何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

高松市

提供: Wikitravel
移動: 案内検索
栗林公園

高松市(たかまつし)は四国第二の人口を誇る香川県の県庁所在地。もっと高松トップページ


分かる[編集]

香川県の中心都市であり、四国の交通の要衝としての役目も果たしてきた。2013年には直島、豊島、小豆島などとともに瀬戸内国際芸術祭の舞台となる。

概要[編集]

平安時代末期、京を追われた平家は安徳天皇を奉じて屋島を本拠とし、屋島の戦いが行われた。

安土桃山時代、豊臣秀吉が四国を平定した後の讃岐の領主として生駒親正が高松城を建設し、城下町を築いた。その後高松には松平氏が入り、廃藩置県までの間松平氏が高松を藩主として治めた。明治時代、高松市は香川県の県庁所在地となった。

2005年に塩江町を、2006年に牟礼町・庵治町・香川町・香南町・国分寺町を合併した。

高松市役所 観光振興課高松観光情報(高松市観光課のページ)来・ぶらり~・高松  所在  高松市番町一丁目8-15 庁舎5階  電話  (087) 839-2416  e-mail  [1]

高松観光コンベンションビューロー 所在  サンポート1-1 高松港旅客ターミナルビル7階  電話  (087) 822-7060  WEB  [2]

塩江温泉観光協会 所在  塩江町安原下第2号1645  電話  (087) 893-0148  WEB  [3]

観光案内所[編集]

高松市インフォメーションプラザ — 外国語のものを含めた香川県内の観光パンフレットを多数そろえ、係員が交通や宿泊の案内から予約まで行ってくれる。  所在  浜ノ町1-16 高松駅前  電話  (087) 851-2009  時間  9:00~18:00

えきなかサテライト — 高松駅みどりの窓口隣にある観光案内所。  所在  浜ノ町1-20 高松駅構内  電話  (087) 816-3707  時間  9:00~18:00

まちなか観光案内所 — 市内のホテルが観光案内所の役割を担っている。該当施設は喜代美山荘花樹海・全日空ホテルクレメント高松・高松シティホテル・高松センチュリーホテル・ニューグランデみまつ・ホテル川六エルステージ・ホテルニューフロンティア・ホテルニューワカサ・ホテル福屋・リーガホテルゼスト高松の10ホテル。

高松観光コンベンション・ビューロー — 高知県の会場施設・宿泊施設・観光案内・交通アクセスを一元的に紹介している。  WEB  [4]

観光ガイド[編集]

観光ボランティアガイド — 玉藻公園および屋島山上で観光ボランティアガイドが待機しており、現地でガイドを依頼することができる。  電話  (087) 839-2416 高松市観光ボランティアガイド協会事務局  時間  土曜・日曜 10:00~15:00  料金  無料

香川善意通訳の会 — 外国人観光客に観光案内をする組織。案内料は不要だが交通費等の実費が必要。  所在  屋島東町1095-101  電話  (087) 843-9770 増田さん  料金  実費のみ

気候[編集]

高松市の平均気温と降水量
 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月年 間
平均気温 (℃)5.35.48.413.918.622.526.627.423.517.712.47.515.8
降水量 (mm)39.347.673.386.4100.1158.5134.692.3187.2108.262.433.81,123.6
データ出典

着く[編集]

飛行機で[編集]

市の南部に高松空港IATA: TAK)があり、羽田空港(東京国際空港)、鹿児島空港、那覇空港から就航している。

  • 日本航空 (JAL) : 羽田空港(4便)
  • 日本エアコミュータ (JAC) : 鹿児島空港(1便)
  • 全日空 (ANA) : 羽田空港(5便)、那覇空港(1便)

国際線はソウル(仁川空港)からアシアナ航空 (OZ) により週3便が運行されている(全日空コードシェア便)。 また、上海からLCCが春秋航空より運航されている。

高松市中心部まではコトデンバスで¥440、空港通り一宮バス停下車。琴電琴平線にのりかえ、栗林公園まで11分。市中心部・志度線・長尾線のりかえ駅の瓦町まで13分、高松駅接続の高松築港まで18分である。

列車で[編集]

高松駅
東京方面から
東京駅からの寝台特急「サンライズ瀬戸」利用。ダイヤは各自確認されたい。
岡山方面から
快速「マリンライナー」で約50分。一部指定席あり。
四国各地から
松山駅宇和島駅高知駅中村駅宿毛駅からの特急列車が運行されている。四国旅客鉄道の電話案内センターへはTEL (0570) 00-4592。高松駅へはTEL (087) 825-1702へ。JR四国<四国旅客鉄道株式会社>

中心市街地にある瓦町駅まで、琴平町の琴電琴平駅から日中30分間隔運行されている。また、さぬき市の琴電志度駅および長尾駅から日中20分間隔で高松琴平電鉄の郊外電車が運行されている。ことでんトップページ

バスで[編集]

東京・名古屋・京都・大阪・神戸・広島・福岡・徳島・松山・八幡浜・高知からの都市間バス路線がある。運行はジェイアール四国バス[5] 予約センター TEL (087) 825-1657 四国高速バス[6] 予約センター TEL (087) 881-8419 など。

車で[編集]

高松自動車道高松中央インターチェンジ、片方向のみの高松東インターチェンジ、高松檀紙インターチェンジ、高松西インターチェンジがある。

市内には国道11号、32号などの幹線道路が整備されている。

船で[編集]

高松港

岡山宇野から高松までの航路が、35~60分の間隔で24時間運航されている。片道運賃¥670で、所要時間は約1時間。自家用車の積載も可能で、車旅行には休憩も兼ねられる。四国フェリー

