何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

函館市/湯の川温泉地区

提供: ウィキトラベル
函館市 : 湯の川温泉地区
移動先: 案内検索
函館市/湯の川温泉地区

Default Banner.jpg

函館市湯の川温泉地区函館市中心部の南東、湯の川温泉とその周辺の地区。

着く[編集]

観る[編集]

湯倉神社 地図  
函館市電湯の川電停から徒歩約3分のところにある神社。1617年の創建。1653年、松前藩の藩主となる松前高広(幼名・千勝丸)の難病治療のために、母親の清涼院が千勝丸を湯治させると、千勝丸の難病は完治した。松前藩は感謝として1654年に社殿を建設、黄金の薬師如来像を安置し、直径約20cmの鰐口を奉納した。現在の社殿は1941年の完成。現在は、竿で吊り上げる「イカすおみくじ」(300円)が人気。その名のとおり、イカをモチーフにしたおみくじ。
 所在  函館市湯川町2丁目28番地1。  電話  (0138) 57-8282
 FAX  (0138)57-7812
 WEB  [1]
 開場時間    料金  
湯倉神社


函館市熱帯植物園 地図  
冬季は温泉に入るニホンザルが人気。
 所在  函館市湯川町3-1-15。  電話  (0138) 57-7833  WEB  [2]
 開場時間  9:30~18:00(11~3月 ~16:30)  料金  一般 ¥300。
函館市熱帯植物園

遊ぶ[編集]

湯の川温泉 地図  
北海道でもっとも古くから栄えた温泉。数十軒の旅館・ホテルが並ぶ道内を代表する温泉街のひとつ。
 所在  函館市電湯の川温泉電停、湯の川電停下車。  電話  (0138) 57-8988(函館湯の川温泉旅館協同組合)  WEB  [3]
 営業時間  -  料金  日帰り¥400~。
湯の川温泉


湯の川温泉足湯湯巡り舞台 地図  
函館市電湯の川温泉電停の目の前にある、2007年12月にオープンした足湯の施設。濡れた足を拭くタオルを持参すること。
 所在  函館市湯川町1-16-5。  電話  (0138) 57-8988(函館湯の川温泉旅館協同組合)  WEB  [4]
 営業時間  9:00~21:00、無休  料金  無料。
湯の川温泉足湯湯巡り舞台


湯の川温泉 山内温泉長生湯 地図  
湯の川温泉にあるレトロな外観の温泉銭湯。1944年創業。2018年10月31日を最後に閉鎖。
 所在  函館市湯川町2丁目20-9。  電話  (0138) 59-2681  WEB  
 営業時間  6:00~21:30、休日 火曜(火曜が祝日の場合は営業)。  料金  


大盛湯 (たいせいゆ) 地図  
函館市電湯の川電停から徒歩約2分のところにある温泉銭湯。戦前に青木浴場として開業、1955年に現名称に変更した。現在の建物は1991年11月に完成した。キャッチコピーは「440円で入れる湯の川温泉」。駐車場あり。
 所在  函館市湯川町2-18-23。  電話  (0138) 57-6205
 FAX  (0138) 57-1574
 WEB  [5]
 e-mail  [6]
 営業時間  8:00~21:30、第1・3・5水曜休業  料金  大人\440、中人\140、小人\70


永寿湯温泉  
湯の温度が屈指の高さの日帰り温泉施設。
 所在  函館市湯川町1-7-14。  電話  (0138) 57-0797  WEB  [7]
 営業時間  06:00~22:00  料金  

買う[編集]

イオン湯川店 地図  
1967年に開業した、湯の川温泉にあるイオン。北海道道100号函館上磯線沿いにある。旧名称はダイエーで、2015年9月1日に現名称に変更した。改装工事のため2019年6月19日から28日まで休業、翌29日午前9時にリフレッシュオープンした。改装により食品売場とフードコートがより充実。弁当や惣菜などを中心に食品全般の品揃えを拡大し、即食・簡便商品の売場を隣接させ、客の時短ニーズに対応。フードコートは函館市内初出店の「餃子の王将」、美唄焼き鳥・総菜「炎」、函館の老舗洋食レストラン「五島軒」のケーキショップ、札幌の人気カレー専門店「ミスターカレー」など、6店の食の専門店が新たに出店。
 所在  函館市湯川町3-14-5。  電話  (0138) 57-1311  WEB  [8]
 営業時間  1階食品売場8:00~21:45、その他の売場9:00~21:00、無休  値段  
イオン湯川店

