはさんで大陸側にある都市で、真岡(ホルムスク)とフェリーで結ばれている。
  • ノグリキ:豊原から夜行列車が運行している。

気を付ける[編集]

  • ビザの取得やホテル、送迎の手配を個人で行うのは非常に困難なため、現地に知り合いがいない限り、旅行会社を通じて事前に手配しておくのが一般的である。
  • 往復で「北海道サハリン航路」のフェリーを利用すると、72時間以内のサハリン滞在の旅行をする場合に限り、VISA免除制度を利用できる。条件は以下の通り。
    • 指定されたサハリンの旅行代理店の旅行ツアーであること
    • 最低2人以上のグループで申請すること
    • ロシアへ入国前にツアー参加者名簿および日程表がロシア当局に受理されていること

外部リンク[編集]

樺太旅行を扱っている主な旅行会社