神戸港(新港第3突堤)から高松東港へのフェリーが5往復ある。関西から高松へ来る交通機関の中では最も運賃が安い。運行はジャンボフェリー TEL (087) 811-6688。

その他、小豆島(土庄港、池田港、草壁港)、豊島直島からの船が運航されている。

動く[編集]

列車で[編集]

市内には、JR 高徳線・予讃線・瀬戸大橋線、高松琴平電気鉄道 志度線・長尾線・琴平線の駅がある。

市内の移動には高松琴平電鉄線が、広域での移動にはJR四国線が向いている。

JR 高徳線[編集]

高松駅 ― 昭和町駅 ― 栗林公園北口駅 ― 栗林駅 ― 木太町駅 ― 屋島駅 ― 古高松南駅 ― 八栗口駅 ― 讃岐牟礼駅 ― (さぬき市 志度駅)

JR 予讃線[編集]

高松駅 ― 香西駅 ― 鬼無駅 ― 端岡駅 ― 国分駅 ― (坂出市 讃岐府中駅)

JR 瀬戸大橋線[編集]

坂出市 鴨川駅) ― 国分駅 ― 端岡駅 ― 鬼無駅 ― 高松駅

高松琴平電気鉄道 琴平線[編集]

高松築港駅 ― 片原町駅 ― 瓦町駅 ― 栗林公園駅 ― 三条駅 ― 太田駅 ― 仏生山駅 ― 空港通り駅 ― 一宮駅 ― 円座駅 ― 岡本駅 ― (綾川町 挿頭丘駅)

高松琴平電気鉄道 志度線[編集]

瓦町駅 ― 今橋駅 ― 松島二丁目駅 ― 沖松島駅 ― 春日川駅 ― 潟元駅 ― 琴電屋島駅 ― 古高松駅 ― 八栗駅 ― 六万寺駅 ― 大町駅 ― 八栗新道駅 ― 塩屋駅 ― 房前駅 ― 原駅 ― (さぬき市 琴電志度駅)

高松琴平電気鉄道 長尾線[編集]

瓦町駅 ― 花園駅 ― 林道駅 ― 木太東口駅 ― 元山駅 ― 水田駅 ― 西前田駅 ― 高田駅 ― (三木町 池戸駅)

中心市街地にある瓦町駅まで、琴平町の琴電琴平駅から日中30分間隔運行されている。また、さぬき市の琴電志度駅および長尾駅から日中20分間隔で高松琴平電鉄の郊外電車が運行されている。

バスで[編集]

市内には路線バスが各所にあるので必要に応じて利用できる。運行は琴電バス。TEL (087) 821-3033。ことでんバス

船で[編集]

女木島男木島へは高松駅前サンポート高松から雌雄島海運フェリーで、女木島まで20分、男木島まで40分(女木島経由)。なお、雌雄島海運フェリーの公式サイトが無い為、ダイヤなどは各自確認されたい。

自転車で[編集]

  • 駅からレンタサイクル (JR四国ツアー) — JR四国ツアーが高松市内7ヶ所に設けたサイクルポートでレンタサイクルを行っている。ここではどのポートで返却してもかまわない。初回利用時は身分証明書が必要であるが、手続き自体は簡単ですぐに利用できる。  時間  24時間以内。  料金  1日¥100。  WEB  [7]
    • 高松駅前広場地下ポート 所在  JR高松駅前地下。  電話  (087) 821-0400  時間  7:00~22:00
    • 市役所ポート 所在  市役所西隣。  電話  (087) 821-0370  時間  7:00~22:00
    • 片原町駅前ポート 所在  ことでん片原町駅前。  電話  (087) 822-9521  時間  7:00~22:00
    • 瓦町地下ポート 所在  ことでん瓦町駅地下。  電話  (087) 837-1775  時間  7:00~22:00
    • 南部駐車場ポート 所在  南部駐車場内。  電話  (087) 837-0500  時間  7:30~22:00
    • 栗林駅前ポート 所在  栗林駅前。  電話  (087) 835-0789  時間  7:00~22:00
    • 栗林公園駅前ポート 所在  ことでん栗林公園駅前。  電話  (087) 833-1801  時間  7:00~22:00
  • 元気YASHIMAを創ろう会 — 町の活性化のために作られた、ボランティア団体が貸出を行っているレンタサイクルである。貸出16台。  所在  JR屋島駅構内。  時間  土・日・祝日 10:00~15:00。  料金  1日¥100。  WEB  [8]

足で[編集]

市街地の見所は徒歩圏内。五色台のハイキングコース・遍路道を歩く。屋島および八栗山への登山。

ケーブルカーで[編集]

八栗登山口から八栗山上までケーブルカーが運行されている。7:30~17:15の間は15分毎に運行。料金は、往復大人¥900 小人¥450。八栗ケーブル

観る[編集]

市街地[編集]

栗林公園  
築庭に100年以上をかけた大名庭園で四国で唯一国の特別名称に指定されている。紫雲山を借景に6つの池と13の築山を配置した回遊式庭園は、75ヘクタールの広大な敷地を持ち、庭全体を見て回るには最低でも1時間は必要である。園内には茶室日暮亭、新日暮亭、食事もできる掬月亭、4館からなり1000点近い民具や民芸品を展示している讃岐民芸館、県産品を展示販売している1899年建築の商工奨励館などの施設もある。
栗林公園前バス停下車、またはことでん栗林公園駅から徒歩10分、高徳線・栗林公園北口駅から北口まで徒歩3分。
 所在  高松市栗林町一丁目20-16  電話  (087) 833-7411  WEB  [9]
 開場時間  開園時刻 4月から9月5:30 10月6:00 3・11月6:30 1・2・12月7:00
閉園時刻 6月から9月19:00 4・5・9月18:30 3月18:00 2・10月17:30 1・11・12月17:00
 料金  大人¥400、小人¥170。


