何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

二本松市

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
二本松市

Default Banner.jpg

注意 : 2019年10月に発生した台風19号のため、当地への交通機関に大きな被害がもたらされました。長期不通も見込まれており、最新の情報を確認ください。

現地へ災害ボランティアで出かける計画がある場合は、記事「災害ボランティアに出かける」も参照してください。

智恵子抄(ほんとの空をイメージ)安達太良山を望む

二本松市(にほんまつし)は福島県中通り県北地方にある市である。 福島県二本松市ホームページ


分かる[編集]

丹羽氏の城下町として栄えた地域であり、未だ城下町の情緒を色濃く残す地域が点在している。自然環境としては、西には安達太良山、東には阿武隈川と自然豊かである。智恵子抄では本当の空があると詠われている。阿武隈川付近には、多くの小説や漫画の題材ともなっている「安達ヶ原の鬼婆」伝説の地となっている安達ヶ原などもある。

また酒造が盛んであり、奥の松、大七と言った大手蔵、その他、小規模な蔵が酒を醸している。

観光案内所[編集]

  • 二本松観光協会 — ボランティアガイドの申し込みを受け付けている。  所在  金色403番地1。二本松市産業部観光課内。  電話  (0243) 55-5122  FAX  (0243) 22-7848  時間  平日10:00~17:00。  WEB  [1]  e-mail  [2]
  • 二本松駅観光案内所 — レンタサイクルの貸出も行っている。  所在  JR二本松駅構内。  時間  9:00~17:00。

着く[編集]

飛行機で[編集]

福島空港[編集]

福島空港 (IATA: FKS) が最寄空港である。 札幌および伊丹からの便が就航している。 福島空港

福島空港から以下のような交通手段がある。

  • リムジンバス — 福島空港=郡山駅前を利用する。郡山駅前でJR東北本線、もしくは高速バスに乗り継ぐ。  料金  リムジンバス 片道 大人 ¥1,080。
  • 福島空港乗合タクシー — 予約制ではあるが、乗り合いタクシーを利用することができる。一人から予約できる。  電話  (0248) 72-9009 福島空港構内タクシー協議会。  料金  二本松市まで 片道 ¥2,500/1人。

仙台空港[編集]

仙台空港 (IATA: SDF)も利用できる。

仙台空港から以下のような交通手段がある。

  • 鉄道
  • バス

列車で[編集]

東北本線が通っている。

東北新幹線を利用した場合、東京方面からは郡山駅で、仙台方面からは福島駅で東北本線へ乗り換える。二本松駅までは、郡山駅・福島駅から共に普通列車で約25分前後である。

車で[編集]

東北自動車道が通じており、二本松インターチェンジを利用する。

国道4号が市内を縦断している。バイパス道路が整備されており、国道4号線自体は市街地を通過しない。 市街地を目指して移動する場合は、東北自動車道 二本松インターチェンジが市街地南端に位置しているので、 インターチェンジへの案内標識に従って通行する。

バスで[編集]

福島交通の高速バス路線が利用できる。 停留所は二本松バスストップ。ほぼ二本松インターチェンジ付近にある。

  • あぶくま号(福島~新宿線) — 1日6往復ほど運行されている。同じあぶくま号でも二本松まで到達できない郡山行きも存在する。行き先を確認し間違えずに計画したい。  料金  二本松BS~王子/新宿 ¥4,400。  WEB  [3]
  • ギャラクシー号(福島~京都・大阪線) — 1日1往復運行されている。二本松BS~大阪間で運行時間は約12時間。  料金  二本松BS~京都 ¥11,730、二本松BS~大阪(あべの橋) ¥12,340。  WEB  [4]
  • 福島-郡山線 — 1日8~13往復程度運行されている。  料金  二本松BS~福島 ¥400、二本松BS~郡山 ¥400。  WEB  [5]
  • 郡山・須賀川~仙台線 — 1時間に2本程度と比較的数多く運行されている。運行は福島交通、宮城交通、JRバス東北の共同運行である。  料金  二本松BS~仙台 ¥1,800。  WEB  [6]
  • 福島~成田空港線 — 1日2往復程度運行されている。運行は千葉交通。福島交通でも取り扱える。  料金  二本松BS~成田空港 ¥5,200。  WEB  [7]
  • 福島~いわき線 料金  二本松BS~福島 ¥400、二本松BS~いわき ¥1,900。  WEB  [8]
  • 福島~会津若松線 — 1日8往復ほど運行されている。福島交通と会津乗合自動車の共同運行。  料金  二本松BS~福島 ¥400、二本松BS~会津若松 ¥1,200。  WEB  [9]

