何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

高雄市

提供: Wikitravel
台湾南西部 : 高雄市
移動: 案内検索
旗津、天后宮のランタン

高雄(たかお、カオション)は台湾南西部にある、新北台北に次ぐ台湾第三の大都市。国際的なコンテナ港である高雄港に面し、台湾北部の基隆、台湾東部の花蓮とならぶ港湾都市である。人口153万人(2008年12月現在)。 [1]


地区[編集]

空から見た高雄の街並み
  • 楠梓区:高雄市の最北部に位置する。
  • 左営区:高鉄左営駅や、広告でよく使用される龍虎塔で有名な蓮池潭や、孔子廟がある。
  • 鼓山区:旧英国領事館や壽山公園、哈瑪星など見所が多い。
  • 三民区:台鉄高雄駅を含め、高雄市で最も栄えている地域。また東側は高雄県に面し、九曲橋で有名な澄清湖が近い。
  • 鹽埕区:愛河の河口西側に位置する旧市街で、旧高雄市役所などがある。
  • 前金区:高雄駅の南西で愛河の東側に位置し、愛河沿いの雰囲気のいいレストランなどが多い。
  • 新興区:高雄駅の南東に位置し、六合夜市や新堀江商場などが有名。
  • 苓雅区:高雄の象徴である東帝士85摩天ビルや、百貨店などが集まる三多商圏がある。
  • 旗津区:旗津半島という離れ島になっており10元のフェリーで渡る。天后宮や砲台、灯台など見所が多い。
  • 前鎮区:高雄港に面する工業区だが、夢時代やIKEAなど郊外型ショッピングモールも多い。
  • 小港区:最南部に位置し、高雄小港空港がある。


分かる[編集]

概要[編集]

高雄駅前(建国二路)付近の様子

地名の由来は、清の時代に「打狗」(タゴウ)(原住民の言葉で竹を意味する)と読んでいたが、日本時代に「高雄」(タカオ)に改められ、中華民国となった後も表記はそのまま使われ、読み方だけ中国語の「カオション」になった、というもの。

台北市とともに「直轄市」に位置づけられているため、高雄県には含まれない。また、高尾山がきっかけで、東京都八王子市と2006年に友好交流都市提携している。


気候[編集]

緯度的には熱帯に属するが常夏というわけではなく、冬季は1月で15~20度ほど(日が落ちたらジャケットやコートなどの羽織るものが必要)。

高雄の平均気温と降水量
 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月年 間
平均気温 (℃)18.819.722.325.227.228.428.928.327.926.423.420.224.7
降水量 (mm)20.023.639.272.8177.3397.9370.6426.3186.645.713.411.51,784.9
データ出典

着く[編集]

飛行機で[編集]

高雄小港空港(高雄国際機場、正式名称:高雄国際航空站)へ

国際線

  • 成田国際空港(東京)から約4時間: 中華航空(月木日曜1便CI103)日本航空(1日1便JL657)
  • 中部国際空港(名古屋)から約3時間: 中華航空(月水木日曜1便CI153)

国内線

  • 台北松山空港から約50~60分: 華信航空(週3便)

列車で[編集]

  • 台北駅から高鉄左営駅まで高鉄で1時間30分(板橋・台中のみ停車する最も速い列車)、高鉄左営駅からMRTで高雄駅方面へ(高鉄運行の無料シャトルバスは終了)。
  • 台北駅から高雄駅まで4~5時間(自強号)、6~7時間(復興号・莒光号)。

車で[編集]

バスで[編集]

船で[編集]

澎湖諸島と高雄及び金門島と高雄とを結ぶ定期航路がある。所要時間は高雄・澎湖諸島航路が約4時間、高雄・金門島航路が約9時間。

動く[編集]

列車で[編集]

捷運 (MRT) で[編集]