紫雲山  
栗林公園の借景となっている山の一つで、標高は170m。整備された登山道があり、途中からの景色が良い。


史跡高松城跡 玉藻公園  
生駒氏・松平氏の居城であった高松城の跡を公園として整備したもので、三重櫓や門、石垣、堀の一部が残され、現在天守閣の復元工事が行われている。周辺が埋め立てられる以前は城郭が直接海に面し軍船が場内に引き入れられるようになっていた。現在も堀には海水が引き入れられている。日本三大水城、日本百名城の一つに数えられる。西門まで高松駅から徒歩2分。12月29日から12月31日まで休園。
 所在  玉藻町2-1  電話  (087) 851-1521  WEB  [10]
 開場時間  西門開門時刻 4~9月5:30 10月6:00 11・3月6:30 1・2・12月7:00
閉門時刻 6~8月19:00 4・5・9月18:30 3月18:00 2・10月17:30 1・11・12月17:00
 料金  16歳以上¥200、6~15歳¥100。
史跡高松城跡 玉藻公園


香川県立ミュージアム  
香川の歴史・民俗・芸術について幅広く実物資料などを収集・展示しており、香川についての理解を深められる施設。まちバス県立ミュージアム下車、高松駅から徒歩10分。休館日は月曜日(休日の場合は翌日、4月28日から5月6日および7月21日から8月31日は無休)と12月27日から1月1日まで。
 所在  玉藻町5-5  電話  (087) 822-0002  WEB  [11]
 開場時間  9:00~17:00  料金  ¥400、高校生以下無料。


高松市歴史資料館  
高松市の歴史を知ることができる資料館。昭和町・図書館前下車または昭和町駅から徒歩3分。休館日は月曜日(休日の場合は翌日)と12月29日から1月3日まで。
 所在  昭和町一丁目2-20 サンクリスタル高松4階  電話  (087) 861-4520  WEB  [12]
 開場時間  9:00~17:00  料金  一般¥200、高校生・大学生¥150。


菊池寛記念館  
高松生まれの作家菊池寛の人物像・作品などについて紹介する資料館。昭和町・図書館前下車または昭和町駅から徒歩3分。休館日は月曜日(休日の場合は翌日)と12月29日から1月3日まで。
 所在  昭和町一丁目2-20 サンクリスタル高松3階  電話  (087) 861-4502  WEB  [13]
 開場時間  9:00~17:00  料金  一般¥200、高校生・中学生¥150、中学生以下無料。


高松市水道資料館  
1917~18年に建設された西洋風建物の御殿浄水場の旧事務室と旧ポンプ室を利用し、水の重要性の紹介や江戸時代の土管、近代の送水ポンプなどの展示を行っている。郷東橋バス停から徒歩20分。12月28日から1月4日まで休館。
 所在  鶴市町1360番地 御殿浄水場内  電話  (087) 861-2920  WEB  [14]
 開場時間  10:00~17:00  料金  入館無料


高松市美術館  
一年を5期に分けて常設展示を行うほか様々なテーマを設けて特別展を実施している。紺屋町バス停またはまちバス丸亀町下車徒歩3分、高松駅から徒歩15分。休館日は月曜日(休日の場合は翌日)と12月29日から1月3日まで。
 所在  紺屋町10-4  電話  (087) 823-1711  WEB  [15]
 開場時間  9:30~19:00(休日は17:00閉館)  料金  常設展 大人¥200、小人¥150。

郊外[編集]

讃岐国分寺跡資料館  
讃岐国分寺の発掘調査の結果やそれを踏まえた復元模型、各種資料などを展示紹介している。国分駅から徒歩5分、国分寺裏手。休館日は月曜日(休日の場合は翌日)と12月29日から1月3日まで。
 所在  国分寺町国分2117-1  電話  (087) 874-8840  WEB  [16]
 開場時間  9:00~16:30  料金  ¥100、中学生以下無料。


五色台  
市の西側で坂出市とにまたがる高地。五色とは弘法大師が五行説に基づいて名付けたといわれる赤峰、黄峰(黄ノ峰)、黒峰、青峰、白峰の5峰にちなんでいる。休暇村があり瀬戸内海や高松市街地の展望がすばらしい。北側にはドライブウェイが通っている。


仏生山本通り  
高松藩主松平家の菩提寺であった法然寺に通じることから、墓参の歴代藩主が訪れたため「御成り街道」と呼ばれて賑わった。江戸から明治にかけての旧家が点在しており、高松市によって仏生山歴史街道都市景観形成地区に指定されている。仏生山駅下車。


四国村 四国民家博物館  
四国の各地から古民家を移築し保存・展示する野外博物館。民家・民具や砂糖や醤油造りなどの伝統産業施設、ギャラリーなどがある。ことでん屋島駅から徒歩5分。
 所在  屋島中町91  電話  (087) 843-3111  WEB  [17]
 開場時間  8:30~18:00(11月から3月は17:30閉園)  料金  大人¥800、高校生¥500、小・中学生¥300。他施設との共通券あり。


屋島 (やしま)  
屋島はもともと島だったが、江戸時代に砂が堆積して半島となった。標高297メートルで、溶岩が固まったテーブル状の山としては世界最大。源平合戦の舞台となるなど古来から要衝の地だった。山上北嶺からは瀬戸内海の展望が美しく、南嶺には屋島寺や水族館、旅館があり、屋島ドライブウェイが通じている。屋島駅・ことでん屋島駅から運賃100円の山上シャトルバスが所要時間10分で走っているが、山麓から歩く場合はことでん屋島駅または潟元駅から約2.5km 4~50分。毎日登山を続ける地元の方も多い。
屋島


