何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

利用者:TAKGW

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
Wikitravel:バベル
ja この利用者は日本語母語としています。
en-2 This user is able to contribute with an intermediate level of English.
de-0 Dieser Benutzer hat keine Deutschkenntnisse (oder hat beträchtliche Schwierigkeiten mit der Sprache).
fr-0 Cette personne ne comprend pas le français (ou ne le comprend pas sans grande difficulté).
zh-0 這個用戶無法理解中文
这个用户无法理解中文


自己紹介[編集]

香川県高松市出身のものです。幼い頃から日本の地理などが好きで桃太郎電鉄シリーズのゲームで良く遊んでいました。 2016年1月26日よりwikitravelに参加させてもらっています。

行ってみたい・行きたい場所[編集]

今、行ってみたい・行きたい場所は

故郷[編集]

屋島から高松市街地を望む
高松市にあるうどん店、さか枝のうどん

私の故郷である香川県

で人口は全国39位、面積は日本最小の47位、人口密度は全国で11番目に高く、中国四国地方では最も高い都道府県である。うどん県の愛称で全国的に知られるほどうどんが有名で、年間を通して雨が少なく以前は渇水が頻繁に起きるほど水不足問題が深刻であったが、1979年に香川用水が完成したことで、これまでより改善された。1988年に瀬戸大橋が開通したことにより香川県の対岸にある岡山県との関わりが以前より深くなってきている。また、岡山県とは民放テレビ局を相互しているため香川岡山両県の情報を知ることができる。さらに地方では珍しく民放テレビ局が5つ全て揃っている。(ちなみに 日テレ系列はRNC西日本放送(高松)、テレビ朝日系列はKSB瀬戸内海放送(高松)、TBS系列はRSK山陽放送(岡山)、テレビ東京系列はテレビせとうち(岡山)、フジテレビ系列はOHK岡山放送(岡山)にそれぞれ開局している)


高松市[編集]

JR四国最大の駅である高松駅
  • 人口 420,943人
  • 面積 375.41km2
  • 人口密度 1121.29人/km2

高松市は香川県の県庁所在地で全国にある790都市の中で41番目に人口が多く、四国地方では2番目に人口の多い都市である。1999年4月1日に中核市に指定された。四国地方の行政、経済の中心都市であり、支店経済都市である。高松市には特別名勝に指定されている栗林公園や、源平合戦の古戦場である屋島日本三大水城のひとつである玉藻城(高松城)、四国地方で最も高い建造物でサンポート地区にある高松シンボルタワーや、鬼ヶ島として知られる女木島などがある。高松市は江戸時代以前より玉藻城の城下町として、高松港の港町として発展してきた。平成の大合併では、2005年9月26日に旧香川郡 塩江町を、2006年1月10日に旧木田郡 庵治町、牟礼町、旧香川郡 香川町、香南町、旧綾歌郡 国分寺町を編入合併した。国内では、親善都市として水戸市、玉藻城、彦根城の姉妹城として彦根市、友好都市として由利本荘市、文化観光交流都市として金沢市[1]、 と都市提携を結んでいる。国外では、姉妹都市としてアメリカセントピーターズバーグ、姉妹都市としてフランストゥール、友好都市として中国南昌市と都市提携を結んでいる。 [2] あまり知られていないが松の盆栽の生産量は日本一である。(主産地は鬼無町、国分寺町など)


丸亀市[編集]

現存12天守の丸亀城
  • 人口 110,063人
  • 面積 111.78km2
  • 人口密度 984.64/km2

丸亀市は西讃地方及び中讃地方の中心都市で香川県で2番目に人口の都市。骨付き鳥発祥の地で香川県のなかでも特にうどんが有名な地域。現存12天守のひとつに選定されている丸亀城が所在する。うちわの生産量は全国シェア90%で日本一。丸亀市で造られたうちわは特に丸亀うちわと呼ばれ、丸亀市の地場産物になっている。2005年に対等合併した綾歌町にはニューレオマワールドがある。


坂出市[編集]

