何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

プロ野球観戦

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
プロ野球観戦

Default Banner.jpg

これは「旅のテーマと主な目的地」の記事です。

ここでは、旅先でプロ野球を観戦することについて記述する。主に本拠地で行う公式戦中心の記述である。


総論[編集]

プロ野球球団はセントラルリーグ・パシフィックリーグに6球団ずつある。リーグ内のチーム同士での公式戦と他のリーグとの交流戦を戦い、上位3球団がクライマックスシリーズで優勝を狙い、日本一を決める日本シリーズで構成される。また、シーズン前には練習試合としてオープン戦、両リーグで選抜された選手が所属リーグをチームとしてプレーするオールスターもある。

最近では集客作戦として、旅行の一部として応援が取り入れられることや、「球弁」と呼ばれる球場内弁当や売店の食事を楽しむという付加価値を求め始めたため、対戦相手のチーム本拠地に旅行する例や、地元に近い県から宿泊なども込みで観光に使用する例もある。

目的地とその特徴[編集]


日本[編集]

※[P]-パシフィックリーグの球団 [C]-セントラルリーグの球団

  • 北海道日本ハムファイターズ[P]
    北海道日本ハムファイターズ[P]札幌市) — 本拠地は北海道札幌市の札幌ドーム。稲葉ジャンプなる応援が有名。座席と座席にある通路は2人が並んで歩けられるぐらいの幅がある。ホームは3塁側で、ビジターは1塁側である。  所在  地下鉄東豊線 福住駅下車、徒歩約10分。  WEB  [1]
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス[P]
    東北楽天ゴールデンイーグルス[P]仙台市) — 本拠地は宮城県仙台市の楽天生命パーク宮城。球場の立地から応援に金管楽器を使用しない。ホームは3塁側で、ビジターは1塁側である。  所在  JR仙石線宮城野原駅下車。JR仙台駅よりシャトルバス利用。  WEB  [2]
  • 千葉ロッテマリーンズ[P]
    千葉ロッテマリーンズ[P]千葉市) — 本拠地は千葉県千葉市のZOZOマリンスタジアム。外野後方にそびえたつ壁があり、ほかの球場にはない独特の雰囲気を醸し出している。幕張メッセの隣にあるので、展示会などに参加した帰りに観戦したりするのに便利である。サッカーのような大声で歌う応援が有名。ビジターチームにやさしい球団でも知られており、球場内ではビジターチームにちなんだイベントなどが数多く開かれている。球場内にはロッテリアがあり、球場限定のメニューなどが用意されることもある。風速計が設置されている球場はここだけである。ホームは1塁側で、ビジターは3塁側であるが、3塁側の一部の座席はホーム応援席になっている。  所在  JR京葉線海浜幕張駅下車。  WEB  [3]
  • 埼玉西武ライオンズ[P]
    埼玉西武ライオンズ[P]所沢市) — 本拠地は埼玉県所沢市のメットライフドーム。球場は山に埋まったような半地下状態になっている珍しいすり鉢形状で、ドームとは言っても球場の上に大きな屋根が掛った形になっているだけである。基本的には空調などはないので、観戦する際は屋外球場だと思って服装を整えていく必要がある。なお、外野席は座席ではなく芝になっている為、場所取りは激しい。試合が盛り上がってくると、フラッグをたなびかせながら外野を左右に走り回るファンの姿が見られる。ホームは3塁側で、ビジターは1塁側である。  所在  西武鉄道西武球場前駅下車。  WEB  [4]
  • 東京ヤクルトスワローズ[C]
    東京ヤクルトスワローズ[C]東京都新宿区) — 本拠地は東京都の明治神宮野球場(通称、神宮球場。)。都心にある球場で交通の便も良いことから、仕事帰りのサラリーマンがスーツ姿で応援している姿が目立つ。ビニール傘を使用した応援が名物。得点した際などにはビニール傘を振り上げて東京音頭を歌ったりする。応援専用の小さな傘などもグッズとして販売されている。チャンス時にはJITTERIN' JINNの「夏祭り」を歌う。観戦客目当てに、駅から球場までの間にビールや肴を販売する店が点在している。持ち込みには比較的寛大なので、最初の一杯分程度は購入してから球場に入るのが良いだろう。缶ビール等を持ち込む場合は、入り口で紙コップに移し替える必要があるが、紙コップ自体は球場側で用意してくれている。ホームは1塁側で、ビジターは3塁側である。  所在  地下鉄銀座線「外苑前」駅より徒歩約5分。銀座線、半蔵門線、大江戸線「青山一丁目」駅より徒歩約15分。JR中央線 千駄ケ谷駅、信濃町駅より徒歩15分。大江戸線「国立競技場」駅より徒歩約15分。  WEB  [5]
  • 読売ジャイアンツ[C]
