何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

トラベルニュース/2012年

提供: ウィキトラベル
トラベルニュース : 2012年
移動先: 案内検索
トラベルニュース/2012年

Default Banner.jpg

12月[編集]

国内最大規模の「鉄博」が2016年春京都に開業
   日付  2012年12月20日  情報源  毎日新聞

JR西日本が京都市京都市/下京区の梅小路公園内に、国内最大規模の鉄道博物館を建設する計画が発表された。旧国鉄時代に開業し、蒸気機関車を動態保存していることでも知られる梅小路蒸気機関車館に隣接する形で、地上3階建て、延べ床面積18,800㎡の展示スペースを建設し、両施設を一体的に運営する。展示スペースでは、かつて特急「雷鳥」や寝台特急「月光」などに使用された往年の車両などを間近に見ることができるほか、京都駅から線路を引き込み、現役車両を展示するなど、鉄道ファンをはじめとする見学者を楽しませてくれるような、いろいろな仕掛けが盛り込まれるとのこと。年間80万人程度の見学者を見込んでいるとのことで、完成すれば、関西の新たな観光拠点の一つとして、間違いなく人気のスポットとなるであろう。

岩国空港開港
   日付  2012年12月13日  情報源  時事通信

岩国空港が13日開港した。当面、全日空が羽田空港との間を1日4便運航する。青森県の三沢空港同様、米軍(岩国基地)の滑走路を利用する軍民共用型の空港であり、米軍との共用形態を取る空港は国内で2例目。もともと岩国基地には1964年まで民間の定期航路があったことから、今回は48年ぶりの民間定期航路の再開となる。岩国は、県内はもとより大竹市廿日市市広島市などからも比較的近く、かつ便もいいので、広島方面からの利用者も見込めそうだ。

鉄道各社のIC乗車カードが相互利用可能に
   日付  2012年12月10日  情報源  共同通信ほか

JRや私鉄各社が発行するIC乗車カードの相互利用が2013年春から可能になる見込みとなった。JR各社や首都圏、中部、関西、福岡など日本各地の大手私鉄など11鉄道事業者が、それぞれが発行する10種類のIC乗車カードの相互利用を同時に始めるもので、これにより、以後相互利用が可能となるカードのいずれか1枚を持てば、全国の鉄道事業者51社、バス事業者98社の計149事業者で、IC乗車カードでの交通機関の利用が可能となる。来春からの相互利用開始により、出張やレジャーなど、ちょっとした旅行の際にもIC乗車カードを使う機会が確実に増え、その利便性も飛躍的に向上することになろう。

11月[編集]

全日空国内便10万人分の座席指定データが消滅
   日付  2012年11月28日  情報源  朝日新聞デジタル

全日空国内便の来年2月分の座席指定が全て無効となる事態となっている。会社側がシステムの設定を誤ったためで、この時期の国内便予約客約10万6千人分の座席指定データが消滅したとのこと。26日18:00までに予約が入った来年2月搭乗分の国内便座席指定データが全て失われており、そのほとんどが早期の予約割引やパックツアー分の旅客の分のデータとのこと。予約自体は確保されているので、飛行機に乗れないということはないものの、失われた分の座席指定データについては、予約を入れた旅客が全て一から入れ直す必要がある。新たな座席指定については、HPか特設電話(0120-029-661)で受け付けるとのこと。11月26日までに2月搭乗分の全日空国内便に予約を入れている人で、座席指定をした人は、各自チェックをした方がよい。

廃止予定のJR江差線で利用客が急増
   日付  2012年11月11日  情報源  毎日新聞

JR北海道は利用客低迷の為、2014年頃を目途に廃止する方針を自治体に通知し、沿線の木古内上ノ国江差の3町は廃止を了承する方針だが、廃止する方針が決まってから2ヶ月経過したところ、江差線の利用客が急増するようになった。普段、1両編成の車両に乗客が数人しかいない状態であった為、江差線廃止の方針が出たのだが、「無くなる前に一度は乗ってみよう」という心理が働いてか、鉄道ファンや旅行者が大勢江差線を訪れるようになったとの事。沿線の撮影スポットでは、アマチュアカメラマンが無くなる鉄道をフレームに収めようとしている光景も見られるという。

