何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

ベトナム

提供: ウィキトラベル
2006年10月12日 (木) 19:31時点におけるEpisteme (トーク | 投稿記録)による版 (+eo,pt)
移動先: 案内検索
フエ
国旗
ベトナムの国旗
位置
ベトナムの位置
基礎データ
首都 ハノイ
政体 社会主義共和国
通貨 ドン (Dong)
面積 総計: 32万9,241 km²
人口 8,206万人 (2004年10月)
言語 ベトナム語
宗教 仏教80%、他にキリスト教、カオダイ教
国際電話番号 +84
ドメイン .VN
時間帯 UTC +7
ベトナムの地図

ベトナム (Vietnam) は東南アジア、インドシナ地区に位置する国である。ベトナムは南シナ海に面しており、北方で中国、西方でラオス及びカンボジアと国境を接している。

地方

ベトナムは南北に細長く伸びており、概ね北部、中部、南部の3つに区分できる。

  • 北部:ハノイとその周辺
  • 中部:フエ、ダナンとその周辺
  • 南部:ホーチミンとその周辺、メコンデルタ


都市

ライトアップされたホーチミン市人民委員会庁舎
  • ハノイ:ベトナムの首都。
  • フエ:ベトナムの古都。かつてグエン(阮)朝の都があった。
  • ホイアン: ベトナム中部の古い港町。
  • ダナン:ベトナム中部、沿岸部にある観光地。
  • ホーチミン:ベトナム最大の都市で、経済の中心地。

その他の旅行先

分かる

歴史

国民

  • キン族(越人)が90%近くを占めるほか、少数民族が60族近く居住している。

気候

祝日

着く

パスポートとビザ

  • 日本のパスポート所持者で15日以内の観光目的での入国の場合、入国時点でパスポートの有効期間が3か月以上あり、かつ復路の航空券を所持していれば、ベトナム入国に際してビザは不要。

飛行機で

  • 成田空港と関西国際空港からハノイとホーチミンに向け、それぞれ直行便が就航している。
  • その他、日本から香港や台北、東南アジアの近隣諸国の主要都市を経由してハノイ、ホーチミンへ入る方法もある(ただし、こちらの場合フライトスケジュールの関係で経由地に宿泊しなければならない場合もある)。
  • ベトナムの玄関口となる空港は以下のとおり。

列車で

車で

バスで

船で

動く

  • 道路などのインフラがあまり整備されていない(特に地方部)。このため、主要都市間の移動であれば、飛行機が最も便利な交通手段となる。
  • ハノイ~ホーチミン間約1,000㎞を3日かけて結ぶ鉄道がある。
  • 街中の移動はタクシーやバイクタクシー、シクロなど。タクシーはメーター制だが、それ以外は事前に料金交渉が必要。この場合、外国人と見るとかなりふっかけられる場合があるので注意が必要。なお、ホーチミンについては、市の中心部へのシクロの乗り入れが規制されている。

喋る

  • 公用語はベトナム語
  • 近年では英語教育に力を入れているため、英語の使用人口が増えてきている。
  • 反対に、フランス語ロシア語の使用人口は減る傾向にある。
  • バイクタクシーなど、観光客目当ての商売をしている人の中には、日本語を流暢にあやつる人もいる。

買う

通貨

ベトナムの通貨単位はドン (VND)。2006年8月現在の為替レートは以下のとおり。

¥ 日本円¥1.00 = VND137.57VND10,000 = ¥72.69
$ 米ドル$1.00 = VND16,002.00VND10,000 = $0.62
€ ユーロ€1.00 = VND20,358.64VND10,000 = €0.49

※上記通貨に関して直近のレートを調べたい場合には、Bloomberg.co.jpなどを参照。

物価

ホーチミン市・ベンタン市場

路上のカフェで飲むコーヒー1杯約2,000ドン、ホテルで飲むコーヒー1杯約15,000ドン、タクシーでの市内の移動が20,000ドン前後、食堂で食べる昼食が35,000ドン前後、レストランで食べる夕食が65,000ドン前後 (いずれも2005年3月時点)

ショッピング

ホーチミンのベンタン市場などで、Tシャツ類やベトナム雑貨などをお土産に買うことができる。空港などの店に比べると値段も安い。

食べる

生春巻き (Gỏi cuốn), ホイアン名物のカオ・ラウ (Cao lầu) , ヌック・マム魚醤(Nước mắm)とビール
  • フォー (Phở ) :米の麺を使ったベトナム風うどん。淡白な味のスープに好みでライムをしぼって食べる。ベトナムで最もポピュラーな料理の一つで、牛肉入り (フォー・ボー) 、鶏肉入り (フォー・ガ) やその他のバリエーションがある。
  • 生春巻き (Gỏi cuốn) :ゆでた海老やきくらげ、香草などをライスペーパーに包んだもの。これにヌック・マム魚醤 (Nước mắm) をつけて食べる。
  • 揚げ春巻き (Chả giò) :生春巻きと同じような具を使っているが、一般にこちらの方が生春巻きに比べてやや小さめである。ヌック・マムをつけて食べるのは生春巻きと同じ。
  • バインセオ (Bánh xèo) :ベトナム風のお好み焼き。ココナッツミルクや卵などを混ぜ、パリッと焼いた皮にモヤシや豚肉などを炒めて作った具が入っている。これにヌック・マムを付け、香草などと一緒に食べる。

飲む

ベトナムコーヒー
  • ベトナムは世界有数のコーヒーの産地。コーヒーがおいしい。アルミのフィルターを使ってドリップするのがベトナム式だが、カップに落ちるまで相当時間がかかるので、抽出されるコーヒーはものすごく濃い味になる。このため、人によっては淹れたコーヒーをわざわざお湯でのばして飲む人もいる。また、アイス・ホットを問わず、「ミルクコーヒー」に練乳を使うのも特徴。カップの底にたまった練乳を少しずつかき回し、自分の好みの甘さにして飲むようにする (最初から全部かき混ぜて溶かしてしまうと、甘くなりすぎて口に合わないこともある) 。

泊まる

  • ホーチミンなどの大都市では、フランス統治時代から続くコロニアルな雰囲気のホテルから安宿に至るまで、幅広いクラスの宿がある。特にホーチミンでは、近年外資系高級ホテルの進出がめざましい。
  • 日本の旅行代理店を通して直接予約のできるホテルは、ある程度のクラス(シーズンにもよるが1泊5,000円前後)から上のものに限られる。

学ぶ

働く

気を付ける

健康を保つ

  • 食堂によっては衛生状態の悪いところもある。特に屋台のものは注意。食べて下痢をすることがある。

マナーを守る

連絡する

外部リンク

この記事「ベトナム」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。

WikiPedia:ベトナム

Dmoz:アジア/ベトナム/