何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

ニュージーランド

提供: ウィキトラベル
2007年1月29日 (月) 08:48時点におけるEpisteme (トーク | 投稿記録)による版 (+location)
移動先: 案内検索
ミルフォード・サウンドの眺望
国旗
ニュージーランドの国旗
位置
ニュージーランドの位置
基礎データ
首都 ウェリントン
通貨 ニュージーランド・ドル (NZD)
面積 268,680km²
人口 3,993,817人
言語 英語マオリ語
国際電話番号 +64
ドメイン .NZ
時間帯 UTC +12


ニュージーランド (New Zealand、マオリ語の名称はアオテアロア (Aotearoa)) はオーストラリア大陸国の東、タスマン海と太平洋の間に浮かぶ島国である。

地方

ニュージーランドは2つの主要な島と多数の小さな島で構成される。

  • 北島
  • 南島

自治領

都市

ニュージーランドの地図

北島

南島

その他の旅行先

分かる

歴史

最初にニュージーランドに渡ってきたのはポリネシア系の住民であり、9世紀頃には既に渡来し、以来この地で固有の文化(マオリ文化)を築いてきたと考えられている。その後時が下った17世紀半ばにオランダ人のアベル・タスマンがヨーロッパ人としては初めてこの地に上陸した。彼は後に、ここを故郷であるゼーランド (Zeeland) の名にちなんで "Nieuw Zeeland" とした。これが英語風に転訛したものが今日の国名である "New Zealand" である。

ちょうど同じ頃にイギリス人のジェームズ・クックが、島全体と周辺の調査を行っており、調査結果を受けて、ヨーロッパ諸国が南太平洋で捕鯨船を操業する際の基地として使われるようになった(かつて鯨油がランプ油などとして使われていた頃にはニュージーランド沿岸の豊富な鯨資源を求めて多数の捕鯨船がヨーロッパから訪れており、19世紀半ばには国内に100箇所近くの捕鯨基地があった。ちなみに現在のニュージーランドでは強硬な反捕鯨政策が取られている)。その後イギリスは1840年に先住民族であるマオリとの間に「ワイタンギ条約」を締結することでニュージーランドをイギリスの植民地にした。さらにその後20世紀初頭にイギリスの自治領となった後、第二次大戦後の1947年にイギリスから独立した(ただしニュージーランドは現在でもイギリス連邦の加盟国である)。

国民

国民の大多数をヨーロッパ系移民の子孫が占めており、全人口の約80%となっている。次いで多いエスニックグループが先住民族マオリ人であり、約15%を占める。その他のグループとしては太平洋諸島系民族やアジア系住民となどがあり、いずれも6.0%程度とほぼ同程度の比率となっている。

気候

南北に長い国土であり、地方による気候の差が大きいのが特徴。特に南島は1日のうちでも気温の差が大きいことで知られている。

参考:ウェリントンの平均気温と降水量
 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月年 間
平均気温 (℃)16.616.715.513.711.39.58.89.110.411.613.415.112.6
降水量 (mm)67.864.891.7103.4119.4141.4138.5133.5100.1111.198.685.61,225.9
データ出典

祝日

  • 1月1日 New Years Day
  • 1月2日 After New Years Day
  • 2月6日 Waitangi Day
  • 3月~4月の決められた金曜日 Good Friday (その年により日にちは変わる)
  • 3月~4月の決められた月曜日 Easter Monday (その年により日にちは変わる)
  • 4月25日 ANZAC Day
  • 6月の第1月曜日 Queen's Birthday
  • 10月の第4月曜日 Labor Day
  • 12月25日 Christmas Day
  • 12月26日 Boxing Day

Waitangi Day,ANZAC Dayが土日に重なった場合、振替休日はない。それ以外の日は翌週の月曜日(または月曜日と火曜日)に振替られる。

上記以外にも地域ごとに決められた休日が年1回程度存在する。

着く

飛行機で

ニュージーランド航空が、日本からの直行便を運行している。(一部は日本航空との共同運航便となっているが、機体・乗務員はニュージーランド航空のもの) 2006年上期現在の運行は成田国際空港-オークランド線(往路に一部クライストチャーチ経由あり)と関西国際空港-オークランド線(往路に一部クライストチャーチ経由あり)。

