何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

千早赤阪村

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
千早赤阪村

Default Banner.jpg

下赤坂の棚田


千早赤阪村(ちはやあかさかむら)は、大阪府東南部、南河内郡にある大阪府唯一の村である。「大楠公」楠木正成の出身地として知られ、役行者が修行し、多くの登山家が訪れる「金剛山」や棚田百選に選定されている「下赤坂の棚田」などの歴史と豊かな自然に包まれた、観光の村である。 千早赤阪村ホームページ


着く[編集]

飛行機で[編集]

関西国際空港からは、リムジンバスSorae(ソラエ)で南海高野線河内長野駅へ。

大阪国際空港からは、大阪空港交通のリムジンバスで難波へ。南海電鉄難波駅から高野山行に乗車し河内長野市の各駅、又はあべのゆきリムジンバスに乗り、近鉄南大阪線阿部野橋駅から河内長野市の各駅へ。

列車で[編集]

村内に鉄道路線は無く、近鉄長野線富田林駅が最寄り駅。金剛山へは、南海高野線と近鉄長野線の河内長野駅が最寄り。

車で[編集]

バスで[編集]

船で[編集]

動く[編集]

観心寺の大楠公像

列車で[編集]

バスで[編集]

村の路線バスの中心は富田林駅からの金剛バスで、金剛山へは河内長野駅から南海バスの路線もある。

足で[編集]


観る[編集]

千早赤阪村立郷土資料館  
楠木正成や村に関する資料が展示されている。
 所在  千早赤阪村大字水分266。近鉄長野線富田林駅から金剛バスに乗り、役場前で下車、徒歩5分。  電話  (0721) 72-1588  WEB  
 開場時間  9:00~17:00(入館は16:30迄)、月曜日定休。  料金  大人¥200、小人¥100。
千早赤阪村立郷土資料館


楠公誕生地 (なんこうたんじょうち)  
楠木正成が誕生したと言われている地。大久保利通が建立した碑がある。千早赤阪村立郷土資料館と隣接。
 所在    電話  (0721) 72-1447  WEB  
 開場時間    料金  参拝自由。
楠公誕生地


楠公産湯の井戸  
楠公誕生地からすぐ近くにある井戸。
 所在  近鉄長野線富田林駅から金剛バスに乗り、役場前で下車。
楠公産湯の井戸


奉建塔  
上赤坂城の出城であった浄心寺塞跡に、昭和15年「大楠公600年祭記念塔」として建設。高さ43尺(約13m)は正成が戦死したときの年齢に因んでいる。
 所在  楠公誕生地から南に約300mの場所にある。近鉄長野線富田林駅から金剛バスに乗り、役場前で下車。  電話    WEB  
 開場時間    料金  参拝自由。
奉建塔


建水分神社 (たけみくまりじんじゃ)  
崇神5年(紀元前92年)創建と伝わる。南北朝時代に兵火にかかり、荒廃したため建武元年(1334年)後醍醐天皇の勅命により楠木正成が再建。楠木氏の氏神である。地元では「すいぶんさん」と親しまれており、河内長野駅からタクシーを使うときは「水分神社(すいぶんじんじゃ)」と言った方が通じやすい。
 所在  千早赤阪村水分357。近鉄長野線富田林駅から金剛バスに乗り、水分停留所又は水分神社で下車。  電話  (0721) 72-0534  WEB  [1]
 開場時間    料金  参拝自由。
建水分神社


南木神社 (なぎじんじゃ)  
「大楠公」楠木正成を祀る最古の神社。延元元年(1336年)湊川で戦死した正成の死を悼み、後醍醐天皇が、その像を刻ませ、当社境内に祀った。そして、後村上天皇より「南木明神」の神号を賜った。
 所在  建水分神社境内摂社。  電話    WEB  
 開場時間    料金  
南木神社