N.Y.マラソン中止に
   日付  2012年11月3日  情報源  BBC

毎年20,000人規模の海外からの参加者を集め、47,000人あまりがニューヨークの街中を駆け抜ける世界最大のマラソンイベント、ニューヨークマラソンが大会直前の2日に急きょ中止となった。10月末にアメリカ東海岸を襲った最大級のハリケーン「サンディ」の被害を受けての措置。ブルームバーグ市長は当初大会開催を許可していたが、大きな被害を受けたスタート地点のスタテン島やその他マラソンコース上の一部地区を含め、市内各地で停電が続いたり、水没箇所があるなど依然として災害復旧が進んでおらず、大会開催を決めたことに地元市民から批判が集中していた。その一方で、大会開催2日前の中止ということもあり、海外からは既に多くの参加者がニューヨークに到着していることから、参加者側からも大会直前急きょ中止が発表されたことに対して怒りの声が上がっている。大会を別の日程で開催するかどうかについては未定。

10月[編集]

千葉県館山市でジンベイザメと遊泳
   日付  2012年10月27日  情報源  朝日新聞

千葉県館山市で海のいけすで飼われているジンベイザメと泳ぐことができるツアーが人気を呼んでいる。ジンベイザメは今年7月に館山沖で定置網漁をしていたときにたまたま引っかかってしまったもので、現在は同市の波左間漁協のいけすで飼われている。水温が20度以下になったら外洋に放す予定なので、ツアーは今年11月11日までとなっている。ツアーの詳細は波左間漁協(0470-29-0007)まで。

ウラジオストク市「ビザ免除」検討
   日付  2012年10月27日  情報源  朝日新聞

ロシアの極東地域にあるウラジオストクでは国外からの観光誘致の為、航空便で訪れた外国人に対して滞在ビザの免除制度が検討されている。実現すれば、3日間以内の滞在であればビザが免除されるようになる。ウラジオストクは日本からの直行便で2時間程度で行ける都市で割と近く、隣街アルチョム市ではカジノリゾート建設が始まっており、ビザ免除によって日本人観光客を誘致する目的もあるという。

那覇空港にLCC専用ターミナルがオープン
   日付  2012年10月18日  情報源  産経新聞

那覇空港にLCC専用のターミナルが完成し、18日から供用を開始した。これまでも成田国際空港にLCCの暫定供用施設が整備されるなどの動きがあったが、LCC専用ターミナルとしては今回の那覇空港が国内はじめてとなる。同ターミナルを利用するのは、那覇空港に就航しているピーチ・アビエーションとエア・アジアジャパンの2社。ターミナルは両社の親会社である全日空の貨物施設の一部を改装したもので、コスト削減のため、天井の配線などはむき出しのままで、荷物用のベルトコンベアや飛行機への乗降の際に利用するボーディングブリッジなどの施設を省くなど、通常のターミナルと比べ極めて簡素な造りになっている。なお、成田国際空港についても、2014年度のLCC専用ターミナル開設に向け、現在準備を進めているとのこと。

ANA、ミャンマー直行便を再開
   日付  2012年10月15日  情報源  毎日新聞

全日空は10月15日より成田とミャンマーヤンゴンとを直接結ぶ直行便の運航を約12年ぶりに再開した。使用する機体は小型旅客機「B787-700ER」で座席数は38席、すべてビジネスクラスになる。運航スケジュールは月・水・土の週3往復である。同社は以前に関西~ヤンゴン便を就航していたが、ミャンマーの政情悪化に伴い運休となり、以降、入国するにはタイやシンガポールなど隣国からの乗り継ぎが必要であった。昨年に誕生したテインセイン政権に変わってから政情が安定し、民主化や経済政策によりミャンマーに進出する日本企業が増加し、需要増に伴うものである。

仙台市で「ジョジョガイド」作成
   日付  2012年10月5日  情報源  河北新報

仙台市は同市出身の漫画家「荒木飛呂彦」氏の代表作『ジョジョの奇妙な冒険』にゆかりのあるスポットを紹介するガイドマップを作成した。作中には登場人物の名前や場所など随所に仙台市にまつわる地名が登場する他、作品に登場する架空の町「杜王町」は仙台市をモデルにしているとされている。6日から市内の観光案内所を中心に無料配布される予定であり、同日、東京六本木ヒルズで開催される連載25周年記念原画展「ジョジョ展 in Tokyo」でも配布されることになっている。

