何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

メープル街道

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
メープル街道

Default Banner.jpg

これは「旅行プラン」の記事です。

メープル街道は、カナダ東部のナイアガラからセントローレンス川に沿ってケベック市へと続く、全長約800kmの地域を指す。このページでは、バスなどを利用してメープル街道を数日かけて周るプランを紹介する。


分かる[編集]

概要[編集]

このエリアを4~7日間かけてバスツアーなどで旅する人が多い。巨大瀑布に始まり、シュガーメープル(サトウカエデ)の紅葉の変化を楽しむ道中は、イギリス文化の影響を受けたトロントやフランス文化の影響を受けたモントリオールなどを経て、カナダ社会のルーツと歴史に触れる旅でもある。

なお「メープル街道」の名前の由来は不明だが、"Maple Highway"と言った英語表現はほとんど用いられないことから、日本の旅行業界でそのように呼ばれ始めたのではないかと考えられる。燃えるような紅葉の美しさはさほどに訪れる人を圧倒し、例年10月には日本からチャーター便利用のツアーが組まれるほどの人気である。

準備[編集]

出発する[編集]

ナイアガラの滝へのアクセスはアメリカ側のバッファロー国際空港・カナダ側のトロント国際空港のどちらでも良く、いずれからも滝へのシャトルバスなど交通の便は整っている。バッファローからは陸路での国境越えを経験することができ、アメリカとカナダの街並みの違いを楽しむことができる。トロントから滝までは経路が限られているため、同じ道を往復することになる。

交通手段[編集]

レンタカー[編集]

バス[編集]

列車[編集]

団体バスツアー[編集]

各区間のポイント[編集]

ナイアガラからトロントへ行く[編集]

オンタリオ・ワインの一大産地、ナイアガラ・オン・ザ・レイク。

トロントからモントリオールへ行く[編集]

キングストンを経由する[編集]

オタワを経由する[編集]

モントリオールからローレンシャン高原へ行く[編集]

モントリオール市街を一望するモン・ロワイヤル公園の紅葉。

モントリオールからケベック市へ行く[編集]

気をつける[編集]

帰る[編集]

この記事「メープル街道」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。