屋嶋城跡  
白村江の戦いで大和朝廷軍が敗れたとき唐と新羅にそなえて造られたと日本書紀に記述がある古代山城。屋島南嶺に城門の遺構、北嶺に石塁などが残されている。


新屋島水族館  
山の上にある珍しい水族館。イルカ・アシカのショーが見られるほか300種近い水中棲物が展示されている。屋島山上下車徒歩6分。
 所在  屋島東町1785番地1  電話  (087) 841-2678  WEB  [18]
 開場時間  9:00~17:00  料金  大人¥1,200、中学生・高校生・65歳以上¥700、3歳以上¥500。

離島[編集]

女木島 (めぎじま)  
直島諸島に属し、別名鬼が島と呼ばれ、桃太郎伝説が残る。高松駅前サンポート高松からフェリーで20分。詳細は女木島参照。


男木島 (おぎじま)  
直島諸島に属する島で、斜面に築かれたのどかな集落が映画「喜びも悲しみも幾歳月」の舞台となった。高松駅前サンポート高松からフェリーで40分、女木島から20分。詳細は男木島参照。


四国霊場[編集]

四国八十八箇所霊場[編集]

国分寺 (白牛山 千手院 国分寺)  
四国八十八箇所霊場第八十番札所。古義真言宗の寺院で本尊は十一面観世音菩薩。聖武天皇の勅願により全国に建立された国分寺の一つで、行基が千手観世音菩薩像を安置して開基した。後に弘法大師が伽藍を整備し堂宇・本尊を修復したと伝えられている。天正年間に兵火によって焼失した。 本堂前に金堂跡の礎石が33個点在し東西28m・南北14mの建物であったことが、また塔跡の礎石が15個あることから、高さ63m・1辺10mの七重塔が推定される。山門から長い参道を歩いて境内を進むと正面奥に本堂がある。手前の右手の塀の内側に塔を模した大師堂がある。第七十九番札所から6.6km、第八十一番札所(坂出市)まで6.5km。
 所在  国分寺町国分2065番地  電話  (087) 874-0033  WEB  
 開場時間  境内自由  料金  拝観無料


根香寺 (青峰山 千手院 根香寺)  
四国八十八箇所霊場第八十二番札所。天台宗の寺院で本尊は千手観世音菩薩。弘仁年間にこの地で弘法大師が金剛界曼荼羅の五智如来を感得した。これにちなんでこの山を青峰、黒峰、黄峰、白峰と命名、青峰に花蔵院を創建して五大明王を祀った。832年に智証大師が訪れた際、この山の鎮守である市之瀬明神が現れてこの地は霊地であるとの神託がなされた。そこで智証大師は香木で千手観世音菩薩を刻んで千手院を創建して安置した。この香木の根が長く香気を発していたため、花蔵院、千手院の二院を総称し寺号としたと伝えられている。単層の重厚な山門を入ると下りの石段があり、やがて自然石の上りの石段となって右側に大師堂がある。さらに急な石段を上って行くと回廊のある本堂である。本堂前の回廊には信者が寄進した33,333の観音像が祀られている。第八十一番札所から5.0km、第八十三番札所まで11.9km。
 所在  中山町1506番地  電話  (087) 881-3329  WEB  [19]
 開場時間  境内自由  料金  拝観無料


一宮寺 (神毫山 大宝院 一宮寺)  
四国八十八箇所霊場第八十三番札所。真言宗御室派の寺院で本尊は聖観世音菩薩。大宝年間に義淵僧正が創建、当初は法相宗で大宝院と称した。行基菩薩が勅命によって田村神社を創建し讃岐一の宮とした際に、当寺の堂宇も修築して筆頭別当寺とし一宮寺と改めた。後に弘法大師が伽藍を整備し、三尺五寸の立像聖観世音を刻んで本尊として安置、この際に真言宗に改宗されたと伝えられている。田村神社と向かい合った山門をくぐると正面奥に本堂、その右手に大師堂が、左には稲荷神社が建てられている。第八十四番札所まで13.6km。
 所在  一宮町607  電話  (087) 885-2301  WEB  
 開場時間  境内自由  料金  拝観無料


屋島寺 (南面山 千光院 屋島寺)  
四国八十八箇所霊場第八十四番札所。真言宗御室派の寺院で本尊は十一面観世音菩薩。754年、鑑真和上が唐から来日する際にこの山上に瑞光が見えたので屋島の北嶺に登り、この地が霊地であると感じ普賢堂を建立して開基、後に弟子の恵雲師がこの地に堂宇を建てて初代の住職となった。815年に瑳峨天皇の勅願によって弘法大師がこの地を訪れ、北嶺にあった伽藍を南嶺に移すとともに十一面観世音菩薩を刻んで本尊として安置した。山門を入り四天門をくぐって広々とした境内に入ると、参道の左手には阿弥陀如来、 釈迦如来、鑑真和上の3人を祀る三体堂が並び、正面に重要文化財に指定されている朱塗りの本堂がある。本堂前を右に入ると鐘楼、千体堂、大師堂がある。第八十五番札所まで5.4km。
 所在  屋島東町1808番地  電話  (087) 841-9418  WEB  
 開場時間  境内自由  料金  拝観無料