『ジョジョの奇妙な冒険』は1987年に週刊少年ジャンプで連載を開始し、途中掲載紙が変わったが現在も長期連載中の漫画である。第1部の主人公ジョナサン・ジョースターを始めとするその子孫(ジョースター家)と敵役ディオ・ブランドー(と関連する者)との因縁が物語の根幹になっている。作品はジョナサンとその子孫を主人公として章立てされ、各章が異なった時代と舞台になっている。

東京駅赤レンガ駅舎の復元完了
   日付  2012年10月1日  情報源  毎日新聞ほか

JR東京駅の赤レンガ駅舎を1914年の創建当時の姿に戻す復元工事が完了し、1日、本格的な供用が開始された。明治時代の著名な建築家、辰野金吾らが設計した洋式建築の駅舎で知られる駅舎だが、1945年の東京大空襲でドーム部分が焼失するなどの被害に遭い、戦後、建築当時とは異なる形で復旧工事が行われていた。今回の復元工事は、これら焼失したドーム部分を含め、駅舎をほぼ当初のデザインへと復元するためのもので、左官や板金など全国から集まった職人をはじめとする延べ78万人の工事関係者が携わり、5年4か月、総工費500億円を費やした工事となった。前日から未明にかけて列島を縦断した台風17号の影響により、オープニングセレモニーこそ中止となったが、創建当時の壮麗なデザインのドームがよみがえった駅舎では、明治の頃の重厚な雰囲気を一目見ようと、多くの人々で賑わった。

国内主要空港で抜き打ち身体検査開始
   日付  2012年10月1日  情報源  時事通信

成田国際空港をはじめとする国内29か所の主要空港で、1日からより厳しい保安検査が始まった。テロやハイジャック防止のための空港保安検査の国際基準が強化されたことに伴う措置で、金属探知機に反応しなかった人に対しても、無作為で身体検査を行うというもの。

9月[編集]

中国国内で反日デモが相次ぐ
   日付  2012年9月15日  情報源  読売新聞

日本政府が沖縄県尖閣諸島を国有化する動きに合わせて、中国国内では北京重慶広州などの都市を中心に抗議デモが行われている。15日、北京の日本大使館前には数千人規模のデモ参加者が集まり、武装警察官と衝突する場面も見られた。18日は満州事変の発端となった柳条湖事件が発生した日に当たるため、インターネットを通じて「18日に抗議デモに参加するよう」呼びかけられており、一層ひどくなる傾向がみられる。

今月13日には上海で日本人がデモ参加者から日本人と分かるや否や暴行を受けたという報告もあり、外務省および現地領事館ではデモに遭遇しないよう、安全に対する注意が呼び掛けられている。

成田空港でLCC用暫定施設が供用開始
   日付  2012年9月12日  情報源  Aviation wire ほか

成田国際空港第二旅客ターミナルビルの南側にLCC専用の暫定供用施設が完成し、12日から供用を開始した。チェックインカウンターや荷物預け入れ、荷物受取場などから成るこの施設は、東南アジアなど他の国の空港にあるLCC施設同様、建設や維持に係るコストを抑えるため、天井部の配線や照明、空調機器類などはむき出しの状態で、トイレも温水シャワーの設備を省くなど、極力無駄を省き、必要最低限の機能を備えたような恰好となっている。空港の管理会社であるNAAは、第二ターミナル北側にも同様の施設整備を進めており、こちらについては秋頃供用開始の予定とのこと。

8月[編集]

ヨセミテ公園で2名感染症により死亡
   日付  2012年8月29日  情報源  時事通信、abc News

今年6月頃、ヨセミテ国立公園を訪れた観光客で、今月28日までに2名がハンタウイルス肺症候群に感染し死亡している事が確認された。6月に同公園を訪れた他の2名の観光客についても感染の疑いがもたれているので、注意を呼び掛けている。ハンタウイルス肺症候群とはネズミのふんや尿を媒介にして感染し、感染していると1~6週間後に初期症状としてインフルエンザの様な症状が表れ、症状が表れてから4~10日後には死亡に至るケースもあるとの事。感染を防ぐにはネズミの様なげっ歯類との接触を避ける事が大事である。

沖縄に過去最強クラスの台風接近
   日付  2012年8月25日  情報源  ANN

沖縄県に過去最強クラスになる台風15号が接近しており、沖縄気象台による緊急会見が開かれて警戒を呼び掛けている。25日時点ですでに風速15メートル強の強風域に入っており、26日夕方には中心気圧920ヘクトパスカル、瞬間風速70メートルという非常に強い勢力で沖縄本島に上陸する恐れがある。25日時点で那覇空港発着のANA・JAL便が一部欠航となっており、26日についてはすべて運休となっている。

