何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

仙北市

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
仙北市

Default Banner.jpg

竜神伝説ゆかりの田沢湖

仙北市(せんぼくし)は秋田県東部にある市。 [1]


分かる[編集]

田沢湖や角館(かくのだて)の武家屋敷、乳頭(にゅうとう)温泉郷などで知られる。2005年に田沢湖町、角館町、西木村が合併してできた。

観光案内[編集]

  • 田沢湖観光協会 所在  仙北市田沢湖生保内字宮ノ後39。  電話  (0187) 58-0063  FAX  (0187) 43-0311  WEB  [2]  e-mail  [3]
  • 仙北市田沢湖観光情報センター「フォレイク」 所在  仙北市田沢湖生保内字男坂。JR田沢湖駅構内。  電話  (0187) 43-2111  FAX  (0187) 43-2077
  • 仙北市観光情報センター 「角館駅前蔵」 (角館町観光協会) — 駅前にある倉作りの建物を活用して観光案内、休憩場の提供を行っている。  所在  仙北市角館町上菅沢394-2。駅前蔵。JR角館駅前。  電話  (0187) 54-2700  FAX  (0187) 54-1755  時間  9:00〜18:00(10月〜4月中旬17:30迄)。12月31日休館。  WEB  [4]


着く[編集]

飛行機で[編集]

仙北市へのアクセスとしての利用が想定できるのは下記の3空港。

  • 秋田空港 — 乗合タクシーの「エアポートライナー」が利用できる。「角館・田沢湖・乳頭温泉郷号」で角館まで60分(¥2600)、田沢湖畔まで95分(¥3100)、乳頭温泉郷まで130分(¥4000)。「玉川温泉郷号」で玉川温泉まで155分(¥6000)。利用前日の正午までに要予約。  WEB  [5] 地図
  • 大館能代空港 — 空港からリムジンバスで秋田内陸縦貫鉄道・鷹巣(たかのす)駅まで所要15分、そこから秋田内陸線で仙北市北部を経由して角館駅まで。または、乗合タクシーの「愛のりくん」を利用して、玉川温泉郷まで¥5700。  WEB  [6] 地図
  • いわて花巻空港(岩手県 — JR盛岡駅まで空港アクセスバスで約43分(¥1400)、そこから秋田新幹線(JR田沢湖線)を利用。  WEB  [7] 地図

列車で[編集]

田沢湖駅に停車中の秋田新幹線「こまち」
  • 秋田新幹線「こまち」が、JR田沢湖線の田沢湖駅と角館駅に停車する。盛岡駅から田沢湖駅まで約30分(普通列車で約45分)、角館駅まで約50分(普通列車で約90分)。秋田駅から「こまち」利用で角館駅まで約45分、田沢湖駅まで約1時間。
  • 秋田内陸縦貫鉄道で、北秋田市の鷹巣(たかのす)駅から普通列車で上桧木内(かみひのきない)駅まで約2時間、角館駅まで約2時間半。急行「もりよし」号利用で上桧木内駅まで約1時間30分、角館駅まで約2時間。 [8]

車で[編集]

  • 秋田市方面からは、秋田自動車道の協和IC(大仙市)から国道341号線・国道46号線を経由して角館まで。
  • 山形県方面からは、秋田自動車道の伊岡IC(大仙市)から国道105号線で角館まで。
  • 横手市からは、国道13号線と県道11号線を経由して角館まで。
  • 岩手県盛岡市方面からは、東北自動車道の盛岡ICから国道46号線で田沢湖・角館まで。
  • 鹿角市岩手県八幡平市方面からは、国道341号線で玉川温泉・田沢湖まで。
  • 北秋田市からは、国道105号線で上桧木内・田沢湖・角館まで。

バスで[編集]

  • 羽後交通が、神奈川県藤沢市から鎌倉市横浜市および東京都港区の浜松町駅を経由して角館・田沢湖駅前までの夜行バス「レイク&ポート号」を運行。 [9]
  • 羽後交通が、大仙市の大曲バスターミナルから角館まで路線バスも運行。 [10]



動く[編集]

列車で[編集]

