何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

テンプレート・トーク:Item

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索

このテンプレートについて[編集]

使用方法[編集]

 {{Item|名称|alt=代替名称
|説明|shozai=所在|tel=電話|fax=FAX
|jikan=時間|ryokin=料金
|web=ホームページ|email=メールアドレス
|lat=緯度|long=経度|maptype=地図の種類
|画像|caption=画像タイトル|vertical=縦画像}}
機能
旅行ガイド記事の専用テンプレートの無い節において施設やお店などの記述を定型化するため、又は行形式でコンパクトに記述したい場合に使用します。
原則として、専用テンプレートのある節ではこのテンプレートではなく該当する専用テンプレートを使用して下さい(例:「観る」節ではTemplate:Miru又はTemplate:Miru2。)。但し、行形式でまとめる場合は例外とします。
使用方法
上の書式をそのままコピー&ペーストして各項目(変数の部分)に情報を書き込みます。
変数
名称 — 施設やお店などの名前に書き換えて下さい。
代替名称(任意項目) — 他の言語(現地の言葉或いは日本語など)での名称があれば書き換えて下さい。
説明(任意項目) — 説明文に書き換えて下さい。
所在(任意項目) — 所在地、又は、その場所への行き方の簡単な説明文に書き換えて下さい。
電話(任意項目) — 電話番号に書き換えて下さい。
FAX(任意項目) — FAX番号に書き換えて下さい。
時間(任意項目) — 開場時間(営業時間)や定休日などの簡単な説明文に書き換えて下さい。
料金(任意項目) — 料金の簡単な説明文に書き換えて下さい。
ホームページ(任意項目) — URLに書き換えて下さい。URLが無い場合は「ホームページ」の文字を消して下さい。
メールアドレス(任意項目) — メールアドレスに書き換えて下さい。メールアドレスが無い場合は「メールアドレス」の文字を消して下さい。
緯度(任意項目) — 十進法の形式の緯度に書き換えて下さい。省略する場合は「緯度」の文字を削除して下さい。詳細はTemplate‐ノート:Mapsを参照して下さい。
経度(任意項目) — 十進法の形式の経度に書き換えて下さい。省略する場合は「経度」の文字を削除して下さい。
地図の種類(任意項目) — 基本的に省略時値 (google) を使用するので指定不要。「地図の種類」の文字は削除して下さい。指定する場合は次のいずれか、google、yahoo、microsoft。
画像(任意項目) — 画像ページの名前に書き換えて下さい。省略する場合は「画像」の文字を削除して下さい。
画像タイトル(任意項目) — 画像の上にマウスポインターを置いたときに表示させる画像タイトルに書き換えて下さい。省略する場合は「画像タイトル」の文字を削除して下さい。省略時値は名称の値になります。
縦画像(任意項目)-縦位置画像を貼り付ける場合には変数として"v"の文字を入力してください。画像サイズを高さ160pxで設定します。省略または別の文字を入力した場合には、デフォルト設定の画像幅160pxで表示されます。
使用例
{{Item|駅レンタカー・レンタサイクル駅リンくん|運転免許証、写真付き社員証、学生証、保険証などの身分証明書が必要。|shozai=JR奈良駅。|tel=(0742) 26-3929| web=http://www.ekiren.com/EKIRIN/|jikan=8:00~20:00。|ryokin=1回利用(翌朝10:00迄)¥300。}}
表示例
駅レンタカー・レンタサイクル駅リンくん — 運転免許証、写真付き社員証、学生証、保険証などの身分証明書が必要。  所在  JR奈良駅。  電話  (0742) 26-3929  時間  8:00~20:00。  料金  1回利用(翌朝10:00迄)¥300。  WEB  [1]
関連文書
Wikitravel:テンプレート集
その他
当テンプレートを修正する場合は <noinclude> </noinclude>の内部を除き、改行を入れないで下さい。(箇条書きによるリストで使用している場合などに呼び出している箇所の表示が崩れます。)

変更履歴[編集]

2007-12-17
新規作成。
2008-01-01
「予算 (yosan=) 」を廃止。 — 類似の変数「料金 (ryokin=) 」に一本化するため。
2009-03-10
「画像タイトル (caption=) 」を追加。 — imgタグのalt属性の値が一律 "noframe" になっていた為。
2016-04-29
switch文を用いて、縦画像の幅縮小用に「縦画像(vertical)」を追加。変数に"v"を入れると、画像の高さが160pxになる。