何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

人吉市

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
人吉城多門櫓と胸川

人吉市(ひとよしし)は人吉盆地の中心部に位置する町で、熊本県南部の中核都市である。市街地の中心部を球磨川が流れ、南北には山林が広がる静かな町である。 [1]


分かる[編集]

鎌倉時代から明治初期まで相良氏が約700年にわたりこの地を治めており、人吉城跡をはじめとして市街地のあちらこちらに相良氏の治世の名残をとどめる寺社、史跡、町並みが見られ、「小京都」のひとつとして有名である。 都市部から離れており過疎化が進む町ではあるが、周囲の町村にも観光スポットが点在し貴重な大自然と触れ合うことのできる貴重な土地であることから、球磨地方の観光の拠点として今もなお多くの観光客が訪れる。

観光案内所[編集]

  • 人吉市観光案内所 所在  人吉市中青井町。JR人吉駅構内。  電話  (0966) 22-2411  FAX  (0966) 22-2411  時間  9:00~18:00、年中無休。
  • 人吉温泉観光協会 所在  人吉市麓町16。人吉市役所観光振興課。  電話  (0966) 22-5610  FAX  (0966) 22-7047  WEB  [2]
  • @舎ひとよし (人吉の観光・歴史・文化) — 人吉”ひかり”研究会(人吉観光案内人協会・人吉飲食業連合会・人吉球磨ビジネスホテル協会)。  WEB  [3]

着く[編集]

飛行機で[編集]

最寄の空港は鹿児島空港 (IATA: KOJ) である。

  • 鹿児島空港から人吉産交バスターミナルまで連絡バスで58分、¥1,350。

列車で[編集]

多くの観光客は熊本・八代方面から肥薩線を利用する。

  • JR熊本駅からJR鹿児島本線・肥薩線の快速「いさぶろう」「しんぺい」で人吉駅まで約1時間30分、¥1820+指定券¥510。
  • 九州新幹線新八代駅からJR鹿児島本線・肥薩線の快速「いさぶろう」「しんぺい」で人吉駅まで約1時間10分、¥1110+指定券¥510。
  • 熊本駅~人吉駅間では金・土・日・祝を中心に、蒸気機関車を復活運転させた「SL人吉」が運行している。
  • 途中の車窓からは球磨川の渓谷美を間近に堪能できる。
    • 肥薩線を走る優等列車はいさぶろう・しんぺい・SL人吉。

また、鹿児島・隼人、都城方面から吉松駅経由で肥薩線を利用することも可能。ただし、吉松~人吉間の肥薩線は1日5往復のみの運行。

  • JR吉松駅からJR肥薩線で55分、¥720。
  • 1日2往復は観光列車「いさぶろう」「しんぺい」で運行。途中駅での停車時間が長く取られており車内案内も非常に充実している上、途中に日本三大車窓のひとつがありスイッチバックにループ線も体験できることから、機会があれば乗車したい列車である。普通乗車券で乗車可能だが大半は指定席であり事前に指定席券を購入するのが無難。吉松駅との間の所要時間は1時間15分程度。

車で[編集]

九州自動車道人吉IC下車。

バスで[編集]

高速バス[編集]

以下の高速バスが運行されている。

  • トワイライト神戸号 (九州産交バス) — 兵庫県尼崎甲子園三宮)から熊本を経由して、鹿児島とを結ぶ、毎日1往復運行している予約制夜行高速バスである。定員27名、ハイデッカー3列独立シート車使用。コーヒー・お茶・おしぼりのセルフサービスと毛布常備。  所在  市内バス停:人吉インター。  電話  熊本予約 (096) 354-4845、阪神予約 (06) 6411-4111、鹿児島予約 (099) 222-1220  時間  阪神尼崎(所要約11時間30分)20:05発、阪神甲子園20:15発、神戸三宮(所要約10時間40分)20:55発。  料金  尼崎 大人片道¥10,800、往復¥19,440。  WEB  [4]

