何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

新北市/鶯歌区

提供: Wikitravel
鶯歌鎮から転送)
移動: 案内検索
鶯歌陶瓷老街

鶯歌区 (おうかく) は、新北市の西部にある区。


分かる[編集]

台北市から日帰り観光のできる、陶芸で有名な町。陶器の製作教室を楽しんだり、格安に陶器を購入できる。ゆっくりすれば1日過ごせるが、ポイントを絞れば南隣の三峽鎮とあわせて1日で回ることもできる。。旅客サービスセンターが日曜でも休みのことがあり、日本語のガイドブックでは情報が十分でないので、中国語のガイドブックがあったほうがよい。


三鶯文化バス

三鶯仮日文化巴士チケット[編集]

土日休日に限って鶯歌鎮の陶瓷博物館のチケットと鶯歌-三峽間のバスがセットになった三鶯文化巴士チケット99元が発売され、格安で周遊することができる。 三鶯仮日文化巴士チケット

着く[編集]

列車で[編集]

台鉄台北駅から西部幹線の区間車(普通列車。自強号等は止まらないので注意!)で桃園・新竹方面に30分ほどの鶯歌駅で下車。

バスで[編集]

車で[編集]

動く[編集]

バスで[編集]

足で[編集]

観光ポイントのある区中央の市街地地区はそれほど広いわけではないので歩こうと思えば歩ける。 ただいくつかのポイントを回るとやはり疲れるので適当にバスやタクシーを使ったほうがよい。 また街の中心地でも信号が赤点滅のまま青にならないので、道を渡る際は慎重に。

観る[編集]

鶯歌石  
人々に害を及ぼしていた怪鳥が鄭成功に撃ち落され力尽きて石となったとされる岩。
 所在  鶯歌駅から10分ほど歩きさらに山道を10分ほど上っていく。
鶯歌石
台北県立鶯歌陶瓷博物館  
2000年11月に開館した、地上3階地下1階の展示室を誇る陶器の大型美術館で、平常展および特別展を行っている。陶品店(お土産ショップ)やレストランもある。
 所在  新北市鶯歌区 文化路200号  電話  (+886-2) 8677-2727  WEB  [1]
 開場時間  平日9時半から5時・土日9時半から6時・月曜は休み  料金  100元
台北県立鶯歌陶瓷博物館

遊ぶ[編集]

南雅路夜市  
夜市と称しているが、屋台もまばらで車も入ってくる。かなり西側の育英街との交差点を過ぎたあたりからにぎやかになるとの情報がある。
 所在  駅北側建国路を西に歩き、国慶路との交差点で右に曲がって少し歩くと左手に門が見えてくる。
南雅路夜市


陶瓷老街  
陶器販売の店や陶芸製作体験ができる工房が多くある。老街と称しているが観光向けにかなりきれいに改装されている。
 所在  重慶街
陶瓷老街


陶芸製作  
1例として粘土代100元で1時間弱で形を作り、焼成は150元で2週間ほど、さらに台湾内の送料150元ほど。
 所在  陶瓷老街

買う[編集]

陶器  
陶器は台北市内よりやや格安で買うことができる。
 所在  街中のあちこちで売っている。

食べる[編集]

安食堂[編集]

中級[編集]

高級[編集]

飲む[編集]

泊まる[編集]

安宿[編集]

中級[編集]

高級[編集]

出かける[編集]

外部リンク[編集]

この記事「新北市/鶯歌区」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。

変種

操作

Docents

他言語版

その他のサイト