何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

ハルビン

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
ハルビン

Default Banner.jpg

孔子廟

ハルビン(哈爾浜、哈尔滨; Hā'ěrbīn)は中国東北部黒龍江省の省都である。日本人にとっては、初代内閣総理大臣をはじめとする明治政府の重要な役職に就いた伊藤博文が安重根によって暗殺された土地としても知られている。


分かる[編集]

概要[編集]

中国のはずれにあるが、歴史は比較的古く、12世紀に女真族が金を建国しその都となった。(のちに都は今の北京へと遷った。) 近代以降は初代シベリア鉄道である東清鉄道の経由地・鉄道付属地としてロシアの治外法権で発展し、満州国時代を経て現在に至る。ロシア風の建物も多い。

気候[編集]

ハルピンの平均気温と降水量
 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月年 間
平均気温 (℃)-18.6-14.6-3.86.814.420.122.821.014.55.5-5.2-14.84.0
降水量 (mm)3.36.49.219.439.484.1148.6117.561.423.18.05.2525.6
データ出典

着く[編集]

飛行機で[編集]

ハルビン太平空港が市街地から西へバスで1時間程度の場所にある。

中国各都市への国内線が充実しており乗継が便利な反面、大阪(関西国際空港)からの直行便が週2便、新潟からの直行便が週4便ある。(2007年11月現在)。2017年には成田⇔ハルビン間の春秋航空が就航した。乗客のほとんどは日本への中国人観光客である。

国際線ターミナルは地方のバスターミナルレベルの施設で非常に狭く、サービスは両替所とATMのみである。ラウンジや免税店も期待しない方が良い。2017年現在新国際線ターミナルを建設中である。

空港からは機場バス(20元)があり、市街へはこれが便利。タクシーは120~150元くらい(高速代等込)。まれに改造メーターや料金交渉等があるため、心配な場合は運転手評価制のアプリ滴滴(DiDi)でタクシーを配車することが良い。

列車で[編集]

発着地別に、ハルビン駅(市街地)とハルビン西駅の2ヶ所がある為注意が必要。ハルビン西駅は市街地までタクシーで30元程度。 黒龍江省における鉄道の中心となっており、高速鉄道が利用できる。北京満洲里牡丹江ジャムス黒河等の東西南北の各方面から列車が発着している。

ハルビン駅前には、冬季の寒冷な気候を考慮して、地下街が広がっている。(ハルピン名物の「紅腸」は、ここで買える。)

中国では、始発駅以外での寝台券の個人購入がなかなか難しい。ハルピン駅は、各方面への始発駅となっており、寝台券の購入が容易にできる。切符売り場は1階だが、混雑するので早めの到着が望ましい。

ハルビン駅南口(伊藤博文暗殺現場ホームを含む)は2017年現在、改装中のため北口の利用が必要。

車で[編集]

バスで[編集]

鉄道駅(ハルピン駅)の南に位置する、南崗バスターミナルに到着する。なお、到着時、近隣の路上で降車させられることがある。

動く[編集]

足で[編集]

築100年を超えたロシア建築が集中する中央大街は、全長1.5km程。徒歩で十分に観光できる。 周辺には聖ソフィア大聖堂やスターリン広場も見る事ができる。

自転車で[編集]

ハルビン市街地には下記のシェアリング自転車が設置されているものの、他の都市と比較し数は少ない。また、いずれも登録には中国の公民証が必要な為、現地人の協力がないと利用が難しい。市街地は天候さえ許せば自転車での観光に最適な広さである。 的拜(2017年6月設置)、小白(2017年7月設置)、橙风(2017年8月設置) 日本でもサービスを行っているMobikeやofoはサービス地域外である。

観る[編集]

遊ぶ[編集]

中央大街  
 所在    電話    WEB  
 営業時間    料金  

ハルビン国際氷祭り[編集]

ハルビンを代表する大イベント。期間中は街中にも氷でできたランタンなどが見られる。祭りのメイン会場は3箇所ある。毎年1月5日から暖かくなるまで(正確な日程は毎年異なる。

太陽島国際雪の彫刻芸術博覧会(太阳岛国际雪雕艺术博览会; Tàiyángdǎo guójì xuědiāoyìshù bólǎnhuì)  
 所在  太陽島、川の北側  電話    WEB  
 営業時間  8:00~17:00  料金  150元(学生75元)


氷雪大世界(冰雪大世界; bīngxuě dàshìjiè)  
Large buildings and sculptures made of ice. Best viewed after sunset.
 所在  太陽島の西部、川の北側  電話    WEB  
 営業時間  9:00~21:30  料金  330元(学生150元)


兆麟公園(冰雪游园会, 兆麟公园; Bīngxuě yóuyuánhuì, Zhàolíngōngyuán)  
毎年変わるテーマで(2010年はディズニーキャラクター)氷と雪の彫刻が作られる。暗くなってからがオススメ。
 所在  川の南側、街の中央に位置する兆麟公園にて  電話    WEB  
 営業時間  9:30~21:30  料金  150元

買う[編集]

通貨・両替・電子マネー[編集]

市内各所に海外クレジットカード対応のATMが設置されており、キャッシング機能が利用できる。 両替は各銀行で行う事となるが、手続に時間がかかる。 AlipayやWeChat Pay等の電子マネーが普及しており、コンビニ・スーパー・食堂・タクシー・露店を含め、ほぼ全ての場所においてQRコード決済が利用できる。 銀聯カード以外のVISAやMaster等のクレジットカードは基本的に利用不可。

中国のみならず、マトリューシカ等ロシアの土産店も多く存在する。 高級店は路面店に、庶民的な店は地下街に多く点在する。 食品や日用品のお土産はウォルマートが安い。輸入品の購入はMYKAL地下に富裕層向け高級スーパーマーケットがある。

食べる[編集]

中央大街にはロシア料理店も数多く存在する。 餃子の本場として知られており、東方餃子房等の餃子店がある。 ショッピングセンターのフードコートは一人でも比較的入りやすい。 ハルビン名物のソーセージ「紅腸」や、羊肉の串焼き等は屋台で購入ができる。

安食堂[編集]

中央大街には、生ビールやおつまみになりそうな軽食がとれる屋台がある。

中級[編集]

高級[編集]

飲む[編集]

中国初のビール、ハルビンビールの生産地として知られており、市内各地で飲むことが出来る。郊外にはハルビンビール工場もあり、見学が可能。 夏はハルビンビール祭が開催される。

泊まる[編集]

安価で清潔なホテルであれば、イビスホテル(聖ソフィア大聖堂前)が3,000~5,000円程度。 5,000~10,000円クラスであれば、モデルンホテルをはじめとした築100年のクラシックホテルに宿泊することも可能。 10,000円以上の高級ホテルで、先進国レベルのサービスを受けるのであればシャングリ・ラホテル等が相当する。いずれもCtrip等で予約ができる。

安宿[編集]

中級[編集]

高級[編集]

出かける[編集]

  • 長春 (新京) — 旧満州国の首都。ハルビン西駅から高速鉄道で1時間程度。


Wikitravel Shared Logo ハルビンに関連する画像がウィキトラベル・シェアードにあります。

この記事「ハルビン」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。