船で[編集]

動く[編集]

公共交通機関があまり発達していないため、車での移動が望ましい。

列車で[編集]

市内には、JR 東北本線が走っている。 JR東日本:東日本旅客鉄道株式会社

東北新幹線も通じているが、駅は無い。

JR 東北本線[編集]

本宮市 本宮駅) - 杉田駅 - 二本松駅 - 安達駅 - (福島市 松川駅)

所要時間は、杉田-二本松間は3分程度、二本松-安達間は4分程度であるが、運行される列車の本数は1時間に1本程度、多い時間帯でも2本程度しかなく、列車の利用は便利であるとは言いにくい状況である。

  • 杉田駅 — 二本松の外れに位置しており、周囲は水田と国道4号線程度しか無く観光地もほぼ皆無である。下車後に利用できる交通機関もほぼ無い。奥の松酒造が徒歩圏内であるので、試飲等を希望する場合はこの駅を利用するのが良いだろう。
  • 安達駅 — 旧安達町の中心駅ではあったが、市街地からは離れた場所にあり不便な場所となっている。智恵子の生家への最寄り駅とはなるが、徒歩20分程度掛かる。
  • 二本松駅 — 街の中心駅となっている。駅周辺には商店やホテルなどもあり、二本松市の中では最も活気のある地域である。バス・タクシーなどへの乗り換えも便利であり、観光などを行う際は起点となる駅である。

バスで[編集]

福島交通の路線バスが運行されている。後乗り・前降り、後精算方式である。 二本松エリア全体としてみた場合、バス網は充実しておらず運行本数も限られている。系統と運行時間を把握した上で利用する必要がある。

主要観光地(岳温泉、安達ヶ原、智恵子の生家等)へは、二本松駅前バス停より、少なくとも1時間に1本程度は運行されている。便利とは言い難いが観光の足としては十分活用できる。


タクシーで[編集]

鉄道、バス路線が充実していない為、公共交通機関のみでの移動を行う場合は、タクシーの利用も重要である。 市内には2社のタクシー会社がある。

  • 昭和タクシー — JR二本松駅付近のタクシー会社。初乗り運賃は¥500。迎車料金は無料。  電話  (0243) 22-1155  WEB  [10]
  • 丸や交通 — 旧東和町付近のタクシー会社。  電話  (0243) 46-2311


自転車で[編集]

  • 二本松市レンタサイクル (二本松駅観光案内所) — 3つのサンプルコースを設け、駅前の案内所で貸出を行っているレンタサイクルである。貸出台数6台。要身分証明書。パンク等修理費実費。  所在  JR二本松駅構内。  時間  9:00~17:00(時間厳守)。  料金  1日¥300。半日¥200。  WEB  [11]

足で[編集]

  • 旧安達町エリア — 多少距離はあるが、智恵子の生家、大七酒造などが徒歩で移動可能である。智恵子の生家まで車等で移動、もしくは安達駅より徒歩20分。そこから古くからある二本松の町並みを眺めながら大七酒造まで徒歩20分。大七酒造脇の坂が竹田坂。江戸初期に作られた切通しで老舗の家具店・木工所が並ぶ。気力があれば、その切通しを越えると市街地に抜けられる。
  • 安達ヶ原エリア — 安達ヶ原ふるさと村、黒塚、観世寺が徒歩圏内でまとまっている。車等にて、安達ヶ原ふるさと村まで移動し、黒塚、観世寺を見学した後にふるさと村に戻ってくるコースが効率がよいだろう。

