何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

Wikitravel:地理的階層

提供: Wikitravel
移動: 案内検索

というのは突き詰めて考えれば地理に関することです。したがって、ウィキトラベルもまた地理を扱ったものということができます(このような考え自体は、旅行をある側面から捉えたものに過ぎない(詳細については旅に対する別の見方をご覧ください。)のかもしれませんが)。

宇宙旅行が一般庶民に手の届くようなものになるまで、ウィキトラベルではさしあたり地球上の旅行についてのみ取り扱っていくつもりです。ウィキトラベルは以下に詳述するような、大まかな地理的階層で世界を理解します。そして階層内の各レベルそれぞれが、ある長さを持った記事を書くのに値する対象であるといえます。(地理を扱う以上、)それら記事の名称はある程度強制されたものとならざるを得ませんが、以下の内容に従って記事を作成することで、それらの記事が、それぞれただ一つづつしかないユニークなものとして容易に選択されることとなるのです。

目的[編集]

地理的階層はそもそも、なぜあるのでしょうか。それは、地理的な細かい点まで議論するためでなく、我々の仕事を整理するためです。ウィキトラベルの記事の対象が何なのか。議論の課題は何なのか。項目 X に対して、どの様な記事を書くべきなのか。地理的階層が設けてあれば、それを使って記事の対象が認識でき、それに対する書き方が分かるのです。

例としてカタロニアを挙げて見ましょう。階層構造を理解すれば、カタロニアは地方であることが分かります。そしてそこから、カタロニアの記事は地方のテンプレートから始めることが分かります。さらに、記事にはバルセロナなど、カタロニアの都市にリンクすること、そしてスペインから、カタロニアの記事にリンクを張ることなどが分かります。また、記事に入れないべき情報も明らかになります。この場合、通貨に関する情報は国レベルで、そして個々のレストランやホテルの情報は都市レベル、と言った区別も明らかになります。

階層構造があればこのような情報の整理や分け方を記事毎に何度も決める手間を省くのです。確かにどの地域でも例外というものはありますが、全体的な方針があれば、例外でも決められた枠組みに対して判断することができるのです。

これら地理的階層というのはガチガチに決まっていて例外を許さない、という類のものではなく、必要に応じて修正することもできます。ただし、その場合であっても、上位の階層から下位の階層、さらにそれよりも下位・・・、といった形で記事がリンクしており、かつ同じ階層の記事が同じようなレベルの内容となっていることが求められます。


階層[編集]

ウィキトラベルにおける地理的階層は以下のようになっています。

  • 地球上の陸地は
    • 大陸に分けることができ、大陸はヨーロッパ州、アジア州などの
      • 大陸区分に分けることができ、大陸区分は
        • に分けることができ、国は
          • 地方に分けることができ、地方は
            • 市町村に分けることができ、市町村は
              • 地区に分けることができる。

階層内のすべてのレベルを用いることがかえってナンセンスな場合は、途中のレベルをとばすことができます。例えば北アメリカ大陸には3つの国(カナダ、アメリカ合衆国、メキシコ)しかないので、北アメリカ大陸をさらに細かな大陸区分に分ける必要はありません。また、アンドラ公国はほんの数平方kmの広さしかありませんから、これをさらに違った地方に分割してそれぞれの記事を起こすというのはばかげているというものでしょう。

大陸[編集]

大陸は地球上でもっとも大きな地理的区分です。地球をいくつかの地域に分ける場合、通常我々はまずアジアアフリカ北アメリカなどの大陸や、オセアニアのように一定の海域に島国が散らばっているような、いわば擬似的大陸に区分します(それら地域をより分かりやすく区分するために、このレベルの区分にちょっとした手直しを加えることもありえます)。「大陸」レベルの記事で実践的な旅行情報を提供する(例えば「ヨーロッパ大陸」の記事で宿に関する具体的な情報を提供するとか)ということは実態としてはありませんが、それより下位のレベルへと移行していくためのイントロダクションとなるような情報を提供するのには便利な場所です。

大陸区分[編集]

大陸区分というのは、旅行という観点で見た場合により理にかなった形で大陸をさらにいくつかのパーツに区分したものです。古典的な例としては、「東南アジア」であるとか、「スカンジナビア」といったものがあります。場合によっては、大陸区分が国境と重なってしまうため、そのような区分自体が意味を成さないということもあります。そのような例として「北アメリカ大陸は、カナダアメリカ合衆国メキシコの3つの「大陸区分」に分けられる」、といったケースがあります。

[編集]

というのは、例えばフランスであるとかブラジルといったように、いわば地球上で一定の統治機構を持った地域として知られている区分を指します。「国」レベルの記事は、通貨であるとかそこで話されている言語、文化といったような情報を盛り込むのに適した階層ということができます(→国のテンプレートの記事も参考にしてください)。

地方[編集]

地方というのは、気候・文化・地理・政治などで統一した領域を指します。地方は国レベル以下の境、例えば日本の県やアメリカ合衆国の州、に沿うことがありますが、大概それ以上のレベルに当てはまります。日本で言えば、関東地方、東北地方、近畿地方など。他の国では例えば、ベトナムでは北ベトナム中央ベトナム南ベトナムメコンデルタ地方、と言った分け方が考えられます。

地方が国境をまたがることも可能です。例えば、アルプス地方は地理的な領域でいくつかの国を含みます。しかし、一般的には地方は一つの国以内の分け方です。

大きな国の場合、地方内に他の地方が含まれることもあります。日本の場合、都道府県だけでなく、東北や関東地方などの分け方があります。

参照: 地方のテンプレート


都市(市町村)[編集]

