何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

Wikitravel:2006年4月20日

提供: Wikitravel
移動: 案内検索

ウィキトラベルに関する重要なおしらせ[編集]

私たちは、みなさんと、ウィキトラベルのコミュニティ(運営)に関するビッグニュースを分かち合えることに対してとてもわくわくしています。

ウィキトラベルは、この1年で、情報量、そしてガイドとしての内容やコミュニティの成熟といった2つの面で、めざましい発展を遂げてきました。ウィキというのは何とも不思議なものです。というのも、参加者が多ければ多いほどよりよいコンテンツを作成することができ、そしてコンテンツがよければよいほど、より多くの参加者を惹き付けるようになるからです。しかし、我々が目指している、「自由で完全な、そして最新で信頼のおける世界規模の旅行ガイドブック」を作るという目標に到達するためには、なお数多くのやり残している事柄があります。我々は、今日、我々の目指す目標により近づくために、(新たに)大きな一歩を踏み出そうとしています。

すでに多くの皆さんがご存知かと思いますが、ウェッブサイト上には、World66という、ウィキトラベルとよく似たプロジェクトが存在しています。それは、我々同様に、地球規模での旅行ガイドを創り出すために日々努力しているサイトであり、ガイドを最新で、より信頼の置けるものとするために、サイトの作成にあたって、我々同様ウィキを用いています。そして、これも我々同様、サイト(の使用)をフリーなものとするため、クリエイティブ・コモンズのライセンスを使用しています。

本日から、ウィキトラベルとワールド66という2つのプロジェクトは、我々の共通した目標の実現に向け共に歩むこととなりました。我々は、これら2つのサイトの合併により、それぞれの部分が融合することで、プロジェクトをより偉大なものとすることができるものと考えています。ただ、合併は決して容易なものではないことも承知しています。合併を進めるにあたっては、越えなければならない技術的なハードルも多くありますし、両サイト上に潜在的にある文化の衝突というものもあることでしょう。しかし、これこそがウィキトラベルとワールド66が踏み出す次の大きなステップなのです。

当面は両方のドメインを「生かして」おくつもりですが、我々は次第に両サイトで重複している部分を減らしていくと同時に、それぞれが持つ異なった強みに力を入れていくつもりです。具体的には、ウィキトラベル上ではより客観的で、合意形成のされたガイド作りを進めていくとともに、ワールド66にあるような、個人的な体験や批評、意見や評価といったような分野にも、その役割を広げていくつもりです。

また、これは商業ベースでの事業となります。これら2つのサイトは現在、数多くの消費者関連情報の提供を行っている米国企業であるInternet Brands, Inc. (IB社) によって所有されています。両プロジェクトの合併についてはIB社のリーダーシップのもと、同社が資金を提供するとともに、当初はどちらのサイトも警戒していましたが、ウィキトラベルとワールド66が行おうとしていることについて、同社経営陣を説得して最終的に理解を得ることもできました。

このビジネスモデルには隠れた交渉事項などはなく、まったくのガラス張りです。現時点でのプランというのは、ウィキトラベルのページ上に、控えめで、ページ内容や旅行に関連し、氏素性のはっきりした広告を掲載するというものです。広告掲載は、別に今日明日というわけではありませんが、それほど遠い未来の話というわけでもありません。広告による収入は、新規ハードウェアの導入、また、他の開発者やデザイナー、その他のスタッフだけでなく我々 (Evan と Maj) 2人がフルタイムでシステムの開発と管理者業務に専従することをサポートしてくれます。IB社は、公正で生産的といった広告掲出の基本方針の下でコミュニティの活動に関与しますが、(そのことに絡んで、広告掲出のため)記事の品位について妥協することは決してしない点を明確にしています。

ただ、この広告掲出というのはあくまでも未来の話です。今日や明日、来週といった話ではもちろんありませんし、来月であってもウィキトラベルは皆さんが慣れ親しんだそのままの姿をとどめていることでしょう。我々は、我々にとってとても役に立っている、優れたメディアウィキのプラットホームにそのまま留まるつもりです。我々は多言語でのサポートを継続するつもりですし、また、我々はクリエイティブ・コモンズが多大な努力を払って我々のために作ってくれた偉大なライセンスを使い続けるつもりです。そしてもちろんのこと、ウィキトラベルのコミュニティが引き続き(当サイトにおける)意思決定や基本方針の策定にあたります。

我々2人は、この3年間みなさんがたが我々2人をこのプロジェクトのお世話役として振舞わせていただけたことをとても誇りに-そして名誉に-思っています。このことは感謝の念に耐えません。同時に、我々はこれからも皆さん方の信頼を得ていかなければならないことも心得ています。そしてIB社の人たちや、ワールド66のR.ドゥ、H.ピーター、そしてジョルジオもまたそのことを承知しています。