スリランカで仏像にキスして有罪判決
   日付  2012年8月23日  情報源  AFP BBNews

今月21日、スリランカで仏像にキスをしたり、仏像のポーズを真似て記念写真を撮影したとされるフランス人観光客3名に対して、執行猶予付きの禁錮6ヶ月、罰金1,500ルピー(約900円)の有罪判決を言い渡した。スリランカの警察当局は3名のフランス人観光客が同国中部にあるキャンディにある仏教寺院を冒涜したという罪で逮捕し、起訴したとされる。熱心な仏教徒が国民の大半を占めるスリランカでは、寺院や仏像などに対して敬意を払う事が求められ、外国人観光客でも寺院に入る時には控えめな服装で無ければ入る事が出来ない。

外部の人間からしたら、観光地でポーズをとって記念撮影するというのはごくありふれた行為やもしれないが、その国の人間にとって見たら極めて心外な行為に抵触していたりするので、渡航先の最低限のマナーや文化を理解しておく必要があることを考えさせられる事件である。

なお、起訴されたフランス人男性1名と女性2名は罪を認めており、執行猶予は5年、治安判事は3人を国外通報処分にはせず、その日のうちに釈放したと伝えられている。

ルーマニアで邦人女性殺害される
   日付  2012年8月20日  情報源  時事通信ほか

ルーマニアの首都ブカレスト郊外で17日、同国を旅行中の日本人女性の遺体が見つかり、警察の捜査の結果地元の男性が殺人容疑で逮捕された。女性の遺体が発見されたのは、周囲に民家などが全くないようなブカレスト郊外の国道沿いの森の中で、在ルーマニア日本大使館が20日、所持品などから被害者が日本人女性であることを確認した。地元のメディアによれば、女性は南西部クラヨバで日本語を教える予定だったとのことで、15日にブカレスト国際空港に到着後、空港の防犯カメラに写っていた容疑者の男に声をかけられて一緒にタクシーに乗車するのを目撃されており、その後郊外に連れ出されて暴行を受け、殺害されたとみられている。

エア・アジアジャパンが運行開始
   日付  2012年8月1日  情報源  毎日新聞ほか

日本国内便の就航としては3社目のLCCとなるエア・アジアジャパンが1日運行を開始した。当面は成田国際空港と新千歳国際空港(1日3往復)、福岡国際空港(同2往復)、那覇国際空港(同1往復)とを結ぶ3路線(計6往復12便)で営業するほか、10月には韓国仁川釜山への就航も予定している。国内線の通常運賃は大手航空会社の15~50%台に設定されており、最も安いクラスのチケットだと、福岡便が5千円台、札幌便が4千円台、那覇便が6千円台からそれぞれ販売されるとのこと。 今回のエアアジア・ジャパンの就航により、日本国内便の運航を発表していたLCC3社が全て出そろったことになり、今後、LCCどうし、あるいは既存路線との間で価格競争に一層拍車がかかることが見込まれる。

7月[編集]

ロンドンオリンピック開幕
   日付  2012年7月28日  情報源  報道各紙ほか

ロンドンオリンピックの開会式が、現地時間の27日午後9時からロンドン東部のオリンピックメインスタジアムで開催され、8月12日までの17日間にわたる大会の幕が切って落とされた。大会には204の国と地域から約10,500人の選手が参加し、26競技302種目の競技でメダルを争う。合計900万枚発行されている大会のチケットは既に完売しており、オリンピック開催期間中、大会の観戦者も含め50万人の観光客を見込んでいる。

一方で、大会開催中は、会場を中心に厳重なセキュリティ・チェックが行われるため、移動に大幅な制約を受けたり、あるいは公共交通機関や宿泊施設が混雑し、予約が入りづらくなったりといったことがあらかじめ予想されている。大会観戦を予定している人は別として、落ち着いてイギリス観光をしたい人は、この時期を外して旅行計画を立てたほうがよさそうだ。