船で[編集]

動く[編集]

  • 人吉温泉女将の会「さくら会」に加盟する宿に宿泊する場合、事前に連絡しておくと、人吉駅の到着時間にあわせて宿の方が荷物をピックアップしてくれ、チェックイン前に身軽になってそのまま市内散策に出ることができる。 「手ぶらでチェックイン」

列車で[編集]

バスで[編集]

人吉駅~人吉ICで運行されている「じゅぐりっと」号

九州産交バスが各方面に路線バスを運行している。起点は人吉産交バスターミナルで、人吉駅から徒歩約10分。多くの路線は人吉駅を経由する。

人吉周遊バス じゅぐりっと号
人吉駅と高速バスの乗り換えバス停の人吉IC乗降口などを結ぶ。札の辻夫婦恵比寿神社前やゆうれい寺で有名な永国寺などの観光名所を経由して行く。2012年11月にいったん廃止になったが2013年3月に経由地を変更して復活した。
1回¥130~¥200、1日乗車券¥500。

タクシーで[編集]

人吉駅前に常駐している。

自転車で[編集]

短時間で観光スポットをめぐりたい場合や郊外まで足を伸ばす場合は自転車が便利である。球磨川上流に向かってサイクリングロードも整備されている。

以下のレンタサイクルが利用できる。

  • 楽チャリ (JR九州) — 旅行者向けに電動自転車の貸出を行っている。みどりの窓口などで「楽チャリ利用券」「指定券」を事前購入する。当日、身分証明書の提示ない場合、保証金が必要となる。なお、搭乗者傷害保険付きである。  所在  JR人吉駅西側ふれあい広場パーキング。人吉商工会議所。  電話  (0966) 22-4011  時間  9:00~17:00。  料金  利用料 JR利用者¥300/2時間~¥980/日。一般利用者¥500/2時間~¥1,500。  WEB  [5]

船で[編集]

観る[編集]

人吉城跡 地図  
鎌倉時代からこの地を約700年にわたり治めた相良氏の居城。1199年に城の改修を行ったときに三日月模様の石が発見されたため、「織月城」の別名を持つ。広さ45万㎡。高台に位置し、球磨川、胸川を天然の堀とした城で、天守は持たなかった。1862年の大火でいったん焼失するが、この時に函館五稜郭に倣い上部にはね出しを設けた「武者返し」の石垣を築いた(水ノ手橋南詰に現存)。廃藩置県で城内の建物は払い下げになり、石垣だけが往時の名残をとどめる。近年になり多門櫓や角櫓が復元されるなど整備が進んでいる。
 所在  JR人吉駅より南東へ徒歩20分。  電話  人吉市教育委員会:(0966) 22-2111  WEB  
 開場時間    料金  
人吉城跡


人吉城歴史館 地図  
2005年12月に人吉城西外曲輪に建てられた資料館。この地を長きに渡り治めた相良氏にまつわる展示や人吉城の模型などが展示される。注目したいのは関ヶ原の戦い前後の時期の重臣相良清兵衛の屋敷の遺構である地下室。段差の大きな階段を降りると立派な石垣が組んであり、井戸があって地下水が湧いている。発見されたときには日本刀が沈められていたという。何のための地下室か記録が一切なく、全国にも類例がないとのことで、様々な想像をめぐらすことができる。
 所在  JR人吉駅より南東へ徒歩20分(人吉市役所近く)。  電話  (0966) 22-2111  WEB  [6]
 開場時間  9:00~17:00(入館は16:30迄)、月曜休館。  料金  ¥200(高校生以下無料)。