    読売ジャイアンツ[C]東京都文京区) — 本拠地は東京都の東京ドーム。日本で最もファンが多いといわれる球団だけあって、外野レフト側にもジャイアンツ側の応援席が設定されている。ビジター側で応援したい場合は、必ず「ビジター応援席」で席を確保したい。チームカラーであるオレンジ色のタオルを振り回して行う応援が特徴的。座席はどこから見ても観戦しやすいよう設計かつ設置されているのが特色。ホームは1塁側で、ビジターは3塁側であるが、一部の3塁側座席はホーム応援席になっている。  所在  JR水道橋駅、地下鉄丸ノ内線・南北線後楽園駅、地下鉄三田線・大江戸線春日駅下車。  WEB  [6]
  • 横浜DeNAベイスターズ[C]
    横浜DeNAベイスターズ[C]横浜市) — 本拠地は神奈川県横浜市の横浜スタジアム。真夏の暑いスタンドで食べるために開発された缶入りのみかん・パイナップルをシロップごとカキ氷にかけたものが有名。また横浜名物のシウマイも「シウマイ弁当」として販売されている。デイゲームなどを観戦する際に少し早めに球場に訪れ、練習を見ながらお弁当を広げるのも楽しい。外野席は非常に傾斜が急な構造をしており、過去には転落事故なども発生している。子供連れの時は特に注意したい。繁華街の元町・中華街・伊勢佐木町なども徒歩圏内。ホームは1塁側で、ビジターは3塁側である。  所在  JR根岸線(京浜東北線)・地下鉄関内駅徒歩3分、横浜高速鉄道みなとみらい線日本大通り駅下車徒歩5分  WEB  [7]
  • 中日ドラゴンズ[C]
    中日ドラゴンズ[C]名古屋市) — 本拠地は愛知県名古屋市のナゴヤドーム。全てが指定席。チャンス時には山本リンダの「狙い撃ち」を歌う。7回開始時に「燃えよドラゴンズ!」を歌う。弁当の種類が豊富で、名古屋名物がおかずに入ったものが多い。「球弁」という名称はここが発祥である。球場後方にはガラス張りのテーブル席があり、ディナー付きで野球観戦を楽しむことができる。ホームは1塁側で、ビジターは3塁側であるが、ビジター席の範囲は狭い。  所在  地下鉄名城線ナゴヤドーム前矢田駅下車。  WEB  [8]
  • オリックスバファローズ[P]
    オリックスバファローズ[P]大阪市) — 本拠地は大阪府大阪市の京セラドーム大阪。ホームは1塁側で、ビジターは3塁側である。ICOCAで入場できるサービスもある。  所在  地下鉄長堀鶴見緑地線ドーム前千代崎駅・阪神電車なんば線ドーム前駅下車  WEB  [9]
  • 阪神タイガース[C]
    阪神タイガース[C]西宮市) — 本拠地は兵庫県西宮市の阪神甲子園球場。応援歌は「六甲おろし」と通称される「阪神タイガースの歌」。食堂のカツカレー、コンコースの焼鳥、焼きイカなどが有名。ビジター球団は必ず「ビジター応援席」チケットを確保する事。ビジター球団によって、ビジター席の範囲が変わる。タイガースの応援は熱狂的なので、もしビジター球団のファンなら喧嘩やトラブルのないように。リニューアル工事されて座席もきれいにはなったが、座席と座席との間隔が狭いのが欠点。その代わり、一体感はほかの球場よりも勝る。ホームは1塁側で、ビジターは3塁側である。  所在  阪神電車甲子園駅下車  WEB  [10]
  • 広島東洋カープ[C]
    広島東洋カープ[C]広島市) — 本拠地は広島県広島市のMAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島。メジャーリーグの球場を意識して作られており、寝そべりながら野球を観戦できる席、バーベキューを行いながら野球観戦を出来る席など、色々な形で野球を楽しめるベースボールパークとなっている。別に時間指定の入場券が必要になるが、外野席下にあるスポーツバーがおすすめである。外野グラウンドの高さに目線がくる様に作られた空間から見る野球は格別である。30分単位の入れ替え制で料金は¥500である。名物料理は旧広島市民球場時代から受け継ぐ「カープうどん」である。また、観客が交互に座ったり立ったりしながら行う「スクワット応援」と呼ばれる応援方法が特徴的。見ていても楽しいが、球場を訪れたのであれば一度はこの応援を体験してみよう。簡単そうに見える応援だが意外と体力勝負な応援である。ホームは1塁側で、ビジターは3塁側である。  所在  JR広島駅下車、徒歩15分。猿猴橋電停下車、徒歩12分。  WEB  [11]
  • 福岡ソフトバンクホークス[P]
    福岡ソフトバンクホークス[P]福岡市) — 本拠地は福岡県福岡市の福岡ヤフオク!ドーム。勝利試合は花火のあと、屋根が開くが、晴天時のみ。かつては開けたまま試合をしていた。レプリカユニフォームを着て応援する人が多い。外野では「メガホンダンス」と呼ばれる、ダンスのようにメガホンを動かす応援が有名。振り付けのビデオも出ている。ホームは1塁側で、ビジターは3塁側である。  所在  地下鉄唐人町駅下車徒歩15分  WEB  [12]
  • 北海道宮城県千葉県埼玉県愛知県広島県福岡県 -- 球団の本拠地を持ち、なおかつ当該地域には1球団のみのため、特にファンが熱狂的である。まちづくりやマスコミ報道などにも影響しているため、これらを観察するのも楽しい。