観る[編集]

二本松エリア[編集]

二本松神社  
二本松総鎮守。
 所在  二本松市本町1-61。  電話  (0243) 22-1066  WEB  [12]
 開場時間    料金  
二本松神社


県立霞ヶ城自然公園  
霞ヶ城とも呼ばれている。江戸期の二本松藩、丹羽氏(にわし)の居城。日本100名城の一つ。国の史跡にも指定されている。戊辰戦争での二本松少年隊の悲話なども知られている。見所は箕輪門、戒石銘碑など。
 所在  郭内3丁目。  電話    WEB  
 開場時間    料金  
  • 箕輪門 — 霞ヶ城を築城した際、材料に箕輪村(現二本松市)の山王寺山のご神木を用い作られた門であったため、箕輪門と名付けられた。現在の門は戊辰戦争で消失した後に、復元した ものである。
  • 戒石銘 — 公園東入口にある大きな花崗石。1749年に儒学者である岩井田昨非に刻ませたものであると伝えられている。為政者への戒めの言葉が刻まれている。
  • 洗心亭 — 霞池の上に立つ茅葺きの茶屋。木立に囲まれた見晴らしの良いところにあり、静かな趣のたたずまいである。時折、茶会などが開かれる。
  • 日陰の井戸千葉県印西市月影の井戸神奈川県鎌倉市星影の井戸と並び、日本三井戸の一つと言われている。山頂付近にあり、1400年頃に作られたと言われている。
  • 笠松 — 公園の中腹にある樹齢300年とも言われる松。八千代の松とも言われている。
  • 二本松少年隊顕彰碑 — 公園の西側にある。戊辰戦争に出陣した隊員62名の顕彰碑。紀元2600年記念事業として建立された。表は丹羽家第十六代丹羽長徳の筆による二本松少年隊顕彰碑、裏面には62名の名が刻まれている。
  • 二本松の菊人形 — 霞ヶ城を舞台に行われる日本最大級の菊の祭典である。菊で飾られた人形によりその時期に話題になっている時代劇等を再現したりする。毎年10月1日~11月23日に行われている。  所在  二本松城跡。  電話  (0243) 55-5122(二本松市産業部観光課)  料金  大人¥1,000。 小中学生¥500。  WEB  [13]


大隣寺  
旧藩主丹羽家の菩提寺である。戊辰戦争後、藩主の謹慎所、藩庁後の仮事務所や藩校になった場所でもあり、歴代藩主の遺品や二本松少年隊の遺品などが数多く収められている。
 所在    電話    WEB  
 開場時間    料金  
  • 二本松少年隊の墓 — 戊辰戦争で亡くなった二本松少年隊の墓。
  • 丹羽家累代の墓 — 旧藩主丹羽家の墓。十万石城主の菩提寺としての風格がある。


正覚寺  
丹羽藩中期の算者で将棋愛好家であった佐久間庄九郎の将棋の墓で有名。晩年、将棋を指しながら眠るように大往生をとげた際、弟子達が師の冥福を祈り将棋の墓を建てた。法名は「飛角院金銀桂香居士」と、これまた将棋である。
 所在    電話    WEB  
 開場時間    料金  


大山忠作美術館  
二本松市出身の日本画家 大山忠作の作品を収蔵している。
 所在  二本松市本町2-3-1 3F。  電話  (0243) 24-1217。  WEB  
 開場時間    料金  


二本松提灯祭り  
毎年10月4~6日に行われている二本松神社の例大祭。秋田市の竿燈、津島市の尾張津島天王祭と並ぶ、日本三大提灯祭りの一つ。提灯を付けた7台の太鼓台を町中ひきまわす。提灯を点灯する夜は特に美しい。
 所在  市内各所。  WEB  [14]


