何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

南島原市

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
南島原市

Default Banner.jpg

南島原市(みなみしまばらし)は、長崎県南東部にある町である。 [1]


分かる[編集]

観光案内所[編集]

  • 南島原ひまわり観光協会 所在  南島原市口之津町丙4252 南島原市口之津庁舎 別館2階。  電話  (0957) 76-1800  FAX  (0957) 76-1801  WEB  [2]

着く[編集]

飛行機で[編集]

列車で[編集]

市外から島原鉄道が通じていたが、2008年3月末で市内の路線はすべて廃止となった。なお、南島原駅は島原市内の駅であり、南島原市内の駅ではない。

車で[編集]

国道251号線がメインルート。雲仙岳方面からは国道57号線、389号線を利用。

バスで[編集]

島原鉄道の路線バスを利用。

  • 島鉄バスターミナルより島鉄バスで「道の駅ふかえ」まで14分。「原城駅前」まで52分。「口之津駅前」まで1時間7分。
  • 諫早駅より島鉄バスで「加津佐」まで1時間26分。「口之津駅前」まで1時間33分。
  • 小浜より島鉄バスで「加津佐」まで33分。「口之津駅前」まで40分。

船で[編集]

口之津港を出る天草鬼池港行きフェリー

天草下島より島原鉄道のフェリーが就航している。

  • 鬼池港より島鉄フェリーで口之津港まで30分、¥360。
  • 口之津港内にバス停「口之津駅前」がある。口之津駅は国道251号線を挟み向かい側。


動く[編集]

列車で[編集]

バスで[編集]

足で[編集]

観る[編集]

原城跡 地図  
元は有馬氏の居城で、島原の乱の際に一揆軍が篭城したことで有名。一揆軍が敗れた後、城は破却され、現在は石垣等を残すのみ。2018年6月に登録された世界遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」を構成する資産のひとつ。
 所在  原城駅から東へ徒歩15分。
原城跡


道の駅みずなし本陣 地図  
1991年の雲仙岳噴火で土石流の被害を被った旧深江町にあり、土砂に埋もれた家屋を敷地内に保存している。火山学習館・大火砕流体験館を併設。特産品の販売・飲食施設も。
 所在  国道251号線沿い。バス停「道の駅ふかえ」下車すぐ。  電話  (0957) 72-7222  WEB  [3]
 開場時間  -  料金  -


土石流被災家屋保存公園 地図  
土石流によって1階部分が埋まってしまった家屋を3棟展示されている。
 所在  道の駅みずなし本陣。
土石流被災家屋保存公園


旧大野木場小学校被災校舎、砂防みらい館 地図  
1991年9月15日の大火砕流に伴う熱風による火災で焼失した校舎を保存、展示している。隣接した砂防みらい館には火山災害の展示物があり、3階からは平成新山をはじめ付近の風景を一望できる。
 所在  道の駅みずなし本陣から車で10分。


西望公園  
南島原市(旧南有馬村)出身で、長崎平和記念像などで知られる彫刻家北村西望の作品を公園内に12点屋外展示している。復元された西望の生家は記念館となっており、内部には西望の作品約70点が展示されている。
 所在  バス停「西望公園」下車すぐ。  電話  (0957) 85-2922  WEB  [4]
 開場時間  9:00~16:00  料金  記念館のみ一般¥100、小学生¥50。

遊ぶ[編集]

かづさイルカウォッチング  
島原半島と天草との間の早崎瀬戸に生息するバンドウイルカを間近に見ることのできる船。荒天で出航できないケースを除けば、ほぼ確実にイルカの群れに遭遇できる。冬でも多少の雨でもイルカには会えるが、温暖な季節のほうがベター。漁船のような船なので船酔いには要注意。 インターネット予約も可能。
 所在  加津佐駅より西へ徒歩10分、またはバス停「水月橋」下車南西へ徒歩2分(加津佐漁港内)。  電話  (0957) 87-4640  WEB  [5]
 営業時間  10:00より1日4便(3月~9月は5便)出航。要予約。  料金  中学生以上¥2,500、小学生¥1,500、幼児¥1,000。
かづさイルカウォッチング


布津温泉 湯楽里 地図  
黄緑色のナトリウム塩化物泉の100%天然温泉。しかも源泉かけ流し。平成新山や有明海を望む高台の中腹にあるので、お風呂に入りながら絶景を楽しめる。
 所在  南島原市布津町乙470(島鉄バス西有家方面行き 新田橋バス停下車徒歩8分)。  電話  (0957) 72-7212  WEB  [6]
 営業時間  9:30~21:00。  料金  大人¥500、小・中学生¥200 (午後6時以降は大人¥300)。

買う[編集]

島原素麺  
島原の乱の後に島原半島南部では素麺技術が根付き、現在では日本有数の生産地。
 所在  製麺所は市内各所に点在。


三ツ池  
老舗蒲鉾店。
 所在  南島原市有家町久保40-3。  電話  (0957) 82-2003  WEB  
 営業時間  8:00~19:30  値段  豆腐蒲鉾 ¥432


吉田屋 地図  
銘酒「はね木搾り」を醸造。直販所あり。
 所在  南島原市有家町山川785  電話  0957-82-2032  WEB  [7]
 営業時間  9:00~18:00(火曜・祝日・年末年始休み)。  値段  

食べる[編集]

安食堂[編集]

一高本舗  
手延べめんカフェ。
 所在  南島原市深江町丁4615-2。  電話  (0957) 72-7119  WEB  [8]
 営業時間  11:00~17:00、定休日 水曜、第1・3・5木曜  予算  

中級[編集]

みき寿司  
寿司の他、ちゃんぽんやにゅう麺など豊富なメニューを揃えている。
 所在  南島原市有家町久保54-1。  電話  (0957) 82-2528  WEB  [9]
 営業時間  11:00~14:00 17:00~22:00、定休日 月曜  予算  


山の寺 邑居 (ゆうきょ)  
流しそうめんを楽しむことができる。
 所在  南島原市深江町戊3988-22。  電話  (0957) 65-1550  WEB  [10]
 営業時間  11:00~20:00  予算  

高級[編集]

飲む[編集]

泊まる[編集]

安宿[編集]

中級[編集]

高級[編集]

出かける[編集]


Create category


この記事「南島原市」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。