食べる[編集]

安食堂[編集]

餃子の王将 イオン湯川店 地図  
イオン湯川店の1階にある中華料理を扱う外食チェーン店。餃子の王将の函館進出第1号店で、2019年6月29日にオープンした。函館は海に近いため、寿司や丼など海の幸を活かした店は多いが、中華料理店は少ない。ここは函館で数少ない、手頃な料金で中華料理を味わえる店。海の幸に飽きた方におすすめ。
 所在  函館市湯川町3丁目14-5 イオン湯川1F。  電話  (0138) 57-0788  WEB  [9]
 営業時間  11:00~21:00(ラストオーダー20:30)、無休  予算  餃子の王将のウェブサイトを参照。

中級[編集]

高級[編集]

鮨処 木はら 地図  
湯の川温泉にある寿司屋。
 所在  函館市湯川町2-1-2。  電話  (0138) 57-8825  WEB  [10]
 営業時間  12:00~20:30、水曜・毎月最終火曜休業  予算  

飲む[編集]

泊まる[編集]

安宿[編集]

温泉旅館つかだ 地図  
年季が入った建物の安宿。全7室で、どの客室も昭和30年代のアパートに下宿する雰囲気。1階にある浴場は天然温泉。湯の川温泉にある宿泊施設で、函館湯の川温泉旅館協同組合に加盟していない。
 所在  函館市湯川町1丁目16-24。  電話  (0138) 57-3221  WEB  
 時間    料金  

中級[編集]

クレドホテル函館 地図  
函館市電競馬場前電停と函館競馬場の目の前にある全42室のホテルで、2017年11月1日にオープンした。社会福祉法人函館恵愛会が、障害者就労のために展開しているホテル。シンプルながらも落ち着いた雰囲気のロビー。客室はいわゆるビジネスホテルのタイプで、オープンして間もないため、きれい。ベッドはアメリカテキサス州シーリータウンで1881年に創業したシーリー製。バリアフリーの客室あり。朝食は最高級ホテルと比べて種類は多くないが、ビジネスホテルとしては充分な種類。折りたたみ自転車の無料貸し出しあり。
 所在  函館市深堀町22-42。  電話  (0138) 54-9010
 FAX  (0138) 54-7780
 WEB  [11]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  \6,363~。


花びしホテル 地図  
函館市電湯の川温泉電停から徒歩約2分のところにある全131室のホテルで、1948年5月に開業した。入り口にある提灯があなたをお出迎え。「本館」「臥牛亭」「末広亭」の3館で構成。客室のほとんどは和室だが、洋室と和洋室がわずかながらある。大浴場と露天風呂は天然温泉。ダイニングレストランの「ななかまど」の朝食は和食と洋食のビュッフェスタイル、夕食は北海道や地元食材を中心とした、料理長が心を込めて造る和食会席コース。夕食の締めに「えぞ茶屋」でラーメンはいかが?コインランドリーあり。株式会社花びしホテルが展開するホテルで、このホテルが本社でもある。
 所在  函館市湯川町1丁目16番18号。  電話  (0138) 57-0131
 FAX  (0138) 57-2272
 WEB  [12]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  \16,000~。


ホテル雨宮館 地図  
湯の川温泉電停から徒歩約2分のところにある全81室のホテル。パチンコ店を彷彿させる入口。ロビーは銭湯の雰囲気。客室は、洋室が最も多いが、和室と和洋室もある。男性用カプセルルームが14室、女性用カプセルルームが10室ある。大浴場は天然温泉。無料の軽朝食付き。犬といっしょに泊まれるホテル。
 所在  函館市湯川町1-26-18。  電話  (0138) 59-1515
 FAX  (0138) 59-1519
 WEB  [13]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  カプセル\2,314~。客室\4,166~。
「KE/O 右折」とある建物がホテル雨宮館。KE/Oは正しくはKEIOで、ホテルの裏にあるパチンコ店、パーラー京王のこと