青井阿蘇神社 地図  
阿蘇神社から勧進されたものといわれ、806年の創建と伝わる。蓮池の禊橋を渡り鳥居をくぐると茅葺屋根の壮麗な楼門がそびえる。目を凝らすと四隅には鬼面が彫られ、それぞれ独特な表情をしている「人吉様式」。楼門の先の拝殿、幣殿、廊、本殿ともども江戸時代初頭の建築で、2008年に国宝に指定された。10月3日から11日まで「おくんち祭り」が行われ、多くの見物客で賑わう。
 所在  JR人吉駅より南へ徒歩5分。  電話  (0966) 22-2274  WEB  [7]
 開場時間    料金  
青井阿蘇神社


永国寺 地図  
「ゆうれい寺」として知られる曹洞宗の寺で、1408年の創建。本堂内左手に幽霊掛軸がかかっており、顔も見えず足もない女性の幽霊の図はなかなかの恐ろしさ。これは、昔ある家の美人の妾が本妻の嫉妬のために川に身を投げたがその恨みから幽霊になってしまったため、この寺の和尚が本堂裏手の池に現れた幽霊を掛軸に描き、その姿を見せたところ、幽霊は自分がここまで醜い姿になってしまったのかと驚き、和尚に引導を渡されたとの由来である。寺は西南戦争の際に薩軍の本営に使用され、官軍の攻撃の中焼失したが、幽霊掛軸は焼けずに現在まで伝えられている。
 所在  JR人吉駅より南へ徒歩15分(人吉橋を渡りすぐ)。  電話  (0966) 22-2458  WEB  
 開場時間    料金  


武家蔵  
九州相良蔵めぐりのひとつで、相良藩時代の武家屋敷のひとつ新宮家屋敷を整備したもの。入口に立つ堀合門は人吉城の唯一の遺構である。
 所在  JR人吉駅より南東へ徒歩17分(永国寺より東へ徒歩2分)。  電話  (0966) 22-5493  WEB  [8]
 開場時間  9:00~17:00。  料金  大人¥300、小人¥100。


大村横穴群 地図  
7世紀初めに作られたという墳墓。27基の横穴の中には、動物などの装飾があるものも。
 所在  くまがわ鉄道人吉駅北口徒歩1分、人吉駅ホームから眺めることもできる。


人吉駅前からくり時計 地図  
駅前ロータリー内にあるからくり時計で、決まった時刻になると球磨焼酎や人吉温泉などを表した可愛い人形が民謡にのって登場。9:00~17:00(3~10月は18:00も追加)のうち毎時0分(ただし11:00と16:00は除く)にからくり仕掛けが始まる。
 所在  JR人吉駅南口。
人吉駅前からくり時計


人吉鉄道ミュージアムMOZOCAステーション868  
肥薩線を中心とした展示やジオラマがある施設。JR九州の鉄道デザイナーである水戸岡鋭治のデザインと監修によってつくられた。人吉地方の方言で可愛いを意味する「もぞか」と人吉市の郵便番号の上3ケタである868にちなんで名付けられた。
 所在  JR人吉駅から徒歩2分。  電話  人吉市総務部:(0966) 22-2111  WEB  [9]
 開場時間  9:00~17:00、休館:水曜日と年末年始。  料金  無料。


人吉市SL展示館 地図  
肥薩線で最も高い標高536.9mに位置する矢岳駅構内にある展示館。D51が保存されており、「いさぶろう」「しんぺい」なら停車時間中に記念撮影などができる。
 所在  JR矢岳駅構内。
人吉市SL展示館


繊月酒造 (せんげつしゅぞう)  
球磨焼酎の会社。実際に蒸留している蔵の見学が可能(所要15分ほど、社員の方によるガイド付き)。見学後、主要な銘柄すべてが試飲ができるスペースに案内される。工場でのみ販売される製品もある。
 所在  人吉市新町1番地。  電話  (0966) 22-3207  WEB  [10]
 開場時間  9:00~17:00(最終受付16:30、年中無休)  料金  見学無料(団体の場合は予約がベター)。
繊月酒造


