何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

八幡平温泉郷

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
八幡平温泉郷

Default Banner.jpg

これは「旅のテーマと主な目的地」の記事です。( → 温泉 へ戻る)
多くの湯治客が滞在する玉川温泉

八幡平温泉郷(はちまんたいおんせんきょう)は、秋田県仙北市鹿角市、および岩手県八幡平市にまたがる温泉郷である。

狭義には、1959年に国民保養温泉地へ指定された、秋田県の玉川温泉後生掛温泉蒸ノ湯温泉大深温泉大沼温泉、そして岩手県の藤七温泉を指す。その後、付近の温泉地も「八幡平温泉郷」を名乗るようになり、広義にはそれらの温泉地も含む。


分かる[編集]

歴史[編集]

国民保養温泉地に指定された温泉地は、いずれも古くから知られており、江戸時代から大正時代にかけて湯治小屋などが作られていた。1956年(昭和31年)には、一帯の地域が十和田八幡平国立公園に指定、1959年(昭和34年)には6つの温泉地が国民保養温泉地に指定された。1970年(昭和45年)に八幡平アスピーテラインが開通すると格段に交通の便が良くなった。

風景[編集]

動植物[編集]

気候[編集]

温泉郷の各温泉地は標高の高い地点にあり、平地に比べて気温は低い。

着く[編集]

車で[編集]

東北自動車道 鹿角八幡平ICまたは松尾八幡平ICから30kmから40km、40分から50分。

冬期(11月下旬から4月下旬まで)は、アスビーテライン岩手県側、および国道341号澄川~玉川ダム間が閉鎖されるので、玉川温泉以外は鹿角側からのアクセスのみになる。田沢湖駅から新玉川温泉まではバスが走り、新玉川から玉川までは雪上車での送迎となる。冬期は休業する温泉地もある。

バスで[編集]

玉川温泉新玉川温泉へは、田沢湖駅から羽後バス、秋北バスで85分。八幡平駅からの便も有り。

後生掛温泉蒸ノ湯温泉大深温泉大沼温泉銭川温泉へは、八幡平駅から秋北バスで40分から60分。

藤七温泉へは、大更駅から岩手県北バスで約70分。

動く[編集]

各温泉地付近には遊歩道が設けられている所もあり、季節ごとに違った高山植物、あるいは池沼や泥火山などの火山活動を見学できる。

温泉地[編集]

国民保養温泉地[編集]

玉川温泉[編集]

岩盤浴する人々

泉質は、酸性-含二酸化炭素・鉄(II)・アルミニウム-塩化物泉でpH1.05と日本で最も酸性が強い温泉である。「大噴」と呼ばれる源泉からは98度の温泉水が毎分9,000リットル湧出し、単一の湧出口からの湧出量としては日本一を誇る。源泉地区一帯には「北投石」と呼ばれる放射能を放出する鉱物があり、熱い地熱と相まって多くの人がゴザを敷いて岩盤浴している。1周約1km(所要時間約30分)の自然研究路が設けられ、大噴や源泉から湧き出る熱湯が幅3mの川となって奔流する湯の川、音をたてて水蒸気などを吹き上げる噴気孔などを見ることができる。岩盤浴や自然研究路は無料。一般に「がんに効く」と言われているが科学的には証明されていない。この温泉水が流れ込む玉川は、長らく耕作に適さず魚も住めない「玉川毒水」として知られてきた。平成に入ってから各種の中和処理によって、酸性度は大幅に緩和されている。温泉施設の他に、秋田県営玉川温泉ビジターセンターがある。


玉川温泉  
玉川温泉の一軒宿。内風呂のみ。強酸性の浴槽と、水で酸性を弱めた浴槽がある。体に傷や日焼けがあるとピリピリと痛い。飲泉可能であるが、歯を溶かす可能性があるので希釈するなど注意する。
 所在  仙北市田沢湖玉川  電話  0187-58-3000
 FAX  0187-58-3005
 WEB  [1]
 時間  8:00 - 17:00(外来入浴、4/19 - 11/下旬)  料金  旅館部:2名1泊2食8300円から。湯治部:相部屋素泊まり3900円から。外来入浴:大人600円。


