何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

Wikitravel:ローマ字表記

提供: Wikitravel
移動先: 案内検索

ローマ字表記とは、ある言語の文字をラテン文字(ローマ文字)に書き写すことです。ここではウィキトラベルにおけるローマ字表記のガイドラインを述べることにします。


As a rule of thumb, romanization should allow the casual reader to guess at the pronunciation, and the expert to pronounce it right.

概要[編集]

  • 本文中では、少なくとも初出時には、正しいアクセント記号をつけてください。


地名[編集]

The following guidelines apply to any places in listings (See, Do, Eat, Drink, Sleep, etc.)

  • If a place has a common English name use it, but always provide the local script and correct romanization in parentheses.
    • Example: Xilin Pagoda (西林塔 Xīlíntǎ) ...
  • If a place has no English name at all, which is unusual but not impossible, use the romanization as the name and give the script in parentheses.
    • Example: Tunguta (トゥングタ). A rice field in the middle of the island...
  • For places without signs in Latin latters, italicize the romanization and give the script in parentheses:
    • Example: Khrob Khreung (ครบเครื่อง), Ari Samphan Soi 10. Famous for its kuay tiow yam bok rice noodles...

用語[編集]

The following guidelines apply to any local terms used in other content (the introductory glosses of any section, cultural coverage, etc.)

  • If you want to give the local name of any term, place both local script and romanization in parentheses after the English name.
    • Example: One Japanese specialty worth seeking out is eel (うなぎ unagi) ...
  • If using a romanized term in text, italicize it and provide the local script in parentheses. If you want to include a literal translation, this can also go within the parentheses, but in quotes.
    • Example: In Thailand, Western-style black tea is known as chaa ron (ชาร้อน, lit. "tea hot") ...

各言語[編集]

中国語[編集]

ピンイン声調表
四声 a e i o u ü
第一声 ā ē ī ō ū ǖ
第二声 á é í ó ú ǘ
第三声 ǎ ě ǐ ǒ ǔ ǚ
第四声 à è ì ò ù ǜ

中国語のローマ字表記は、方言の多様さや厄介な政治的事情により複雑です。


中国大陸の記事については、ピンイン簡体字を使います。


香港マカオの記事については、広東語のイェール式ローマ字と繁体字を使います。ただし、他の表記がもっとも一般的な場合はそちらを使います。


台湾の記事については、古く有名な地名にはウェード式ローマ字(アポストロフィなし)を使い、あまり知られていない地名についてはピンインか通用ピンインを使います。漢字は繁体字です。


声調は数字でなくアクセント記号で示します。必要に応じてピンイン/Unicodeコンバータを使ってください。声調が不明な場合は書かなくてもかまいません。

例:「中国」はZhong1 Guo2でなくZhōngguóと書きます。


  • Write syllables words together and in lowercase. Split up long strings into sensible chunks.
    • 南大街 is Nándàjiē (South-Great-Street), not "Nan Da Jie" or "NanDaJie"
    • 天河北路 is Tiānhé Běilù (Heaven-Lake North-Road)
  • Do not use tone marks for article titles, but give them in the intro.
    • Shanghai (上海 Shànghǎi) is a city.
  • Place parentheses around Chinese characters and their pinyin readings. Do not use italics, bold or quote marks.
    • Beer (啤酒 píjiǔ) is very common in China.

See also: WikiPedia:Wikipedia:Manual of Style (China-related articles)

ヘブライ語[編集]

ヘブライ語のローマ字表記は、さまざまな方言と発音があるため複雑で、標準的なものがありません。もっとも公的なものは国連式ローマ字表記で、地図でよく使われるため旅行者にとってはとくに有用です。


国連式ローマ字を使いますが、以下の例外があります。

  • ヘット (ח) には ẖ (下線つきのh) ではなくchを使います。
  • ツァディ (ץ/צ) には ẕ (下線つきのz) ではなくtzを使います。


上の組み合わせはイスラエルでよく使われており、PCでの表示・入力も容易です。


韓国語・朝鮮語[編集]

韓国語・朝鮮語のローマ字表記は比較的シンプルです。


韓国については、標識その他で広く使われている文化観光部2000年式を使います

ハングルとローマ字の変換にはHong's Hangul Conversion Toolsが便利です。

    • Note the McCune-Reischauer form in content and add a redirect if the old form is well known (eg. PusanBusan, InchonIncheon, ChejuJeju)


北朝鮮については、公式な記法であるマッキューン=ライシャワー式を使います。

本文ではブレーヴェ (˘) とアポストロフィを省略しないでください (ピョンヤン P'yŏngyang)。


人名は南北どちらでも依然として本人の好みや慣用によって書かれます (金日成 きん・にっせい/キム・イルソンはKim Il-sŏngでなくKim Il-sung、李承晩 り・しょうばん/イ・スンマンはI Seung-manでなくSyngman Rhee)。「ハングル (Hangul/Hangeul)」「キムチ (Kimchi/Gimchi/Kimchee)」「テコンドー (Taekwondo)」なども同様です。


日本語[編集]

長母音表
a e i o u
Āā Ēē Īī Ōō Ūū

日本語については、過去百年を通じてヘボン式が事実上の標準ローマ字となっており、とくに外国人向けの出版物では、訓令式はほとんど使われていません。


  • 原則としてヘボン式を使います。
  • のばす音はマクロンで示します。
  • 「ん」は常にnで表します。例: 群馬 Gunma
  • 「ん」は、次にア行またはヤ行がくる場合はn'と書きます。「ん」やその他の音が続く場合 (マ行、バ行、パ行でも) はそうしません。山陽 San'yō / 新橋 Shinbashi


See also: WikiPedia:Wikipedia:Manual of Style (Japan-related articles)

タイ語[編集]

Thai romanization is generally a mess, with several incompatible 'standards' and lots of completely nonstandard off-the-cuff attempts. In general:

  • Use the most common English name for article names.
  • When in doubt, use the Royal Thai General System of Transcription (RTGS), used in road signs, time tables and government publications, and the closest thing there is to an official standard.
    • Hence Khao San Road, not "Kao Sarn", and Ayutthaya, not "Ayodhya"
    • In particular, Ko (not Koh) for islands
    • Always use RTGS if providing the pronunciation after a Thai name, eg. กรุงเทพฯ Krung Thep for the city known in English as Bangkok

See also: WikiPedia:Wikipedia:Manual of Style (Thailand-related articles)

ベトナム語[編集]

Vietnamese is actually written in the Latin alphabet, but the vast slew of tonal diacritics make handling it a little difficult.

  • Strip diacritics from article titles, but include them in the article body.
    • Hanoi (Hà Nội) is the capital of Vietnam...
  • Syllables should be separated in article titles and content, but include the combined form in the article body if it's a reasonably common alternative.