湯元 啄木亭 地図  
湯の川温泉電停から徒歩約3分のところにある全198室のホテル。登別市に本社のある野口観光株式会社の展開。和の趣が漂うロビーで、ロビーから庭園を一望できる。客室のほとんどは和室だが、洋室がわずかながらある。最上階にある露天風呂 いさりびからの眺めが見事。空中大浴殿 雲海からも30mのガラスパネル越しに眺めが一望できる。いずれも天然温泉ならではのやわらかなお湯の香りを楽しみながら、疲れをいやそう。いさりび、雲海とは別に、「平成モダン」「昭和レトロ」「大正ロマン」の趣が異なる三種類の貸切風呂が2016年4月にオープン。敷地内にあるHAKODATE海峡の風は啄木亭と比べて客室数が少ないぶん、贅沢感を味わえるホテル。
 所在  函館市湯川町1丁目18番15号。  電話  (0138) 59-5355
 FAX  (0138) 59-5383
 WEB  [14]
 時間  チェックイン 14:00 チェックアウト 10:00   料金  ¥14,964~。
湯元 啄木亭


KKRはこだて 地図  
湯の川温泉電停から徒歩約5分のところにある全18室のホテル。客室は和室、洋室、和洋室で全室禁煙。大浴場は贅沢な源泉かけながしの天然温泉。大浴場から庭園が見渡せ、シーズンになると桜や躑躅が咲き乱れる。大浴場は宿泊していない人も有料で利用できる。ホテル名にあるKKRは国家公務員共済組合連合会の略称で、正式名称は国家公務員共済組合連合会湯の川保養所。
 所在  函館市湯川町2-8-14。  電話  (0138) 57-8484
 FAX  (0138) 57-8485
 WEB  [15]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  \9,861~。
KKRはこだて


大黒屋旅館 地図  
函館市電湯の川電停から徒歩約4分のところにある全27室の旅館。函館市に本社のある有限会社ホテルテトラの展開。1918年創業の老舗。こじんまりとした中に、和のたたずまいを感じさせるロビー。客室のほとんどは和室だが、洋室がわずかながらある。大浴場で湯治効果満点の温泉を心ゆくまでご堪能あれ。港町函館ならではの新鮮な海の幸を使った鍋料理、お刺身料理を心を込めて調理。老舗旅館ではあるが、料金は手頃なのがうれしい。「ハゲ割」を行っているホテル。ハゲ割についてはホテルテトラ函館駅前を参照。
 所在  函館市湯川町3丁目25番10号。  電話  (0138) 59-2743
 FAX  (0138) 57-5579
 WEB  [16]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  \5,000~。


ホテルテトラ湯の川温泉 地図  
湯の川電停から徒歩約9分のところにある全50室のホテル。有限会社ホテルテトラの展開。旧名称はビジネスホテル湯の川で、2017年9月13日に現名称に変更した。こぢんまりとしたロビー。客室は和室が中心だが、洋室の割合が比較的高い。大浴場と露天風呂は天然温泉。レストランの朝食と夕食は地元の食材をメインにリーズナブルな料金で提供。湯の川温泉の宿泊施設でイオン湯川店に最も近く、徒歩約3分。「ハゲ割」を行っているホテル。ハゲ割についてはホテルテトラ函館駅前を参照。
 所在  函館市湯川町3丁目12-11。  電話  (0138) 59-4126
 FAX  (0138) 59-0377
 WEB  [17]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  ¥5,092~。