市内の鉄道路線を運行するのは、JRと秋田内陸縦貫鉄道。

JR

田沢湖線(秋田新幹線) : (岩手県雫石町 赤渕駅) ― 田沢湖駅 ― 刺巻(さしまき)駅 ― 神代(じんだい)駅 ― 生田(しょうでん)駅 ― 角館(かくのだて)駅 ― (大仙市 鶯野駅)

秋田内陸縦貫鉄道

秋田内陸線 : 角館駅 ― 羽後太田駅 ― 西明寺(さいみょうじ)駅 ― 八津(やつ)駅 ― 羽後長戸呂(ながとろ)駅 ― 松葉駅 ― 羽後中里駅 ― 左通(さどおり)駅 ― 上桧木内(かみひのきない)駅 ― 戸沢駅 ― (北秋田市 阿仁マタギ駅)

バスで[編集]

  • 羽後交通が、市内全域で路線バスを運行。 [11]

自転車で[編集]

  • 下田自転車 — 駅前の自転車店にて貸出を行っているレンタサイクルである。  所在  仙北市角館町上菅沢401-5。JR角館駅前徒歩2分。  電話  (0187) 53-2894  時間  冬期休業。  料金  1時間¥300。
  • 花場タクシー案内所 — 駅前のタクシー案内所にて貸出を行っているレンタサイクルである。  所在  仙北市角館町中菅沢77-16。JR角館駅前徒歩2分。  電話  (0187) 53-3002  時間  冬期休業。  料金  1時間¥300。

足で[編集]

角館駅は武家屋敷が並ぶエリアや桧木内川の土手までは少し距離がある。武家屋敷通りの南端あたりにある市役所角館庁舎まで、角館駅から徒歩15分。


観る[編集]

武家屋敷通り (角館伝統的建造物群保存地区) 地図  
上・中級武士の侍屋敷であった旧家が建ち並び、黒塗りの塀や大きな並木が続く通り。建設省と「道の日」実行委員会が制定する「日本の道百選」に選ばれている。桜の名所でもあり、しだれ桜は国の天然記念物に指定されている。例年ゴールデンウィーク前後に桜まつりが開催される。
 所在  仙北市角館町表町上丁。  電話  (0187) 54-2700  WEB  [12]
 開場時間    料金  
武家屋敷通り


田沢湖 地図  
水深423.4mと日本で最も深い湖。永遠の若さと美しさを願い竜になったという「辰子伝説」でも有名。水力発電所の建設に伴う強酸性水の流れ込みによって生態系が大きく変わり、1972年から中和処理活動が続けられている(絶滅したと考えられていた田沢湖固有種のクニマスが、遠く富士五湖のひとつ西湖山梨県)で確認されたことが2010年に大きなニュースとなった)。1968年に建立された金色に輝く「たつこ像」は、湖の西側湖畔にたたずむ。遊覧船の乗り場は、東側湖畔にある田沢湖レストハウス前の「白浜」とたつこ像前の「潟尻」にある(4月下旬~11月上旬の運航)。
 WEB  [13]
田沢湖


思い出の潟分校 (かたぶんこう) 地図  
1974年に廃校となった小学校の校舎を修復し、2004年に一般公開。木造の教室や手洗い場、体育館などが雰囲気を残し、映画などのロケーションとしても使われる。田沢湖の南端近く。
 所在  仙北市田沢湖潟字一の渡226  電話  0187-43-0766  WEB  [14]
 開場時間  8:30~16:30(水曜休)。  料金  ¥200(維持管理費)。
思い出の潟分校


八津・鎌足 かたくり群生地 (やつ・かまたり) 地図  
日本最大級のカタクリ群生地。開花時期に、市の公共施設「かたくり館」を受付場所とする「かたくり群生の郷」がオープンする。秋田内陸縦貫鉄道八津駅から徒歩2分。車の場合も「かたくり館」で受付をし、群生地内を決められたルートで回るよう設定されている。
 所在  仙北市西木町小山田字八津249-1  電話  0187-47-3535  WEB  [15]
 開場時間  開花時期(4月中旬~5月上旬)の8:00~17:00。  料金  ¥300。
八津・鎌足 かたくり群生地


