何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

館林市

提供: Wikitravel
東毛 : 館林市
移動: 案内検索
つつじが岡公園

館林市 (たてばやしし) は、群馬県にある市である。 [1]


分かる[編集]

館林市の位置

都心から北へ約60kmの位置にある北関東の小都市。面積は61Km²、人口は79,414人(2012年2月1日)。北は渡良瀬川、南は利根川にはさまれた沼の多い地域で、北西方向に赤城山を望み、冬から春先にかけて空っ風、夏は雷が発生しやすい。分福茶釜とツツジが有名である。

1590年に榊原康政が館林城に入って以来の城下町で、1907年に館林駅が開業し、1972年に東北自動車道館林I.C.が開通した。

春から夏にかけて、芝桜、桜、ツツジ、牡丹、ハナショウブ、ハスなど季節の花が観光客を呼び、また歴史と文化の都市として親しまれている。冬には多々良沼や城沼に白鳥がシベリアから飛来する。

市街地では夏40℃近くまで気温が上がることがあり、新聞や天気予報で全国一の最高気温として報じられるが、郊外の多々良沼、茂林寺沼、城沼、つつじが岡公園周辺など緑の多い区域では市街地より5℃程度低い。


観光案内所[編集]

  • 館林市観光協会 — 観光パンフレットを郵送してもらうこともできる(但し非暗号化通信である)。  所在  館林市城町1-1。  電話  (0276) 72-4111  FAX  (0276) 72-9122  時間  9:00~16:00。  WEB  [2]  e-mail  [3]
  • 館林駅前観光案内所 所在  館林市本町二丁目3-1。館林駅前。  電話  (0276) 71-8711  時間  9:00~16:00。

着く[編集]

飛行機で[編集]

  • 成田国際空港 - 館林市役所間に高速バスが運行されている。[4]
  • 羽田空港 - 館林バスセンター、館林市役所間に高速バスが運行されている。[5]
館林駅

列車で[編集]

  • 東武伊勢崎線の特急「りょうもう」号で浅草から約1時間、北千住から約50分。[6]
  • 東武伊勢崎線の準急の場合
通勤時間帯以外は久喜駅で乗り換える必要がある。久喜駅からは約30分。久喜駅はJRに接続している。
  • 東武日光線の場合
板倉東洋大前駅で下車し、館林へは路線バスを利用する(ただし運行本数が少ない)
館林市役所前の高速バス乗り場

バスで[編集]

  • 日本中央バス[7]
    • シルクライナー 大阪方面 [8]
    • 東京・さいたま~仙台線 [9]
  • その他[10]
    • 新宿方面
    • 名古屋・京都・大阪方面
    • お台場直行
    • 東京ディズニーランド・浅草駅

車で[編集]

館林IC。写真正面はウィンドーム館林
高速道路
東北自動車道 — 館林IC
一般道路
館林の北部を東西に走る。
羽生方面から北上し、館林で西に折れ、太田方面に向かう。
館林の南部を東西に走る。

動く[編集]

彫刻の小径

列車で[編集]

館林市内にはハブ駅の館林駅[11]以外に、東武鉄道の駅が4つある。

  • 渡瀬駅[12](佐野線) —駅近くに田中正造記念館[13]がある。
  • 成島駅[14](小泉線) —多々良沼東側の松林にある彫刻の小径[15]まで約20分。
  • 茂林寺前駅[16](伊勢崎線羽生方面) —茂林寺、茂林寺沼、野鳥の森フラワーガーデン[17]
  • 多々良駅[18](伊勢崎線足利太田方面) —群馬県立館林美術館まで約15分。
館林駅前の路線バス乗り場

バスで[編集]

館林駅からは路線バスが利用できる。 運賃は、全線¥200均一(学生・65歳以上は¥100、70歳以上は無料となる)。 各路線当日1回の乗り継ぎは無料である。[19]