ホテル河畔亭 地図  
湯の川温泉電停、湯の川電停のいずれもから徒歩約9分のところにある全30室のホテル。フローリングの床が特徴のロビーはシンプルながらも、開放感がある。客室は和室が中心だが、和洋室もある。洋室はない。大浴場と露天風呂は天然温泉。露天風呂は目の前に広がる美しい庭園、錦鯉泳ぐ池を眺めながら、至福のひとときを過ごせる。食事は季節の旬を大切に、新鮮な海の恵みをふんだんに使用した和食膳。
 所在  函館市湯川町2丁目5番23号。  電話  (0138) 57-0012
 FAX  (0138) 57-0015
 WEB  [18]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  ¥5,555~。


湯の川観光ホテル 祥苑 地図  
湯の川温泉電停、湯の川電停のいずれもから徒歩約9分のところにある全221室のホテル。豊島区に本社のある株式会社伊東園ホテルズの展開。天井が低く、派手さを抑えたロビー。客室は和室が中心だが、洋室もある。大浴場と露天風呂は天然温泉。夕食バイキングの寿司コーナーが好評。函館駅と函館空港からの無料送迎バスを提供(要予約)。
 所在  函館市湯川町2-4-20。  電話  (0570) 030-780(ナビダイヤル)、(0138) 36-1000
 FAX  (0138) 57-4700
 WEB  [19]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 12:00   料金  ¥4,800~。


笑 函館屋 地図  
湯の川電停から徒歩約10分のところにある全26室のホテルで、2016年4月30日にオープンした。札幌市中央区に本社のある有限会社ノースカントリーの展開。囲炉裏のあるロビー。客室のツインのCとDは畳の上にベッドがある。同じくデラックスツインのAとBは洋室。大浴場と露天風呂は天然温泉で源泉かけ流し。1階にあるお食事処の夕食は旬のおいしさにこだわり、近海産の鮮魚を中心に使ったお寿司メインのお料理。朝食はバイキング形式で、ステーキや海鮮丼、カレーライスが味わえる。
 所在  函館市湯川町3丁目10-3。  電話  (0138) 36-2000
 FAX  (0138) 36-2002
 WEB  [20]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  \11,000~。


ホテルかもめ館 地図  
湯の川温泉電停から徒歩約7分のところにある全56室のホテル。シンプルながらも煉瓦と木目を活かしたロビー。客室のほとんどは洋室だが、和室と和洋室がわずかながらある。大浴場は天然温泉100%源泉かけ流し。露天風呂はないが、追加料金で岩盤浴を楽しめる。ホテルかもめグループのホテル。
 所在  函館市湯川町1丁目5-18。  電話  (0138) 59-2020
 FAX  (0138) 59-1234
 WEB  [21]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  ¥4,629~。
右側の鴎の絵のある建物がホテルかもめ館


平成館 海羊亭 地図  
湯の川温泉電停から徒歩約8分のところにある全214室のホテル。札幌市中央区に本社のあるトーホウリゾート株式会社の展開。ロビーは窓が大きく、開放感がある。客室のほとんどは和室だが、洋室がわずかながらある。最上階にある大浴場は天然温泉で露天風呂併設。大浴場から眺める津軽海峡が絶景。レストランの花水木はバイキングレストランで、好みの具を乗せて味わえる海鮮丼が好評。2階にUFOキャッチャーなどのゲームコーナーあり。函館湯の川温泉旅館協同組合に加盟していない。
 所在  函館市湯川町1丁目3-8。  電話  (0138) 59-2555
 FAX  (0138) 59-3580
 WEB  [22]
 時間  チェックイン 14:00 チェックアウト 10:00   料金  \15,740~。
平成館 海羊亭


湯の浜ホテル 地図  
湯の川温泉電停から徒歩約10分のところにある全119室のホテルで、1928年に開業した。ロビーは隣にある平成館 しおさい亭と比べて地味な雰囲気。客室のほとんどは和室だが、洋室がわずかながらある。海側の建物の東海亭にある和室には展望風呂があり、津軽海峡を一望できる。大浴場と露天風呂はいずれも天然温泉で、津軽海峡を一望できる。大浴場と露天風呂は隣接していないので、裸での移動はできない。また、大浴場と露天風呂は男女入れ替え制。
 所在  函館市湯川町1丁目2番30号。  電話  (0138) 59-2231
 FAX  (0138) 59-2237
 WEB  [23]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  ¥7,000~。
湯の浜ホテル