九州北部豪雨、一部の地域で避難勧告も
   日付  2012年7月15日  情報源  毎日新聞

11日から14日にかけて活発化した梅雨前線が九州北部地方に豪雨災害をもたらしている。「九州北部豪雨」と命名された今回の豪雨により、福岡県熊本県及び大分県の三県で、死者26名、行方不明者6人が確認されているほか、福岡県では雨で緩んだ地盤が土砂崩れを起こして道路が寸断し、八女市などの山間部を中心に孤立した集落が生じている模様。今回の豪雨をもたらした梅雨前線は15日現在朝鮮半島に停滞しており、九州北部の雨は小康状態となっているが、16日以降も局地的に激しい雨となる可能性もあるため、地元自治体などでは引き続き警戒を呼び掛けている。なお、福岡県朝倉市熊本県阿蘇市大分県竹田市などでは15日夜の時点でも避難指示・勧告が継続されている。交通機関などの混乱や一部の観光施設での被災もあり、場所によっては復旧までに時間がかかることも予想されるため、現時点で九州北部への旅行を予定している人は、現地の情報を把握した上で、予定の変更や延期などを考えた方がよい。

ジェットスタージャパン就航開始
   日付  2012年7月3日  情報源  産経新聞ほか

カンタス航空グループや日本航空などが出資する日本のLCC、「ジェットスタージャパン」が就航を開始した。成田・新千歳、成田・福岡で営業を開始後、8月下旬に関西・新千歳、関西・福岡に路線を拡大し、当面は計6路線で営業する予定。日本のLCCとしては、全日空系のビーチアビエーションが関西国際空港を拠点に3月から営業を開始しており、8月にはエア・アジアジャパンが成田空港を拠点に日本国内の路線に加わる見込み。さらに、10月には下に紹介したシンガポール系のLCC、スクートの営業開始も予定されている。日本の空でもいよいよLCCの参入と各社の価格競争が本格化する。

6月[編集]

JALで「空コン」開催
   日付  2012年6月23日  情報源  毎日新聞ほか

出会いを求める男女を対象に商店街全体を合コンの場として提供する「街コン」というイベントが各地で行なわれるようになったが、日本航空では旅を通じて出会いのきっかけを作る「空コン」と称したツアーを提供するとの事。第1回は8月末、北海道富良野ツアーを男女100名ほどの募集を行う予定。1泊2日の行程でワイン工場を巡ったり、ホテルでの交流会が開催されるといった内容である。24日に街コンの企画・運営会社リンクバルのWebサイト「街コンジャパン」にて申込みの受付が開始される予定。

シンガポール系LCC日本参入
   日付  2012年6月18日  情報源  産経新聞ほか

シンガポール航空系列のLCC、「スクート(Scoot)」が、今年10月頃から台北経由成田シンガポール便を就航させると発表した。同社は今年6月4日にシンガポール・シドニー便を就航させたばかりで、現在シンガポールとシドニー、ゴールドコーストの2路線を営業している。今後、7月にバンコク、8月に天津と順次路線を広げ、日本への参入は台北とともに10月末となる見込み。当面、毎日1往復の運航を予定している。料金等の詳細は不明だが、同社の話として、エコノミークラスであれば、他社の4~5割程度の料金での運行を考えているとのこと。

5月[編集]

東京スカイツリーが開業
   日付  2012年5月22日  情報源  産経新聞ほか

世界一の高さを誇る伝播塔の東京スカイツリーと、ツリーの下に広がる複合商業施設「東京スカイツリータウン」(東京都墨田区)が22日朝に開業した。スカイツリーの初日の入場券9,000枚は完売となっており、徹夜組も含めた行列ができ、開業と同時に人々が一斉に施設に流れ込んだ。2つの展望台「天望デッキ」と「天望回廊」への入場が完全予約制となる7月10日までの期間、ほぼ連日満員状態が続くとのこと。スカイツリーが開業したことで行楽客の流れも変わり、浅草など周辺地区もツリー効果でさらに賑わうと期待されている。

4月[編集]

群馬県でツアーバスが衝突事故
   日付  2012年4月30日  情報源  西日本新聞

4月29日4時40分頃、群馬県藤岡市の関越自動車道の藤岡JCT付近で、旅行会社「ハーヴェストホールディングス」(大阪府豊中市)がチャーターしたバス会社「陸援隊」(千葉県印西市)のバスが防音壁に衝突するという事故が発生した。乗客45人のうち7人死亡、3人重体、35人重軽症。運転士が過労で睡眠不足であった可能性があり、競争激化によるツアーバスの勤務が激務傾向になっているのではないかとの問題が焦点となっている。