香川県坂出市にある本州四国を結ぶ瀬戸大橋
  • 人口 53,197人
  • 面積 92.49km2
  • 人口密度 575.16人/km2

坂出市は四国を代表する工業都市で、1988年に瀬戸大橋が開通し陸路で本州から上陸する際の四国の玄関口としての役割を担っている。金時みかんの生産地で金時人参や金時芋の生産も盛んである。工業生産額は約7600億円四国地方では今治市(約8900億円)、西条市(約8100億円)に次いで3番目に多く新居浜市(約6100億円)や四国中央市(約6000億円)を凌ぐ程である。 [3]


善通寺市[編集]

善通寺市の位置
  • 人口 32,942人
  • 面積 39.93km2
  • 人口密度 824.99人/km2

善通寺市は西讃地方のほぼ中央部に位置する市。五重塔の善通寺がある。弘法大師(空海)の生誕地である。某テレビ番組で紹介された石パンや、堅パンを売っている熊岡菓子店が所在する。


三豊市[編集]

  • 人口 65,566人
  • 面積 222.71km2
  • 人口密度 294.40人/km2

三豊市は県西部、西讃地方にある市で農業と漁業が盛んな地域。2006年1月1日に、旧三豊郡高瀬町、三野町、詫間町、仁尾町、豊中町、山本町、財田町のを合併してできた県内で一番新しい市である。また詫間町には紫雲出山(しうでやま)や浦島太郎伝説が残る荘内半島、3つの島が砂州でつながったスクリュー状のかたちをしている粟島がある。特産物は、らりるれレタスや高瀬茶など。



観音寺市[編集]

銭型砂絵と、沖に浮かぶ伊吹島
  • 人口 59,444人
  • 面積 117.84km2
  • 人口密度 504.45人/km2

観音寺市は香川県の西端に位置し、県内で4番目に人口が多く、漁業が盛んな地域である。また香川県で唯一、愛媛県に隣接している。市内には巨大な寛永通宝の銭型砂絵がある。伊吹島ではいりこ漁が盛んで伊吹島産のいりこがスーパーなどで良く出回っている。


さぬき市[編集]

  • 人口 50,300人
  • 面積 158.63km2
  • 人口密度 317.09人/km2

2002年4月1日に、旧大川郡 志度町、長尾町、津田町、寒川町、大川町の計5町を新設合併してさぬき市が誕生した。 「エレキテル」や、「夏バテ防止にうなぎを」のキャッチフレーズで知られる江戸時代の発明家の平賀源内は、このさぬき市の志度町に生まれた。また、志度町は桐下駄の産地としても知られる。


東かがわ市[編集]

  • 人口 31,046人
  • 面積 152.83km2
  • 人口密度 203.14人/km2

東かがわ市は香川県の東端に位置する市。讃岐三白のひとつである砂糖を使った和三盆糖や、養殖はまちにオリーブを餌として与えたオリーブはまち、手袋の生産などが有名。なかでも手袋の生産は全国シェア約90%を誇り日本一である。[4]


小豆島[編集]

小豆島町

  • 人口 14,870人
  • 面積 95.59km2
  • 人口密度 155.56人/km2

土庄町

  • 人口 14,005人
  • 面積 74.37km2
  • 人口密度 188.32人/km2

小豆島は香川県屈指の観光地であり全国的にも知られている。江戸時代には幕府の天領であった。観光地としてはエンジェルロード、寒霞渓、オリーブ公園、醤の郷など、特産物ではオリーブ、醤油、そうめんなどが有名である。「二十四の瞳」や、「八日目の蝉」などの舞台にもなっている。2010年、2013年に直島豊島などと共に瀬戸内国際芸術祭が開かれ、多くの観光客が訪れた。その中には外国人観光客の姿も多く見られた。また、2016年に第3回の瀬戸内国際芸術祭が開かれる。小豆島と前島の間にある土渕海峡は最狭幅が9.93mで世界一狭い海峡としてギネス世界記録に認定されている。


直島[編集]