奥の松酒造 地図  
銘酒「奥の松」を醸造する、創業290年を超える老舗酒蔵。本社社屋に併設された「酒蔵ギャラリー」で資料映像の見学、試飲、商品購入が可能。蔵見学は要予約。
 所在  二本松市長命69  電話  0243-22-2153  WEB  [15]
 開場時間    料金  

岳エリア[編集]

鏡ヶ池公園  
温泉街の一角にある公園。周囲450m程の鏡ヶ池のほとりにはレンギョウ、ツツジ、藤等が植えられている。鏡ヶ池の水面に映る安達太良山の姿が美しい。
 所在  岳温泉。  電話    WEB  
 開場時間    料金  

塩沢エリア[編集]

湯川渓谷  
塩沢温泉より安達太良山登山道を進むと、白樺林の先に3段に別れて落下する滝である三段滝、さらに沢を登り、右側の支流に入ると幡滝、中滝、霧降の滝が連なる。本流を行けば屏風岩、天狗岩、荒竜岩等の奇岩怪石が立ちはだかる。湯川渓谷に入る場合は登山の装備が必要である。「ふくしまの水30選」の一つ。
 所在    電話    WEB  
 開場時間    料金  

安達ヶ原エリア[編集]

黒塚  
安達ヶ原の鬼婆(あだちがはらのおにばば)伝説の地。鬼婆が葬られたと言われている塚が残っている。阿武隈川の河川敷にあるため、降雨等による増水時期に訪問する場合は注意が必要である。
近隣には鬼婆がすんでいたと言われている岩屋や、安達ヶ原ふるさと村といった施設もある。安達ヶ原ふるさと村方面への案内板は多いが、黒塚への案内板等は比較的少ない。観世寺脇の堤防を越えた場所と覚えていくと迷わずにたどり着ける。
 所在  安達ヶ原。  電話    WEB  
 開場時間  無休。  料金  無料。
黒塚


観世寺  
鬼婆のすんでいたと言われる岩屋、出刃包丁を洗ったと言われる血の池などがある。鬼婆に関する資料を展示したスペースもある。朱印が用意されている。寺院内には多くの猫が住み着いている。猫が苦手な場合は注意が必要である。
 所在  安達ヶ原4-126。  電話  (0243) 22-0797  WEB  
 開場時間    料金  
観世寺


安達ヶ原ふるさと村  
黒塚に隣接して設置されている施設。昔の農家の生活を紹介する施設や、武家の住居を再現した施設などがある。五重塔がシンボルとなっている。
 所在  安達ヶ原4-100。  電話  (0243) 22-7474  WEB  [16]
 開場時間    料金  

安達エリア[編集]

智恵子の生家  
高村光太郎の妻、智恵子の生家。明治初期に建てられた造り酒屋が復元されている。また、智恵子の作品やビデオを紹介する記念館が設置されている。特にに紙絵の数々は一見の価値がある。
少々離れた場所ではあるが、駐車場が完備されている。二本松の街は城下町特有の細くて曲がった道が多い。路上駐車などを行うと近隣の住民に多大な迷惑がかかる。ぜひ駐車場を利用して欲しい。連休など観光客が見込める時期には、近所の農家や酒蔵が駐車場にてお土産の販売所を設けている場合もある。地域の食材などを見ることが出来るので、遠方からの旅行などの場合は是非覗いていただきたい。
 所在  油井字漆原町36。  電話  (0243) 22-6151  WEB  
 開場時間  9:00~16:30。水曜日・年末年始定休。  料金  大人¥400。 子ども¥200。


大七酒造  
全て生もと造りの酒を醸す蔵。平日の営業日で酒造りに支障の無い日に限られるが見学できる。見学は事前予約が必要。酒造期間中は見学は出来ないが、ホールにてテイスティングを楽しむ事が出来る。
 所在  竹田1-66。  電話  (0243) 23-0007  WEB  [17]
 開場時間    料金  
大七酒造