高雄捷運のMRT紅線が開通してかなり便利になった。高雄捷運

市の南部にある小港国際空港と台鉄高雄駅及び台湾高速鉄道の左営駅はそれぞれMRT(捷運)で結ばれている。MRTに乗車する際にはルーレットのチップのような形をしたプラスチック製のトークンを自動販売機で購入して使う。トークンは入札時には定期券同様改札機のICカード感知器の部分にかざし、出札では回収のため投入口に入れるしくみとなっている。

なお、高雄のMRT(捷運)は最低区間が20元、最高50元と、台北と比べるとやや高めである。また台北のようなフリーチケットも2012年春の現時点ではない。

タクシーで[編集]

バスで[編集]

船で[編集]

観る[編集]

高雄願景館 (Vision for Kaohsiung)  
台鉄高雄駅の旧駅舎。日本統治時代に建てられた建築物で、2002年3月末まで現役の駅舎として使われていた。現在はちょっとした展示スペースとして使われており、現代美術のアーティストの作品展や、現地の特産品の展示などが行われている。展示自体はあまり面白いものではないが、建物の内装が確認できるので、入ってみる価値はある。※2012年12月現在、周辺地区の再開発工事のため、一時的に閉鎖されている。
 所在  台鉄高雄駅横  電話  (+886-7) 287-1851  WEB  
 開場時間  火~金:14:00~21:00、土日:10:00~22:00、月休み  料金  無料
高雄願景館

遊ぶ[編集]

学ぶ[編集]

働く[編集]

買う[編集]

電脳街  
建國二路沿いにコンピュータ、ソフトウェア、ゲーム、携帯電話などのショップが多数並び、その規模は台北の八徳路電脳街をしのぐ。また一本北の長明街はオーディオや電子パーツなど一昔前の電気街の雰囲気。
 所在  高雄駅南口、建國二路を東へ。
光南文具  
DVD・CD・コミック類など充実していて高雄のぷち光華商場といったムード。
 所在  八徳一路と中山路の交差点。

食べる[編集]

夜市[編集]

六合夜市 地図  
六合二路沿いで夕方~深夜にかけて開かれる夜市。夜市自体は長さ300mほどで、道の両脇に食べ物をはじめとしていろいろな安い屋台が並ぶ。夜7時を過ぎたあたりからぼちぼちと店が営業を始めるが、賑やかになるのは8時頃から9時頃を過ぎたあたりから。どの料理もおしなべて小ぶりのものが多いので、何軒かの屋台をハシゴすることもできる。

珍しい食べ物の屋台も多く、ついつい手を伸ばしてしまいたくなるが、最初から飛ばしているとすぐにお腹いっぱいになってしまうので、一旦人の流れに合わせて夜市を一通り見学し、どのような屋台があるのか一通り把握した後で、何度か徘徊しながら腹具合とも相談しながらより自分が食べたいものから食べていくのがコツといえばコツである。なお、普段は高くてなかなか手が出ないカラスミなども一口サイズのものが50元くらいで賞味できるので、興味がある人はトライしてみるとよいだろう。

日本ではお目にかかれないような、南国ならではのうまそうな食べ物もたくさん並べられており、また実際それらの品々がとてもうまいので、ついついムリをして食べてしまいがちだが、慣れないものを食べすぎると胃腸の弱い人は後でお腹を壊してひどい下痢に襲われることもあるので、ほどほどにしておいた方がよい。

活気のある夜市の雰囲気を見るだけでも十分楽しむことができる。なお、高雄市内でも指折りの有名な観光地で、人でごった返しているので、スリなどに注意。

 所在  六合二路。MRT美麗島駅下車。
六合夜市 六合夜市

安食堂[編集]

中級[編集]

高級[編集]

飲む[編集]

泊まる[編集]

安宿[編集]

ハマセン ホステル  
西子湾地下鉄駅から徒歩2分
 所在  高雄市鼓山區鼓波街58-2號  電話  (+886-911) 702-970  WEB  [2]
 e-mail  [3]
 時間    料金  NT$400 /bed


Kaohsiung Hostel  
 所在    電話    WEB  
 時間    料金  

中級[編集]