「商業ベース」とか「広告」という言葉を聞いただけでアレルギーを起こしてこのサイトから去ろうとする人も中にはいるでしょうね。ただここに残ろうとする人たちは、このような疑念に対して我々2人が答えるチャンスを与えてくれるのではないかと思っています。我々は「コミュニティ」と「コマーシャル」という2つの言葉を相反するものとして捉えるべきものとは考えていません。このコミュニティがウィキトラベルと共に行ってきたことは重要なことであり、我々2人はみなさんが行っているすばらしい旅行ガイドづくりのために、よき管理人たるべくこれまで全力を傾けてきました。

この件について話し合うべきことは多々あろうかと思います。我々2人は今後もこのサイトに居続けますし、それが可能なときにIRCチャンネルメーリングリストを通じて質問に答えていきたいと思います。これを読むことに時間を割いていただいてありがとうございます。そしてもう一度、みなさん達のプロジェクトのお手伝いをさせていただけて感謝しています。 -- Evan 09:02, 20 April 2006 (EDT) / Majnoona 09:02, 20 April 2006 (EDT)

プレスリリースはこちら. Jpatokal 09:35, 20 April 2006 (EDT)


なお、原文は以下のとおり

Important news about Wikitravel[編集]

We're pretty excited to share some big news with the Wikitravel community.

Wikitravel has had immense growth in the last 12 months – both in its size and in the maturity of our guides and our community. Wiki is so strange that way: the more contributors, the better the content we make; and the better the content, the more contributors we attract. But there's still so much left to do to reach our goal: to make a free, complete, up-to-date and reliable world-wide travel guide. We're taking big steps today to get closer to that goal.

As many of you know, a similar project to Wikitravel exists on the Web: World66. Like us, they've been working hard to create a travel guide of global scope. Like us, they use wiki to make the guides reliable and up-to-date. And like us, they use a Creative Commons license to keep their content Free.

Starting today, our two projects will be working together to achieve our common goal. We think the melding of these two sites is going to make a project that's greater that the sum of its parts. It's not going to be easy: we have technical hurdles and potential culture clashes to deal with. But this is the Next Big Step for Wikitravel and World66.

We plan to keep both domains "live", but gradually reduce the overlap between World66 and Wikitravel, and emphasize their different strengths. We're going to be concentrating more of the objective, consensus guide content on Wikitravel, and expanding the role of personal experience, reviews, opinions and ratings on World66.

This is going to be a commercial venture. The two sites are now owned by an American company called Internet Brands, Inc. (IB) which operates a number of consumer information sites. They've provided the leadership and resources to bring our two projects together, and although we were initially wary, we've been won over by their management team's understanding of what Wikitravel and World66 are trying to do.

There's no hidden agenda; the business model will be extremely transparent. The current plan is to have unobtrusive, targeted, well-identified ads on the pages of Wikitravel. Not today, not tomorrow, but not far off, either. Ads will support new hardware and the two of us (Evan and Maj) so we can concentrate full-time on development and sysadmin effort, as well as other developers, designers, and staff. IB is committed to working with the community on an advertising policy that is fair and productive, and makes sure that the integrity of the guides is never compromised.

But that's the future. For today, tomorrow, next week, next month, Wikitravel is going to remain the same site you're used to. We're going to stay on the excellent MediaWiki platform that has served us so well. We're going to continue to support multiple languages, and we're going to keep using the great license that Creative Commons worked so hard to make for us. And of course, the community will continue to make its own decisions and policies.

The two of us are so proud – so honored -- that you've let us act as stewards for your project this last 3 years. We don't take you for granted; we know we will have to continue to earn your trust. The people at IB, and Richard, Douwe, Hans-Peter and Giorgio of World66 know that too.

There are some people who are going to hear commercial or advertising and head right for the door. We hope that the rest of you give us the benefit of the doubt. We don't think "community" and "commercial" have to be opposite terms. What this community has done with Wikitravel is important, and we're committed to being good custodians for the impressive guide you're making.

There's a lot to talk about, and the two of us will be here on the site, on IRC, and on the mailing list to answer questions when we can. Thanks for taking the time to read this; thanks again for letting us help you with your project. -- Evan 09:02, 20 April 2006 (EDT) / Majnoona 09:02, 20 April 2006 (EDT)

Press release here. Jpatokal 09:35, 20 April 2006 (EDT)
P.S. Special thanks to the admins who've translated this message into other languages (see interwiki for links). We're going to monitor the other language versions, but it's nice to get the message out. --Evan 12:17, 20 April 2006 (EDT)

変種

操作

Docents

他言語版