直島町

  • 人口 3,142人
  • 面積 14.22km2
  • 人口密度 220.96人/km2

直島町は香川郡にある町。小豆島同様に瀬戸内国際芸術祭の舞台になっており、町内には数々のアート作品がみられる。平成の大合併により旧香川郡の香川町、香南町、塩江町が高松市に編入されたため香川郡の町は直島町だけとなった。地理的にみると香川県を含む四国本土より岡山県を含む本州側のほうが近い。そのため一部のでは、電力区域が四国電力ではなく中国電力の区域もある。地中美術館が所在。


琴平町[編集]

金刀比羅宮(ことひらぐう)【別名こんぴらさん】
  • 人口 9,189人
  • 面積 8.47km2
  • 人口密度 1084.89人/km2

琴平町は西讃地方のほぼ中央部に位置する仲多度郡の町。面積は8.47km2と香川県の自治体(地方公共団体)のなかでも2番目に小さい。海上交通の守護神として知られる金刀比羅宮の門前町である。高松琴平電鉄琴平線の終点駅である琴電琴平駅が所在する。


宇多津町[編集]

  • 人口 18,958人
  • 面積 8.10km2
  • 人口密度 2340.49人/km2

宇多津町は綾歌郡にある香川県の自治体(地方公共団体)のなかで最も面積の小さく、人口密度が最も高い町。町内にあるプレイパークゴールドタワーの高さは避雷針を含めると158m、建物本体の高さは144mである。2000年~2015年の4回分の国勢調査人口(2015年は速報値)を比べてみると、2000年は15,978人、2005年は17,460人、2010年は18,434人、2015年は18,958人と人口が増加している。2015年の国勢調査人口が2010年より増加しているのは、香川県内では高松市と宇多津町のみで、四国地方全体で考えても徳島県藍住町北島町松茂町の計5市町しか増えていない。また、2040年の将来推計の人口は20,010人[5]と四国地方の自治体で2010年の国勢調査人口と比べて増加しているのは宇多津町だけである。少子高齢化が進む日本で、しかも特に人口衰退の激しい四国の自治体のなかでは大変珍しい傾向にある自治体だと言える。


多度津町[編集]

  • 人口 23,382人
  • 面積 24.38km2
  • 人口密度 959.06人/km2


三木町[編集]

  • 人口 27,695人
  • 面積 75.78km2
  • 人口密度 365.47人/km2


綾川町[編集]

  • 人口 23,622人
  • 面積 109.75km2
  • 人口密度 215.23人/km2


まんのう町[編集]

  • 人口 18,392人
  • 面積 194.45km2
  • 人口密度 94.58人/km2

政令指定都市[編集]

総務省より作成。2016年4月1日時点での政令指定都市の一覧。 (2015年国勢調査による人口順及び、人口増減数は2010年国勢調査人口と2015年国勢調査人口から算出したもの。)

都市名 国勢調査人口
(人)
指定日 行政区数 人口増減数(±人)
横浜市 3,724,844 1956年9月1日 18区 +36,071
大阪市 2,691,185 1956年9月1日 24区 +25,871
名古屋市 2,295,638 1956年9月1日 16区 +31,744
札幌市 1,952,356 1972年4月1日 10区 +40,239
福岡市 1,538,681 1972年4月1日 07区 +74,938
神戸市 1,537,272 1956年9月1日 09区 −6,928
川崎市 1,475,213 1972年4月1日 07区 +49,701
京都市 1,475,183 1956年9月1日 11区 +1,168
さいたま市 1,263,979 2003年4月1日 10区 +41,819
広島市 1,194,034 1980年4月1日 08区 +20,191
仙台市 1,082,159 1989年4月1日 05区 +36,173
千葉市 971,882 1992年4月1日 10区 +10,133
北九州市 961,286 1963年4月1日 07区 −15,560
堺市 839,310 2006年4月1日 07区 −2,656
新潟市 810,157 2007年4月1日 08区 −1,744
浜松市 797,980 2007年4月1日 07区 −2,886
熊本市 740,882 2012年4月1日 05区 +6,348
相模原市 720,780 2010年4月1日 03区 +3,265
岡山市 719,474 2009年4月1日 04区 +9,890
静岡市 704,989 2005年4月1日 03区 −11,208
2016年4月1日時点で
全20都市、内100万人以上の都市が11都市、 100万人以下の都市が9都市存在。
政令指定都市 総人口 27,497,284人、内100万人以上の都市  20,230,544人、内100万人以下の都市 7,266,740人。
政令指定都市 平均人口 1,374,864.20人(ここでは基本的に少数第3位を四捨五入し少数第2位までの数値を表すのだが、政令指定都市の平均人口の場合、少数第1位で割りきれたため四捨五入はしていない)。


