何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

シンガポール/南西地区

提供: ウィキトラベル
シンガポール : 南西地区
移動先: 案内検索
シンガポール/南西地区

Default Banner.jpg

シンガポール関連記事

中心部 = 南西地区セントーサ) = 北西地区 = 北東地区 = 南東地区


南西地区(なんせいちく)はシンガポールにある地区である。


着く[編集]

観る[編集]

ハウ・パー・ビラ (Haw Par Villa, 虎豹別墅)  
中国の神話や道教の教える中々変わったテーマパーク。グロテスクな十大地獄で有名。旧Tiger Balm Garden。
 所在  262 Pasir Panjang Rd  電話  (+65) 6872-2003  WEB  
 開場時間  9:00~19:00  料金  入場無料、十大地獄はS$1。


中国庭園 (Chinese Garden)  
台湾の有名な建築家の設計によって1975年に作られた中国庭園。北京の頤和園など、中国北部の建築・造園様式をモデルにしている。熱帯にあるため植物が育ちすぎるのか、実際北京市などにある庭園とはどことなく異なる趣きがあるのは否めないが、庭園自体はきちんと手入れがされていてそこそこきれいである。また、園内にある蘇州様式の盆栽庭園では主に中国から輸入された1,000鉢あまりの盆栽が飾られており、上海や蘇州の専門家による盆栽教室が定期的に開催されている。
 所在  1 Chinese Garden Singapore 619795、MRTチャイニーズ・ガーデン (Chinese Garden, EW25) 駅から徒歩5分。  電話  (+65) 6261-3632  WEB  
 開場時間  メイン庭園:6:00~23:00、盆栽庭園とガーデン・オブ・アバンダンス:9:00~18:00。どちらも年中無休。  料金  メイン庭園は無料、盆栽庭園とガーデン・オブ・アバンダンスは大人S$2。


日本庭園 (Japanese Garden)  
中国庭園の隣にあり、中国庭園とは橋で結ばれている。中国庭園と比べると簡素な造りで、園内には築山や東屋、石灯篭、太鼓橋など、日本庭園の定番ともいえる建築物が配置されている。ただしこちらも赤道直下の日本庭園で植物は至って元気ですくすくと育っており、どことなく枯れた雰囲気が醸し出す「侘び・寂び」の世界とはちょっとかけ離れたものである。
 所在  1 Chinese Garden Singapore 619795、MRTチャイニーズ・ガーデン (Chinese Garden, EW25) 駅から徒歩5分。  電話  中国庭園と同じ。  WEB  
 開場時間  中国庭園と同じ。  料金  中国庭園と同じ。


ドリームフィッシュマーライオン・アロワナファーム (Dream Fish – Merlion Arowanas Farm)  
絶滅危機にあるアロワナフィッシュを116もの池で飼育していて、この魚について学ぶことができる施設。
 所在  Lim Chu Kang Agrotechnology Park 221 Neo Tiew Crescent Singapore 718831  電話  (+65) 6862-9391  WEB  [1]
 開場時間  9:00〜18:00、日曜休み。  料金  無料


ファーマート (farmart)  
文字通り何から何までもいろいろな動物を飼育している施設。エサをやることもでき、レストランでは動物の肉を味わうこともできる。
 所在  67 Sungei Tengah Road  Singapore 699008  電話  (+65) 6767-0070  WEB  [2]
 開場時間  10:00~13:00(日・祝は9:00~)  料金  無料

遊ぶ[編集]

ジュロン・バードパーク (Jurong Bird Park)  
シンガポール島の西部、工業団地の近くにある600種以上の鳥類(約8,000羽)を集めた東南アジア最大のバードパーク。巨大な鳥舎の中を大型の鳥が飛び回る姿などを楽しむことができる。園内では、いろいろなバードショーも行われている。また、園内をぐるっと囲むような格好で「パノレイル」という交通機関が走っており、途中3つの駅で乗り降りできる。
 所在  2 Jurong Hill Singapore 628925、MRTブーンレイ (Boon Lay, EW27) 駅下車、194番または251番のバスに乗り換え公園前下車。  電話  (+65) 6265-0022  WEB  [3]
 営業時間  9:00~18:00。  料金  大人S$16、パノレイル料金S$4。


セントーサ島 (Sentosa)  
ユーラシア大陸最南端部に位置し、島の外からもよく見えて、内部にも入れる巨大なマーライオン、水族館やビーチで泳ぐ事も出来る。また2010年2月14日にはシンガポールで初となるカジノ、アジアでは大阪に続く2つめの映画のテーマパーク「ユニバーサルスタジオ・シンガポール」がオープンした。詳細は「セントーサ島」を参照。
 所在  HarbourFront MRTからシャトルバス、ロープウェイ、モノレールを利用。  電話    WEB  [4]
 営業時間  年中無休。  料金  入島金S$2(モノレールは運賃込み$3)、マーライオンS$8、水族館S$14、ビーチ無料。


サッカー観戦 (Pro-football)  
シンガポールのプロサッカーリーグ。2008年度は12チーム。
 所在  Jurong East Stadium、MRTチャイニーズガーデン (Chinese Garden, EW25) 駅下車。  電話  (+65) 6334-0511  WEB  [5]
 営業時間  試合日程による。  料金  大人S$6、詳細はHP参照。

買う[編集]

食べる[編集]

安食堂[編集]

中級[編集]

高級[編集]

飲む[編集]

泊まる[編集]

安宿[編集]

中級[編集]

高級[編集]

連絡する[編集]

この記事「シンガポール/南西地区」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。