韓国[編集]

台湾[編集]

中国(大陸)[編集]

アメリカ[編集]

プロ野球キャンプ[編集]

合宿練習のこと。シーズン終了の11月に秋季キャンプもあるが、主に2月に行われる春季キャンプが有名。

練習は、サインや球種など秘密にするもの以外は、ファンが見ることができるように練習場が開放されている。

南国で行うため、地元には経済効果があるとして重要視される。

キャンプ地まで遠征して練習試合を応援したりサインをもらうなども楽しい。

アメリカ[編集]

宮崎県[編集]

  • 福岡ソフトバンクホークス - 宮崎市生目の森運動公園(宮崎県宮崎市
  • 広島東洋カープ- 日南市天福球場(宮崎県日南市
  • 埼玉西武ライオンズ - 南郷スタジアム(宮崎県日南市)
  • 読売ジャイアンツ - 宮崎市総合運動公園(宮崎県宮崎市)

沖縄県[編集]

  • 中日ドラゴンズ - 北谷公園野球場(北谷町
  • 東京ヤクルトスワローズ - 浦添市民球場(浦添市
  • 横浜DeNAベイスターズ - 宜野湾市立野球場(宜野湾市
  • 阪神タイガース - 宜野座村営野球場(宜野座村
  • 北海道日本ハムファイターズ - 名護市営球場(名護市
  • オリックス・バファローズ ― 宮古島市民球場(宮古島市
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス - 第1次:久米島町・久米島野球場、第2次:金武町・金武町ベースボールスタジアム
  • 千葉ロッテマリーンズ - 石垣市営球場(石垣市
  • 広島東洋カープ(第2次) - 沖縄市・コザしんきんスタジアム(沖縄市
  • 読売ジャイアンツ(第2次) - 沖縄セルラースタジアム那覇(那覇市

高知県[編集]

  • オリックス・バファローズ(第2次) - 高知市東部総合運動場野球場(高知市

ファーム(練習場)[編集]

  • 北海道日本ハムファイターズ - ファイターズスタジアム(鎌ヶ谷市
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス - 楽天イーグルス利府球場(利府町)/楽天イーグルス利府グラウンド(仙台市/泉区
  • 千葉ロッテマリーンズ - ロッテ浦和球場(さいたま市/南区
  • 埼玉西武ライオンズ - 西武第二球場(所沢市
  • 読売ジャイアンツ - 読売ジャイアンツ球場(川崎市/多摩区
  • 東京ヤクルトスワローズ - ヤクルト戸田球場(戸田市
  • 横浜DeNAベイスターズ - 横須賀スタジアム(横須賀市
  • 中日ドラゴンズ - ナゴヤ球場(名古屋市/中川区
  • 阪神タイガース - 阪神鳴尾浜球場(西宮市
  • オリックス・バファローズ - 舞洲スポーツアイランド(大阪市/此花区
  • 広島東洋カープ - 広島東洋カープ由宇練習場(岩国市
  • 福岡ソフトバンクホークス - HAWKSベースボールパーク筑後(筑後市

