何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

上海/閔行区

提供: ウィキトラベル
上海 : 閔行区
移動先: 案内検索
上海/閔行区

Default Banner.jpg

上海の郊外に残る昔ながらの水郷「七宝」

閔行区(びんこうく)は、上海市の西南にある郊外区である。


着く[編集]

飛行機で[編集]

列車で[編集]

車で[編集]

バスで[編集]

船で[編集]

動く[編集]

列車で[編集]

バスで[編集]

足で[編集]

観る[編集]

七宝鎮[編集]

七宝老街の入り口に当たる門

七宝(しちほう、Qibao)は上海中心部から一番近い水郷古鎮であり、地下鉄9号線を利用していくことができる。古鎮とは、直訳すると「古い街」という事になるが、ただ古いだけでなく「昔の情緒を残した古い街」と言える。近代化の進む上海において、七宝は昔の水郷としての情緒が残されている。

現代の乗り物である地下鉄に乗り、地下鉄9号線「七宝」駅を下車して街を見渡すと現代的な街の雰囲気から「このようなところに昔ながらの水郷があるのか?」と疑問に思うだろう。駅から南に進み、青年路に左折して進むと七宝老街入口の門が見えてくる。その門の先からは、現代的な街並みから昔ながらの街並みが表れてくるので、いきなりタイムスリップしたような感覚に陥るだろう。


七宝周氏微彫館  
直訳すると「周さんのミニチュア館」で、清代の家具や装飾品などをミニチュアで再現したものが展示されている。また、装飾品のミニチュアだけでなく清代の小説『紅楼夢』の本文を小さな石に刻みこんだ石刻が展示されており、それだけでも十分驚きの価値がある
 所在  七宝富強街64号  電話  -  WEB  [-]
 開場時間  -  料金  10元
七宝周氏微彫館


七宝綿織坊  
七宝は明代から清代にかけて紡績業が盛んな時期があり、ここでは綿を織る作業の様子を蝋人形にて展示されている。
 所在  七宝北大街  電話  -  WEB  [-]
 開場時間  -  料金  5元

遊ぶ[編集]

買う[編集]

食べる[編集]

安食堂[編集]

中級[編集]

高級[編集]

飲む[編集]

泊まる[編集]

安宿[編集]

中級[編集]

高級[編集]

出かける[編集]

この記事「上海/閔行区」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。