中核市[編集]

総務省より作成。2016年4月1日時点での中核市の一覧。(2015年国勢調査による人口順及び、人口増減数は2010年国勢調査人口と2015国勢調査人口から算出したもの。)

都市名 国勢調査人口
(人)
人口増減数(±人) 指定日 所在都道府県 主な備考、概要
船橋市 622,890 +13,850 2003年4月1日 千葉県 中核市のなかで人口増加数第1位。
県内第2の都市。
鹿児島市 599,814 −6,032 1996年4月1日 鹿児島県 県庁所在地。
活火山である桜島や九州新幹線の終点である鹿児島中央駅が所在。
八王子市 577,513 −2,540 2015年4月1日 東京都 東京都初の中核市。
業務核都市。
東京都最大の市。
姫路市 535,664 −606 1996年4月1日 兵庫県 播磨地方の中心都市及び最大都市。
県内第2の都市。
宇都宮市 518,594 +6,855 1996年4月1日 栃木県 北関東最大都市。
言わずと知られている餃子の街。
県庁所在地。
松山市 514,865 −2,366 2000年4月1日 愛媛県 四国最大都市。
道後温泉の街。
県庁所在地。
東大阪市 502,784 −6,749 2005年4月1日 大阪府 河内地方最大都市。
堺市に次ぐ県内第3の都市。
西宮市 487,850 +5,210 2008年4月1日 兵庫県 甲子園球場の街。
姫路市に次ぐ県内第3の都市。
大分市 478,146 +4,052 1997年4月1日 大分県 県庁所在地。
倉敷市 477,118 +1,605 2002年4月1日 岡山県 大原美術館や白壁の町並みで有名な美観地区
瀬戸大橋や鷲羽山で有名な児島地区などが所在。
観光都市であり、工業都市でもある。
金沢市 465,699 +3,338 1996年4月1日 石川県 北陸三県の中心都市、支店経済都市、最大都市。
日本三名園のひとつである兼六園が所在。
県庁所在地。
福山市 464,811 +3,454 1998年4月1日 広島県 備後地方の中心都市。
尼崎市 452,563 −1,185 2009年4月1日 兵庫県 兵庫県で最も人口密度の高い市。
西宮に次ぐ県内第4の都市。
長崎市 429,508 −14,258 1997年4月1日 長崎県 中核市のなかで人口減少数第1位。
県庁所在地。
豊田市 422,542 +1,055 1998年4月1日 愛知県 言わずと知れるトヨタ自動車の企業城下町。
県内第2の都市。
高松市 420,748 +1,319 1999年4月1日 香川県 我が故郷。
四国地方の支店経済都市。
四国地方の市のなかで唯一人口が増加した街。
特別名勝の栗林公園
源平合戦で有名な屋島などが所在。
県庁所在地。
富山市 418,686 −3,267 2005年4月1日 富山県 1996年4月1日に指定後、新設合併のため
2005年4月1日に再指定された。
県庁所在地。
柏市 413,954 +9,942 2008年4月1日 千葉県 業務核都市。
柏レイソルの本拠地。
船橋市、松戸市市川市に次ぐ県内第5の都市。
岐阜市 406,735 −6,401 1996年4月1日 岐阜県 県庁所在地。
横須賀市 406,586 −11,739 2001年4月1日 神奈川県 海軍の街。江戸時代末期(幕末)にペリーが来航した浦賀が所在。
枚方市 404,152 −3,826 2014年4月1日 大阪府 河内地方最北端に位置する。
東大阪市に次ぐ府内第4の都市。
宮崎市 401,138 +555 1998年4月1日 宮崎県 県庁所在地。
豊中市 395,479 +6,138 2012年4月1日 大阪府 中核市で最も人口密度の高い市。
枚方市に次ぐ府内第5の都市。
岡崎市 381,051 +8,694 2003年4月1日 愛知県 西三河地方の中心都市。徳川家康と八丁味噌が誕生した街。
豊田市に次ぐ県内3の都市。
長野市 377,598 −3,913 1999年4月1日 長野県 牛に引かれて善光寺まいりで知られる善光寺が所在。
