何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

あすたむらんど

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
あすたむらんど

Default Banner.jpg

あすたむらんど徳島県板野町にある公園。遊具やウォーターライド(吉野川めぐり)、博物館、プラネタリウムなど、公園と教育施設により構成される。

分かる[編集]

着く[編集]

払う[編集]

動く[編集]

観る[編集]

科学館データ[編集]

子ども科学館  
 所在    電話    WEB  [子ども科学館]
 開場時間  9:30〜16:30(7月、8月は17:30閉館)  料金  大人/500円(400円)、小・中学生/200円(160円)、小学生未満/無料 ( )内は、20名以上の団体割引料金。

ステージ[編集]

宇宙と地球[編集]

生命と環境[編集]

科学技術と人間[編集]

屋外展示[編集]

プラネタリウム[編集]

四季彩館[編集]

あさんライブミュージアム[編集]

カレイドシアター[編集]

遊ぶ[編集]

冒険の国[編集]

わんぱく砦  
30種類以上の遊具が1つになった、大型遊具。5つのステーションがある。
  • ガイアスステーション — わんぱく砦の中央にある一番大きなステーション(高さ約12m、6層)。「ログスロープ」、「ミラクルミラー」、「チューブトンネル」など、たくさんの遊具が組み込まれている。最上階からの眺めは良く、パーク全景や、周りの景色を見渡すことができる。
  • スライダーステーション — スライダーがたくさん組み込まれたステーション。
  • ネットステーション — ネットがたくさん組み込まれたステーション。
  • ブリッジステーション — 橋がたくさんあるステーション。
  • ステップステーション — クライミングウォールをたくさん設けたステーション。


ワイルドマウンテン  
全体が山のような形をした遊具。
  • 暗闇迷路 — 岩山の下に掘ってある、コンクリートのトンネル。全長が約80㍍にも及び、出入り口からわずかな自然光が入るだけという明るさ。
  • イライラ渓谷 — 岩山にある狭いコンクリートの通路。周りの壁が高く、今どこにいるのかが分からない。
  • 自然象眼 — コンクリートにいろいろな人間の形をした穴が開いている。それぞれを通ってみて遊ぶ。
  • 滝バケツ — 黄色い大きなバケツにパイプで水が入れられていき、いっぱいになるとこぼれるという単純な仕組みのバケツ。かなりの量の水が入り、大体3分ほどに1回の間隔で、水がこぼれる。下の池には、ボールがたくさん入れられており、水が落ちてくるたびに、はげしく動く。水がこぼれるときには、周囲に人だかりができる。また、滝の裏側の、暗闇迷路入り口からも、ガラス越しに見ることができ、こちらの方が迫力がある。
  • ロッククライミング — 滝バケツの裏側にある斜面で、上まで行くと、滝バケツを眺められる。
  • 笹舟レース — 滝バケツから流れ出る水が流れる水路。途中までは、空中を通っており、名前の通り笹舟を流す人はほとんどいない。


ウォーターパラダイス  
水を使った遊具が集まるエリア。夏は人気だが、冬は冷たい。
  • ウォーターシューティング — 手動ポンプを動かし、水鉄砲を操作して、的に当てる。人気が高い。
  • レインボースプラッシュ — パイプに強く息を吹き込むと、池の上に虹が浮かび上がる。
  • ダンシングウォーター — 名前の通り、ハンドルを回すと池の中の噴水が動き、踊っているように見える。
  • 水木琴 — 水鉄砲で的を狙い、当たると音が出る。
  • 水の家 — 滝の中にある家で、入るときには置いてある傘をさす。
  • あわジャンプ — ポンプの上でジャンプをすると、水面にそれぞれ違った3つの模様が浮かび上がる。
  • ぷかドーム — 水の上のトランポリンなどがある遊具。はねると上下に揺れ、水の上にいる感覚が味わえる。行くには樽橋を渡る。真ん中には大きなボールがあり、回すことができる。
  • 浮き石渡り — 一見どれも同じ普通の石に見える飛び石が、実は踏むと5つのうち3つが沈む。じゃぶじゃぶ池の中にある。
  • ターザンロープ — ロープにぶら下がり、じゃぶじゃぶ池の上を渡る。
  • じゃぶじゃぶ池 — 深さ15㎝ほどの池。中には地球儀型の噴水など、たくさんの仕掛けがある。
  • 気まぐれウォーター — じゃぶじゃぶ池にある大きな噴水。不規則に水が出るので、濡れずに通るのが難しい。

探検の国[編集]

音の散歩道  
音がテーマの遊具が並ぶ散歩道
  • 伝声管 — 音が伝わる2種類のパイプ。
  • ジャンボアナログ — ドラムの中に入って回して遊ぶと、音が鳴る。立っているのがむずかしい。
  • パラボラベンチ — 2カ所にあり、その間は10mほど離れている。パラボラアンテナの仕組みを使った遊具。
  • 音色ギャラリー — たくさんの楽器が並ぶ。
  • 音センサー — 小道には、両端に鈴がくくりつけられたロープがたくさん横たわっていて、鈴を鳴らさないように通り抜ける。

ウオーターアトラクション[編集]

吉野川めぐり  
徳島の自然をテーマにしたウォーターアトラクション。南駅から北駅に向かって進む「上りコース」と、北駅から南駅に向かって進む「下りコース」がある。コース上には、上下線合わせて206匹のタヌキ(ミニチュア)が隠れていて、南駅では、全てのタヌキが展示されている。なお、身長110㎝未満の人は利用不可で、かつ天候により、運行できない場合がある。
 所在    電話    WEB  
 営業時間    料金  一般300円、小中学生100円、小学生未満無料(いずれも片道の料金)
  • 小舟 — 丸太型をしたボートで、1度に4人乗ることができる。
  • 上りコース — 上りだが、急流すべりがある。途中、屋内にボートが入る(夜の水世界)。ルートは、南駅>資材置き場>タヌキの里>ワイルドフラワー>ガチャガチャ谷>大池>サイクルマシーン>タヌキのいたずら(1)>夜の水世界>タヌキのいたずら(2)>北駅の順。
  • 下りコース — 急流すべりが二回あるコース。時間は上りコースと比べ、短い。ルートは、北駅>渓流下り>暗闇下り>渦巻き>豊かな自然>南駅の順。

買う[編集]

食べる[編集]

飲む[編集]

泊まる[編集]

気を付ける[編集]

出かける[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


この記事「あすたむらんど」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。