何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

Wikitravel:リンクを貼り過ぎないように

提供: Wikitravel
移動: 案内検索

例えばウィキペディアのようなWiki のサイトでは、以下の例に見られるようにリンク用の括弧を文中の「あらゆる単語」ごとに使うことが慣例となっています。

例えば[http://ja.wikipedia.org/ ウィキペディア]のような[[Wiki]] の[[ウェッブサイト|サイト]]では、以下の例に見られるように[[リンク]]用の[[内部記事へのリンク|括弧]]を[[文の書き方|文中]]の「あらゆる[[単語]]」ごとに使うことが[[内部記事へのリンク|慣例]]となっています。


ウィキペディアであれば、このような、「あらゆる単語」ごとにリンクを使うことにも意味があります。だって、それら「人」や「習慣」、「名詞」、「文」などの各項目が果たしてそのWiki上に存在しているのかがそのようにリンクを貼ることで一目瞭然になるわけですから。ウィキペディアで熱心に行われている(そして最も基本的な)作業というのは、つまるところ、世の中にある森羅万象の事柄を百科事典的に幅広く拾ってそれらをリンクでつなぎ、知識のフレームの中に体系化していくことといえるかと思います。

でもそういった作業というのは、ウィキトラベル上ではウィキペディアのような「常識」とはなり得ません。というのも、ウィキトラベルでは、「旅」という一定の目指すべきゴールを持って作業を進めているのであり、およそ旅に関係しないような事柄や関連の薄いものについては、将来的に記事として取り上げられることはまずありえないからです(詳細については記事とは何か?を参照してください)。

ウィキトラベルの記事を執筆される際には、我々の目指している事柄にフィットしない、つまり将来的にどう考えても記事になりそうもない項目や、旅行と関係のない項目へのリンクを避けるといったことを心がけ、リンクを貼り過ぎないようにしてください。例え一見関係のありそうな項目であっても、ウィキトラベルの目指すべきゴールからはずれてしまうような項目も中にはありますので、その辺にも注意を払ってください(旅をこよなく愛した作家だからいつか誰かが記事を書くんじゃないかと思って[[開高健]]にリンクを貼るなんていうのが、言ってみればそんな例でしょうか・・・)。

不完全なリンクは記事の見ばえを悪くしますし、読者に混乱を与えてしまいます。ですから、必要以上にリンクを貼り過ぎないように。

(→スタイルマニュアルに戻る)

変種

操作

Docents

他言語版