何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

パンプルムース

提供: ウィキトラベル
アフリカ : 東アフリカ : モーリシャス : パンプルムース
移動先: 案内検索
パンプルムース

Default Banner.jpg

パンプルムース (Pamplemousses) は、モーリシャス北部にある県。行政区画上は県に相当するが、中心となるトリオレット (Triolet) 以外に目立った集落もなく、そのほとんどはサトウキビ畑であるので、ここでは便宜上エリア全体を町として取り扱う。

"パンプルムース"という地名は、かつてオランダ人がジャワから移植した、グレープフルーツに似た柑橘類「パンプルムース」が植えられていたことに由来する。モーリシャスの中で、最も有名な見どころの一つである、パンプルムース植物園や砂糖の博物館、ル・アドベンチュール・ド・スクレがあるが、それ以外は延々と続くサトウキビ畑の中に小さな集落が点在するような所である。


着く[編集]

飛行機で[編集]

車で[編集]

パンプルムースへのもっとも一般的な交通手段の一つ。もともと便がよくない場所なので、多くの旅行者が往復で料金交渉をし、観光スポット見学中は入り口で待っていてもらうという方法を取る。タクシーの方もそれに慣れているので、行き先を告げるとまず往復か片道かを聞いてくるし(その上でパンプルムースがいかに不便なところで、往復にした方が絶対におすすめであることを滔々と説明してくれる)料金にしても、それほど法外な値段を請求してくるわけでもない。むしろ帰りの足を求めてタクシーを探した方が、相手が強気で出てくるので料金が跳ね上がる。

バスで[編集]

パンプルムースはポートルイスグラン・ベ間を走るバスの路線上に位置しているため、両地区からそれぞれバスが利用できる。ただしバスは1時間に約1本の割合とあまり便がよくない上、夕方の帰宅時などはポートルイスからの乗客で満員となっており、停車してくれない場合もあるので注意が必要(グラン・ベからのバスについては、比較的早い時間で便がなくなる)。

バス停はラヴァンチュール・ドゥ・シュークル (L' Aventure du Sucre) の近くにあるので、植物園に行きたい場合は、そこからグラン・ベの方向へ5~10分ほど戻る必要がある。なお、帰りのバスに乗り遅れた場合は、植物園の入り口付近に客待ちをしているタクシーの運転手や、やはり植物園の入り口付近にいる植物園のガイドにタクシーの手配を頼むとよい(タクシーの運転手のほとんどは、植物園に連れてきた観光客の帰りを待っているので彼ら自身が応じてくれるわけではないが、仲間の運転手と携帯などで連絡を取ってくれることが多い。ただしそのようにして呼んだタクシーは相手が強気に出るので料金が高めになる)。

船で[編集]

動く[編集]

バスで[編集]

足で[編集]

パンプルムース内の主要な見どころである植物園と砂糖の博物館「ラバンチュール・ド・シュクール」はお互い歩いて行ける距離にある。所要時間は10分ほど。一旦ハイウェイM2に出た後、植物園からはポートルイス方面、ラバンチュール・ド・シュクールからはグラン・ベ方面へ、それぞれハイウェイ沿いを歩いて行くとわかりやすい。

観る[編集]

パンプルムース植物園 (Sir Seewoosagur Ramgoolam Botanical Gardens)  
モーリシャス国内の最も有名な観光施設のひとつであり、園内ではアマゾンのオニバスをはじめ、亜熱帯地方の様々な珍しい植物を鑑賞することができる。公園入り口付近の休憩所には数人の公営ガイドが待機しており、ガイドツアー (英語・仏語) を頼むことができる。ガイドがいなくても園内をまわることはできるが、ガイドは園内を効率よく案内してくれる上、各自で回ったのでは見落としてしまうような珍しい植物を多数案内してくれるので、おすすめである。料金は1回Rs50で、ガイド終了後に支払うしくみ。植物園は島北西部の、周りじゅうサトウキビ畑に囲まれたところにあり、交通の便があまりよくないので、帰りのタクシーを待たせておくとよい。グラン・ベポートルイス間を1時間に1本程走っているバスを利用して行くことも可能。
 所在  パンプルムースの国道沿い  電話  ?  WEB  [?]
 開場時間  8:30~17:30  料金  無料
パンプルムース植物園


ラヴァンチュール・ドゥ・シュークル (L' Aventure du Sucre)  
モーリシャスの主要産業の一つである砂糖やモーリシャスの歴史に関する文物を集めた博物館で、かつての砂糖工場をそのまま博物館に改装している。広大な館内には、実際に使われていた巨大なサトウキビ圧搾機がデモで動いており、また、サトウキビの積出港を再現したセットがあるなど、さながら砂糖のテーマパークといった造りになっている。庭園にはお洒落なレストラン"Le Fangourin"があり、モーリシャス料理や西洋料理が楽しめる。
 所在  Beau Plan Pamplemousses  電話  (+230) 243-0660  WEB  [1]
 開場時間  9:00~17:00  料金  Rs350
ラヴァンチュール・ドゥ・シュークル

遊ぶ[編集]

買う[編集]

食べる[編集]

安食堂[編集]

中級[編集]

Le Fangourin  
ラヴァンチュール・ドゥ・シュークルの敷地内にあるレストラン。建物は小ぢんまりとしているが、大きく張り出したキャノピーがあり、その下でブーゲンビリアの咲くきれいな庭を見ながら食事を楽しむことができる。おそらくこの界隈でまともな食事ができる数少ない場所のひとつ。ラヴァンチュール・ドゥ・シュークルの入場ゲート手前にあるので、博物館を観なくても、レストランのみの利用が可能。料理の味がよく、ボリュームが多い割に値段はそこそこリーズナブル。やはり砂糖へのこだわりがあるのか、コーヒーを頼むと4種類の砂糖が付いてくる。
 所在  Beau Plan Pamplemousses  電話  (+230) 243-0660  WEB  [-]
 営業時間  9:00~17:00、クリスマスと年末年始休み  予算  Rs350前後
Le Fangourin

高級[編集]

飲む[編集]

泊まる[編集]

パンプルムース内の2大観光施設である植物園とラヴァンチュール・ドゥ・シュクールの周りには目ぼしい宿が一軒もない。トリオレットに出れば何がしかの宿があるかもしれないが、もともとリゾート地でもなく、目だった集落もないので、宿泊施設に関する限りあまり期待できない。もともとグラン・ベから近いし、ポートルイスに出るのも簡単な場所なので、他のリゾート地や都市部に宿を取って、パンプルムースを訪れる方が現実的。

安宿[編集]

中級[編集]

高級[編集]

出かける[編集]

外部リンク[編集]

Create category

この記事「パンプルムース」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。