刺巻湿原 (さしまきしつげん) 地図  
ハンノキに囲まれた湿原一面に6万株のミズバショウが咲く群生地。4月中旬から5月中旬にかけて「刺巻水ばしょう祭り」が開催される。
 所在  仙北市田沢湖刺巻。田沢湖線刺巻駅から南西に徒歩15分。国道46号線のすぐ脇に駐車場あり。  電話  0187-43-2111 (仙北市田沢湖観光情報センター フォレイク)  WEB  [16]
 開場時間    料金  駐車場無料
刺巻湿原


わらび劇場  
東北を題材にした演目を上演。
 所在  仙北市田沢湖卒田字早稲田430。  電話  (0187) 44-3915  WEB  [17]
 開場時間    料金  


遊ぶ[編集]

TamagawaOnsen01.JPG
  • 国民保養温泉地に指定されている玉川温泉や新玉川温泉に関しては、「八幡平温泉郷」の記事を参照のこと。


白浜ボート乗り場  
田沢湖で手こぎボートを体験できる場所。
 所在  仙北市田沢湖春山  電話  (0187) 43-2111  WEB  [18]
 営業時間    料金  手こぎボート 1時間 ¥1,000。


角館のお祭り  
地元では単に「お祭り」、「飾山囃子」と呼ばれる。毎年9月7日から9日までの3日間行なわれる。旧角館丁内ごとに曳山を作り、人形や笹笛・太鼓・三味線などの囃子を乗せて町内を練り歩き神社に参拝する。曳山どうしが道で鉢合わせした場合は、通行優先権に関する交渉が行われ、決裂した場合には曳山ぶつけが行われる。近年では中日の8日に観光用曳山ぶつけが行われる。
 WEB  [19]
角館のお祭り


上桧木内の紙風船上げ (かみひのきない) 地図  
武者絵や美人画が描かれた巨大な紙風船に灯火をつけてあげる、市指定無形民俗文化財の祭り。会場に隣接する市の公共施設「紙風船館」は、ふだんは国道105号線を往来する観光客やドライバーの休憩、立ち寄りスポットにもなっており、24時間利用可能な公衆トイレがある。電車利用者は、角館駅より秋田内陸線利用、上桧木内(かみひのきない)駅にて下車、徒歩7分。
 所在  西木町上桧木内字大地田3-1  電話  (0187) 49-2201  WEB  [20]
 営業時間  毎年2月10日。  料金  


乳頭温泉郷[編集]

田沢湖の東、乳頭山西麓の山あいに江戸時代より続く古湯群。各温泉地とも秘湯色の濃い一軒宿で有り、国民保養温泉地に指定されている。各種の温泉地人気調査では常に上位に入る。 乳頭温泉組合


鶴の湯温泉  
江戸時代より続く秘湯の宿「鶴の湯温泉」がある。
 所在  仙北市田沢湖田沢字先達沢国有林50。  電話  (0187) 46-2139  WEB  [21]
 営業時間    料金  
鶴の湯温泉


大釜温泉  
木造校舎を移築した旅館「大釜温泉旅館」がある。
 所在  仙北市田沢湖田沢字先達国有林。  電話  (0187) 46-2438  WEB  [22]
 営業時間    料金  


妙乃湯温泉  
渓流沿いの露天風呂が有名な宿「妙乃湯温泉」がある。
 所在  仙北市田沢湖生保内字駒ヶ岳2-1。  電話  (0187) 46-2740  WEB  [23]
 営業時間    料金  


蟹場温泉  
一軒宿「蟹場温泉」がある。
 所在  仙北市田沢湖田沢字先達沢国有林。  電話  (0187) 46-2021  WEB  [24]
 営業時間    料金  


孫六温泉  
「山の薬湯」とも呼ばれている。一軒宿「孫六温泉」がある。
 所在  仙北市田沢湖田沢字先達沢国有林。  電話  (0187) 46-2224  WEB  [25]
 営業時間    料金  


黒湯温泉  
温泉郷の最奥部の秘湯。一軒宿「黒湯温泉」がある。
 所在  仙北市田沢湖生保内字黒湯沢2-1。  電話  (0187) 46-2214  WEB  [26]
 営業時間    料金  


休暇村乳頭温泉郷  
乳頭温泉郷の中では最も近代的な施設。
 所在  仙北市田沢湖駒ケ岳2-1。  電話  (0187) 46-2244  WEB  [27]
 営業時間    料金  


買う[編集]

