何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

三朝町

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
三朝町

Default Banner.jpg

歴史ある名湯・三朝温泉

三朝町(みささちょう)は、鳥取県中部にある町である。 [1]


分かる[編集]

開湯から900年近い歴史を持つとされる三朝温泉は、世界有数のラドン含有量を誇る名湯。多くの宿が軒を連ねるほか、公衆浴場や足湯施設などもある。修験道の行場として開山され1300年の歴史をもつ三徳山とともに、2015年に日本遺産「六根清浄と六感治癒の地 三徳山・三朝温泉」が認定された。 [2]

観光案内所[編集]

  • 三朝温泉観光協会 — 温泉街の中心である三朝橋のたもと、公衆浴場「たまわりの湯」に隣接。無料駐車場を併設。  WEB  [3] 地図

着く[編集]

飛行機で[編集]

  • 鳥取市の鳥取砂丘コナン空港を利用する。倉吉駅までリムジンバス(5往復)で50分。
    • 2019年4月1日から三朝町へ直通する便が廃止となり、倉吉駅で日ノ丸バスへの乗り換えが必要となった。
    • 東京羽田空港)から運航されている。

列車で[編集]

  • 町内に鉄道路線はない。倉吉市のJR倉吉駅からバスを利用する。

船で[編集]

バスで[編集]

  • 倉吉市の倉吉駅から日ノ丸バスの路線バスを利用する。三朝町役場前まで15分、三朝温泉まで25分、三徳山まで38分。三朝温泉まで行くバスは一日17便(土日祝は16便)。 日の丸バス
  • 大阪市神戸市岡山市より日交バス、日ノ丸バスなどの高速バス等がある。いずれの路線も穴鴨公会堂前・三朝町役場前(新倉吉街道エクスプレス)・三朝温泉口(山陰特急バス、三朝町役場近くの三朝ロイヤルホテル前)に到着する。三朝温泉街までは5km以上離れており、公共交通機関で移動するには上記の倉吉駅からの路線バスを利用することになる。
大阪から(なんば)
山陰特急バス — 昼行下り4本・上り3本(うち2往復は神戸(三宮)経由)の運行。日交バスによる運行である。  電話  日交バス (06) 6576-1181・(0858) 26-2526  時間  3時間20分~4時間10分(三朝温泉口)  料金  ¥4,300  WEB  [4]
大阪から(新大阪)
山陰特急バス — 昼行3往復の運行。日交バスによる運行である。  電話  日交バス (06) 6576-1181・(0858) 26-2526  時間  3時間35分(三朝温泉口)  料金  ¥4,300  WEB  [5]
神戸から(三宮)
山陰特急バス — 昼行2往復(大阪(なんば)始発)の運行。日交バスによる運行である。  電話  日交バス (06) 6576-1181・(0858) 26-2526  時間  3時間20分(三朝温泉口)  料金  ¥4,000  WEB  [6]
岡山から
新倉吉街道エクスプレス — 昼行1往復の運行。日ノ丸バスによる運行である。  電話  両備バス (086) 232-6688・中鉄バス (086) 223-0616・中国JRバス (0570) 666-012・日ノ丸バス (0858) 26-4114  時間  2時間25分(三朝町役場前)  料金  ¥3,100  WEB  [7]

車で[編集]

  • 岡山県津山市にある中国自動車道の院庄インター、湯梨浜町にある山陰自動車道のはわいインターを利用する。なお、はわいインターは他の高速道路とはつながっていない。
    • 京都市から名神高速道路・中国自動車道院庄インター・国道179号経由で約4時間。
    • 大阪市から中国自動車道院庄インター・国道179号経由で約3時間10分。
    • 岡山市から山陽自動車道・岡山自動車道・中国自動車道院庄インター・国道179号経由で約2時間20分。
    • 広島市から山陽自動車道・岡山自動車道・中国自動車道院庄インター・国道179号経由で約3時間20分。
    • 松山市から松山自動車道・高松自動車道・瀬戸中央自動車道・山陽自動車道・岡山自動車道・中国自動車道院庄インター・国道179号経由で約3時間50分。
    • 高知市から高知自動車道・高松自動車道・瀬戸中央自動車道・山陽自動車道・岡山自動車道・中国自動車道院庄インター・国道179号経由で約3時間40分。

動く[編集]

列車で[編集]

バスで[編集]

足で[編集]