八栗寺 (五剣山 観自在院 八栗寺)  
四国八十八箇所霊場第八十五番札所。真言宗大覚寺派の寺院で本尊は聖観世音菩薩。弘法大師が入唐前に業成就を祈願し八個の焼栗を埋めたが、帰朝再来すると八本とも生長繁茂していた。827年に弘法大師がこの山に登って求聞持法を修したところ、満願日に空中より五本の剣が降って金剛蔵王が現れ、この地が霊地であることを告げた。大師はその剣を山の中腹に埋め、岩に毘盧遮那を刻み、また千手観世音菩薩を刻んで堂宇を建立、八個の栗の因縁から寺号になったと伝えられている。登山道の遍路道を登って参道を上がり、山門を入って行くと左側に聖天堂が建ち、正面奥に本堂がある。本堂右手の道を少し歩くと左側に大師堂がありそのまま下山の遍路道に繋がっている。第八十六番札所まで6.5km。
 所在  牟礼町牟礼落合3416番地  電話  (087) 845-9603  WEB  
 開場時間  境内自由  料金  拝観無料

四国別格二十霊場[編集]

香西寺 (寶幢山 香西寺)  
番外霊場。四国別格二十霊場第十九番札所。四国三十三観音霊場第三十三番札所(灑水観音)。真言宗大覚寺派の寺院で本尊は延命地蔵菩薩。行基菩薩によって開基。(第二十番札所は美馬市「大瀧寺」)
 所在  香西西町211番地  電話  (087) 881-2337  WEB  [20]
 開場時間  境内自由  料金  拝観無料

四国曼荼羅霊場[編集]

讃岐一宮 田村神社  
四国曼荼羅霊場第十一番札所。祭神は倭迹々百襲姫命。709年創建。(第十二番札所は綾川町「菩提院」)
 所在  ―宮町286番地  電話  (087) 885-1541  WEB  [21]
 開場時間  境内自由  料金  拝観無料


鷲峰寺 (円通山 鷲峰寺)  
番外霊場。第八十二番札所奥の院。四国曼荼羅霊場第十三番札所。天台宗山門派の寺院で本尊は千手観世音菩薩。754年に鑑真和尚によって創建されたと伝えられている。(曼荼羅霊場第十四番札所は坂出市「観音寺」)
 所在  国分寺町柏原632-3  電話  (087) 874-2374  WEB  [22]
 開場時間    料金  拝観無料

四国三十六不動霊場[編集]

天福寺 (美應山 天福寺)  
四国三十六不動霊場第三十二番札所(岡不動)。真言宗御室派の寺院。妙空蔵童子を祀る。
 所在  香南町岡1077番地  電話  (087) 879-2243  WEB  
 開場時間    料金  


浄土寺 (高木山 十楽院 浄土寺)  
四国三十六不動霊場第三十三番札所(雷不動)。真言宗善通寺派の寺院。普香王童子を祀る。(第三十四番札所はさぬき市「神應寺」)
 所在  三木町井戸 429番地  電話  (087) 899-0226  WEB  
 開場時間    料金  


明王院 (西寶山 厄除不動 明王院)  
四国三十六不動霊場第三十五番札所(厄除不動)。波利迦童子を祀る。
 所在  西宝町2-855番地  電話  (087) 861-5136  WEB  
 開場時間    料金  


聖代寺 (成田山 聖代寺)  
四国三十六不動霊場第三十六番札所(厄除不動)真言宗善通寺派の寺院。烏婆計童子を祀る。
 所在  屋島東町1322番地  電話  (087) 841-9287  WEB  
 開場時間    料金  


屋島御加持水  
番外霊場。弘法大師の湧水伝説がある。


食わずの梨  
番外霊場。弘法大師が地元の農民に梨をねだったが、食べられない梨だと断ったところ本当に食べられない梨になったという伝説がある。


洲崎寺 (眺海山 洲崎寺)  
番外霊場。高野山真言宗の寺院で本尊は聖観世音菩薩。「四国邊路道指南」の著者である宥弁真念の墓がある。
 所在  牟礼町牟礼2691  電話  (087) 845-2663  WEB  
 開場時間  境内自由  料金  拝観無料


六万寺 (眉間山 六万寺)  
番外霊場。真言宗善通寺派の寺院で本尊は阿弥陀如来。天平年間に聖武天皇の勅願を受けて行基菩薩が開基した国豊寺を後に改称。1183年には安徳天皇の仮行在所とされた。
 所在  牟礼町牟礼1450番地  電話  (087) 845-7233  WEB  
 開場時間    料金  拝観無料

遍路道[編集]

青峰から高松市内へ  
白峯寺から続く遍路道を3kmあまり歩くと、林の中で坂出市から高松市に入り、少し先で県道180号に出る。左に進んで五色台スカイラインが合流、5分ほど歩くと五色台オレンジパーク入り口の先で右に遍路道が分かれる。木々に囲まれた遍路道を進んでいくと八十二番 根香寺に着く。

遍路道を戻ってオレンジパークの手前を左に入って坂を下っていく。蛇行する車道を歩くが、途中遍路道が車道を短絡してくれている。高松の市街地や遠く瀬戸内海が望める道を3kmほど下ってと、車道分岐の奥に山口籠神社があるのでその先の右に分かれる遍路道を下る。ため池の横を過ぎて少し歩いて一つ右の道に移る。県道33号を横断し、予讃線の踏切を渡った次の交差点で右斜めに分かれる細道に入っるが、この先は遍路道の迷路と呼ばれるほどで、細い路地や家と家の隙間のようなところを通る複雑な道に遍路道案内の道標に誘導される。

細道の先の橋を渡って少し行くと岩田神社の前に出る。神社前で右に曲り、3本目を左折、県道176号を横断した先で右の道に移る。突き当たって右に曲り、飯田団地の中を抜けた左側の潜水橋で香東川を渡り、高松高等専門学校の正門前の次の道を右に入る。高松自動車道が上を通る国道11号を横断した先で、勅使町から成合町に入り成合天満宮の前を通って国道32号を横断、左方向に進んでいくと一宮小学校の横に出る。県道12号を横断して高松南高校のグランド横を左に入ると突き当たって右に八十三番 一宮寺の山門と田村神社の鳥居が向かい合っている。