リバーサイドホテル 地図  
函館空港から車で約5分のところにある全6室のコンドミニアムホテル。キッチン、家具付き1LDK。温泉家族風呂やカラオケボックス、コインランドリーなどの施設がある。函館湯の川温泉旅館協同組合に加盟していない。
 所在  函館市湯川町1-2-39。  電話  (0138) 57-3520
 FAX  (0138) 57-3552
 WEB  [24]
 時間  チェックイン 16:00 チェックアウト 11:00   料金  大人2名\3,800~、大人3名¥3,100~など。


イマジン ホテル&リゾート函館 地図  
湯の川電停から徒歩約15分のところにある全131室のホテル。シンプルな雰囲気のロビー。客室は和室が中心だが、洋室の割合が比較的高い。オーシャンビューの客室からの津軽海峡が絶景。2018年3月15日には1階に大浴場がオープン。温泉の泉質は泉質は無色透明でサラリとした肌触りの塩化物泉。露天風呂あり。1階にあるファミコン道場は、今や懐かしいファミコンを無料で利用できる。イマジン函館株式会社が展開するホテルで、親会社は弘前市に本社のあるイマジン株式会社。親会社がウエディング関連の会社ということもあり、ホテルでのウエディングを積極的にPRしている。ホテルには函館で唯一の、オーシャンビューチャペルがある。
 所在  函館市湯川町3丁目1-17。  電話  (0138) 57-9161
 FAX  (0138) 57-9169
 WEB  [25]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  ¥12,037~。
手前左側の建物がイマジン ホテル&リゾート函館

高級[編集]

望楼NOGUCHI函館 地図  
湯の川温泉電停から徒歩約3分のところにある、全79室の高級ホテル。野口観光の展開。客室は「おひとりさま」「和モダン」「スイート」の三種類。最も狭い「おひとりさま」でも30平方メートルで、広め。「和モダン」と「スイート」には温泉展望風呂を完備。最上階の大浴場は湯の川温泉で最も高い位置にある。露天風呂は函館の街並みが一望できる。潮風を感じながら、湯温高めの天然温泉に浸かる。心も身体も一気に解放される至福の瞬間。
 所在  函館市湯川町1丁目17-22。  電話  (0138) 59-3556
 FAX  (0138) 59-5379
 WEB  [26]
 時間  チェックイン 14:00 チェックアウト 12:00   料金  ¥19,088~。
望楼NOGUCHI函館


ホテル万惣 地図  
湯の川温泉電停から徒歩約5分のところにある全91室の高級ホテルで、1954年に開業した。オリックス株式会社傘下で、東京都港区に本社のある函館湯の川ホテル株式会社の展開。モダンとレトロを取り入れたロビー。ロビーにある暖炉は「文明開化絵巻」がコンセプト。「和」の寛ぎと「洋」の機能性を兼ね備えた客室。新館2階和室(15畳)以外の客室にバスタブはない。一部の客室はバルコニー付き。大浴場と露天風呂は天然温泉。2018年5月22日にオープンした函館ダイニング「蔵祭」で摂る料理は、函館を中心とした北海道ならではの新鮮な海の幸、広大な北の大地に育まれた旬の野菜や野山の幸を活かした、贅沢な味。なかでも寿司は新鮮な魚介を使った逸品。
 所在  函館市湯川町1丁目15-3。  電話  (0138) 57-5061
 FAX  (0138) 57-5881
 WEB  [27]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  \21,800~。


旅館一乃松 地図  
道路を挟んでホテルかもめ館の目の前にある全29室の高級旅館。ロビーの畳は季節に合わせた刺繍を施してある。客室のすべてが和室で、到着の際はウェルカムフルーツならぬウェルカム羊羹を提供。旅館内にエレベーターはないので、1階の客室をご希望の際はご連絡ください、とのこと。大浴場はいずれも天然温泉の「檜の湯」と「聚楽の湯」の二種類で、それぞれに露天風呂を併設。檜の湯と聚楽の湯は日替わりで男女が入れ替わる。朝食と夕食は客室で摂る。きんき(金目鯛にそっくりな魚)の唐揚げは当旅館自慢の逸品。正式名称は有限会社一乃松。
 所在  函館市湯川町1丁目3番17号。  電話  (0138) 57-0001
 FAX  (0138) 57-3666
 WEB  [28]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  \17,592~。
旅館一乃松