下赤坂城跡  
元弘元年(1331年)、楠木正成は笠置山で後醍醐天皇拝謁した後、赤阪に戻り天皇を迎えるために、この城を築城したと言われている。南北朝時代の花形スター楠木正成が歴史の表舞台に登場した歴史的な場所である。千早赤阪村役場裏手付近が本丸であったとされ、千早赤阪中学校の裏手に石碑が建っている。国指定史跡。

楠木正成の史跡として知られているが、日本の棚田百選にも選ばれている棚田が有名で多くの写真家や観光客が訪れる。

 所在  千早赤阪村下赤坂。  電話    WEB  
 開場時間    料金  無料。
下赤坂城跡


上赤坂城跡 (かみあかさかじょう)  
千早城の方が有名であるがこちらの方が本城で別名「楠木城」。元弘3年(1333年)平野将監と楠木正季は、大軍の鎌倉幕府軍相手に奮闘したが陥落。汚い話だが、糞尿を敵にかけた奇策は「糞谷」という地名になって残っている。国指定史跡。
 所在  千早赤阪村桐山。  電話    WEB  
 開場時間    料金  無料。
上赤坂城跡


千早城跡  
楠木正成が、元弘2年(1332年)金剛山の険しい山腹に築いた山城。鎌倉幕府軍数十万の大軍に対し、僅か千人足らずの兵をもって100日間に及ぶ籠城戦を戦い抜き幕府軍を撤退させた山城である。国指定史跡。
 所在  千早赤阪村千早。近鉄長野線富田林駅から金剛バス、又は南海高野線河内長野駅から南海バスに乗り、「金剛登山口」へ。  電話  千早赤阪村農林商工課 (0721) 72-0081  WEB  
 開場時間    料金  無料。

遊ぶ[編集]

金剛山 (こんごうざん)  
奈良県御所市と千早赤阪村との境にある山で大阪府の最高峰。登山者数は富士山と争う程で、南大阪出身者はほぼ例外なく登る山である。飛鳥から奈良時代の呪術者で修験道の開祖とされている「役行者」が修行をした山としても有名。山頂に設置されているライブカメラで撮影される写真に写ろうと多くの登山者が訪れている。
 所在  奈良県御所市、千早赤阪村。近鉄長野線富田林駅から金剛バス、又は南海高野線河内長野駅から南海バスに乗り、「金剛登山口」へ。  電話    WEB  [2]
 営業時間    料金  


千早川マス釣り場  
ニジマス・ブラウン・イワナ等が釣れる。バーベキューコーナーもある。
 所在  千早赤坂村千早。  電話  (0721) 74-0116  WEB  [3]
 営業時間    料金  

買う[編集]

ちはやあかさか  
楠木氏の館跡に建てられた日本一小さな道の駅。千早赤阪村立郷土資料館と楠公誕生地が隣接。
 所在  千早赤阪村二河原辺7。  電話  (0721) 72-1588  WEB  [4]
 営業時間  10:00~17:00。  値段  
ちはやあかさか


千早赤阪村農産物直売所  
毎週土、日、祝日営業の直売所。
 所在  千早赤阪村東阪18、千早赤阪村立中学校下。  電話  (0721) 72-1271  WEB  [5]
 営業時間  6:00~15:00。  値段  

食べる[編集]

安食堂[編集]

中級[編集]

金剛山麓 まつまさ  
金剛山登山口にあるレストランである。豆腐料理とバーベキュー・ステーキが食べられる。
 所在  千早赤阪村千早950 。  電話  (0721) 74-0015  WEB  [6]
 営業時間  9:00~17:00 金曜定休日。  予算  ¥2,000~¥3,000。

高級[編集]

飲む[編集]

泊まる[編集]

安宿[編集]

中級[編集]

千早赤阪村営宿泊施設 香楠荘  
大阪で一番高い山「金剛山」の標高1,000mに建つ宿。
 所在  千早赤阪村千早1313-2。  電話  (0721) 74-0321  WEB  [7]
 時間    料金  


高級[編集]

出かける[編集]

この記事「千早赤阪村」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。