香西寺への道  
根香寺山門を出て左に行くとすぐに右側から遍路道が下っている。二度折り返すと左に急坂が分れ、小集落が散在する入り組んだ道を遍路道案内の道標にしたがって1kmほど歩くと池の畔に出る。池の東側の水路に沿った道に出てから1kmあまり行った古池の先で右に入り、右に大きくカーブした先を左へ進む。二つの池の畔を過ぎると別格霊場第十九番札所番外霊場 香西寺がある。参道を出てきた交差点を右に折れ、幼稚園と保育園を過ぎて斜めに交差する道を左に入って約2km直進。鬼無駅の手前で左の踏切を渡り、駅前を通って小さな川を渡った先で根香寺からの道と合流する。交差で左斜め前方に分岐する道に入って先の道で橋を渡り、少し歩くと岩田神社の前に出る。


高松から屋島・八栗の峰へ  
一宮寺と田村神社に挟まれた参道を山門を出て左に進み県道12号を横断した先で右側の県道172号に入って北上する。この道をどこまでも道なりに進んでいくと栗林公園前の一本東側から栗林小学校前を通って約7kmで国道11号との塩屋町の交差点に出る。交差点を右折して国道に入り3.5km、屋島西口交差点で左に入ると潟元駅横に出て踏切を渡る。踏切を渡ると三叉路になっているが直進し、右側の保育園を過ぎた次の交差点を左に入って道なりに進むとやがて上り坂になって屋島登山の遍路道に入る。途中右側に番外霊場 屋島御加持水と、番外霊場 食わずの梨が続く。登りきると八十四番 屋島寺がある。

山門を出て左に進み、平家伝説の残る血の池の前を通って少し歩くと、廃業したホテルの建物があるのでその角を右折する。100mあまり先の左から急斜面の遍路道が下っている。少し下ると屋島ドライブウェイを横断するが、この道は自動車専用道路なので横断には注意が必要である。再び急斜面を下って集落に出る。安徳天皇社の前を通り、屋島東小学校の横から500m歩いて左へ、壇ノ浦を渡る高橋を過ぎて少し行くと右側に番外霊場 洲崎寺がある。牟礼北小学校の角の十字路を右折して次の分岐を左へ、すこし先で右の道に移って前進、ケーブルカーの八栗登山口駅横を過ぎて登山道の遍路道を登って行くと八十五番 八栗寺である。

八栗寺から大師堂前、ケーブルカー八栗山上駅入り口の前を通って裏参道を下っていく。1.7km下って右に分岐し、池の畔を過ぎると右側に番外霊場 六万寺がある。少し戻って池の横で右に入り高松北高校の横から県道145号に入るが、六万寺によらない場合は参道から下りてきた道を直進するとやはり県道145号に合流する。八栗新道駅横で国道11号を左折、少し歩いて道の駅「源平の里むれ」の先の原交差点を左の旧道に入り、1km進むとさぬき市に入る。第八十六番札所まであと1.2kmである。

遊ぶ[編集]

塩江温泉郷  
市の南部にある温泉。
 所在  塩江町  WEB  [23]


サーパススタジアム  
香川オリーブガイナーズのホーム球場。試合日程はこちら[24]
 所在  生島町614  電話  (087) 881-0355  WEB  
 営業時間    料金  


高松競輪場  
四国の競輪場の中で規模はトップクラス。場内に讃岐うどんの店がある。高松駅より無料バスあり。
 所在  福岡町一丁目4-46  電話  (087) 851-5036  WEB  [25]
 営業時間    料金  開催時には入場料¥50。


高松クレーターの湯 天然温泉きらら  
四国霊場83番札所一宮寺から徒歩5分のところにある日帰り温泉施設。宿泊も可。
 所在  高松市一宮町800-1。  電話  (087) 815-6622  WEB  [26]
 営業時間  6:00~26:00  料金  

買う[編集]

高松中央商店街  
丸亀町、片原町、兵庫町、ライオン通、南新町、常磐町の各商店街のアーケードの総延長は2.7kmと日本一長い。四国一の規模を誇る商店街であり、近年は空洞化を食い止めようと再開発が進む。
 WEB  [27]
高松中央商店街


三越高松店  
市内中心部にある百貨店。高松駅下車徒歩10分、片原町駅下車徒歩3分。
 所在  内町7-1  電話  (087) 851-5151  WEB  [28]
 営業時間  10:00~19:00  値段  


ゆめタウン高松  
160の専門店がある四国最大のショッピングタウン。都市間バスのターミナルにもなっている。琴電・琴平線三条駅下車徒歩8分、コトデンバス塩江線・穴吹線三条バス停下車徒歩5分。年中無休。
 所在  三条町中所608-1  電話  (087) 869-7500  WEB  [29]
 営業時間  10:00~22:00  値段  


イオン高松ショッピングセンター (ジャスコ高松店)  
県道16号、さぬき浜街道本津大橋の西にある総合ショッピングセンター。ジャスコ高松店とイオン専門店、飲食店、旅行代理店などがある。
 所在  香西本町1-1  電話  (087) 842-8100  WEB  [30]
 営業時間  9:00~23:00 の間で店によって異なる。  値段  


高松サティ  
市街地の北東部にある総合ショッピングセンター。さぬき浜街道詰田川大橋手前、琴電沖松島より徒歩10分。
 所在  福岡町三丁目8-5  電話  (087) 826-4111  WEB  [31]
 営業時間  9:00~21:00 1階食料品売場は22:00まで  値段  

食べる[編集]