観る[編集]

三徳山 (みとくさん) 地図  
修験道の行場として開かれた山。三徳山三佛寺の境内となっている。有名な投入堂(なげいれどう)までは非常に厳しい山道や岩場を片道1時間ほどかかる。麓に設けられた駐車場の近くに、投入堂を遥かに拝むことができる「遥拝所」がある。
 所在  三朝町三徳1010。三朝温泉街から車でおよそ15分。  WEB  [8]
三徳山


皆成院 (かいじょういん)  
国宝「投入堂」がある三徳山の寺院。精進料理や宿坊を提供。
 所在  三朝町三徳1016。  WEB  [9]

遊ぶ[編集]

三朝温泉 (みささおんせん)  
世界でも有数の放射能泉の温泉として知られる。
 WEB  [10]
三朝温泉


河原風呂 地図  
三朝温泉を流れる三徳川の河原にある、源泉かけ流しの露天風呂。老若男女だれでも24時間無料で入浴可能。温泉街の中心とも言える三朝橋のたもとに設けられており、水着着用は禁止されているので、裸姿が多くの人の目にさらされる入浴体験となる。隣接して足湯も設けられている。
 所在  三朝町三朝。三朝橋のほとり。  電話    WEB  [11]
 営業時間  24時間(足湯は奇数日の午前中に清掃のため利用できない)。  料金  無料。
河原風呂


株湯  
三朝温泉の公衆浴場。そばに飲泉所もある。
 所在  三朝町三朝634-1。  電話    WEB  [12]
 営業時間  8:00(日曜日 10:00)~21:45。  料金  大人¥300、小人¥150。


天然ラドン熱氣浴泉 すーはー温泉  
熱気浴施設。
 所在  所在  電話  (0858) 33-5772  WEB  [13]
 営業時間  9:30~18:00、定休日 火曜  料金  

買う[編集]

松之屋  
三朝温泉名物「栃餅」のお店。
 所在  三朝町三朝608-3。  電話  (0858) 43-0328  WEB  
 営業時間  7:00~20:00  値段  


扇屋  
地元の民芸品、陶器や織物などを扱っている土産物店。
 所在  三朝町三朝293-2。  電話  (0858) 43-0539  WEB  
 営業時間  7:00~21:30  値段  

食べる[編集]

安食堂[編集]

手づくりの店 森の樹かふぇ  
公衆浴場「たまわりの湯」隣にあるオープンカフェ。
 所在  三朝町三朝910-7。  電話  (090) 7504-5096  WEB  [14]
 営業時間  10:00~18:00  予算  


寺カフェ りんつ  
三徳山境内にあるカフェ。
 所在  三朝町三徳1017。  電話  (0858) 43-2667  WEB  [15]
 営業時間  11:00~16:00、定休日 月~金  予算  

中級[編集]

高級[編集]

飲む[編集]

泊まる[編集]

安宿[編集]

湯治の宿 油屋  
江戸時代後期から続く老舗湯治旅館。宿泊は3泊以上が原則。
 所在  三朝町三朝944。  電話  (0858) 43-0657
 FAX  (0858) 43-0657
 WEB  [16]
 時間    料金  


桶屋旅館宿  
湯治宿。自炊設備はなし。
 所在  三朝町山田150。  電話  (0858) 43-0817  WEB  [17]
 時間    料金  

中級[編集]

ぬくもりの宿 中屋  
300年以上の歴史を持つ宿。
 所在  三朝町三朝855。  電話  (0858) 43-0859
 FAX  (0858) 43-3143
 WEB  [18]
 時間    料金  


ブランナールみささ  
三朝温泉にある国民宿舎の旅館。
 所在  三朝町三朝388-1。  電話  (0858) 43-2211
 FAX  (0858) 43-1919
 WEB  [19]
 時間    料金  

高級[編集]

旅館 大橋  
ほぼ全館が国の登録有形文化財に指定されている純和風の宿。
 所在  三朝町三朝302-1。  電話  (0858) 43-0211  WEB  [20]
 時間    料金  


もみの木の宿 明治荘  
どの部屋も宿のシンボルであるもみの木のある庭園に面しており、静かで落ちつける宿。
 所在  三朝町三朝847。  電話  (0858) 43-0234
 FAX  (0858) 43-0200
 WEB  [21]
 時間    料金  

出かける[編集]


Create category

この記事「三朝町」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。