遊ぶ[編集]

安達太良山  
磐梯朝日国立公園の南端に位置し、安達太良連峰の主峰。別名、乳首山。福島を代表する山の一つであり、夏の時期には登山客で賑わう。登山のためのコースは多数があるが、最もメジャーなコースは二本松市側、あだたら高原スキー場にあるゴンドラ「あだたらエクスプレス」を利用し登山し、くろがね小屋を経由し下山するコースである。また、塩沢スキー場から入る方法もある。他には、猪苗代町側から、横向登山口、中ノ沢登山口。郡山市側から銚子ケ滝登山口等もある。気軽に登れる山のため油断しがちであるが、未だに火山ガスが噴出している場所もあり、危険な場所も多い。希にガスによる死者が出ることもある。立ち入り禁止表示は絶対に守ること。また、安易な装備での入山は行わないこと。

「あだたらエクスプレス」 登山ルート

安達太良山

岳エリア[編集]

岳温泉  
くろがね小屋付近から8km引き湯している温泉。単純酸性温泉であり、神経痛・筋肉痛等に効能があるといわれている。登山してくろがね小屋まで温泉に入りに行かなくとも、岳温泉でも同様のお湯を楽しむことが出来る。多くの温泉宿で日帰り入浴等のプランを用意している。共同浴場としては岳の湯があり、格安で入浴することが出来る。
 所在  岳温泉。  電話    WEB  [18]
 営業時間    料金  
岳温泉


岳の湯  
岳温泉の共同浴場。単純酸性泉で、皮膚病・神経痛・筋肉痛に効能があるといわれている。近隣に大型の駐車場が完備されている。共同浴場ではあるが宿泊設備もあり、素泊まりではあるが安価に宿泊することが出来る。
 所在  岳温泉1-27。  電話  (0243) 24-2139  WEB  
 営業時間  10:00~20:30  料金  ¥300。


くろがね温泉  
安達太良山系の鉄山の中腹にたつ山小屋「くろがね小屋」で入ることが出来る。登山道でしかアクセスできない温泉のひとつ。岳温泉の源泉、日帰り入浴客が多い。
 所在  安達太良山 中腹。奥岳温泉から登山道で約2時間。  電話    WEB  [19]
 営業時間    料金  ¥400。
くろがね温泉


あだたら高原スキー場  
安達太良山にあるスキー場。初心者から上級者まで楽しめる多彩なコースが用意されている。家族連れなどの利用者も多い。夏季期間中も、安達太良山登山の足としてゴンドラは営業している。ゴンドラ山頂駅付近は眺めも良く、簡単に登山気分を味わうことが出来る。
 所在  永田字長坂国有林  電話  (0243)24-2141  WEB  [20]
 営業時間    料金  1日券 大人 ¥3,100、シニア ¥2,700、小学生 ¥1,500など。詳細はWebページなどを参照されたい。

塩沢エリア[編集]

塩沢温泉  
安達太良山の塩沢温泉登山口にほど近い温泉。登山口、スキー場に隣接しており、温泉とセットで登山やスキーを楽しむことが出来る。
 所在  塩沢温泉。  WEB  [21]


東北サファリパーク  
ホワイトライオン、ホワイトタイガー、白大蛇、白ワニ、白キツネ、白タヌキなど、白い動物が多数飼育されている。
 所在  沢松倉1。  電話  (0243) 24-2336  WEB  [22]
 営業時間  8:00~17:00(冬期間は16:30)。  料金  大人¥2,600、 小人¥1,600。


国設二本松塩沢スキー場  
家族向けのスキー場。リフト2基、コース3面の小さなスキー場ではあるが、人工降雪機、ナイター設備を備えている。スキー場までの道は除雪はされているものの、非常に滑りやすい。車でアクセスする場合は細心の注意が必要である。
 所在  塩沢温泉。  電話  (0243) 24-2336  WEB  
 営業時間  8:00~22:00。  料金  


