何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

利尻島

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
利尻島

Default Banner.jpg

礼文島から見た利尻島

利尻島(りしりとう)は、北海道北部の宗谷地方にある、日本海に浮かぶ島である。


分かる[編集]

利尻島の位置

概要[編集]

標高1,721mの利尻山(利尻富士)を中心とした火山島で、島内には姫沼やオタトマリ沼といった大自然が満喫できる見所が数多くある。島は利尻町と利尻富士町の2町からなっている。

観光案内所等[編集]

利尻町観光協会 — 利尻町役場 産業建設課 商工観光係内  所在  利尻町沓形字緑町14番地1  電話  (0163) 84-3622  FAX  (0163) 84-3365  WEB  [1]  e-mail  [2]

利尻富士町観光協会 — 利尻富士町役場 産業建設課 商工観光係  所在  利尻富士町鴛泊字富士野6番地 庁舎1階  電話  (0163) 82-1114  FAX  (0163) 82-1373  WEB  [3]

鴛泊港フェリーターミナル内観光案内所 — 利尻富士町観光協会  所在  鴛泊  電話  (0163) 82-2201  時間  8:30頃~16:45頃

利尻町観光案内所 電話  (0163) 84-2349  時間  9:00~17:00

利尻富士町旅館業組合 電話  (0163) 82-1473  WEB  [4]


着く[編集]

飛行機で[編集]

最寄り空港は利尻富士町域にある利尻空港である。

いずれも所要時間は約50分から約1時間で、往復とも昼間時間帯に出発する。発着時刻は公式サイトを参照されたし。

列車で[編集]

船で[編集]

稚内礼文島から鴛泊港までフェリーが就航している。礼文島からは夏季のみ沓形港への便も運航される。運航便数や乗船定員は季節によって変動する。所要時間は稚内から1時間40分、礼文島から40分である。(時刻表)(運賃表)ハートランドフェリー TEL (0162) 23-8010

冬季は海がかなり荒れる場合があり、フェリーが欠航することもあるため天候をよく確認する必要がある。欠航は2・3日連続することがある。また航海中は何かにつかまって歩かないと体が転がったり移動するほど動揺するため、船に弱い方は覚悟が必要である。

車で[編集]

島に車で乗り入れる場合フェリーを利用することになるが、航送料金はかなり割高である。島に3日間以上滞在する時のみ車を航送し、それ以下であれば稚内に車を駐車し島ではレンタカー等にしたほうが経済的である。

動く[編集]

列車で[編集]

島内に鉄道路線は無い。

バスで[編集]

利尻島を一周するように路線バス(宗谷バス・営業所は利尻町沓形)が通じているが、運転本数は少なく、観光には不向き。午前中やお昼頃に到着する船に合わせて定期観光バスが運行している。

車で[編集]

道道105号と108号で島内を1周している。主な観光地には1周道路で行くことができる。

  • まごころレンタカー 電話  (0163) 82-1551  WEB  [5]
  • ニッポンレンタカー利尻営業所 電話  (0163) 89-0919  WEB  [6]
  • 日産レンタカー 利尻鴛泊カウンター 電話  (0163) 82-1551  WEB  [7]
  • トヨタレンタリース旭川利尻店 電話  (0163) 89-2300  WEB  [8]

自転車で[編集]

  • ターミナル前雪国店 — 鴛泊フェリーターミナル前でバイクと自転車の貸し出しをしている。  電話  (0163) 882-1046  WEB  [9]

足で[編集]

甘露泉以外は鴛泊港から。

利尻山
日本の百名山のうち、標高0mから登れる唯一といってもいい山なので、是非海水に足をつけてから登って欲しい。海岸から3合目の登山口まで約1時間。
甘露泉
登山口から10分登ると名水のせせらぎがある。
ペシ岬灯台
鴛泊港すぐ北の小高い山。100m以上あり、フェリーの入港出港航を見下ろせる。約40分。
利尻富士町の温泉施設
約30分。集落を過ぎるとずっと登りだが景色は良く、帰りは下りなので汗をかかずに帰れる。
その他
民宿、りしりグリーンヒル(旧:利尻ぐりーんひるユースホステル)では「利尻島一周完歩」と銘打ったイベントで、徒歩での一周を推奨している。約55km、12時間程度。

観る[編集]

