何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

トラベルニュース

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
トラベルニュース

Default Banner.jpg

トラベルニュースは旅行関連のニュースを集めたページ。なお、ニュースの掲載基準についてはトーク:トラベルニュース/掲載基準・掲載方法を参照

(注)個々のニュース記事は、「情報源」の項目で掲げられた記事などの情報を基に、新たに書き起こして掲載したものである。

今年のニュース[編集]

最近の出来事[編集]

表参道イルミネーションが点灯開始
   日付  2017年11月30日  情報源  シブヤ経済新聞

毎年の恒例行事となっている渋谷区表参道のケヤキ並木のイルミネーションが点灯を開始した。表参道交差点から原宿駅前の神宮橋交差点までの1.1キロのケヤキ150本と低木に、シャンパンゴールド色のLED約90万球を装飾するもので、1991年の試行を経て1992年から本格的に行われている。見物客に対する周辺住民の不満などから1998年に一旦中止となったが、2009年に復活。スポンサーが付かず低木のみの装飾となったり、東日本大震災が起きた2011年以降は、節電を考慮し規模を縮小して行われていたが、2020年に開催される東京五輪・パラリンピック開催に向け「今一度見てほしい」と、主催者の商店街振興組合原宿表参道欅会が7年ぶりとなる表参道全域でのライトアップを決定した。点灯時間は日没から22時までで、点灯期間は12月25日まで(低木は2018年1月8日まで)となる。なお、点灯時間中はエリア内の歩道橋は通行禁止となるとのこと。

バリ島の火山噴火で国際空港が閉鎖
   日付  2017年11月28日  情報源  読売新聞ほか

インドネシア最大の観光地、バリ島の北東部にあるアグン山の噴火による国際空港の閉鎖により、バリ島を訪れている多くの旅行客に混乱を来している。9月のトラベルニュースでも触れたとおり、噴火の危険性があるため島民が一時的に避難していたが、その後火山活動が沈静化していたため、避難は解除されていた。火山噴火に伴う降灰の影響で、島内のン・グラ・ライ国際空港は27日朝から終日閉鎖されており、噴火が沈静化しないことから、28日、空港当局は29日朝までの閉鎖延長を決定した。島内に滞在している旅行客は数万人規模で、日本人旅行客も空港で足止めを食っている模様。閉鎖が長期化することから、旅行者の中には隣のロンボク島に渡り、そこから帰国を試みる者もいるとのこと。直近にバリ島を訪れる予定を立てている人は、現地の情報に細心の注意を払い、渡航時期や今後の状況によっては旅行の延期もしくは中止を検討した方がよい。

エアアジア・ジャパン、日本国内線再就航へ
   日付  2017年10月16日

LCCのエアアジア・ジャパンが29日から名古屋・札幌便を1日2便就航させる。同社はかつて親会社のエアアジア(AAB)と全日空(NH)とが業務提携し、日本国内で路線を持っていたが、2013に両者が業務提携を解消し、エアアジア・ジャパン側が日本国内の路線から撤退していた(旧エアアジア・ジャパンはバニラ・エアに商号を変更し、現在全日空の子会社として運行している)。



1月[編集]

過去のニュース[編集]