國統大飯店  
高雄駅の近くにあるエコノミーホテル。長距離バスターミナルもすぐ目の前。
 所在  295 Chien Kuo 2nd Rd. Kaohsiung。  電話  (+886-7) 235-1284
 FAX  (+886-7) 235-1287
 WEB  [4]
 時間    料金  


国衆大飯店 (Hotel Guo Shong, Nice Hotel) 地図  
台鉄高雄駅近くにある、昔ながらのホテル。かつて台湾が戒厳令下にあった頃から営業を続けていると思われるホテルで、ドアのところに火災時の避難経路ではなく、空襲時の地下防空壕への避難経路が掲示されているあたりが何とも時代を感じさせる。部屋も調度類も少々くたびれた感じがあるのは否めないが、古き良き時代の台湾の雰囲気を味わいたい向きにはおすすめのホテルかもしれない。バイキング形式の朝食付き。ロケーションは抜群によく、有名な六合夜市へも歩いて10分くらいで行ける。古いホテルだが、料金的には周辺の新しいホテルとさほど変わらない。なお、年末年始や春節などハイシーズンには、3倍くらいに料金が跳ね上がる。
 所在  高雄市建國二路268號  電話  (+886-7) 237-0117
 FAX  (+886-7) 237-0128
 WEB  [5]
 e-mail  [6]
 時間  チェックイン 12:00 チェックアウト 12:00   料金  シングル1,300元~。延長1時間あたり100元。
国衆大飯店


御宿商旅 站前館 (Royal Hotel) 地図  
2011年1月に開業した、まだ比較的新しいホテル。道を挟んで台鉄旧高雄駅の斜め向かいにある。日本の観光列車「指宿のたまて箱号」を彷彿させるような、白と黒の市松模様のデザインが特徴的。なお、このホテルはチェーン店で、高雄市内だけでも似たような名前のホテルが10くらいあるので、「站前館」まで指定しないと、違うところを案内される可能性があるので注意。
 所在  高雄市三民區建國二路283號  電話  (+886-7) 237-8888  WEB  [7]
 時間    料金  
御宿商旅 站前館

高級[編集]

連絡する[編集]

気を付ける[編集]

水道水は飲料用にならない。コンビニでペットボトルを買おう。愛河がかつて汚かったのは有名で、高雄市民は決して水道水を飲まない。

暮らす[編集]

公館[編集]

財団法人 交流協会 高雄事務所  
事実上の日本領事館。旅券業務などはここで扱う。査証の受付は9:15~11:30、13:45~16:00(休所日を除く)。領事業務は9:00~12:00、13:30~17:00(休所日を除く)。
 所在  9F. 87 Hoping 1st. Rd,Lingya Qu Kaohsiung / 高雄市苓雅区和平一路87号9F 南和和平大楼。和平一路と五権街の交差点。  電話  (+886-7) 771-4008
 FAX  (+886-7) 771-2734
 WEB  [8]
 時間  月曜日~金曜日の9:00~12:30と13:30~17:30。公休日は毎週土・日曜日、台湾の祝祭日と一部の日本の祝祭日。  料金  

出かける[編集]

  • 小琉球 — 一般に小琉球と呼ばれる離島。
  • 澎湖諸島
    澎湖諸島 — 台湾南西部の沖合に浮かぶ群島で、澎湖本島、白沙島西嶼島望安島七美島など大小90の島々から成る。最も初期の中国大陸から台湾への移民が渡ってきた土地の一つとして知られる。長い年月の間に玄武岩が海に浸食されてできた奇岩が多いことでも有名で、海岸沿いを中心に、風光明媚な景色が続く。高雄は南部台湾から澎湖諸島への主要なゲートウェイの一つで、小港国際空港から澎湖本島、七美島、望安島へ飛行機の便がそれぞれあるほか、主要な島とフェリーでも結ばれている。高雄から澎湖諸島までは飛行機で30分前後。


この記事「高雄市」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。

変種

操作

Docents

他言語版

その他のサイト