玉川温泉ビジターセンター  
焼山を中心とした火山活動や自然環境、玉川温泉や北投石などのを資料展示・解説する。駐車場は新玉川温泉にあるが、玉川温泉から徒歩で行ける。
 所在  田沢湖町玉川字渋黒沢  電話  0187-49-2277  WEB  [2]
 開場時間  8:30~17:00。11/14から4月下旬まで休館。  料金  無料

後生掛温泉[編集]

古くから知られた温泉地であり「馬で来て下駄で帰る後生掛」と歌われた。湯治色の強い温泉で、地熱を利用した蒸し釜も利用されている。温泉地には、1周40分程度の自然研究路が設けられており、湿地(水芭蕉など)、泥火山、大湯沼などを散策できる。建物前には無料の足湯施設がある。


後生掛温泉  
5棟の建物からなり、旅館部と湯治部に分かれる。泉質は単純硫黄泉で、温泉施設は通常の浴槽のほか、名物の函蒸し風呂、およびサウナ風呂、打たせ湯、泥湯、小さいながら露天風呂もある。
 所在  鹿角市八幡平字熊沢国有林  電話  旅館部:0186-31-2221。湯治部:0186-31-2222
 FAX  0186-31-2223
 WEB  [3]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00 8:00 - 17:00(日帰り入浴)  料金  旅館部:概ね10000円から。湯治部:大部屋2100円から。日帰り入浴:400円

蒸ノ湯温泉[編集]

蒸ノ湯(ふけのゆ)  
旅館業務のみ。かつては湯治棟があったが、自然災害で倒壊した。単純泉・弱酸性など3種類の源泉があり、一部加水の源泉掛け流し。男女別各1つの内風呂と5つの露天風呂、地熱浴のオンドル小屋がある。冬期(11月上旬 - 4月下旬)は休業する。
 所在  鹿角市八幡平ふけの湯温泉  電話  0186-31-2131
 FAX  0186-31-2002
 WEB  [4]
 時間    料金  2名利用で13,800円から。日帰り入浴 大人500円。
蒸ノ湯(ふけのゆ)

大深温泉[編集]

大深温泉  
オンドル小屋での湯治のみを扱う一軒宿。白濁した泉温94度の硫黄泉で、男女別の内風呂のみ。冬期は閉館する。
 所在  仙北市田沢湖大深沢国有林  電話  0186-31-2551  WEB  
 時間  7:00 - 18:00(日帰り入浴)  料金  素泊まり1950円から。日帰り入浴500円。
大深温泉

大沼温泉[編集]

秘湯色の濃い八幡平温泉郷の中では、例外的に近代的な施設がならぶ温泉地。ホテル2軒、日帰り入浴施設1軒のほか、八幡平ビジターセンターがあり大沼や周辺の湿地帯を散策するハイキングコースが整備されている。冬期には八幡平スキー場が営業する。


八幡平高原ホテル  
泉温59.5度の含鉄単純温泉で、男女別の内風呂、露天風呂がある。
 所在  鹿角市八幡平字熊沢国有林  電話  0186-31-2011
 FAX  0186-31-2647
 WEB  [5]
 e-mail  [6]
 時間    料金  1泊2食 通常8000円から、繁忙期10000円から。日帰り入浴 大人400円。


八幡平グリーンホテル  
 所在  鹿角市八幡平熊沢国有林  電話  0186-31-2111
 FAX  0186-31-2623
 WEB  [7]
 e-mail  [8]
 時間    料金  2名利用で1泊2食11000円から、繁忙期12000円から。


八幡平温泉ゆらら  
鹿角市の公営入浴施設。近くの大沼地熱発電所で熱交換した温泉水を利用している。単純温泉で、内風呂、露天風呂、サウナ、打たせ湯がある。施設内には鹿角市の観光案内所やレストランがある。
 所在  鹿角市八幡平熊沢国有林  電話  0186-31-2288  WEB  
 営業時間  10:00 - 21:00  料金  大人500円


八幡平ビジターセンター  
大沼や八幡平周辺の自然、散策路などについて案内する。
 所在  鹿角市八幡平字大沼2番地  電話  0186-31-2714  WEB  
 開場時間  9:00 - 17:00。冬期(11月上旬~4月中旬)は休館。  料金  無料