白岳伝承蔵  
米焼酎のナショナルブランド「白岳」の蒸留元である高橋酒造が運営する施設。資料展示室、販売所を併設。
 所在  人吉市合ノ原町461-7  電話  0966-32-9750  WEB  [11]
 開場時間  9:00~16:00(年末年始休館)  料金  見学・試飲無料。

遊ぶ[編集]

くま川下り (清流コース)  
日本三急流のひとつ球磨川を下る川下りだが、清流コースはゆったりとした流れで、球磨焼酎を一杯飲みながら、というような舟遊びもできる。コースは人吉発船場より球磨村の渡着船場までの約1時間30分。冬はこたつ船で運行。
 所在  JR人吉駅より東へ徒歩20分で人吉発船場、渡着船場からJR渡駅までは徒歩5分。  電話  (0966) 22-5555  WEB  [12]
 営業時間  季節によって異なる。要予約。  料金  大人¥2,835、子供¥1,890、幼児¥630 / こたつ船は大人¥3,675、子供¥2,835、幼児¥630。


人吉温泉  
泉質は微弱アルカリ炭酸水素泉。温泉旅館が点在するほか、共同浴場が20軒あまりあり、人吉市街の散策途中に一風呂浴びるのもよい。
 所在  人吉市内各所。  WEB  [13]


新温泉 地図  
市内の中心部にある公衆浴場であり源泉100%の温泉。昭和初期の建物を開業当時のまま使い続けており、レトロ感あふれる建物になっている。浴槽が深い方と浅い方の2種類あり、2種類の温度が楽しめるようになっているが、湧出量の減少からどちらもぬるくなっている。脱衣所の体重計はkg表示の他に貫表示(1貫=3.75kg)の骨董品レベルの古い体重計がまだまだ現役で活躍しているので、慎重に乗り降りするように心がけたい。番台のおかみさんの気分で開場時間が15~20分ほど繰り下げになる場合があるので、一番風呂を目指すとき以外では開場時間よりも数十分ほど遅く来ることを推奨。
 所在  紺屋町80-2。人吉駅から徒歩10分弱。  電話    WEB  
 営業時間  13:00~22:00。  料金  大人¥300。
新温泉

買う[編集]

きじ馬・羽子板  
人吉地方に古くから伝わる郷土玩具。平家の落人が子供をあやすため、かつての栄華を偲んで作ったといわれる。大きさによって値段が異なり、小さな物なら¥500、大きいものなら¥10,000ほどで購入できる。
きじ馬・羽子板


堤製菓本舗  
SLをかたどった菓子やみたらし団子が有名。
 所在  人吉市駒井田町1072 人吉駅徒歩5分  電話  (0966) 22-3964  WEB  
 営業時間  8:00~18:00 水曜休  値段  みたらし団子¥74など

食べる[編集]

 
球磨川の急流で鍛えられた鮎は日本でも有数の大型のものに育つことで知られており、中には頭から尾までの長さが30cmになる「尺鮎」というものまでいる。球磨川は水質も良く、大きさだけでなく味にも定評がある。


人吉駅弁やまぐち  
人吉駅では主要列車の発車前になると、現在でもホームで駅弁の立ち売り(火曜休)が行われている。名物は人吉名産を活かした鮎ずしと栗めし。
 所在  人吉駅ホームの立ち売り、駅売店、駅前の店舗で。  電話  (0966) 22-5235  WEB  
 営業時間    予算  鮎ずし、栗めしはいずれも¥900。
人吉駅弁やまぐち

安食堂[編集]

丸一そば屋  
老舗蕎麦屋。
 所在  人吉市二日町7。  電話  (0966) 22-3078  WEB  [14]
 営業時間  10:30~17:00、定休日 水曜(祝日の場合は翌日)  予算  かしわそば ¥450


松龍軒  
餃子専門店。予約も受け付ける。
 所在  人吉市宝来町12-15  電話  (0966) 22-4024  WEB  [15]
 営業時間  11:30~19:00  予算  餃子¥370