JAL 成田-ボストン路線就航
   日付  2012年4月22日  情報源  YOMIURI ONLINE

日本航空(JAL)の国際線新路線として、成田-ボストン便が22日に就航した。JALの成田発着の新規路線としては2004年に就航した中国杭州線以来で8年ぶりとなる。JALは2010年に赤字経営による経営破たんとなって以降、赤字路線の撤退を進めてきたが、今回の新規路線は経営再建後初の開設であり、JAL再生の象徴としてボストン線就航には最新機である「ボーイング787」が導入された。JALのボーイング787機は今後、成田・羽田発着で、デリー北京モスクワといった都市との路線に導入される予定。

木更津に大型アウトレットモール誕生
   日付  2012年4月13日  情報源  日経トレンディネット

4月13日に千葉県木更津市三井アウトレットパーク木更津がオープンした。関東圏の三井アウトレットモールとしては横浜、多摩南大沢(八王子)、入間、幕張に次ぐ5施設目となる。東京湾アクアラインの木更津金田ICに併設しており、アクアラインを通じて東京や横浜など首都圏広域からの集客を狙う。現在、本数は最大で6往復と少なめだが東京や新宿、川崎、横浜の各都市との間を結ぶの高速バスが運行されている。

パキスタン北部で邦人足止め
   日付  2012年4月9日  情報源  時事通信 他

パキスタン北部でイスラム教の宗派対立による治安悪化の為、3日より外出禁止令が発令された事で、現地で足止めされていた日本人観光客が9日、日本に帰国した。パキスタン北部の都市で観光地になっているギルギットでも、宗派対立が発生してから急激に治安が悪化した為、外出禁止令が発令し、陸路での移動は不可、空港も閉鎖された事から、在パキスタン日本大使館を通じてパキスタン政府に邦人輸送の要請を行ない、8日、パキスタン軍の軍輸送機に乗って首都イスラマバードへと移動し、そこから約60名が日本に帰国した。

熊本市が政令指定都市になる
   日付  2012年4月1日  情報源  西日本新聞

熊本県熊本市が4月1日、政令指定都市に移行した。日本では20番目、九州では3番目40年ぶりの政令指定都市昇格である。熊本市には熊本市/中央区熊本市/北区熊本市/東区熊本市/南区熊本市/西区の5区が設置された。

3月[編集]

ピーチがソウル線運賃を発表
   日付  2012年3月27日  情報源  毎日新聞

関西国際空港を拠点とするLCCのピーチ・アビエーションが、5月8日から運行を開始する関西・ソウル路線の運賃を発表した。ソウルまでの片道運賃は荷物、座席指定などの各手数料を除き、¥5,280~¥23,980の間で設定される。運賃は座席の残数によって価格が変動し、出発が近づくにつれて高額になるしくみ。ピーチのソウル路線は、5月就航開始後当面は1日1往復で運行し、7月から3往復に増便となる予定。なお、一部の便で、キャンペーン価格として6月30日までの期間限定で片道¥2,500の席も販売するとのこと。

香川県に「さぬきうどん駅」誕生
   日付  2012年3月27日  情報源  読売新聞ほか

JR四国が3月29日から高松駅の愛称を「さぬきうどん駅」にすると発表した。香川県が現在展開している「うどん県」キャンペーンに合わせたもので、期間は3月29日から2014年3月31日まで。期間中、高松駅構内の駅名表示板全てに愛称のシールを貼り、駅名スタンプや記念撮影用のパネルなども用意する。また、観光シーズン中は駅員が「うどんネクタイ」と「うどんバッジ」を着用するなどの演出も用意されているとのこと。

追記:件の「さぬきうどん駅」だが、発表後すぐに「さぬき高松うどん駅」に愛称が変更となった。JR四国の発表に対し、「高松の魅力はうどんだけじゃない!」という高松市長や一部の市民の反発を受けての措置とのこと。ではどのような魅力があるのかについてはウィキトラベルの高松市の記事を参照(市長が怒るのも無理がない、と思えるくらい高松にはいろいろな魅力があることが、WTの記事からでも十分に分かるかと思う)。
台湾への日本人旅行客が過去最多に
   日付  2012年3月23日  情報源  読売新聞