県庁所在地。
豊橋市 374,765 −1,900 1999年4月1日 愛知県 東三河地方の中心都市。
岡崎市、一宮市に次ぐ県内第5の都市。
高崎市 370,884 −418 2011年4月1日 群馬県 群馬県最大都市。
同県の交通の要である高崎駅が所在。
50万人以上の人口を有していた高崎都市圏(都市雇用圏)は、伊勢崎都市圏、桐生都市圏、富岡都市圏とともに2010年に、前橋都市圏に編入された。
和歌山市 364,154 −6,210 1997年4月1日 和歌山県 県庁所在地。
奈良市 360,310 −6,281 2002年4月1日 奈良県 県庁所在地。
高槻市 351,829 −5,530 2003年4月1日 大阪府 京都市と大阪市の間のほぼ中央に位置する街。
豊中市、吹田市に次ぐ府内第7の都市。
川越市 350,745 +8,075 2003年4月1日 埼玉県 小江戸と呼ばれ、川越藩の城下町として栄えた。
業務核都市。
いわき市 350,237 +7,988 1999年4月1日 福島県 福島県最大都市。
アクアマリンふくしまが所在。
大津市 340,973 +3,339 2009年4月1日 滋賀県 世界文化遺産の比叡山延暦寺が所在。
県庁所在地。
旭川市 339,605 −7,490 2000年4月1日 北海道 上川総合振興局の振興局所在地。
日本最北端に位置する旭山動物園が所在。
道内第2の都市。
越谷市 337,498 +11,185 2015年4月1日 埼玉県 業務核都市。
高知市 337,190 −6,203 1998年4月1日 高知県 県庁所在地。
前橋市 336,154 −4,137 2008年4月1日 群馬県 高崎市を含む前橋都市圏(都市雇用圏)は人口約145万人で、都市雇用圏のなかで広島都市圏、北九州都市圏、宇都宮都市圏などを押さえ仙台都市圏、岡山都市圏に次いで全国10位の人口を誇る。
県庁所在地。
郡山市 335,444 −3,268 1997年4月1日 福島県 福島県中央に位置する中通り最大都市。
県内第2の都市。
那覇市 319,435 +3,481 2013年4月1日 沖縄県 言わずと知れた日本の観光地を代表する
沖縄県の県庁所在地。
秋田市 315,814 −7,786 1997年4月1日 秋田県 東北三大祭りのひとつである竿燈まつりが
毎年開かれる。
県庁所在地。
久留米市 304,552 +2,150 2008年4月1日 福岡県 久留米ラーメンで知られる筑後地方の中心都市。
盛岡市 297,631 −717 2008年4月1日 岩手県 わんこそば、じゃじゃ麺、冷麺の街。
北東北地方の中心都市。
県庁所在地。
青森市 287,648 −11,872 2006年4月1日 青森県 30万人規模の都市のなかで積雪量世界一。
県庁所在地。
下関市 268,517 −12,430 2005年10月1日 山口県 山口県最大都市。本州最西端に位置する。
函館市 265,979 −13,148 2005年10月1日 北海道 渡島総合振興局の振興局所在地。
旭川市に次ぐ道内第3の都市。
佐世保市 255,439 −5,662 2016年4月1日 長崎県 特例市制度廃止後
初めて施行時特例市から中核市へ移行した。
呉市 228,552 −11,421 2016年4月1日 広島県 佐世保市同様、特例市制度廃止後
初めて施行時特例市から中核市へ移行した。
2016年4月1日時点で
全47都市、内60万人以上の都市が1都市、50万人~60万人の都市が6都市、 40万人~50万人の都市が15都市、30万人~40万人の都市が19都市、30万人以下の都市が6都市。
中核市 総人口 18,669,843人、 内50万人以上の都市 3,872,124人、40万人~50万人の都市 6,550,236人、30万人~40万人の都市 6,643,717人、30万人以下の都市 1,603,766人。
中核市 平均人口 397,230.70人(少数第3位を四捨五入し少数第2位までの数値を表したもの)。