利尻山(利尻岳・利尻富士)  
標高1719mの利尻山は日本海沿いを通ってくると天気がよければ羽幌付近から見えてくる。海に浮かぶ富士である。8合目から上部の礫地に国内ではここでしか見られないリシリヒナゲシが咲く。ボタンキンバイ、リシリシオガマ、リシリアザミも見られる。登山コースについては利尻礼文サロベツ国立公園#遊ぶ参照。利尻山は見る位置によって様々に姿を変えていくので、島を一周する際には各地でその姿を見てほしい。
利尻山(利尻岳・利尻富士)


ぺシ岬展望台  
鴛泊の目印のような存在。クジラのように海に突き出した岬の上には灯台があり、遊歩道が作られている。上から見る海や利尻山もよいが、沈み行く夕日はすばらしい。遊歩道の階段が少し崩れているので歩く際は注意。鴛泊港から徒歩20分。
ぺシ岬展望台


富士野園地  
ウミネコの営巣地があるポンモシリを一望できる海沿いの景勝地。6~7月にはエゾカンゾウが満開となり黄色く染める。丘を利用した夕陽丘展望台も隣接する。鴛泊市街地から約2km。


姫沼  
周囲には約1kmの木道が作られ1周することができる。ここには多くのカモメが水浴びに来る。晴れていれば沼面に利尻山が写り、逆さ富士となって見える。湖畔に休憩施設。駐車場にトイレがある。宗谷バス「姫沼口」から1.6km。
姫沼


オタドマリ沼・沼浦湿原  
利尻島を代表する沼。団体が必ず沼と利尻山をバックに記念写真を撮る場所。周囲には約1.5kmの遊歩道がある。この沼面にも利尻山が映し出される。北海道の有名菓子「白い恋人」の箱の写真はここのもの。沼付近の西側一帯が沼浦湿原である。駐車場に売店とトイレがある。ここの売店では、ウニの軍艦巻きが美味。宗谷バス「沼浦」下車すぐ。


南浜湿原  
余り訪れる人は多くないが、ミズバショウを始めとしてワタスゲやカキツバタなど様々な植物が見られる高層湿原。宗谷バス「南浜」下車すぐ。


仙法志御崎公園  
利尻山の噴火で出た溶岩が海に流れ込んでできた奇岩が多く見られる。海辺を加工して造ったプールにはアザラシが飼われている。また、利尻山が最も雄大な姿を見せる場所である。近くに全国に昆布を卸ている昆布の加工場と売店がある。駐車場にトイレあり。宗谷バス「仙法志御崎」下車すぐ。


神居海岸  
溶岩による奇岩が見られるほかエゾカンゾウの群生もある。
 所在  沓形本町から約1.5km


沓形岬公園  
姉妹島の礼文島がよく見える展望台があり、無料の望遠鏡が設置されている。その反対側には利尻山も広々と裾野を広げている。短い散策路があり、クロユリ、ハマナス、チシマフウロ、エゾカンゾウなどの花を見ることができる。ミニビジターハウスも設置されていて休憩が出来るようになっている。港の駐車場にトイレあり。沓形本町から0.8km。


甘露泉水  
飲むと甘く感じる湧水。
 所在  利尻山鴛泊登山ルート三合目付近。  WEB  [10]

遊ぶ[編集]

利尻岳登山  
鴛泊登山口からと沓形登山口からのコースがある。鴛泊コースの方が初心者向きで登山口から山頂まで約6.4km、上り5時間30分、下り4時間を目安にすると良い。沓形コースは経験者向きで山頂まで約4.8km、上り4時間、下り3時間が標準である。登山に当ってはしっかりした装備をし登山届けを必ず出すこと。詳細は利尻礼文サロベツ国立公園#遊ぶ参照。


サイクリングロード  
詳細は利尻礼文サロベツ国立公園#遊ぶ参照。


利尻富士温泉保養施設  
登山やサイクリングの後は温泉で汗を流したい。温泉施設のとなりには屋内温泉プール「遊泳館」や離島では初めてという美術館「リップ館」もある。「遊泳館」横には無料の足湯(6月から10月のみ)もある。
 所在  鴛泊栄町(鴛泊市街地から徒歩10分)  電話  (0163) 82-2388  WEB  [11]
 営業時間  12:00~21:00(6~8月は11:00~21:30)  料金  中学生以上¥500 小学生¥250
利尻富士温泉保養施設