台湾の行政院交通部観光局の調査で、昨年日本から台湾を訪れた旅客数が過去最多の129万人に上ることがわかった。同局の統計によれば、これまでの最高は2007年に記録した117万人。もともと日本から近く旅行先としても人気の高い台湾だが、羽田空港台北松山空港間の直行便就航などが、これに拍車をかけるような恰好となった模様。また、昨年の東日本大震災で台湾が世界最大規模となる200億円あまりの義捐金を集めたことなどで、日本人の台湾への関心が高まったのも、今回の旅客増の主な要因として指摘されている。

スカイツリー入場券の予約受付開始
   日付  2012年3月22日  情報源  読売新聞

5月22日に開業となる東京スカイツリーの個人向け入場券の予約受付が、開業2か月前にあたる本日(22日)から開始された。今回予約を受け付けるのは開業日以降今年5月末までの分で1日8,000人限定、料金は大人(18歳以上)¥2,500ほか。予約は東武タワースカイツリー社のHP[1]か、東武トラベルの各支店で受け付ける。なお、1日あたりの入場数が定員を上回る場合は抽選となるとのこと。

業平橋駅からとうきょうスカイツリー駅へ
   日付  2012年3月17日  情報源  読売新聞

5月22日に開業する東京スカイツリーの最寄駅となる東武伊勢崎線「業平橋駅」が「とうきょうスカイツリー駅」に改名した。ダイヤ改正により同駅に特急が停車するようになり、伊勢崎線の内、浅草・押上-東武動物公園駅間に東武スカイツリーラインの愛称が設定される。

ドンムアン空港再開
   日付  2012年3月5日  情報源  時事通信ほか

昨年10月に発生した大規模な洪水の影響で閉鎖されていた、バンコクのドンムアン空港が、6日、4か月ぶりに再開した。同空港は昨年の大洪水で滑走路が冠水するなど大きな被害を受けており、水が引いたあとに電気設備の点検や消毒などを進めていた。かつてドンムアン空港を利用していた航空会社の大部分は既にスワンナプーム空港に移転しており、現在は格安航空会社(LCC)のノック・エアとオリエント・タイ航空が同空港を利用しているが、当面はノック・エア1社のみの就航となる。

ピーチ就航開始
   日付  2012年3月1日  情報源  毎日新聞ほか

1月のニュースでも紹介した、大阪地区に本拠地を置く全日本空輸系の国内で最初の格安航空会社(LCC)、ピーチ・アビエーションが1日から就航を開始した。関西国際空港と新千歳空港との間で1日4往復、福岡空港との間で1日3往復の便をそれぞれ運航させる。これに今月25日からは長崎便が、また、4月1日からは鹿児島便がそれぞれ加わる予定。

2月[編集]

屋久島のアカウミガメの産卵数が激減
   日付  2012年2月23日  情報源  毎日新聞

絶滅危惧種の屋久島のアカウミガメの産卵地である屋久島町の永田浜で、アカウミガメが上陸して産卵を成功させる割合を示す産卵率が過去10年間で最低となっている事がNPO法人屋久島うみがめ館の調査で分かった。産卵率減少の要因として、海浜の護岸工事による砂浜の環境が著しく変化した事と産卵や孵化するところを観る為に訪れる観光客の増加により、砂浜が踏み固められた事によると考えられる。産卵や孵化目当ての見学者は2000年頃から増加し始め、09年には1万人を突破。アカウミガメは人影や光を嫌う性質があるので、人気を避けるために産卵には適さない岩場の砂浜に追いやられるケースもあるという。また、観光客が砂場に入り込んで踏み固めることで、孵化した子ガメが地中から抜け出ることができずそのまま死んでしまうというケースもあるという。その為、環境改善のために見学者の数を制限したり、ボランティアが中心となって孵化に適した砂浜に産卵された卵を移動させるという取り組みが行なわれるが、根本的に解決を行なうのであれば、行政が主体となった取り組みが必要になってくる。

京成バスが成田・東京間で格安バスの運行を検討
   日付  2012年2月21日  情報源  ダイヤモンド・オンライン

千葉県東京都東部を中心に路線を持ち、成田国際空港東京国際空港関東各地とを結ぶリムジンバス路線も運行している京成バスが、成田国際空港と都心とを結ぶ格安バスの運行を計画している。今年8月から格安航空会社(LCC)が成田国際空港発着の国内路線を就航させることに伴う措置。LCCは従来の国内線の半額から1/3前後の運賃設定を予定しているが、成田国際空港は都心から遠く、都心までの鉄道やリムジンバスの料金が¥2,500~¥3,000前後かかるため、せっかく格安料金の航空会社を利用しても、うまみの一部が相殺されてしまうといった問題が生じるが、これを格安バスの運行で解消することができれば、旅客がトータルでローコストの恩恵に預かることができる。料金は今のところ未定だが、LCC側では片道¥1,000前後での運行を要望しているとのこと。