施行時特例市[編集]

総務省より作成。2016年4月1日時点での施行時特例市の一覧。(2015年国勢調査による人口順及び、人口増減数は2010年国勢調査人口と2015国勢調査人口から算出したもの。)

都市名 国勢調査人口
(人)
人口増減数(±人) 指定日 所在都道府県 主な備考
川口市 578,112 +16,606 2001年4月1日 埼玉県
一宮市 380,868 +2,302 2002年4月1日 愛知県
吹田市 374,468 +18,670 2001年4月1日 大阪府
所沢市 340,386 −1,538 2002年4月1日 埼玉県
四日市市 311,031 +3,265 2000年11月1日 三重県
春日井市 306,508 +939 2001年4月1日 愛知県
明石市 293,409 +2,450 2002年4月1日 兵庫県
茨木市 280,033 +5,211 2001年4月1日 大阪府
長岡市 275,173 −7,541 2007年4月1日 新潟県
水戸市 270,783 +1,766 2001年4月1日 茨城県
八尾市 268,800 −2,660 2001年4月1日 大阪府
加古川市 267,435 +498 2002年4月1日 兵庫県
福井市 265,904 −892 2000年11月1日 福井県
平塚市 258,227 −2,553 2001年4月1日 神奈川県
山形市 253,832 −412 2001年4月1日 山形県
富士市 248,399 −5,628 2001年4月1日 静岡県
草加市 247,034 +3,179 2004年4月1日 埼玉県
松本市 243,293 +256 2000年11月1日 長野県
茅ヶ崎市 239,348 +4,267 2003年4月1日 神奈川県
寝屋川市 237,518 −686 2001年4月1日 大阪府
佐賀市 236,372 −1,134 2014年4月1日 佐賀県
大和市 232,922 +4,736 2000年11月1日 神奈川県
春日部市 232,709 −4,462 2008年4月1日 埼玉県
八戸市 231,257 −6,358 2001年4月1日 青森県
つくば市 226,963 +12,373 2007年4月1日 茨城県
厚木市 225,714 +1,294 2002年4月1日 神奈川県
宝塚市 224,903 −797 2003年4月1日 兵庫県
太田市 219,807 +3,342 2007年4月1日 群馬県
伊勢崎市 208,814 +1,539 2007年4月1日 群馬県
松江市 206,230 −2,383 2012年4月1日 島根県
熊谷市 198,742 −4,438 2009年4月1日 埼玉県
上越市 196,987 −6,912 2007年4月1日 新潟県
沼津市 195,633 −6,671 2000年4月1日 静岡県
岸和田市 194,911 −4,323 2002年4月1日 大阪府
小田原市 194,086 −4,241 2000年4月1日 神奈川県
鳥取市 193,717 −3,732 2005年4月1日 鳥取県
甲府市 193,125 −5,867 2000年4月1日 山梨県
2016年4月1日時点で
全37都市、内30万人以上の都市が6都市、25万人~30万人の都市が9都市、20万人~25万人の都市が15都市、20万人未満の都市が7都市。
施行時特例市 総人口 9,553,453人、内30万人以上の都市 2,291,373人、25万人~30万人の都市 2,433,596人、20万人~25万人の都市 3,461,283人、20万人未満の都市 1,367,201人。
施行時特例市 平均人口 258,201.43人(少数第3位を四捨五入し少数第2位までの数値を表したもの)。

人口20万人以上の一般市[編集]