利尻ふれあい温泉  
利尻町ふれあい保養センターで入浴可能。日本海に沈む夕日が見える露天風呂がある。内風呂は加温浴槽のほか、源泉温度35度のままの低温浴槽もある。ともに掛け流し。外にある「ふれあい足湯」(5:00~21:00、5月~10月のみ)は無料で使える。
 所在  沓形市街地  電話  (0163) 84-2001  WEB  [12]
 営業時間  13:00~21:00  料金  大人¥550 小人¥200
利尻ふれあい温泉


レンタカー・レンタルバイク・レンタサイクル  
島内のレンタカーはマルゼンレンタカー[13]の場合、2009年現在ガソリン代込みで24時間¥13,800 からである。およそ60km の島の周囲をまわるだけなら軽四輪¥5,400 で借りられる3時間で良い。フェリーターミナルにはレンタサイクルやレンタルバイク(50cc以外に二人乗用の100ccもある)がある。港から登山口まではハイヤーが便利で¥2,000掛からない。利尻ハイヤー(利尻町沓形)、富士ハイヤー(利尻富士町鴛泊)などがある。

買う[編集]

お土産は鴛泊のフェリーターミナル前かオタドマリ湖の売店が二大集積地。 利尻島の名産品である「利尻昆布」などが土産物としてよく買われる。


ミルピス商店  
利尻島でしか買えない不思議な乳飲料。一部観光客の間で話題に。
 所在  利尻町沓形字新湊150  電話  (0163) 84-2227  WEB  [14]
 営業時間  日中  値段  ミルピス¥350


畑宮食品  
全国に利尻昆布を卸している昆布加工販売会社の直売所。店の前では美味しいとろろ昆布の味噌汁が試食できる。その他の北海道のお土産もいろいろある。
 所在  仙法師御崎公園駐車場前  電話  (0163) 85-1778
0120-36-1778
 WEB  
 営業時間    値段  


港屋丸田商店  
鴛泊フェリーターミナルに並ぶ売店。帰りの船に乗る前の最後のお土産探しができる。
 所在  鴛泊港町。

食べる[編集]

夏場はウニ、ホッケなどがおいしい。ノナウニ(ムラサキウニ)は6月2週目くらい~9月中旬、バフンウニはその間でもう少し短い。時化などで無いときもあるので注意。うにぎり(うにをタネにしたおにぎりとウニの軍艦巻きと二種類ある)、ウニの天ぷら、イガイガのままのウニ等現地でしか食べられないウニ料理が多々ある。

安食堂[編集]

味楽  
「北海道・ミシュランガイド・特別版2012」にも掲載されているラーメン店。
 所在  利尻町沓形字本町67。  電話  (0163) 84-3558  WEB  
 営業時間  11:30-14:00 17:00-19:00、定休日 木曜  予算  焼き醤油ラーメン ¥800

中級[編集]

一膳飯屋 眉倶楽部  
鴛泊市街地の東にある食堂。個性的なマスターの元には、自然と登山客や、ライダー、キャンパー、チャリダー、徒歩ダーが集まり、いつの間にかみんな友達になってしまう。
 所在  鴛泊字栄町  電話  (090) 2693-9756  WEB  [15]
 営業時間  09:00~23:00  予算  ¥600 ~¥2,000


味舞 三日月  
鬼脇市街地の中央にある蕎麦屋で、つゆに利尻昆布をふんだんに使い、島外から蕎麦だけの為に来る観光客も多い。
 所在  鬼脇字鬼脇  電話  (0163) 83-1562  WEB  [16]
 営業時間  7:30~20:00  予算  ¥600 ~¥1,300


オタトマリ沼利尻富士町レストハウス  
沼畔のお花畑の前にあるレストハウス。いくつかの店が入っている。海峡寿司のうに軍艦巻き(3貫¥1,200)、殻のまま焼いてくれるホタテのバター焼、ハマナスソフトクリームが美味しい。
 所在  オタトマリ沼(宗谷バス「沼浦」下車。)  電話    WEB  
 営業時間    予算  


食堂丸善  
ラーメン、カレーから刺身定食、うに丼までメニューいろいろ。特製弁当「利尻磯めし」は全国販売をしている。
 所在  鴛泊フェリーターミナル2階  電話  (0163) 82-2822  WEB  [17]
 営業時間    予算  ¥600~¥3,500


