何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

十和田八幡平国立公園

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
十和田八幡平国立公園

Default Banner.jpg

アスピーテラインが開通する頃の大深沢展望台から、はるか岩手山(左)と秋田駒ヶ岳(右)を望む。

十和田八幡平国立公園青森県秋田県岩手県の県境に位置する湖沼や渓流及びそれを取り巻く山を主にした国立公園。十和田・八甲田地域(「十和田湖八甲田山」)・八幡平地域(八幡平岩手山秋田駒ヶ岳)と大きく2つに分かれ、その指定時域は7市2町1村にまたがり85,551ヘクタールにおよぶ。


分かる[編集]

歴史[編集]

  • 昭和11年2月1日 十和田国立公園として指定。
  • 昭和28年8月3日 田代岱等の追加。
  • 昭和31年7月10日 八幡平地域の公園区域の拡張・名称変更。
  • 昭和46年11月13日 湖沼又は湿原の指定(睡蓮沼、黄瀬、八幡沼、養沼)。

風景[編集]

動植物[編集]

気候[編集]

着く[編集]

料金/許可[編集]

動く[編集]

観る[編集]

十和田ビジターセンター  
十和田湖や奥入瀬渓流、八甲田山の自然の解説。
 所在  青森県十和田市大字奥瀬字十和田湖畔休屋486 。  電話  (0176) 75-2368  WEB  [1]
 開場時間  8:30~17:00。9:00~16:00(12月~3月)。  料金  入館・駐車場無料。


酸ヶ湯インフォメーションセンター  
八甲田の登山ルートや周辺の温泉や自然の解説。
 所在  青森県青森市荒川南荒川山国有林酸湯沢50。  電話  (017) 738-6400  WEB  [2]
 開場時間  9:00~17:00(冬季閉館)。  料金  入館・無料。


奥入瀬渓流  

遊ぶ[編集]

十和田湖  


八幡平  
十和田八幡平国立公園の内、八幡平地域の中心となる山。山頂は、秋田県仙北市と岩手県八幡平市の境にあるほか、500m北西の藤助森まで鹿角市の市域となっている。日本百名山のひとつである。見返り峠駐車場から山頂まで徒歩30分程度であり、サンダルでも登れる。そのほかにも山頂付近の沼などを巡るトレッキングコースが整備されている。大深温泉・大沼温泉・安比高原・八幡平スキー場などから登山道が整備されているほか、乳頭山方面や裏岩手連峰からの縦走路がある。コース付近には火口穴を由来とする沼や湿地、および湿地性高山植物が植生している。一帯の山域は約100万年前の火山活動で形成された。非常になだらかな山であり、かつては楯状火山(アスピーテ)とされていたが、その後の研究では山頂が台地状になった成層火山だといわれている。
八幡平

買う[編集]

食べる[編集]

飲む[編集]

泊まる[編集]

宿泊所[編集]

キャンプ[編集]

野宿[編集]

気を付ける[編集]

登山に当って注意すること[編集]

  • 登山計画書を出してから登ること。付近の宿泊施設に用紙があるので前日宿泊した場合は宿に出すとよい。キャンプの場合は森林事務所・駐在所などに提出。
  • 夏場であっても長袖・長ズボンを着用すること。防寒具や雨具も必携である。
  • 整備された比較的わかりやすい登山道ではあるが地形図か登山用地図とコンパスを携行し、非常時を考えて多めに食料を用意するとともに水場が少ないので充分な飲料水を持参すること。
  • 充分に時間の余裕を持ち、登山道を逸れたり単独歩行はしないこと。
  • 活火山である岩手山や秋田駒ヶ岳、八甲田山など「火山の博物館」と呼ばれるほどの火山帯であるため、事前にも現地での情報収集にも注意が必要。
  • 持ち物チェックリスト (登山編)」の記事も参照してほしい。

出かける[編集]