都市とは、実質上、旅行ガイドが対象とする地理の単位です。旅行者が最初に着くところ、観光してまわるところ、宿を探したりレストランで食事をするところ、そして終わったら発つ所,それが都市です。都市と言っても厳密な定義上の「市」だけでなく、郊外や衛星都市を含む「地方自治体」などを指すこともあります。東京をはじめ、ロサンゼルスパリなどが主な例です。郊外や衛星都市を独立したウィキトラベル記事にするかは参加者の判断で、それらの場所にどれだけの情報があるかによります。

ウィキトラベルにあるほとんどの内容は特定の都市に関するもので、値段や住所などの、旅行に実用的な情報です。なお、都市と都市内の観光先の区別、また国立公園などといった都市でない旅行先の対応については、記事とは何か?をご覧ください。

地区[編集]

いくつかの都市は、一つのウィキトラベル記事に収まらないほどの大きさです。こんな場合には、都市を地区に分けそれぞれの記事にホテル、レストラン、見物などを入れます。例として、東京では東京/新宿東京/銀座などがあります。

都市を地区に分けるか分けないかは、地理的な広さより、内容の量によりますテキサス州ラボックなんかは地理的に大きな都市ですが、多数の地区の記事に分けるほどの内容があるとは言えないでしょう。少なくとも、元となる記事がスタブ記事である以上は分割するに値しないとするのが適切です。


法的地名と旅行用の地名[編集]

国、州、都市などいった世界地理の法的な分け方は必ずしも旅行に適してるとは言えません。どこかの国家が地図に線を引いて名前を付けただけではウィキトラベルの記事を作る理由にはなりません。例えば、メキシコバハ・カリフォルニアバハ・カリフォルニア・ノルテは別の州ですが、ウィキトラベルの記事として、バハ・カリフォルニアの記事に統合する方が合理的です。


階層の例[編集]

上記の階層構造の例をここで示します。

  • ヨーロッパ<大陸>
  • アフリカ <大陸>
  • 北アメリカ <大陸>
  • アジア <大陸>
    • ベトナム <国>
    • パキスタン <国>
    • 日本 <国>
      • 東北 <地方>
      • 四国 <地方>
      • 近畿 <地方>
      • 中部 <地方>
      • 北海道 <地方>
      • 九州 <地方>
      • 関東 <地方>
        • 横浜 <都市>
        • 千葉 <都市>
        • 川越 <都市>
        • 東京 <都市>
          • 世田谷 <地区>
          • 渋谷 <地区>
          • 立川 <地区>
          • 池袋 <地区>


地理的単位の分け方[編集]

この階層の中でも、都市や国など、境が法的に定められてるため容易に決め付けができる単位があります。また、大陸などは、争論を招くことがありえないほど常識的なものです。一方、大陸の領域や都市の地区などは、もう少し曖昧な分け方がありがちです。そんな場合、どうやって分けるべきでしょうか?

ウィキトラベルは次のガイドラインを使います:

  • 7 プラスマイナス 2 の法則心理学者によると、人間の頭脳は物を 5個から9個の集まりに収めるのが最も慣れてるそうです。それ以上の物がある場合、その集まりを更に5-9個の集まりに分けていきます。ウィキトラベルの場合、大陸に多数の国や、国に多数の都市があると、それぞれいくつかの集まりに収めると言うことです。
  • 伝統的な分け方。いくつかの地域や大陸には伝統的な分け方があります。ヨーロッパのベネルクス3国、イングランドの湖水地方、アメリカ合衆国の南西部が例です。このような伝統的な分け方は、読者にも馴染みがあるのでできる限り使いましょう。
  • 政治的及び法的な定義。いくつかの国は国家によって州・県・省などといった区分に分けられます。このような分け方は、7 +/- 2 の法則を破らない限り、使うのも良いでしょう。ただし、日本の 47都道府県のように数が多い場合はまず地方などに分けましょう。
  • 言語や文化の分け方。一つの国でも、言語や人種の違いで分けられる場合があります。例えばスイスをフランス語圏・ドイツ語圏・イタリア語圏・ロマンシュ語圏にそれぞれ分けるのも可能です。


階層の重複[編集]

一般に、ある目的地が他の目的地を包含しているという場合を除けば、我々は2つの異なる目的地の記事どうしの内容が重複するのを避けるようにしています。というのも、もし記事が重複しているとしたら、読者はどちらから情報を得たらいいのかわかりませんし、投稿者にとっても、一体どちらに自分の持っている情報を載せたらいいのかわからなくなってしまうからです。また、もし個々の目的地である「パーツ」間に重複がなければ、「Wikitravel:地図作成の探検」といったような作業もより容易になります。

実際のところ、「階層」というのは2つの場所の間に重複がないという状態を意味します。元来、個々の地理的な「ユニット」というのは、それぞれたった一つの「親グループ」に含まれるべきものなのです。

ただ、場合によってはそういったルールに例外を持たせることが必要なときもあります。その例としては、2つの異なる国や州、県などといった政治的な境界線にまたがって存在する「地方」(という概念)があります。通常、そのような地方については、実際目には見えない国境線(境界線)という線によって不自然で小さなパーツにこま切れにしてしまうよりも、むしろひとつの塊として取り扱う方が好ましいでしょう。その例として、カリフォルニア州ネバダ州の間に広がる地方、「タホ湖」などが挙げられます。

(→スタイルマニュアルに戻る)

変種

操作

Docents

他言語版