和・洋・中華 茶びん  
餃子が有名だが、他にもメニューがある。
 所在  人吉市二日町5  電話  (0966) 22-2938  WEB  
 営業時間  11:00~14:00/17:30~21:00  予算  餃子¥450など

中級[編集]

上村うなぎ屋  
創業100年以上の味を求めて、県内外からの客が行列をなす。
 所在  熊本県人吉市紺屋町129  電話  0966-22-3312  WEB  [16]
 営業時間  10:00~15:00/17:00~21:00(不定休)  予算  うな重(肝吸い付)2900円
上村うなぎ屋


しらいし  
注文を受けてから焼き上げるうなぎの店。
 所在  人吉市紺屋町126-2  電話  (0966) 22-2450  WEB  [17]
 営業時間  11:00~14:00/17:00~20:30  予算  竹¥2760など


ひまわり亭  
郷土の味。
 所在  人吉市矢黒町1880-2  電話  (0966) 22-1044  WEB  [18]
 営業時間  11:30~14:30/18:00~22:00(夜は¥3000以上10名から予約のみ)  予算  ひまわり亭定食¥1080など

高級[編集]

飲む[編集]

球磨焼酎  
球磨川流域は山間部ではあるが古来から稲作が盛んであり、その米を使って醸造した焼酎。「ガラ」という酒器と「チョク」という盃で飲む慣わし。市内には28の蔵元がある。球磨焼酎酒造組合では様ざまなイベントを実施。

泊まる[編集]

安宿[編集]

ビジネスホテル セントラル 地図  
飲み屋街の近くで球磨川沿いに立地している。黄色い看板が目印である。
 所在  九日町通り(アーケード)沿い。  電話  (0966) 24-9390
 FAX  (0966) 24-9391
 WEB  [19]
 時間  チェックイン 16:00 チェックアウト 10:00   料金  シングル¥4,800~。

中級[編集]

清流山水花 あゆの里  
球磨川沿いに立つホテル。温泉露天風呂つきの部屋など、設備が充実していて人気の宿。
 所在  人吉市九日町30。JR人吉駅より徒歩10分。  電話  (0966) 22-2171
 FAX  (0966) 22-4015
 WEB  [20]
 e-mail  [21]
 時間    料金  1泊朝食付¥9,600~。


芳野旅館  
相良藩御典医の屋敷跡を利用した旅館。建物、庭園ともに歴史を感じさせる趣。郷土料理が自慢。
 所在  人吉市二条橋通り。JR人吉駅より徒歩3分。  電話  (0966) 22-2244
 FAX  (0966) 22-3504
 WEB  [22]
 e-mail  [23]
 時間    料金  1泊朝食付¥8,550~。

高級[編集]

旅館たから湯 地図  
人吉駅から約3kmのところにある全5室の旅館。昭和40年開業。旅館というよりもお屋敷のような純日本建築の落ち着いた佇まい。和の伝統に西洋の優雅さをプラスした独特の空間。客室は和室2室、和洋室3室。ハンドソープはロクシタン。大浴場は天然温泉で、鄙びた雰囲気がいい味を出している。2015年1月には、旅行新聞新社主催の第40回「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」で、全国の客室25室以下の小宿より10軒を選ぶ選考審査員特別賞「日本の小宿 2015」を受賞している。ウェブサイトはないので、じゃらんや楽天トラベルなどの予約サイトや電話などで予約することになる。
 所在  人吉市温泉町2482。  電話  (0966) 23-4951  WEB  
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  ¥33,138~。

気を付ける[編集]

人吉盆地は朝霧で有名で、球磨川を包む朝霧は美しいが、自動車の運転をする場合は要注意。特に冬場の霧は昼まで晴れないとか。

出かける[編集]



Wikitravel Shared Logo 人吉市に関連する画像がウィキトラベル・シェアードにあります。