何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

南房総国定公園

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
南房総国定公園

Default Banner.jpg

南房総国定公園の一部で富津岬にある「富津公園(富津市)」の看板

南房総国定公園 (みなみぼうそうこくていこうえん)は日本関東地方千葉県房総半島南部にある国定公園


分かる[編集]

房総半島の南部一帯の海岸線が国定公園の範囲であり、東京湾側(内房)の富津岬(富津市)から太平洋側(外房)の太東岬(いすみ市)までの海岸線、および内陸部の鹿野山(君津市)、清澄山(鴨川市)を含めた、5,690haの範囲が南房総国定公園の範囲となっている。

歴史[編集]

風景[編集]

海岸部の指定地では、風光明媚な岩場や砂浜の海岸の風景を見る事が出来る。勝浦海中公園(勝浦市)も国定公園の範囲に含まれており、海中展望塔では房総半島の海中の様子を垣間見ることができる。

動植物[編集]

気候[編集]

着く[編集]

飛行機で[編集]

東京方面からは、東京国際空港(羽田空港)から自家用車で首都高速湾岸線、東京湾アクアラインを経由して館山道を利用。

電車で[編集]

東京方面からは、東京駅から特急「わかしお」(京葉線・外房線経由、東京~安房鴨川)あるいは「さざなみ」(京葉線・内房線経由、東京~館山)が利用できる。

車で[編集]

東京、横浜方面からは、川崎市の浮島ICまたは高速湾岸線、川崎線から東京湾アクアラインを経由して館山自動車道を利用するルートが一般的。また、千葉県側からは京葉道路や東関東自動車道などを経由して館山自動車道を利用することも可能である。一般道路では、国道16号(東京環状)が指定地の西端である富津岬近くまで通っているほか、国道128号、127号などが指定地近くを通っている。

船で[編集]

神奈川県横須賀市の久里浜港から、公園内にある金谷港(富津市)まで東京湾フェリーを利用。所要時間は40分。ICカード「PASMO」での乗船券購入が可能。

料金/許可[編集]

公園への入場に、料金や許可は必要ない。

動く[編集]

基本的には鉄道(JR内房・外房線)または自家用車を利用する。

観る[編集]

鹿野山  
房総丘陵帯にある山で、山頂付近には観光ファームであるマザー牧場がある。
 所在  君津市


富津岬  
指定地の西端で、岬全体が富津公園とした緑地帯になっている他、屋外プール施設のジャンボプール(夏期開園)、岬の先端には展望台がある。天候が良くて空気が澄んでいれば、展望台の上から東京湾を挟んで富士山を望む事が出来る。
 所在  富津市
富津岬


鋸山  
標高329mで、山頂からは東京湾一帯を望む事が出来る。また山全体が日本寺の境内になっており、岩を彫って造られた像高31.0mの大仏がある。詳細は富津市#鋸山参照。
 所在  安房郡鋸南町、富津市。
鋸山


平砂浦海岸  
房総フラワーラインと並行して延びる自然海岸で約5kmほどの砂浜では、海岸特有の植物が見られる。
 所在  館山市


野島崎灯台  
千葉県最南端の野島崎にある八角形の形をした灯台。
 所在  南房総市


勝浦海中公園  
1974年に登録された、勝浦市の海中公園。園内には展望台が有り、海中の様子が観察できるものもある。他に「海の博物館」などもある。
 所在  勝浦市吉尾、鵜原。  電話  (0470) 76-2955  WEB  [1]
 開場時間  施設によって異なる。  料金  施設によって異なる。

遊ぶ[編集]

サーフィン  
関東有数のサーフィンのメッカとして知られ、特に鴨川市は日本のサーフィン発祥の地とも言われる。


海水浴  
公園内には多数の海水浴場があり、首都圏の手頃な海水浴スポットとして親しまれている。写真は館山市の北条海岸
海水浴


釣り  
岩場の海岸で磯釣りをする観光客も多い。


磯遊び  

買う[編集]

公園内では花の直売店があり、そこで植物を購入することも出来る。枯れてしまわないよう大切に育ててあげよう。

食べる[編集]

飲む[編集]

泊まる[編集]

宿泊所[編集]

キャンプ[編集]

野宿[編集]

気を付ける[編集]

至極当然なことなのだが、火の使用は厳禁である。

出かける[編集]

この記事「南房総国定公園」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。