さとう食堂  
「日本一うまいうに丼」の看板を掲げる店。1970年から食堂を経営するお店のご主人の佐藤萬さんは、利尻の昔話や方言などの冊子を6冊も出している大正12年生まれのおばあさんだ。時間があればいろいろお話をしてみたいもの。
 所在  鴛泊フェリーターミナル前  電話  (0163) 82-1314  WEB  
 営業時間    予算  とろろこんぷラーメン ¥750

高級[編集]

飲む[編集]

バルデセロ (BAR DE CERO)  
鴛泊にあるお洒落なバー。
 所在  利尻富士町鴛泊字本町。  電話  (0163) 85-7810  WEB  [18]
 営業時間  19:00~24:00、定休日 水曜  料金  

泊まる[編集]

  • 利尻島・宿泊業組合 電話  (0163) 82-1837  WEB  [19]

鴛泊地区[編集]

キャンプ[編集]

利尻島ファミリーキャンプ場「ゆーに」  
鴛泊市街地に近いキャンプ場。開設は5月から10月。テントサイト、バーベキューコーナーの利用は無料。シャワー、洗濯機、キッチンの付いたコテージ(5人用、¥15,000)、バンガロー(6人用¥6,000、4人用¥4,000)もある。場内には、炊事場、バリアフリートイレ、芝生広場、バーベキュー棟、管理棟がある。荷物運搬用のリヤカーなどは無料貸し出し。有料貸し出し品として、テント、タープ、シュラフ、マット、毛布、バーベキューコンロ、ランタン、キャンピングテーブルなどがあり、木炭などの消耗品も販売している。隣接して温泉保養所がある。花火、焚き火およびペットの入場は禁止である。
 所在  鴛泊栄町(鴛泊市街地から徒歩10分)  電話  (0163) 82-2116
開設期間外 (0163) 82-0114 商工観光課
 WEB  [20]
 時間  チェックイン 14:00~19:00 チェックアウト 7:00~10:00   料金  入場料:大人¥500、身体障害者および小学生以下¥300


利尻山北麓野営場  
鴛泊コースの3合目にある野営場。場内はテントサイト、ケビン、炊事場、トイレ、公衆電話、簡易売店がある。ケビン(7棟、要予約)は4人用で¥3,000。
 所在  鴛泊市街地から約3km  電話  (0163) 82-2394 開設期間外は観光商工課へ。  WEB  
 時間    料金  テントサイト:大人¥300、小人¥100


沼浦キャンプ場  
オタドマリ沼に近いキャンプ場。テントサイト、炊事場、トイレ、公衆電話の設備がある。
 所在  鴛泊市街地から23km(宗谷バス「沼浦」下車)  電話  (0163) 82-1114 商工観光課  WEB  
 時間    料金  利用無料

安宿[編集]

ライダーハウス二輪クラブ  
利尻空港にも近いライダーハウス。布団の貸し出しあり。鴛泊市街地から約3km。
 所在  利尻富士町鴛泊富士岬  電話  090-4413-6727  WEB  
 時間    料金  ¥500


利尻ぐりーんひるinn  
旧)利尻グリーンヒルユースホステル。鴛泊市街地の西にある素泊まりドミトリータイプの民宿。夕陽が美しい夕陽丘展望台まで徒歩約3分と近い。利尻山登山(1721m)にも便利である。島1周を歩く行事もYH時代から行っている。夕食の提供は無いが、電子レンジ・湯沸かしポット・トースターは自由に使用可能。朝食は食パンを無料で提供している。コンビニエンスストアまで徒歩約10分。利尻フードセンターまで徒歩約3分。現在はユースホステルではなく素泊まり旅館・バックパッカーズホステル・ゲストハウスとして通年営業(冬季は期間限定にて営業)。また利尻山登山の早朝送りも対応している。
 所在  利尻富士町鴛泊字富士野35-3  電話  (0163) 82-2507
 FAX  (0163) 82-2507
 WEB  [21]
 e-mail  [22]
 時間  チェックイン 12:00~   料金  ドミトリー宿泊¥3,800。2名以上から1人プラス1,000円で1室貸し切りも可能。
利尻ぐりーんひるinn

中級[編集]

山荘 花りしり  
漁師から直接仕入れた新鮮な魚料理が自慢の宿。洋室のみ。鴛泊フェリーターミナルから徒歩8分。
 所在  利尻富士町鴛泊字栄町200-1  電話  (0163) 82-2362
 FAX  (0163) 82-2855
 WEB  [23]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  2食付 10月~4月¥6,300 ~¥8,400
5月~9月¥10,500 ~¥13,650