高松市内で評判のうどん屋は昼までの営業の店が多く、また日曜祝日が定休日であることも多い。 これは大半の人気店がサラリーマンの昼食をメインターゲットとしているためで、うどん目的で高松を訪れる観光客は注意が必要である。讃岐うどん食べ歩きの記事も参照。

安食堂[編集]

宮武うどん  
琴平町にあったうどん店が移転の形で、弟子が継いで新規オープン。
 所在  高松市円座町340-1  電話  (087) 886-0939  WEB  [32]
 営業時間  10:00~15:00 水曜休  予算  だしかけうどん特大¥500、大¥350、小¥200、しょうゆうどん特大¥400、大¥300、小¥200
宮武うどん


さか枝  
うどんの大衆セルフ店。高松駅から車で約10分。
 所在  番町五丁目2-23  電話  (087) 834-6291
 FAX  (087) 861-4569
 WEB  
 営業時間  6:00~15:00、日曜・祝日定休  予算  かけうどん(小)¥150、 ぶっかけうどん・ざるうどん・釜あげうどん(小)¥170。


かすが町市場  
うどんの大衆セルフ店。琴電元山駅から車で5分。
 所在  春日町442番地  電話  (087) 843-9414
 FAX  (087) 843-9413
 WEB  
 営業時間    予算  かけうどん1玉¥150、釜上げうどん・湯だめうどん1玉¥250。


池上  
おばあさんが作っているほのぼのとした製麺所だったが、マイカー族が周囲のスーパーに無断駐車するなど周辺への違法駐車が問題視され、やむなく市郊外へ移転した。
 所在  香川町川東下899-1  電話  0120-453422  WEB  [33]
 営業時間  10:00~13:00 金・土・日は16:00~17:00も営業  予算  1玉¥100。


鶴丸  
カレーうどんの評判がいいお店。深夜営業。高松で飲んだ後の締めはうどんと言わしめる。
 所在  古馬場町9-34。  電話  (087) 821-3780  WEB  [34]
 営業時間  11:00~14:00、20:00~27:00  予算  ¥1,000程度


めりけんや 高松駅前店  
高松駅前の讃岐うどん店。
 所在  西の丸町6-20  電話  (087) 811-6358  WEB  [35]
 営業時間  7:00~20:00  予算  


てんぷら食堂 まん福  
大きな“えび天”の看板と茅葺屋根の建物が特徴の定食屋。
 所在  高松市香川町川東下324-1。  電話  (087) 879-5233  WEB  
 営業時間  平日 11:00~14:00 17:00~22:00、土日祝 11:00~22:00、定休日 木曜  予算  


饂飩屋 五右衛門  
カレーうどんが有名。
 所在  古馬場町13-15 A1ビル1F。  電話  (087) 821-2711  WEB  
 営業時間  18:00~27:00、定休日 日曜・祝日(連休の場合は後の1日のみ休み)  予算  


わら家  
釜揚げうどん専門店。
 所在  高松市屋島中町91  電話  (087) 843-3115  WEB  [36]
 営業時間  10:00~19:00  予算  釜揚げ特大¥900など


こんぴらや  
兵庫町商店街にあるセルフうどん店
 所在  高松市兵庫町11-5 中島ビル1F。  電話  (087) 822-6724  WEB  
 営業時間  9:00~19:00  予算  

中級[編集]

うどん本陣山田家 本店  
お屋敷型の一般店。「釜ぶっかけ」が有名。天気の良い日は庭園席でも食べられる。テレビ番組でも紹介され、県外の人にも知名度が高い。店名を「山田屋」と間違って記憶している人も多いが、「山田家」が正しい。
 所在  牟礼町牟礼3186番地  電話  0120-04-6522‎  WEB  [37]
 営業時間  10:00~20:00  予算  ぶっかけ¥270、釜ぶっかけ¥530。


一鶴  
香川県のご当地メニュー、骨付鳥の店。おやひながある。
 所在  鍛冶屋町フェスタII  電話  (087) 823-3711  WEB  
 営業時間  16:00~23:00 土日祝11:00~23:00  予算  


ふみや  
トキ新のお好み焼き屋。表面がカラッとした具沢山のお好み焼き。一見さんには入りづらい店構えだが、何十年も通う人も。アルコール類は一切置いていない。
 所在  瓦町2-2-35。  電話  (087) 831-5090  WEB  
 営業時間  ランチ11:30~15:00 夜16:00~20:00 火曜日定休  予算  ¥1,000 程度

高級[編集]

飲む[編集]

酔灯屋 本店  
メニュー豊富な海鮮居酒屋。
 所在  高松市御坊町10-12。  電話  (087) 822-1688  WEB  [38]
 営業時間  17:00~24:00  料金  


神童ろ  
瀬戸内の新鮮な魚介料理と讃岐名物骨付き鳥が自慢の海鮮居酒屋。
 所在  高松市西の丸町5-8。  電話  (087) 821-3330  WEB  [39]
 営業時間  月~土 17:00~24:00、日祝 17:00~22:00  料金  骨付鳥(親) ¥750


泊まる[編集]

禅喝破道場  
本来は禅の道場で宿泊施設ではないが、1泊から宿泊ができ禅の体験ができる。
 所在  中山町五色台  電話  (087) 882-4022
 FAX  (087) 881-5906
 WEB  [40]
 e-mail  [41]
 時間    料金  2食付¥5,000~


高野山讃岐別院 宿坊  
市街地中心部にある宿坊、素泊りのみ。今橋駅から徒歩3分、高松駅から約2km。
 所在  築地町7-1  電話  (087) 821-5937  WEB  
 時間    料金  素泊り¥3,000。

