何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

アルゴンキン州立公園

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
アルゴンキン州立公園

Default Banner.jpg

紅葉に染まる州道60号

アルゴンキン州立公園 (Algonquin Provincial Park) はカナダオンタリオ州南東部、マスコーカ地域にある。

分かる[編集]

  • 19世紀に林業で栄えた一方、伐採により荒廃したこの地域に、オンタリオ州政府がキャンプ場や自然探索路などを整備し、1893年に同州初の州立公園となった。
  • 春から夏にキャンパーが多く訪れるほか、東京都の3倍以上という広大な公園内で、複雑に広がる水路(総延長2000Km以上)を介して湖をカヌーで探検したり、森の中のトレッキング・ルートを数日かけて踏破したりする人々も多い。気軽に散策できるハイキング・コースも多数ある。
カヌー湖にて。


着く[編集]

  • トロントから、複数の会社がカヌーやハイキングのガイド付きツアーを催行している。Ontario Outdoor Adventures では、日本語ガイドによるツアーがある。Ontario Outdoor Adventures

車で[編集]

  • ハンツビルオタワを結ぶ州道60号線が、公園の南側を東西に横切っている。トロント国際空港から400号線・州道11号線を介して、約220km、所要およそ4時間。

列車で[編集]

  • ハンツビルまで、Ontario NorthlandがトロントのUnion駅から列車を一日1往復運行(運休の日もあるのでHPで要確認)。所要4時間弱、片道CAD51.2。

バスで[編集]

  • 2010年から夏季(5~10月)限定で、トロントから州立公園まで直行する「パークバス(PARKBUS)」が週数便、運行されている。2013年からはオタワ発の便も設定されている。 PARKBUS
  • ハンツビルまで、Ontario NorthlandがトロントのBay st.からYorkdaleを経由するバスを、一日数往復運行。所要3時間半前後、片道CAD48.15。

足で[編集]

  • 州立公園の周囲から29のトレッキングルートがある。長大なルート上には施設などが無いので、相当の装備が必要。 Backcountry Access Points


料金/許可[編集]

  • 公園内を東西に貫く州道60号の両端にある管理事務所で、車1台ごとに1日CAD14~16の入園料を支払う(午後10時まで有効)。公園内で停車・駐車する時には常時ダッシュボードの上に許可証を提示しておく。途中の遊歩道や施設に立ち寄らず、単純に通過するだけならば許可証は不要。
  • キャンプ場の利用には別途料金が設定され、事前予約の際に支払うこともできる。
  • 魚釣りには入漁証を事前に取得しておく必要がある。


動く[編集]

  • 公共交通機関はないため、ハンツビルから先はレンタカー(ハンツビル)や自転車など自前の移動手段は必須。
  • 湖沼の間をつなぐ川をカヌーで移動することは可能。


観る[編集]

アルゴンキン・ビジターセンター (Algonquin Visitor Centre) 地図  
各種展示のほか、レストランやショップ、展望施設を併設。各種許可の申請もできる。無料Wi-Fi利用可。
 WEB  [1]
アルゴンキン林業資料館 (Algonquin Logging Museum) 地図  
林業の歴史に関する各種展示があるほか、約1.3kmの歩きやすい遊歩道(Algonquin Logging Museum Trail)沿いに林業関連の展示がある。
 WEB  [2]
アルゴンキン・アートセンター (Algonquin Art Centre) 地図  
自然をテーマとした作品を展示。
 WEB  [3]


遊ぶ[編集]

  • 域内で楽しめる多種多様なアクティビティについて、公式ページで有用な情報や注意点を参照できる。 Recreational Activities


カヌー  
カヌーのメッカである当地には、総延長2,000kmにおよぶカヌー・ルートがある。キャンプをしながら長距離を移動する熟練者だけでなく、初心者がレンタル・カヌーで手軽に湖からの眺めを楽しむこともできる。下記「#買う」の項目に記載している4拠点のうち、湖岸から離れている「Two Rivers Store」以外の3ヶ所でカヌーの貸し出しをしている他、下記「#泊まる」の項目に記載している3ヶ所のロッジでは宿泊者が自由に利用できる。
 WEB  Canoe Routes Map
カヌー
森の中のハイキング (Walking Trails)  
車道からすぐアクセスできる多くのハイキングルート(トレール)が整備されており、それぞれの案内ブックレットも販売されている。
 WEB  Interpretive Walking Trails
公園主催のガイドウォーク (Guided Walks)  
ビジターセンターを出発する1時間半~2時間程度の各種ガイドウォークが催行されている。
 所在    電話    WEB  Summer Interpretive Program
 営業時間  6月後半~9月初旬。  料金  無料。
野生オオカミの遠吠え体験 (Wolf Howls) 地図  
野外劇場(地図参照)に集合し、ナチュラリスト・スタッフとともに夜の森の中で野生オオカミの遠吠えを聴く、所要およそ3時間のガイドツアー。
 所在    電話    WEB  Wolf Howls
 営業時間  8月の木曜日。  料金  無料(車が必要)。


