何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

トーク:スウェーデン

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索

スウェーデンの食べ物 スモーガスボードにミートボール ーーーーーーーーーーーーーーーー スウェーデンをはじめとする北欧諸国の料理といえば、スモーガスボードと呼ばれるバイキング料理が日本ではよく知られていますが、スウェーデンでは、チェットブラーと呼ばれるミートボールもポピュラーです。

これは、クリスマスに欠かせない一品で、あちらでは日常的もよく食べられるそう。ゆでたじゃがいもとリンゴンベリー(こけもも)やりんごジャムと一緒に食すのが、スウェーデン式。

また、ヤンソンの誘惑 =ヤンソンズ・フレステルセ Janssons Frestelse(レシピ)という悩ましげなネーミングの料理も、スウェーデンの冬の家庭料理の定番として有名。じゃがいもとアンチョビにクリームをかけて焼いたオーブン料理で、厳格な菜食主義の宗教家もこの料理のおいしさに負けて食べてしまったという逸話があるそうです。

ほかに、8月の「ざりがに祭り」(ざりがに帽を被り、ハーブのデイルと一緒に茹でたざりがにを食べるお祭り。アクアヴィット=スウェーデンのウォッカも欠かせない)で食べるざりがに、発酵したバルト海ニシンの缶詰"スーシトレンミング"(とても臭いので有名)、また、素朴なスウェーデン風ライ麦パンやクネッケなども、忘れてはならないスウェーデンの食べ物です。


スウェーデン料理!


スウェーデンって、バイキング料理の国ではないかと言う人が少なくないかもしれません。でも、実は「バイキング料理」とは日本だけでの言葉なんですよ!ある説によると、昔東京にあったレストランの名前は「バイキング」なので、バイキング式と名づけられたそうです。しかしスウェーデン語と英語で「Smorgasbord」、つまり「サンドウィチのテーブル」といいます。様々な食べ物から自由に好きなだけをとって、食べ放題という意味です。「バイキング」というのは1000年前の北欧の海賊だから、必ずしも料理と関係あるとはかぎりません・・・ スウェーデンの本当のスモーガスボードには魚、肉、パン、サラダなどの色々なおいしい料理がずらりと並んでいます。スウェーデン料理とはニシンの酢漬け(50種類もあり)、しゃけ、スモークサーモン、肉だんご、うなぎ、ポテト、固いパン(・#65323;naeckebroed・#65289;、大鹿(英語でMooseという)、となかい、等など。いつかスウェーデンに来たら、是非お試しください?


8月19日はスーシトレンミングの初日です。スーシトレンミングとは発酵させたバルト海ニシン(日本のクサヤに似ているといわれる)で、 特に北スウェーデンの人の好物です。伝統的な食べ方は、スーシトレンミングを赤玉ねぎやゆでじゃが芋などと一緒にテュンブレー(薄いパンの種類)にのせて食べます。缶詰を開けるときに、かなりの臭いがするので必ず水の中に開けた方がまし・・・

122.16.72.251氏の手による以上の記述については、仮に記事として採用するのであれば、表現や体裁の修正など、大幅な書き直しが必要です。--Shoestring 2009年8月19日 23:00 (JST)