唐土庵  
秋田銘菓「もろこし」のお店。
 所在  仙北市角館町表町下丁17。  電話  (0187) 52-8170  WEB  [28]
 営業時間  9:00~17:00  値段  


雲沢観光ドライブイン  
昔懐かしの自販機コーナー。
 所在  仙北市角館町雲然字山口66-12。  電話  (0187) 55-1510  WEB  [29]
 営業時間  24時間営業  値段  


食べる[編集]

  • あいがけ神代カレー
    あいがけ神代カレー — 角館と田沢湖の間に位置する神代(じんだい)地区で生産される有機米あきたこまちを用い、昭和30年ごろの家庭で供されていたカレーと現代風のカレーの“あいがけ”で盛られたカレー。2009年の「B-1グランプリin横手」で4位となった。  WEB  [30]

安食堂[編集]

お食事処 みちのく  
田沢湖駅前の食堂。
 所在  仙北市田沢湖生保内源左エ門野100-5。  電話  (0187) 43-1510  WEB  
 営業時間  9:00~20:00  予算  稲庭たぬきうどん ¥800


たつこ茶屋 地図  
田沢湖南岸に面する食事処。このあたりの名物になりつつある「みそたんぽ」(米を串に巻き付け味噌をつけて焼いたもの)の発祥の店とされる。
 所在  仙北市田沢湖潟中山41  電話  0187-43-0909  WEB  
 営業時間  9:00~16:30(不定休、冬季休業)。  予算  辰子たんぽ\300。
たつこ茶屋

中級[編集]

百穂苑  
郷土料理店。店内にはギャラリーが併設されている。
 所在  仙北市角館町川原町23。  電話  (0187) 55-5715  WEB  [31]
 営業時間  11:00~14:00  予算  


むら咲 (むらさき)  
郷土料理店。「みちのくの城下町角館で二番目においしい店」がキャッチフレーズ。
 所在  仙北市角館町竹原町4-4。  電話  (0187) 55-1223  WEB  [32]
 営業時間  11:00~14:00 17:00~22:00  予算  きりたんぽ鍋 ¥1,700


お食事処ばっきゃ  
「たざわこ芸術村」内の食事処。
 所在  仙北市田沢湖卒田字早稲田430。  電話  (0187) 43-1510  WEB  [33]
 営業時間  11:00〜22:00  予算  神代カレー ¥993


町家キッチン  
秋田産野菜を中心とした自然派バイキングを実施。
 所在  仙北市角館町横町42-1 食彩 町家館 2F。  電話  (0120) 86-4931  WEB  [34]
 営業時間  11:00~20:30  予算  

高級[編集]


飲む[編集]


泊まる[編集]

  • 乳頭温泉郷の宿については、上記「乳頭温泉郷」の項目を参照。

安宿[編集]

田沢湖ユースホステル  
国民宿舎も兼営している。田沢湖温泉街に位置しており、浴室は掛け流し温泉。
 所在  仙北市田沢湖生保内字上石神33-8。田沢湖駅から田沢湖行15分バスで田沢湖公園入口下車。すぐ前。  電話  (0187) 43-1281  WEB  [35]
 時間    料金  

中級[編集]

フォルクローロ角館  
角館駅の隣。JR東日本ホテルズ。
 所在  仙北市角館町中菅沢14。  電話  (0187) 53-2070  WEB  [36]
 時間    料金  


角館プラザホテル  
武家屋敷から近い宿。
 所在  仙北市角館町横町46。  電話  (0187) 54-2727  WEB  [37]
 時間    料金  


なか志ま旅館  
料理自慢の宿。
 所在  仙北市西木町上桧木内宮田54。  電話  (0187) 49-2455  WEB  [38]
 時間    料金  

高級[編集]

湖畔浪漫の宿 かたくりの花  
田沢湖畔の温泉宿。
 所在  仙北市田沢湖田沢字春山197  電話  (0187) 43-1200  WEB  [39]
 時間    料金  


田沢湖ローズパークホテル  
田沢湖畔に建つリゾートホテル。
 所在  仙北市西木町西明寺字潟尻78。  電話  (0187) 47-2211  WEB  [40]
 時間    料金  


出かける[編集]



Wikitravel Shared Logo 仙北市に関連する画像がウィキトラベル・シェアードにあります。

この記事「仙北市」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。