何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

レトロを観光する町 (日本)

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
レトロを観光する町 (日本)

Default Banner.jpg

これは「旅のテーマと主な目的地」の記事です。

レトロを観光する町は、レトロ(明治~昭和期)のノスタルジーを感じることを目的とした保存地区である。


総論[編集]

レトロブームの始まりは門司港レトロといわれる。かつては外港として、また本州と九州の連絡地として大規模な港町が出来た。しかし関門トンネル開通後は門司駅-門司港駅が支線のようになり、町の発展が止まってしまった。その後、門司港駅が文化財として登録されると、周囲の古い建物を改築して観光地と化した。

最近は漫画・映画「三丁目の夕日」のヒットなどで昭和30年代を懐古する風潮が出来ている。

目的地とその特徴[編集]

北海道[編集]

  • 小樽市-かつての貿易港。駅から少し歩いた海岸に倉庫・硝子工房などがある。
  • 夕張市-かつての炭鉱町。
  • 函館市-明治時代の教会や洋館が残る。

東北[編集]

関東[編集]

中部[編集]

近畿[編集]

中国地方[編集]

四国[編集]

九州[編集]

大分県[編集]

福岡県[編集]

あると便利なもの・旅のヒント[編集]

  • 写真集-写真も建物を知る上で大切である。
  • カメラ-上記と同様。記念写真を撮りたい。
  • ガイドブック(Wikitravelもだが・・・)・歴史書-地域の生い立ちや取り組みを知っておくために。
  • 駅などにある観光案内所も活用したい。

安全のために気を付けること[編集]

この記事「レトロを観光する町 (日本)」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。