高松ホテル旅館料理協同組合 電話  (087) 851-2661  WEB  [42]

安宿[編集]

えびすや旅館  
国分寺に近い旅館。国分駅から徒歩5分。
 所在  国分寺町国分2066-1  電話  (087) 874-0567  WEB  
 時間    料金  2食付¥6,800。


百百屋旅館  
鬼無駅前の旅館。駅から徒歩1分。
 所在  鬼無町藤井54-1  電話  (087) 882-0874  WEB  
 時間    料金  2食付¥6,000。


高松クレーターの湯きらら  
温泉施設に付属するビジネスホテル。コトデンバス鹿角線大内バス停から徒歩7分、琴平線一宮駅から徒歩15分。
 所在  一宮町800-1  電話  (087) 815-6622
 FAX  (087) 815-6621
 WEB  [43]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  シングル¥4,725。


イーストパーク栗林  
インターネット割引あり。栗林公園駅徒歩5分。
 所在  栗林町1-14-3  電話  (087) 861-5252
 FAX  (087) 862-3800
 WEB  [44]
 e-mail  [45]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  シングル¥4,450。


ゴールデンタイム高松  
市内中心にあるサウナ・カプセルホテル。高松駅から徒歩15分。
 所在  瓦町二丁目1-7  電話  (087) 897-3177
 FAX  (087) 897-3161
 WEB  [46]
 時間  チェックイン 16:00 チェックアウト 10:00   料金  カプセル¥3,000。


高松ステーションホテル  
高松駅前のビジネスホテル。
 所在  寿町1-1  電話  (087) 821-6989
 FAX  (087) 851-5575
 WEB  [47]
 時間  チェックイン 15:00~22:00 チェックアウト 10:00   料金  シングル¥4,700。


高松センチュリーホテル  
高松駅前より徒歩6分。
 所在  錦町1-4-19  電話  (087) 851-0558
 FAX  (087) 851-3763
 WEB  [48]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 11:00   料金  シングル¥3,980~



ささや旅館  
屋島の麓にある宿。琴電屋島駅から徒歩3分。
 所在  屋島中町168-2  電話  (087) 841-9533
 FAX  (087) 870-0248
 WEB  [49]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  


国民宿舎 栗林山荘  
栗林公園の裏山にある宿。高松駅から約4km、市民病院バス停下車徒歩10分。
 所在  宮脇町二丁目31-27  電話  (087) 834-3000
 FAX  (087) 831- 2000
 WEB  [50]
 時間  チェックイン 16:00 チェックアウト 10:00   料金  2食付¥7,000~


フレンドリー高松  
ことでん瓦町駅から徒歩3分。マンション形式のホテル。
 所在  高松市塩上町2-4-22。  電話  (087) 837-1600
 FAX  (087) 837-1230
 WEB  [51]
 時間  チェックイン 16:00 チェックアウト 10:00   料金  

中級[編集]

舟かくし  
料理自慢の宿。
 所在  庵治町156-172  電話  (087) 871-2024
 FAX  (087) 871-4840
 WEB  [52]
 時間  チェックイン 16:00 チェックアウト 10:00   料金  2食付¥10,500~


ホテル望海荘  
屋島山上の宿。
 所在  屋島東町1784-15  電話  (087) 841-9111
 FAX  (087) 841-9113
 WEB  [53]
 時間  チェックイン 15:30~21:00 チェックアウト 10:00   料金  2食付¥12,600~


樺川荘本館  
塩江温泉の宿。
 所在  塩江町安原上東1394-1  電話  (087) 893-0106
 FAX  (087) 893-0040
 WEB  [54]
 e-mail  [55]
 時間  チェックイン 16:00 チェックアウト 10:00   料金  2食付¥7,500~


新樺川観光ホテル  
 所在  塩江町1-6  電話  (087) 893-1200
 FAX  (087) 893-1208
 WEB  [56]
 時間  チェックイン 15:30~19:00 チェックアウト 10:00   料金  2食付¥9,550~¥15,850。


オークラホテル高松  
JR高松駅から車で4分、ことでん片原町駅から徒歩4分のところにある、オークラホテル株式会社が展開しているホテル。ホテルオークラ東京などを展開している株式会社ホテルオークラとは無関係。
 所在  高松市城東町1-9-5。  電話  (087) 821-2222
 FAX  (087) 821-2384
 WEB  [57]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  ¥3,800~。


ホテル川六 エルステージ  
高松駅より徒歩12分。
 所在  高松市百間町1-2。  電話  (087) 821-5666  WEB  [58]
 時間    料金  

高級[編集]

JRホテルクレメント高松  
高松駅前に聳える海が見えるシティーホテル。旧名称は全日空ホテルクレメント高松。
 所在  浜ノ町1-1  電話  (087) 811-1111
 FAX  (087) 811-1100
 WEB  [59]
 e-mail  [60]
 時間  チェックイン 13:00 チェックアウト 12:00   料金  シングル¥12,127。


高松花樹海温泉 花樹海  
瀬戸内海や市内を一望できるリゾートホテル。
 所在  西宝町三丁目5-10  電話  (087) 861-5580
 FAX  (087) 834-9912
 WEB  [61]
 時間  チェックイン 15:00~19:00 チェックアウト 10:00   料金  2食付¥16,800~


屋島の宿 桃太郎  
屋島山上にある一日二組だけの料理自慢の宿。
 所在  屋島東町1821  電話  (087) 841-9464
 FAX  (087) 841-9824
 WEB  [62]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  2食付¥18,000~

出かける[編集]

  • 直島 - 高松港からフェリーで60分。
  • 小豆島 - 高松港からフェリーで60分、高速艇で30分。
  • 豊島


変種

操作

Docents

他言語版

その他のサイト