くるまの遊園地 エビスサーキット  
ドリフト専用コースが6本あるサーキット場。
 所在  二本松市沢松倉1番地。  電話  (0243) 24-2972  WEB  [23]
 営業時間    料金  

安達エリア[編集]

道の駅安達 和紙伝承館  
国道4号線沿いにある道の駅。上川崎和紙の展示販売されている。紙漉体験などもある。
 所在  下川崎字上平33-1。

買う[編集]

玉嶋屋 玉羊羹  
江戸時代からの製法そのままに楢薪を焚いて練り上げる羊羹をゴム風船に詰めた一品。玉嶋屋で購入できる。また、市内のスーパー等の銘品コーナーにて購入も可能。本店は大正時代の木造建築として登録文化財となっている。羊羹を購入しつつ建物を見るのも良いだろう。
 所在  本町1-88。  電話  (0243) 23-2121  WEB  [24]
 営業時間  7:30〜18:50  値段  5個入り¥480より。


日本酒  
市内では、奥の松、大七、人気一、千功成と言った日本酒が醸されている。市内の酒屋等で手軽に入手できる。
  • 奥の松 — 福島を代表する大手蔵。多種多様な酒を醸していながら、安定した酒質を維持している。(上記「#観る」を参照。)  所在  長命69。  電話  (0243) 22-2153。  WEB  [25]
  • 大七 — 福島を代表する大手蔵。「生もと造り」という伝統的な製法にこだわり、超扁平精米などの職人技でその味を高めている。(上記「#観る」を参照。)  所在  竹田1-66。  電話  (0243) 23-0007。  WEB  [26]
  • 人気一 — 伝統的な製法と道具、寒造りにこだわって日本酒を醸している。全製品が吟醸造りとなっている。フォーミュラニッポンのシャンパンファイトには、人気一のスパークリング純米大吟醸が使用されている。本社で直販されている。  所在  小高内51。  電話  (0243) 23-2091  WEB  [27]
  • 千功成 — 明治7年創業の老舗。名称は、太閤秀吉の「千成ひょうたん」より「千成」と名付けたのが始まりで、後に「千の功(手柄、功績)が成る」という意味から「千功成」となった。安達太良山系の水、南部杜氏の技術で醸している。  所在  松岡173。  電話  (0243) 23-0164

食べる[編集]

安食堂[編集]

杉乃家  
3.11の東日本大震災、その後の原発事故で避難地域となってしまった浪江町にあった「杉乃家」が二本松で再オープンした。原発事故に負けず、浪江の故郷の味を守っている。この店に来たら、浪江町の郷土料理である「なみえ焼きそば」を食したい。
 所在  本町2-3-1、市民交流センター1F。  電話    WEB  
 営業時間  11:00~15:00、17:00~20:00。月曜定休。  予算  なみえ焼きそば ¥550。
杉乃家


ラーメンショップ椿 二本松店  
国道4号線上にあるドライバーに人気のラーメン店。
 所在  二本松市渋川宇舟山104−1。  電話  (0243) 54-2760  WEB  [28]
 営業時間  [月~土] 8:00~26:00、[日] 11:00~25:00  予算  ネギ味噌ラーメン ¥820

中級[編集]

あだたら高原 空の庭  
雰囲気もよくゆったりとした気分で食事が出来るレストラン。結婚式など行うことが出来る。二階には小物ショップ等もあり、全体的に女性に喜ばれる店である。岳温泉に来た際にはぜひ寄りたい。
 所在  岳温泉2-56。  電話  (0243) 24-2217  WEB  [29]
 営業時間  10:00~21:00  予算  

高級[編集]

飲む[編集]

泊まる[編集]

二本松の宿泊情報[30]

安宿[編集]

中級[編集]

岳温泉エリア[編集]

