何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

Wikitravel:ウィキトラベルで GFDL を採用しない理由

提供: Wikitravel
移動: 案内検索

オープンコンテントによるウィキのサイトの中には、作業を進めるにあたって、GNU Free Documentation License(単にGNU FDL、またはGFDLと略されることもある。以下、GFDLと表記)を採用しているものもあります(その代表的なものはウィキペディア)。一方、ウィキトラベルでは、GFDLは我々の目指す目標にマッチしていないため、他のライセンスを用いています。このページは、なぜGFDLではなくて他のライセンスを用いているのかについて説明しようとするものです。

GFDLはオープンコンテントなソフトウェアマニュアルやテキスト、その他ボリュームのある参考書の編集をサポートするために開発されたものです。GFDLでは、そのライセンス下に文書を配布しようとする際に、重たい要件が求められることがあります。例えば、GFDLライセンスの下にある文書を100部を超えて配布しようとする際には、「透過的複製物」(コンピュータなどの機械で容易に読み取ることが可能な形式のデータ、つまりソースのこと)の形式となっている同じ内容の文書に加えて、GFDLそのもののコピーや、変更履歴なども含めて配布しなければなりません。

これらの要件は、内容量の大きなテキストにとってはさほど面倒なことではないでしょう。しかしウィキトラベルでは、サイト全体といった形ではなくて、個々の記事をそれぞれ別個に再配布したいと思っています。ウィキトラベルの個々の記事というのは、せいぜい数ページ程度でしかありません。それらの小さな文書を配布するために、コンピュータ上のテキストベースでは文中に細々と使われている、ウィキマークアップのようなデータまで一つ一つ入ったフロッピーディスクやCDなどに加えて、10ページにも渡るライセンスの認証テキストに至るまでわざわざ別個に配布するというのでは、常識的に考えても理にかなったこととはいえません。

これらの小さな文書(つまりウィキトラベルの記事)を利用してくれる「発行人」達が、ウィキトラベルの記事のコピーの束を配るのがどんなところ(また、発行人自体がどんな人)なのかをちょっと考えてみてください。考えられる場面は、せいぜい、以下に示したようなものではないでしょうか?

  • ローカルなツーリストオフィス
  • ホテルやゲストハウス
  • 親切な旅行者
  • (それを教材に使おうとしている)先生
  • 交換留学生のプログラム
  • ウェディングやイベントのプランナー

これらの「発行人」たちに、ソフトウェア資料やテキストの編集のために用意されている要件を課すということは、つまり彼らが我々のライセンスを無視してしまうか--そいういった悪い前例もありますよね--、あるいはもっと単純に(こちらの方がもっとありそうなことですが)、我々の成果物を使ってもらえない、ということを意味することになります。

我々が、ウィキトラベルのコンテンツを「フリーな」ものとして謳っているのは、我々が共同で作業ができるようにするためだけではなく、それを参照したり、使ってほしいと思っているからでもあります。もし旅行者たちが入口のところで情報を得られないとしたら、我々は彼らに対して有益な情報を提供することができません。

より手軽なライセンス[編集]

我々が選択した「クリエイティブ・コモンズ帰属 - 同一条件許諾ライセンス第1.0版」(以下、"by-sa"と省略)は、GFDLに比べてより簡単で扱いやすいライセンスです。我々は、「小さな発行人たち」に必要以上の負担をかけることなく、かつウィキトラベルの記事をコピーレフトの保護下に置くことができる、by-saというライセンスを用いることが、われわれの目指す目標にかなっていると考えています。by-saで含める必要がある事項は、著作権の注意書きと著作者への(権利の)帰属、そしてライセンスのURLのみであり、それらの事項は記事の最後の部分に簡単な文で盛り込むことができます。

一方、GFDLをライセンスとして用いないことで生じる大きな欠点は、GFDLをライセンスに用いているコンテンツ--例えばウィキペディアの記事がその例ですが--をウィキトラベルの記事の中に取り込むことができないという点です。これは、みなさんがGFDLを用いている著作物の著作権者でなければ、コンテンツのライセンスを勝手に変えることができないという、GFDL上の制約があるからです。このことは投稿者にとってはある種の苦痛かと思います。でも我々は、ウィキトラベルの利用者や記事を配布する人たちに、我々の用いているライセンスの要件に従ってもらうのを容易にすることの方がベターであると考えています。


クリエイティブ・コモンズは、将来いずれかの時期に、改定版のライセンスを発行することを計画しています。改訂版のライセンスでは、他のフリーライセンスとの互換性を「最優先課題」に位置づけており、将来改定されたライセンスが発行されたあかつきには、ウィキトラベル上で執筆された記事をGFDLの下で配布できるであろうことも期待できます (GFDL との互換は2.0 版への改定で行われる予定でしたが、うまくいきませんでした)。

もしCCライセンスがGFDL互換となった場合でも、GFDL下のコンテンツをウィキトラベルに取り入れることはできませんが、他のフリーライセンスの著作物に、ウィキトラベルの記事を使用すること自体は可能です。

その他の選択肢[編集]

もし何らかの理由で、GFDL下での投稿が受け入れられないとは言わないまでも、GFDLとの互換性を有する新たなバージョンのby-saがリリースされるまで待てない場合には、いくつか取りうる手段があります。

  • GFDLの作者であるフリーソフトウェア財団 (FSF) や、by-saの作者であるクリエイティブ・コモンズと直接連絡を取ることで、それらのライセンスを合わせて使えないことが、あなたにいかに困難な問題をもたらしているかをわかってもらえるようにすることができます。
  • みなさんの投稿を、by-saとGFDLの双方の下に行うという、いわゆる 二重ライセンスという方法をとることも可能です。ただし、この方法を取る場合にはウィキトラベラー同士の共同作業をより難しくしてしまうこと、また、行おうとしてる作業内容がGFDLの条項に反していないか、みなさん自身が注意を払わなければならないという点について留意する必要があります。
  • そもそもウィキトラベルの共同作業に参加しないという選択肢も選ぶことができます。我々が目指す目標とみなさんのそれとがうまく合わないのは残念なことではありますが、でも、みなさんのそうしたボランティア精神は、きっとウィキトラベル以外の場所でも活かせることでしょう!

変種

操作

Docents

他言語版

その他のサイト