買う[編集]

  • 域内には、食料品・お土産やガソリンの販売、カヌーやトレッキングの装備サポートなど各種サービスを提供する、営業が許可された拠点が4カ所ある。 Outfitters in Algonquin Park


ポーテージ・ストア (The Portage Store) 地図  
カヌーのレンタルや各種ガイド・ツアーを催行。お土産物店、レストランを併設。HPでは、カヌーなどのおすすめコース紹介などが掲載されている。
 所在  Canoe Lake Algonquin Park, ON P0A 1B0, Canada 州道60号の東側ゲートから車で20分ほど。  電話  705-633-5622(夏季) 705-789-3645(冬季)  WEB  [4]
 営業時間  冬季は営業していない。  値段  
ポーテージ・ストア


The Lake of Two Rivers Store 地図  
州道60号沿いにあるショップ。カフェ・レストランを併設。バイク・トレイルが近く自転車レンタルのサービスあり。
 所在    電話  1-800-469-4948  WEB  [5]
 営業時間  7:00~21:00(5月~10月中旬)。  値段  


食べる[編集]

  • 上記「#観る」に記載されている「ビジターセンター」にレストランが併設されている。
  • 上記「#買う」に記載されている「ポーテージ・ストア」と「Two Rivers Store」では、レストラン・軽食バーが併設されている。域内にある4ヶ所の商品販売・サービス提供拠点の、他の2ヶ所でも食料品販売は行なわれている。 Outfitters in Algonquin Park
  • 域内にある3ヶ所の宿泊施設(下記「#泊まる」参照)は、食事のみの利用も可能(事前問い合わせがベター)。 Lodges in Algonquin Park


飲む[編集]

  • 上記「食べる」で記載している場所では、アルコール販売が許可されていない。
  • アルコールを含む飲料に関して、公園域内の大部分(キャンプ施設などを除く)で缶・ビン容器の持込みが禁止されていることに注意(燃やすことができる容器に移しかえる必要がある)。 Can and Bottle Ban


泊まる[編集]

宿泊施設[編集]

  • 公園域内・周辺を含め、「Algonquin Provincial Park」公式サイトの「Commercial Services & Park Attractions Map」ページで、hotelやlodge、innといったキーワードで宿泊施設などの検索ができる。


公園域内の宿泊施設


アロウホン・パインズ・リゾート (Arowhon Pines Resort) 地図  
州道60号から北へ8km入った森の中に、50室を擁するリゾート型宿泊施設。敷地内にプライベート・レイクや専用トレイルを備える。宿泊客は各種アクティビティを無料で利用できる。2014年の営業期間は5月30日~10月13日。
 所在  住所なし。  電話  1-866-633-5661 (米国・カナダからの通話無料)。  WEB  [6]
 e-mail  [7]
 時間    料金  


バートレット・ロッジ (Bartlett Lodge) 地図  
開業およそ100年の老舗宿泊施設。州道60号沿いにある駐車場から、専用ボートで渡る。宿泊客は各種アクティビティを無料で利用できる。2014年の営業期間は5月9日~10月19日。
 所在  住所なし。  電話  1-866-614-5355 (米国・カナダからの通話無料)。  WEB  [8]
 e-mail  [9]
 時間    料金  


キラニー・ロッジ (Killarney Lodge) 地図  
湖に面して配された宿泊室(ログキャビン)には、それぞれ専用カヌーが備わる。2014年の営業期間は5月9日~10月19日。
 所在  住所なし。  電話  1-877-767-5935 (8:00~21:00、米国・カナダからの通話無料)。  WEB  [10]
 e-mail  [11]
 時間    料金  


公園周辺の宿泊施設
  • 州道60号の東西のゲートから公園域外に出た周辺にも宿泊施設が点在する。


Algonquin Lakeside Inn  
州道60号の西側ゲートから域外へ7km。
 所在  4382 Hwy#60, RR#1 Dwight, Ontario  電話    WEB  [12]
 時間    料金  


キャンプ[編集]


野宿[編集]


気を付ける[編集]

動物の飛び出しに注意。
  • 蚊・ブヨに噛まれることへの対策を。 Mosquitoes and Blackflies
  • 野生動物との衝突・遭遇に注意。キャンプの際にはアメリカグマへの対策も必要。 Black Bear Safety
  • その他、公園域内で注意するべきことについて、公式ページにまとめられているので参照。 Park Management


出かける[編集]

  • トロント — カナダ最大の都市。同国経済の中心地であり、多様な人種・文化が共存する街。
  • オタワ — カナダの首都。フランス語圏であるケベック州に面し、同国の二つの公用語である英語・フランス語が併存する街。
  • メープル街道ナイアガラからケベック市まで、オンタリオ湖・セントローレンス川に沿って美しい風景や多様な文化に触れることができる観光ルート。