空の庭RESORT  
 所在  岳温泉1-197-2。  電話  (0243) 24-2306  WEB  [31]
 e-mail  [32]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 11:00   料金  1泊朝食付 ¥5,800より。


くろがね小屋  
安達太良山の中腹にある山小屋。
 所在  二本松市永田字長坂国有林内。  電話  (090) 8780-0302  WEB  [33]
 時間    料金  

塩沢エリア[編集]

湯川渓流の宿 旅館 青木荘  
宿泊しなくても、温泉のみ(¥500)、日帰り入浴(¥3,650)などのプランも用意されている。
 所在  木ノ根坂10。  電話  (0243) 24-2244
 FAX  (0243) 24-2565
 WEB  [34]
 時間    料金  大人2名/1室利用時 ¥8,500~。等。


渓流の宿 ペンション 四季の郷  
樹林と渓流に囲まれたペンション。石造りの風呂からは渓流が見える。
 所在  不動平32-1。  電話  (0243) 24-2847
 FAX  (0243) 24-2848
 WEB  [35]
 時間    料金  1泊2食付き時 大人 ¥6,700、子供 ¥5,500。素泊まりプラン等あり。


和風ペンション 杜の泉  
 所在  不動平31。  電話  (0243) 24-3301
 FAX  (0243) 24-3303
 WEB  [36]
 時間    料金  大人 ¥7,500(税別)、子供 ¥6,500(税別)等。


ペンション 清流  
 所在  休石原51-23。  電話  (0243) 23-4046
 FAX  (0243) 24-2433
 WEB  
 時間    料金  


山荘 塩沢荘  
 所在  不動平194-2。  電話  (0243) 24-2629
 FAX  (0243) 24-2433
 WEB  
 時間    料金  

高級[編集]

岳温泉エリア[編集]

ながめの館 光雲閣  
岳温泉で一番高台にある旅館。加水・加温を一切しない100%天然温泉の風呂からの景色が非常に良い。景色が売りの旅館のため、宿泊料金は宿泊する部屋の階数で決まるシステムとなっている。
 所在  岳温泉1-85。  電話  (0243) 24-2101
 FAX  (0243) 24-2760
 WEB  [37]
 時間    料金  


あだたらの宿 扇や  
 所在  岳温泉1-3。  電話  (0243) 24-2001
 FAX  (0243) 24-2004
 WEB  [38]
 e-mail  [39]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  和室10帖 2名1室利用時 ¥15,900等。


陽日の郷あづま館 (ゆいのさとあづまかん)  
 所在  岳温泉1-5。  電話  (0243) 24-2211
 FAX  (0243) 24-2671
 WEB  [40]
 時間    料金  東扇スタンダードプラン 2名1室 ¥12,600~等。


お宿 花かんざし  
 所在  岳温泉1-104。  電話  (0243) 24-2110
 FAX  (0243) 24-2230
 WEB  [41]
 時間    料金  一般客室 2名1室時 ¥18,900。


櫟平ホテル  
 所在  岳温泉2-8。  電話  (0243) 24-2626
 FAX  (0243) 24-2619
 WEB  [42]
 時間    料金  和室シングル ¥11,550~等。


鏡が池 碧山亭  
 所在  岳温泉2-13。  電話  (0243) 24-2008
 FAX  0243) 24-2929
 WEB  [43]
 時間    料金  2名1室利用時 ¥10,000より。

出かける[編集]

  • 福島市
  • 本宮市
  • 大玉村
  • 郡山市 — 福島県経済の中心地。交通の要所で各方面への移動の拠点となる。
  • 猪苗代町 — 福島で最も大きな湖である猪苗代湖や磐梯山等を擁しており、すばらしい自然を体感できる。野口英世のの出生地としても有名であり、記念館なども設置されている。


Wikitravel Shared Logo 二本松市に関連する画像がウィキトラベル・シェアードにあります。

この記事「二本松市」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。