ジェットスター国内便就航開始
   日付  2012年2月8日  情報源  時事通信

オーストラリア発の格安航空会社(LCC)として知られるジェットスター航空の日本の子会社、ジェットスター・ジャパン(東京)が、成田国際空港を拠点に関西国際空港など国内の5空港にそれぞれ国内便を就航すると発表した。成田と関空の他に就航する空港は、福岡、新千歳及び那覇。7月3日以降、国内線を順次就航させ、既存の航空会社の運賃の4~5割程度に設定した低価格運賃で新たな需要の取り込みを目指す。具体的なルートや運行本数、運賃などは後日公表とのこと。今回のジェットスター以外にも、ピーチ・アビエーション(3月就航予定)、エアアジア・ジャパン(8月就航予定)のLCC2社がそれぞれ日本国内線への参入を既に表明している。

ヨーロッパに記録的な寒波が到来
   日付  2012年2月5日  情報源  BBC

ヨーロッパに記録的な寒波が到来し、各地で交通機能や通信機能のマヒなどの障害が生じている。今回の寒波では、比較的温暖な南欧のローマなどでもここ25年来の記録的な降雪に見舞われている。もっとも被害が大きいのはウクライナポーランドラトビアルーマニアなど、主に中央ヨーロッパ東ヨーロッパの国々で、最も被害が深刻なウクライナでは気温がマイナス38度まで下がり、100人以上の死者が出ている。空や鉄道、バスなど、ヨーロッパ域内のあらゆる交通手段に影響が出ており、上記地域内の多くの空港が閉鎖されているほか、ロンドンのヒースロー空港やアムステルダムのスキポール空港などのハブ空港でも出発便の約3分の1がキャンセルとなっている。寒波はあと1週間ほど続く見通し。直近にヨーロッパ方面への旅行を計画している人は、場合によってはキャンセルも含め旅行の計画を大幅に見直す必要もありうるので、現地の最新の情報を確認した方がよい。

1月[編集]

4月、臨海副都心にガンダムのテーマパークオープンの予定
   日付  2012年1月30日  情報源  産経新聞

30日、ガンプラの販売元でも知られる株式会社バンダイは東京臨海副都心(お台場)の施設「ダイバーシティ東京 プラザ」内に国民的SFアニメ『機動戦士ガンダム』の世界観を体験できる小型有料テーマパーク「ガンダムフロント東京」を2012年4月19日にオープンすると発表した。お台場では2009年夏にガンダムの放映30周年を記念して制作された18mの等身大ガンダムが展示されており、その後、静岡でも展示されたりしたが、巡り巡って再びお台場の大地に降り立つ事になった。この他、秋葉原にオープンしたガンダムカフェの2号店がオープンする予定である。施設は有料になる予定で、大人¥1,000、子供¥800。

イタリアで大型クルーズ船座礁
   日付  2012年1月15日  情報源  朝日新聞ほか

イタリア西岸トスカーナ州沖合にあるジリオ島付近の地中海で13日夜、大型客船「コスタ・コンコルディア号」が座礁・転覆事故が発生した。乗員。乗客は約4,200人で、日本人も43名が乗船していたが全員無事で死傷者は無かったとのことである。15日現在で死者は6人にのぼっており、行方不明者は17名。

LCCのピーチ、台北など新たに国内外5路線を追加
   日付  2012年1月12日  情報源  日経新聞ほか

大阪地区に本拠地を置く全日本空輸系の格安航空会社(LCC)、ピーチ・アビエーションが、既に就航を発表している札幌福岡及びソウル便に加え、今年10月までに新たに香港台北那覇など国内外の5都市に就航路線を拡大する計画を発表した。3月25日に大阪長崎線、4月1日に大阪・鹿児島線を開設後、香港線、台北線、那覇線についてはそれぞれ7月から10月までの間に就航するとのこと。3月1日から就航を開始する札幌便(1日3便)と福岡便(1日4便)については既に航空券を発売しており、国内大手航空会社の半額以下の運賃に人気が集まり予約が順調に進んでいると伝えられている。