大沼キャンプ場  
大沼湖畔のブナ林の中にあるオートキャンプ場。
 所在  秋田県鹿角市八幡平後生掛大沼  電話  0186-31-2662  WEB  [9]
 時間  6月1日 - 10月31日  料金  キャラバンサイト:1泊電源あり2500円、電源無し2000円、日帰り1000円。フリーサイト:大人400円+駐車料金(四輪車400円、二輪車100円)。車中泊1人100円+駐車料金400円。

藤七温泉[編集]

岩手県側、標高1400mに位置する温泉地。


藤七温泉 彩雲荘  
源泉温度91度、白濁した単純硫黄泉。男女別に内風呂・露天風呂が各1つと、混浴の内風呂1つ露天風呂5つがある。
 所在  八幡平市松尾寄木北の又  電話  090-1495-0950(衛星電話)
 FAX  0186-33-2660
 WEB  [10]
 時間  営業期間、4月下旬から10月下旬。8:00 - 19:00(日帰り入浴)  料金  2名利用で1泊2食12,800円。休前日1,050円増し、繁忙期1,050円増し。日帰り入浴600円。
藤七温泉 彩雲荘

それ以外の温泉地[編集]

新玉川温泉[編集]

玉川温泉より直線距離で約500m、道のりで約2km南に位置する。玉川温泉を引湯しており、泉質は同じ。「ぶなの森玉川温泉そよ風」と、玉川温泉と経営者が同じ「新玉川温泉」がある。


新玉川温泉  
1998年開業で施設は新しい。湯治部は無く食事付きの旅館業務のみ。温泉施設は、本館同様の源泉100%の強酸性湯、50%の希釈湯のほかに、打たせ湯、蒸気浴、箱蒸し浴、歩行浴槽、露天風呂がある。
 所在  仙北市田沢湖玉川。  電話  0187-58-3100
 FAX  0187-58-3011
 WEB  [11]
 時間  8:00 - 16:00  料金  季節やプランにもよるが概ね1泊2食1万円以上。日帰り入浴 大人600円。


ぶなの森 玉川温泉 湯治館そよ風  
2004年開業で施設は新しい。湯治部は無く食事付きの旅館業務のみ。温泉施設は、源泉100%の強酸性湯、50%の希釈湯、打たせ湯、蒸気浴、箱蒸し浴、歩行浴槽、露天風呂のほか、貸切風呂がある。
 所在  仙北市田沢湖玉川字渋黒沢2番地先  電話  0120-270126
 FAX  0187-58-3067
 WEB  [12]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00 日帰り入浴:9:00 - 17:00  料金  相部屋1泊2食11,000円から、3泊以上は割引、繁忙期2000円増し。日帰り入浴600円

東八幡平温泉[編集]

八幡平東山麓の八幡平市地域で、比較的最近に松川温泉から引湯し開発された温泉地。

銭川温泉[編集]

銭川温泉  
湯治温泉宿。全館オンドル式の床暖房。アルカリ性単純泉。温泉施設は男女別の内風呂。
 所在  鹿角市八幡平トロコ  電話  0186-31-2336
 FAX  0186-31-2336
 WEB  [13]
 時間    料金  1泊素泊まり3070円から。日帰り入浴 大人400円。
銭川温泉

志張温泉[編集]

志張温泉元湯  
一時期休業していたが、2011年営業再開した。泉質は含ゲルマニウム弱アルカリ性重曹泉。
 所在  鹿角市八幡平字切留平2-4  電話  0186-25-8188
 FAX  0186-25-8248
 WEB  [14]
 時間  毎月第1水曜日定休。日帰り入浴9:00 - 19:00  料金  1泊2食8400円。日帰り入浴 大人400円、岩盤浴1000円。

その他の温泉[編集]

澄川温泉  
かつて複数の宿泊棟をそなえた温泉旅館があったが、1997年地滑りにより崩壊し廃業した。跡地では砂防工事が進行中であるが、湧出する温泉水は川に垂れ流されている。適当な大きさのコンパネなどを用意して行けば即席の野湯が楽しめる。工事関係者の邪魔にならないよう注意すること。
 所在  鹿角市赤川上流

気を付ける[編集]

出かける[編集]

  • 松川温泉 - 藤七温泉から東八幡平樹海ライン(岩手県道318号)で約17km。
  • 乳頭温泉郷 - 玉川温泉から約40km。
  • 大湯温泉 - アスビーテライン西口から約40km。


この記事「八幡平温泉郷」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。