旅館 最北亭  
鴛泊港に面していて、フェリーの出入りや漁火がよく見える宿。天然温泉を引いていて24時間入浴ができる。5月から10月まで営業。鴛泊フェリーターミナルから徒歩7分。
 所在  利尻富士町鴛泊字港町  電話  (0163) 82-1261
 FAX  (0163) 82-1766
 WEB  [24]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 9:00   料金  2食付¥7,500 ~¥14,325


利尻マリンホテル  
 所在  鴛泊フェリーターミナルから徒歩7分  電話  (0163) 82-1337  WEB  [25]
 e-mail  [26]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  2名1室2食付¥12,600~


ヘラさんの家  
ぺシ岬の麓にあるペンション。
 所在  鴛泊フェリーターミナルから徒歩5分。  電話  (0163) 2-2361  WEB  [27]
 e-mail  [28]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  ¥10,650~

高級[編集]

ホテル 雲丹御殿  
海辺の小高い丘の上に建つオーシャンビューのホテル。
 所在  利尻富士町鴛泊野塚。  電話  (0163) 82-1120  WEB  [29]
 時間  チェックイン 14:00 チェックアウト 10:00   料金  


北国グランドホテル  
 所在  鴛泊栄町93  電話  (0163) 82-1362
 FAX  (0163) 82- 2812
 WEB  [30]
 e-mail  [31]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  2食付¥17,000~


マルゼンペンション レラモシリ  
利尻山を望む絶景露天風呂が自慢のペンション。
 所在  鴛泊字栄町227-5。  電話  (0163) 82-2295
 FAX  (0163) 82-2295
 WEB  [32]
 時間    料金  

沓形地区[編集]

キャンプ[編集]

沓形岬公園キャンプ場  
水場、トイレ、休憩舎(洗濯機、乾燥機設置)がある。利用料金は管理人が夕方取に来る。
 所在  沓形市街地から徒歩10分  電話  (0163) 84-2345 役場商工観光係まで  WEB  
 時間    料金  ¥300


利尻町森林公園キャンプ場  
バーベキューサイト、バンガロー(1名¥2,500~)がある。
 所在  沓形市街地から徒歩約10分  電話  (0163) 84-2345 役場建築農林係まで  WEB  
 時間    料金  ¥300

安宿[編集]

ライダーハウス FUKUZYU  
新米漁師さんが営む喰い処福寿が倉庫を開放しているライダーハウス。ライダー定食をご注文の方のみ、別棟の宿泊施設が利用可能。宿泊には身分証明書が必要。男女同室相部屋で寝袋持参のこと。
 所在  利尻富士町沓形  電話  (0163) 84-3227
 FAX  (0163) 84-3227
 WEB  [33]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  2食(夕、朝)¥2,500

中級[編集]

民宿かもめ  
沓形港に一番近く、居酒屋が兼営している宿。
 所在  利尻町沓形字富士見町  電話  (0163) 84-3119  WEB  [34]
 時間    料金  2食付¥9,450 ~


民宿 えびす荘  
料理自慢の民宿。
 所在  利尻町沓形日出町1-5。  電話  (0163) 84-3640
 FAX  (0163) 84-2754
 WEB  [35]
 e-mail  [36]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  


アイランドインリシリ  
 所在  沓形岬公園からすぐ  電話  (0163) 84-3002
 FAX  (0163) 84-3340
 WEB  [37]
 e-mail  [38]
 時間    料金  ¥10,650~


中原旅館  
 所在  沓形本町  電話  (0163) 84-2066
 FAX  (0163) 84-2164
 WEB  [39]
 時間    料金  ¥10,500~


秀峰・北の宿  
 所在  宗谷バス「新湊」下車  電話  (0164) 84-2619
 FAX  (0163) 84-2619
 WEB  [40]
 e-mail  [41]
 時間    料金  ¥7,500~

高級[編集]

ホテル利尻  
利尻島西海岸沓形地区の町営ホテル。利尻ふれあい温泉と隣接しており、宿泊客はそのまま入浴可能。
 所在  利尻町沓形富士見町90。  電話  (0163) 84-2001  WEB  [42]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  
ホテル利尻


アイランドインリシリ  
夕日と利尻富士を同時に堪能できる。
 所在  利尻町沓形富士見町30。  電話  (0163) 84-3002  WEB  [43]
 時間    料金  

気をつける[編集]

利尻礼文サロベツ国立公園#気をつける参照。

出かける[編集]