何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索

Default Banner.jpg

伝統様式の家屋

(Haa)は、西部ブータンハ県にある町。


分かる[編集]

中心となる町(集落)とともに、その周辺の地域を含むゾンカク(県)全体を指す。従って、正確にはハ県の中にハという町があるわけではない(両者は未分化)が、ここでは便宜上ハ県の中心部となる街を独立した町として扱う。

着く[編集]

飛行機で[編集]

列車で[編集]

車で[編集]

バスで[編集]

船で[編集]

動く[編集]

列車で[編集]

バスで[編集]

足で[編集]

観る[編集]

ラカン・カルポ (Lhakhan Karpo)  
「白い寺」を意味する寺院。7世紀にチベットの王、ソンセン・ゲンポ(Songsen Gaempo)によって建立されたと伝えられている由緒のある寺院。屋根がトタン葺きだったりといったように、近年になってから修復されたような形跡が所々あるが、寺院全体に古刹の雰囲気が漂っている。寺院自体が他の地域にあるゾンの僧院と同じような、地区内の仏教界を統率する機能を果たしており、この寺でハの地区内のツェチュ(祭礼)が執り行われる。
 所在  チェレ・ラからハ・ゾンに行く途中、ゾンから1kmほど手前のところ。  電話  -  WEB  
 開場時間  ?  料金  -
ラカン・カルポ


ラカン・ナクポ (Lakhan Nagpo)  
ラカン・カルポの脇にある山道を10分程登ったところにある、「黒い寺」を意味する寺院。ラカン・カルポの分院のような位置づけになっており、こちらの方がはるかに小さい。この寺もやはり7世紀にソンセン・ゲンポによって建立されたと伝えられている。
 所在  所在  電話    WEB  
 開場時間  ?  料金  -
ラカン・ナクポ

遊ぶ[編集]

買う[編集]

食べる[編集]

安食堂[編集]

中級[編集]

ラユール (Lhayul)  
ハの集落内では数少ない、外国人観光客向けのホテル「ラユール」の2階にあるレストランで、観光先にハを選んだ際、ほとんどの場合ここが食事先として指定されると思われる。出されるのはブータンの伝統料理だが、一部外国人観光客を意識したメニューを取り入れたり、外国人観光客向けの味付けとなっているため、とても食べやすい。
 所在  メインストリート沿い  電話  (+975-8)-  WEB  
 営業時間    予算  

高級[編集]

飲む[編集]

泊まる[編集]

安宿[編集]

中級[編集]

高級[編集]

出かける[編集]

  • チェレ・ラ
    チェレ・ラ (Chele La) — パロとハの間にある峠(La、ラ)。パロからハに行くルートとして、峠越えと山を迂回するルートの2つがあるが、チェレ・ラは峠越えの際の最高地点で標高3,780mに位置する。峠の周辺には、屋根付きの休憩スペースやマニ車、小ぶりなチョルテン(仏塔)があり、周辺がダルシン(チベット仏教の祈りの旗)で飾られている。ブータン旅行では峠越え自体が観光の目玉のひとつのようなものであり、パロからハへのエクスカーションの際には行きか帰りのいずれかにほぼこのルートを利用する。


この記事「」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。