用意する[編集]

野球観戦チケット。
  • チケット — これがないと入場できない。当日空席があれば球場でも購入できるが、券種やカードによっては完売してしまう場合もある。観戦を希望する場合は前売り券を購入しておくのが安全である。チケットの購入は、球場のチケットセンターで購入出来るほか、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなどのコンビニ、プレイガイドや駅の窓口などで購入できる場合もある。球場入口等で「チケットあるよー」等と声をかけているダフ屋等もいるが、ダフ屋行為は違法ではある上に、ダフ屋からチケットを購入すること自体も迷惑防止条例等で禁止されている事もある。ダフ屋からのチケット購入が処罰の対象となりうることもあるので注意が必要である。ただし都道府県公安委員会から認可された古物商であるチケットショップの利用は基本的に問題ない。しかしネットオークションは取引額や方法によってはダフ屋とみなされる例もある。主なチケット購入窓口は以下の通り。
    • コンビニエンスストア
      • ファミリーマート — 店内に設置されているFamiポートを操作して購入する。  時間  発売初日 10:00~、翌日以降 24時間。
      • ローソン — ローソン店舗に設置されているloppiを操作して購入する。  時間  発売初日 10:00~、翌日以降 24時間。
      • セブン-イレブン — 店内に設置されているマルチコピー機を操作して購入する。  時間  発売初日 10:00~、翌日以降 24時間。
    • プレイガイド・その他
      • チケットぴあ
      • JR西日本の駅「みどりの窓口」 — マツダスタジアムのカープ戦
      • JTB — 窓口で購入出来るほか、ネットで予約しコンビニで受け取る様な方法も可能。
    • インターネット
      • チケットぴあ — 事前会員登録が必要。  WEB  [13]
      • イープラスチケット — 事前会員登録が必要。  WEB  [14]
      • CNプレイガイド — 事前会員登録が必要。  WEB  [15]
      • ローソンチケット — 事前会員登録が必要。  WEB  [16]
      • チケットJCB — JCB会員のみ利用可能。  WEB  [17]

悪天候の際などは中止になるが、そのときは指定された場所で払い戻し(招待券など払い戻せないものもある)。

  • 飲み物 — 屋外球場の場合、周りに日光を遮るものがない事が多いので熱射病対策は万全に行いたい。球場内で飲み物の販売は行われているが、ビールばかりでソフトドリンク等の販売は少ない。アルコール類が飲めない、アレルギーなどがある等の場合は、事前に用意しておくことをお勧めする。ただし、多くの球場ではビン・カン類は持ち込みが規制されているので、持ち込み可能な容器等を事前に調査してから持参しよう。
  • 雨具(屋外球場での場合) — 野球の場合、試合途中の多少の降雨では試合が中止になることは少ない。また、大雨の場合でも、雨が弱くなるまで中断し、弱まったところで再開となることも多い。天候がすぐれない場合は雨具は必携である。雨合羽、手荷物が濡れないように使用する大きなビニール袋を用意すると良い。球場で用意される席は狭い為、傘をさすと近隣の人とぶつかりお互いに気まずい思いをすることが多い上に、傘で視界が悪くなるため、肝心な試合が見えなくなってしまうので注意が必要である。

あると便利なもの・旅のヒント[編集]

