何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

トーク:死海とその周辺地域

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索

これは水モノ記事ではないんでしょうか?--Shirakawa-yobune 2007年9月4日 21:13 (JST)

旅行先としての死海のことは良く知りませんが、例え一般的に旅行者にとって良く知られていたとしても、ウィキトラベルの記事の名前にとしてはあまり良くないのではないかと思います。その理由は、似たような旅行先の記事を新規作成する際に、記事名の付け方で何がOKで何がNGなのかの判断基準が明確でないと混乱の原因になる可能性があるからです。特に、今後新しく参加される人が「Wikitravel:水モノ情報を記事で取り上げるには」を考慮すべきものかどうか迷ってしまったり、「死海」の記事の存在を理由に無視しても構わないと考えてしまうことも有り得ます。英語版にはen:Dead Seaという記事が存在しており、なぜ全く問題にならなかったのか私には理解できませんが、日本語版では次のような対応を行おうと思います。
1. 現時点では死海の情報を載せるべき地方或いは市町村の記事が分かりませんので、Template:コラムを利用してイスラエルヨルダンの両方に情報を載せる。
2. この記事「死海」には死海の簡単な説明とイスラエル、ヨルダン、英語版、ウィキペデアへのリンクを掲載し、{{aimai}}を貼り付けて曖昧さ回避のページにする。
いかがでしょうか? -- Tatata 2007年9月5日 01:22 (JST)
そうですね。それがいいのではないかと思います。--Shirakawa-yobune 2007年9月5日 21:04 (JST)

確かにWikitravel:水モノ情報を記事で取り上げるにはのルールに従えば、「死海」の取扱いについて上のような議論が出てきてもおかしくありませんね。ただ、ここの記事で取り上げようとしている「死海」というのは、単なる湖のことではなく、言ってみれば「死海地方」のことを指すのだろうと思います。「死海地方」という名称が一般に存在するかのは知りませんが (また、だからこそ日本語で慣用的な「死海」としたのでしょうが) 、イスラエルとヨルダンの国境地帯に沿って死海とその周辺のエリアというものが存在し、そこへの行き方 (「着く」) であるとか観光・滞在関連の情報 (「観る」「食べる」「泊まる」など) 、死海での浮遊体験 (「遊ぶ」) 、アトピー性皮膚炎の治療などに死海を利用するための情報やそのために長期滞在をする場合の関連情報 (「暮らす」など) 、また、国境を越えて対岸に行く場合の情報 (「出かける」) などといったものが「死海」という名称の記事の下で、きちんとウィキトラベルのポリシーにかなった記事としての体裁を整えることができるからです (英語版の記事もざっと読む限りではこのような趣旨かと思います) 。

Wikitravel:水モノ情報を記事で取り上げるにはの趣旨は、例えば「利根川」という記事を立ち上げても、記事としての発展が望めないので、それぞれのエリアの中で「利根川」の情報を取り上げましょうね (また、長江の川下りのように、それだけで旅行プランの記事ができるような「水モノ」であればそのような取り上げ方をしましょうね) 、ということでしょうから、死海についてはとりあえずこのまま残置しておいていいと思います。もし、他の記事の名称と比較してすわりが悪いようであれば、記事名を「死海地方」とでもして、「死海」にリダイレクトを貼るといった扱いにしたらいかがでしょうか?--Shoestring 2007年9月8日 20:48 (JST)

私がここに来て半年が過ぎましたが、自分が覚えているだけでもこの記事以外に5件の水モノ記事を見ました。そして、そのうち1件は削除、3件が移動されました(残りの1件は自分のToDoに入れたままになっていますが...)。英語版(もしかしたら日本語版かも知れません)で水モノ記事の作成者に対して注意を行う際に「あなたはそこで寝ることができるか考えてみてください」みたいなコメントを読んだ記憶がありますが、死海では体が沈まないから記事が残っている訳ではなく、記事名が一定の地域を示しているから残っているのは理解できます。しかし、それは例えば既に削除された「太平洋」や例に挙げて頂いた「利根川」などを除けば普通はどの水モノ記事も一緒のことなので、「Wikitravel:水モノ情報を記事で取り上げるには」との関係に疑問が出た場合は、そのこと以上に明確で分かりやすい理由(行政区画名や地名・地方名など)が存在しないのであれば、今後のことを考えると私はそのまま放置しないほうが良いと思います。一般的に通用するのであれば「死海地方」でも構いませんけど、どうなんでしょう? 
それから、ちょっと話がそれてしまうかも知れませんが、記事としての発展が望めるかどうかをガイドラインの例外の理由とするのは判断基準としてはあまり明確ではありませんし、記事が発展するには通常はそれなりの時間が必要ですからOKなのかNGなのか曖昧な状態なままとなり、その間も他の新規記事に影響(波及)します。例えば、レンタサイクルのリストも新規作成から1年以上経過しましたが、それなりに発展したとも言えますし、半分以上の道府県に情報が無いことから発展しなかったとも言えますので、判断基準としては運用が難しいのではないかと思います。一定程度の期間も経過したことですし、一事不再理のようなルールも無かったと思うので、試しにWikitravel:削除依頼でShoestringさんが書かれた見直しを提案してみようかとも、少し思い始めました。 -- Tatata 2007年9月9日 06:31 (JST)
検索エンジンを使って「死海地方」「死海とその周辺 (地域)」を検索してみたところ、後者の方が圧倒的にヒット件数が多かったので、とりあえず記事名を「死海とその周辺地域」に変更してみました。例えばハンガリーのバラトン湖とその周辺地域のように、今後類似の記事が出てくる可能性もあるので、さしあたりこのような形でルール化してはいかがでしょうか?他のガイドブック (例えば「~の歩き方」のような) にも、確かこのような形での見出しを使っているようなものがあったようにも記憶していますし。--Shoestring 2007年9月9日 15:29 (JST)
お手数をお掛けしました。ありがとうございます。 -- Tatata 2007年9月9日 15:40 (JST)