平成館 しおさい亭 地図  
湯の川温泉電停から徒歩約8分のところにある全151室の高級ホテル。トーホウリゾートの展開。ホテルの目の前が海なので、ロビーから眺める津軽海峡は圧巻。客室のほとんどは和室だが、洋室がわずかながらある。和室の一部は露天風呂付き。7階にある展望大浴場、4階にある大浴場と露天風呂はいずれも天然温泉。展望大浴場は昼は津軽海峡と函館山の風景を、夜は漁火の灯りを間近に見ながらに、くつろげる。展望大浴場、大浴場と露天風呂はいずれも男女入れ替え制で、午前3時から同4時までは入れ替えと清掃のため入浴不可。ビュッフェダイニングのオーシャンテラスは楚蟹や勝手丼などがおすすめ。敷地内にあるしおさい亭 別館 花月はすべての客室に津軽海峡を一望できる露天風呂が付いている。函館湯の川温泉旅館協同組合に加盟していない。
 所在  函館市湯川町1丁目2-37。  電話  (0138) 59-2335
 FAX  (0138) 59-6123
 WEB  [29]
 時間  チェックイン 14:00 チェックアウト 10:00   料金  \22,222~。
平成館 しおさい亭


割烹旅館 若松 地図  
湯の川温泉電停から徒歩約5分のところにある全24室の高級旅館。渋谷区に本社のある株式会社HATANO観光グループの展開。1922年創業の老舗で、1954年には昭和天皇(裕仁)が北海道巡幸の際に宿泊している。ロビーの箱庭は四季を感じられる空間。客室のほとんどは和室だが、洋室と和洋室がわずかながらある。大浴場と露天風呂はいずれも天然温泉で、津軽海峡を一望できる。素材の宝庫、北海道の自然の恵みに料理長がひと手間加えた逸品の料理をご堪能あれ。
 所在  函館市湯川町1丁目2-27。  電話  (0138) 59-2171
 FAX  (0138) 59-3316
 WEB  [30]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 11:00   料金  \29,305~。
割烹旅館 若松


湯の川プリンスホテル渚亭 地図  
湯の川温泉電停から徒歩約10分のところにある全155室の高級ホテルで、1973年にオープンした。高級感と落ち着きを感じさせるロビー。客室の約7割に相当する115室は天然温泉露天風呂付きで、その数は日本最多。大浴場と露天風呂はいずれも天然温泉で、津軽海峡を一望できる。ビュッフェ「渚」で摂る夕食ビュッフェの寿司が好評。株式会社湯の川プリンスホテルが展開するホテルで、西武鉄道系列の株式会社プリンスホテルとは無関係。またこのホテルは株式会社湯の川プリンスホテルの本社でもある。
 所在  函館市湯川町1丁目2番25号。  電話  (0138) 57-3911
 FAX  (0138) 57-3916
 WEB  [31]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 11:00   料金  ¥10,000~。
湯の川プリンスホテル渚亭


竹葉 新葉亭 地図  
湯の川電停から徒歩約7分のところにある全35室の高級旅館で、1949年に開業した。ロビーにある中庭は枯山水。客室は和室で、貴賓室 福寿はベッドルームと専用露天風呂を併設。大浴場の万葉の湯と竹林の湯はいずれも天然温泉で、露天風呂併設。男湯と女湯が1日おきに入れ替わる。朝食は函館産の食材を中心にした和朝食。
 所在  函館市湯川町2-6-22。  電話  (0138) 57-5171
 FAX  (0138) 57-5175
 WEB  [32]
 e-mail  [33]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 11:00   料金  \24,000~。

連絡する[編集]

この記事「函館市/湯の川温泉地区」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。