飛行時間は10時間30分から11時間30分だが、日本を出発する場合は夕方~夜で現地には翌朝に到着する。また帰国便は早朝に現地を出発し同日の夕方に日本に到着するパターンとなっている。

第三国を経由する場合は、カンタス航空、シンガポール航空、マレーシア航空、タイ航空、エア・コリア、キャセイパシフィック航空、エア・パシフィックなどを使う方法がある。

車で

バスで

船で

動く

飛行機で

ニュージーランドは北島と南島に分かれている。両島間の移動は飛行機と船がある。国内線はニュージーランド航空、カンタス航空、オリジン・パシフィック・エアウェイズが主要都市を結んでいる。

国内線航空券を購入するには、短期間滞在の場合は日本から国際線を予約する際に一緒に手配するのが一般的。国際線チケット購入者が国内線を一緒に購入する場合に割引料金が適用される。

現地で購入する場合は、現地航空会社カウンターや旅行会社で予約・購入できる。また現地各都市にあるビジターセンター(観光案内所)のカウンターでも予約購入可能なので、旅の相談にのってもらいながら…というのもオススメ。特に観光客が多く訪れるオークランドやクライストチャーチのような都市では日本人スタッフや日本語が話せるスタッフも数名いるので安心だ。

列車で

車で

バスで

船で

喋る

公用語は英語。また1987年にマオリ語が、更に第三の公用語として2006年4月、ニュージーランド手話が正式に公用語に加わった。

買う

通貨

ニュージーランドの通貨単位はニュージーランド・ドル (NZ$)。2011年4月現在の為替レートは以下のとおり。

¥ 日本円¥1.00 = NZ$0.015NZ$1.00 = ¥65.65
$ 米ドル$1.00 = NZ$1.25NZ$1.00 = $0.80
€ ユーロ€1.00 = NZ$1.82NZ$1.00 = €0.55
£ 英ポンド£1.00 = NZ$2.60NZ$1.00 = £0.49

※上記通貨に関して直近のレートを調べたい場合には、Bloomberg.co.jpなどを参照。

物価

食べる

飲む

泊まる

学ぶ

働く

気を付ける

  • 入国時に気をつけたいのは食品やキャンプ用品・釣り道具などの持込みに対し、申告が必要であったり持ち込みができないものがあること。
飛行機の機内で入国審査カードが配布され、食品・動物および動物製品・植物および植物製品、そのほか使用済みのキャンプ用品・登山靴・ハイキングシューズ・スパイクシューズや釣具を持ち込んでいるかをチェックする欄がある。
スナック類も必ず申告し、パスポート・コントロールセンターを通った後の審査ブースで口頭で説明、あるいは見せること。食品を持参したのに申告をせずに見つかると、その場で罰金が科せられる。また果物や肉製品は持ち込めないので、備え付けのBOXに入れ廃棄するか、または係員に渡すこと。迷ったときは、とにかく係員に見せ指示を仰ぐことが賢明。
  • ニュージーランドは比較的安全な国と言われているため警戒心が薄れるのか、観光客の引ったくり被害や置き引き被害が発生している。確かに数年前までは治安がとてもよい国とされていたが、現在は特に人口が集中している大都市を中心に、窃盗や空き巣などの犯罪も増えている。
現地の人も親切で親日家も多く、安全性の高い国ではあるが、貴重品は自分できちっと管理し荷物から目を離さないようにするのは同じ。「すぐだから」と、レストランなどで荷物を置きっぱなしにして席を離れたりしないよう。
  • アジア人女性を狙った性犯罪も発生している。特に都市部で暗い路地を女性1人で歩くのは避けたほうが無難。なおニュージーランドでの強姦事件は年間で約5,000件も起きていると言われている。
  • 車の窃盗も多く、車上荒らしも増えている。駐車して車から離れるときは、貴重品を車内の目に付くところに置いたままにしないようにしたほうが良い。
  • 左側通行で道幅も広いニュージーランドでは、郊外の幹線道路の制限速度が100km/h、また空いているためついついアクセルを踏んでしまい事故にあうケースが多い。過去にも日本人の死傷事故が発生しており、スピードの出しすぎには注意したい。

健康を保つ

マナーを守る

連絡する

この記事「ニュージーランド」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。

WikiPedia:ニュージーランド

Dmoz:オセアニア/ニュージーランド/