何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

函館市/戸井地区

提供: ウィキトラベル
函館市 : 戸井地区
移動先: 案内検索
函館市/戸井地区

Default Banner.jpg

函館市戸井地区函館市の南部、旧戸井町の地区。


着く[編集]

観る[編集]

旧戸井線コンクリートアーチ橋 地図  
函館駅から約23kmのところの国道278号沿いにある橋。まるで古代ローマの水道橋のようなコンクリート造りの大きなアーチ橋。戦時中に建設された橋で、資材節約のために鉄筋を使用していない。橋の上に上ることは不可。戸井線は五稜郭駅から当時の亀田郡戸井町(現在は函館市)までを結ぶ計画だった未成の鉄道路線で、1936年に建設が開始された。ただ、戦時中ということもあり、資材不足のため1943年に工事を中断。五稜郭駅から湯の川付近までは線路が敷かれ、砂利などを運ぶ車両が走っていたが、湯の川付近から先の区間も戸井までの路盤や橋梁がほぼ9割方完成した状態で廃線となった。戦後、青函トンネルの計画が浮上すると、戸井線は「東ルート」の一部として工事が再開される可能性があったが、那須火山帯と重なることもあり、現行の「西ルート」に決定し、戸井線開通の可能性は消えた。
 所在  函館市汐首町。函館バス「汐首灯台」下車。
旧戸井線コンクリートアーチ橋

遊ぶ[編集]

買う[編集]

食べる[編集]

安食堂[編集]

中級[編集]

高級[編集]

飲む[編集]

泊まる[編集]

安宿[編集]

中級[編集]

高級[編集]

連絡する[編集]

この記事「函館市/戸井地区」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。