  • 応援グッズ — 球場などで販売されている。球団によって様々なものがあり、贔屓チームの応援方法を参考に選ぶとよい。
  • 応援ボード — ダンボールや団扇などに紙を張り、観客席から選手やチームにメッセージを送ることが出来る。大きさや内容については球団に問い合わせのこと。
  • 選手名鑑 — 選手や監督などのデータを知るために便利である。数種類販売されているが、基本的にはどれを選んでも問題ない。
  • ラジオ・ワンセグ携帯電話・スマートフォン — 放送を参考にすることで細かいデータを知ることが出来る。球場によっては、場内にいる観客向けにFM放送などを行っている場所もある。
  • スポーツ新聞 — 選手の調子やコメントが参考になる。読んだ後はしりに敷いたりゴミを包んだりするのにも使える。
  • 応援歌歌詞カード — 多くの球団の応援団が選手ごとに応援歌を作っている。慣れてくればリズムを聴いただけで歌えるようにもなるが、最初のうちは歌詞を書いた紙を持って行くと便利である。各球団の応援団がインターネット等で歌詞等を公開している事が多いので、それらを印刷して持参しよう。
  • クッションシート — プラスチック製の椅子に座った際の痛み防止にもなる。クッションシートのずれを防ぐ為に、両面テープを椅子に貼り付けて固定する方法もある。また、開場待ちの際地面に座る時にも重宝する。欠点は嵩張るところか。
  • 帰りの切符または交通系ICカード — 行きは分散が効いていてそれほど混まないが、試合終了後は一斉に駅改札や切符売り場へと向かう。結果として時間がかかってしまうため、帰りの切符確保や鉄道系ICカードを予め入金をしておいた方が良い。但し、切符や交通系ICカードの紛失に注意。
  • チケットホルダー — 入口と観客席の間にその観客席の客かどうかを確かめる係員のいる球場がある。予めチケットホルダーにチケットを入れておくことで、弁当やビールなどで両手がふさがっているときでも確認して貰えるので便利である。また、上記の「帰りのきっぷ」を入れておくことも出来、紛失防止にもなるだろう。
  • 帽子 — 特に野外球場観戦には重宝する。特に贔屓の球団がないという場合は、スポーツブランドの帽子を被る、という手もある。但し、向かい風には注意。
  • 小さめのポリ袋 — ゴミ袋として使える。コンビニでもらうよりも、家にて余っているポリ袋をいくつか持参したほうが石油節約にもなるのでお薦めだ。
  • ウエットティッシュ — 手を拭きたいときとか、飲み物を衣服にこぼした際などに重宝する。また、座席を拭く際にも使える。
  • 大きなビニール袋 — 試合が白熱化すると、上段の席からビールなど液体がこぼれてくることがある。荷物をビニール袋に入れておくと保護になる。

街歩き[編集]

  • 地域密着の球団の観戦では、ただ新幹線や飛行機で着いて球場に直行し、そのまま帰るのはもったいない。球場周辺には観戦客に特化したコンビニ、地元球団にこだわる個人経営の料理店、勝敗とともに盛り上がる、盛り場の居酒屋などがある。調べておくと面白い。一部は元野球選手の経営で、野球にこだわった経営で、メニューに工夫がある例が多い。

安全のために気を付けること[編集]

  • 観客席にファウルやホームランのボールが入ることがあるが、ボールが当たると失明や骨折など危険である。常にボールが飛ぶ方向に気をつけること。選手の手が滑ってバットが飛び込むこともある。
  • 特定の座席ではヘルメット着用を義務づけているため、面倒でも着用することが望ましい。因みに、ボールが当たったことで医療行為が行われたことにに対する保険は、国民健康保険や厚生保険しかないのが実情である。裁判で補償命令が出されたが、基本的には球場側からの補償は出されない、と思ってよい。
  • 相手チームのファンと喧嘩しない。
  • 応援団以外の鳴り物使用は制限があるので注意。
  • 応援するチームが決まっている場合は、指定されたエリアのチケットを必ず確保する事。相手チーム応援エリアでの観戦はトラブルの元である。
  • 夏場は熱中症に注意。屋外球場だけでなく、ドーム(特に蒸し暑いメットライフドーム)でも注意が必要である。アルコール類の飲みすぎは脱水症状のもとであるため、水分補給には注意したい。
  • ナイトゲームの際は終電・終バスの時間に注意しないと取り残されてしまい、タクシーで帰らざるを得なくなるが、タクシーも必ずつかまるとは限らない(試合にあわせて待機するため)最悪の場合は徒歩しかなくなる。
  • ゴミはゴミ箱へ。分別もきちんとすること。相手チームのファンやグラウンドに投げることのないように。
  • ナイトゲーム時に贔屓チームが勝っても騒ぎ過ぎないように。周囲の住民に迷惑になる。

この記事「プロ野球観戦」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。