何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

Wikitravel:ページを削除するには

提供: Wikitravel
移動先: 案内検索

ウィキトラベルでは、一般的にページの削除はほとんど行いません。というのも、ページの削除を行うという作業自体ほとんど必要のないことだからです。この記事では、ページの削除方法を説明するとともに、ページを削除した方がよいと思った場合の対処方法を述べています(ページの削除自体をみなさん自身でやっていただくことはありません)。

なぜページの削除に対して慎重に対応するのか[編集]

誰しもみんな、ウィキトラベルのようなウィキシステムを使ったページを使い始めたときは、そのページをあたかも自分のコンピューターの中にあるファイルと同じようなものと考えてしまいます。だって自分自身で新しいページを作成することもできるし、編集することだってできるのだから。そんな訳でページの削除だって簡単にできてしまう、と思いますよね?

でも、ウィキのページというのは、自分のPCで普段使っているようなファイルとは違うものです。誰でもページの修正は行えるし、それが故意によるものなのか、過失かはともかくとして、ときにはページに全然関係ない内容を書き込むこともあります。我々は編集ごとの全ての版を履歴として保存することでこのような行為に対して、より軽い方法で対処しています。つまり、他の人が履歴を追うことで好ましくない編集作業を確定し、もし本当に必要であれば、その作業が行われた直前の版にリバートしてしまうということも可能なのです。

でももしページ自体が削除されてしまったとしたら、誰も上のような作業を行うことはできません。そんな訳で、我々は、本当にそうせざるを得ない場合を除いて、できる限りページの削除を行わないようにしているのです。

擬似的な「削除」方法[編集]

ページの削除を行わなくても、削除した場合と同じ「効果」が得られる方法は他にもあります。以下に述べるのは、「誰でも」いわゆるページの「削除」が可能な、そんな方法です。

  • もしみなさんが、ページに書かれている内容に誤りがあるか、もしくはひどい書きぶりだと思われるのであれば、単にその箇所をみなさんの手で書き変えてください。
  • もしそのページが旅行に関する記事であっても、記事名の付け方がウィキトラベルにフィットしないような場合であれば、みなさん自身でページ名を変更してください。
  • ページ名自体は問題ないけれども、そこに書かれた内容がウィキトラベルにふさわしいものではないという場合には、単にテキストボックス上でその内容を全て削除して、空のページにすることができます。その際、みなさん自身でデータを消去した後、代わりとして何かスタブとなるような情報を残していただければありがたいですが、そうでなければ別に空のままにしておいていただくだけでも結構です。そのような状態にしておけば、次にその空の記事を見た人が、何がしかのデータを残してくれることでしょう。
  • 例えば「ビエンチャン」と「ヴィエンチャン」といったように、同一の旅行先のページが重複して作られてしまっているような場合には、そのどちらかを、もう一つのページへのリダイレクトページに変更してください。もしいくつかの重複したページが作成されてしまっているような場合であれば、それらのページのうちで、記事名の付け方の基準に照らしてもっともふさわしいと思われるページ上に各ページに書かれている記事を統合した上で、その他のページを全てリダイレクトページに変更してください。

ページを完全に削除するには[編集]

ただし、ページそのものの完全な削除について、時にそれが必要な場合や、むしろそうした方が望ましい場合というのもあります。実務的な理由で、我々の用いているソフトウェアでは、すべてのユーザーに一方的に削除権限を与えることは行っていません。もし、削除の基本方針に照らしてページを削除すべきだと考えるときは、 削除依頼のページに、削除すべきと考えるページ名を書き込んでリンクを貼ってください。

その際、削除依頼のページ上に、なぜそのページを削除すべきと考えるかコメントを添付してください。また、投票については、各自賛成・反対を明記の上、日付入りの署名 (詳細についてはノートページを使うを参照)で投票を行ってください。 削除依頼のあった日から14日経過後、そのページを削除すべきでないことについて誰からも説得力のある反論が出てこない場合には、そのページは管理者の手によって完全に削除されます。