何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

初山別村

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
初山別村

Default Banner.jpg

初山別村(しょさんべつむら)は、北海道西北部にあり、留萌地方に位置する町である。65cmの天体望遠鏡を持つ天文台がある。きれいな空の星の村を売り物にしている。主要産業は漁業である。西を日本海に面し羽幌町遠別町に接している。初山別村役場:初山別村字初山別96番地1 TEL (0164) 67-2211。


着く[編集]

飛行機で[編集]

旭川空港から142km余りである。空港連絡バスで旭川駅前を経由、留萌で再度乗り換える。

新千歳空港からは新千歳空港駅より札幌駅へ出て、都市間バス「特急はぼろ号」を利用する。

列車で[編集]

町内に鉄道路線はない。最寄り駅は留萌本線の留萌駅である。留萌からバスで約1時間47分。

車で[編集]

国道232号が留萌と稚内を結んでいる。留萌から約67km、稚内から約145km。

バスで[編集]

札幌から都市間バス「特急はぼろ号」が4往復運行されている。運行は沿岸バス、要予約 TEL (0164) 62-1550。

  • 札幌駅前ターミナル(11番乗り場)出発時刻:8:00、13:00、15:00、18:00
  • 初山別役場前までの所要時間は3時間42分、運賃¥4,000。

留萌・苫前・羽幌を結ぶ路線バスが14往復運行されている。幌延までは8本ある。沿岸バス豊富留萌線

  • 留萌駅前発の時刻- 06:25*、06:50、08:05、09:00*、10:05*、11:15、12:15、13:30*、14:25**、15:30*、16:25**、17:45、18:58**、20:20
  • 注:羽幌ターミナルまでの所要時間1時間52分、* は豊富行き、** は幌延行き

船で[編集]

村内に旅客船航路はない。

動く[編集]

列車で[編集]

バスで[編集]

国道232号を通る路線バスがある。

足で[編集]

観る[編集]

しょさんべつ天文台  
「みさき台公園」にある天文台で、65cmのカセグレン式反射望遠鏡が備え付けられている。フジテレビのドラマ「白線流し」のシリーズで舞台の一つとして使われたことでも有名。
 所在  初山別村字豊岬153-7。  電話  (0164) 67-2539  WEB  [1]
 開場時間  4月1日~9月30日 10:00~21:00(10月1日~3月31日 19:00まで、水曜日 17:00まで)。水曜日・冬季休館。  料金  入館料高校生以上¥200、小中学生¥100、幼児無料。

遊ぶ[編集]

しょさんべつ温泉  
「岬の湯」ナトリウム塩化物泉
 所在  「岬センター」下車徒歩1分。  電話  (0164) 67-2031  WEB  
 営業時間  11:00~21:30。  料金  ¥500(小¥250)。


道の駅☆ロマン街道しょさんべつ 地図  
かつてドラマ「白線流し」のロケ地にもなった日本最北の天文台、「しょさんべつ天文台」があるみさき台公園内にある道の駅。公園内には、他に温泉宿泊施設やゴーカート場、パークゴルフ場などの施設もある。レストランでは、初山別特産のふぐを使ったふぐそばやふぐ鍋などのメニューが楽しめる。また、ハスカップのジャムやジュースなどの特産品販売コーナーもある。
 所在  初山別村字豊岬153-1。  電話  (0164) 67-2525  WEB  [2]
 営業時間  4月~10月:10:00~21:00、11月~3月:10:00~20:00。毎週火曜日及び年末年始(12月29日~1月5日)休館。  料金  

買う[編集]

食べる[編集]

レストラン北極星  
4月下旬から10月中旬まで営業
 所在  みさき台公園「岬センター」下車。  電話    WEB  
 営業時間    予算  


レストラン花みさき  
 所在  「岬の湯」内。  電話  (0164) 67-2031  WEB  [3]
 営業時間    予算  

安食堂[編集]

中級[編集]

高級[編集]

飲む[編集]

泊まる[編集]

安宿[編集]

中級[編集]

岬センターCosmic-Inn  
和室・洋室あり。和室選択時の布団敷きはセルフサービスとなる。また、バリアフリールームが和室・洋室ともに用意されている。
 所在  「岬センター」下車徒歩1分。  電話  (0164) 67-2031
 FAX  (0164) 67-2440
 WEB  [4]
 時間    料金  ¥7,140~。バリアフリー部屋(和・洋)1名で¥8,100円~。

高級[編集]

出かける[編集]


この記事「初山別村」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。