  • 館林・板倉線(厚生病院・館林駅・館林市役所・つつじが岡パークイン・板倉町役場・板倉ゴルフ場・東洋大学・板倉東洋大学前駅[20]
  • 館林・板倉北線(厚生病院・館林駅・館林市役所・第二中学校・東部工業団地・ミモザ荘・板倉東洋大学前駅[21]
  • 館林・明和・板倉線(板倉東洋大学前駅・板倉町立南小学校・明和町営住宅・館林市立第四中学校・松原交番・館林駅・厚生病院[22]
  • 館林・千代田線(赤岩渡線・千代田町民プラザ・千代田町役場・野辺集会所・上三林郵便局・館林市立第三中学校・六郷公民館・館林駅・厚生病院[23]
  • 多々良巡回線(館林駅・厚生病院・館林高校・総合福祉センター・関東学園・館林市立多々良中学校・大街道会館・館林税務署[24]
  • 渡瀬巡回線(館林駅・厚生病院・館林税務署・館林市立第一中学校・つつじ野団地・木戸町・上早川田町・下早川田町・広内町・館林郵便局[25]
  • 館林・明和・千代田線(厚生病院・館林駅・松原交番・美園町・水質管理センター・明和町役場・川俣駅・下中森・上五箇・赤岩・千代田町役場[26])
  • 館林・邑楽・千代田線(館林駅西口・厚生病院・館林高校・赤堀・邑楽町立南保育園・千代田町役場・赤岩渡船[27])
武鷹館

足で[編集]

  • 館林駅から城沼までの約3kmの散策コース
江戸時代、現在の三角公園にあった大手門から西が町屋、東が武家屋敷であったが、その時代の面影を辿ることができる。[28]
特に、武鷹館付近は石畳の道に沿って屋敷塀が続き、落ち着いた風情を残している。[29]


観る[編集]

館林城  
東に広がる城沼を天然の要害とした平城で、15世紀に赤井氏が築城する際に狐が尾を曳いて城の配置を示したという伝説から「尾曳城」とも呼ばれる。1590年に徳川四天王の一人である榊原康政がこの城に入り、城下町を整備した。榊原氏の後、大給松平氏が入り、徳川綱吉が城主にもなったが、その子・徳松が夭折すると城は取り壊された。その後、越智松平、太田、井上、秋元氏らが城主になったが、1874年の大火で城が消失し、今は土塁の一部が残っているのみである。1983年に城下町・館林のシンボルとして土橋門が城壁とともに復元された。本丸跡に向井千秋記念子ども科学館と縄文邑、二の丸跡に市役所、三の丸跡に文化会館などが建てられている。右写真は土橋門。
 所在  館林市城町2  電話  -  WEB  [-]
 開場時間  -  料金  -
館林城


城沼  
館林城の東に広がる周囲約4kmの沼で水鳥が多く生息し、太公望のメッカでもある。水質浄化の試みが功を奏しアオコの発生も少なくなった。周囲は公園や運動場として整備され、田山花袋記念文学館、尾曳神社、善長寺、善導寺、ショッピングセンター、つつじが岡パークイン、つつじが岡公園などがあり、サイクリングロードも整備されている。右写真は西岸から見た城沼の日の出
 所在  館林市尾曳町  電話  -  WEB  [-]
 開場時間  -  料金  -
城沼


つつじが岡公園  
4月下旬から5月上旬にかけて、5万㎡の敷地内に50余種約1万株のツツジが咲く。美しい花を咲かせるために、地元の小学生やボランティアの方々が毎年子房摘みを行っている。
 所在  館林市花山町3278  電話  -  WEB  [30]
 開場時間  -  料金  ツツジが見ごろの期間のみ有料。大人¥500、中学生以下無料。
つつじが岡公園


善長寺  
1523年に創建された曹洞宗の寺。山門は城沼に面し竜宮城の入口を連想させる。庭園はスイセンとしだれ桜が咲く春先が特に美しい。館林城主榊原忠次の愛妾で城沼に身投げしたお辻の方の墓がある。城主はお辻を偲んで城沼にツツジを植えたのがつつじが岡公園の始まりとされる。ツツジの時期には善長寺前から対岸のつつじが岡公園への渡し舟が運行される。
 所在  館林市当郷町1975  電話  (0276) 72-0099  WEB  [31]
 開場時間  -  料金  -
善長寺


狩野ボタン園  
1万3000㎡の敷地に250種6000株のボタンが咲く。関東最大の規模で、4月下旬から5月中旬が見ごろ。つつじが岡公園から南東へ1km。
 所在  館林市花山町2315番地  電話  -  WEB  [32]
 開場時間  -  料金  ¥400。
狩野ボタン園


普済寺  
1649年(慶安2年)に作られた梵鐘(館林市重要文化財)のある寺院。境内のしだれ桜、紫陽花が美しい。
 所在  館林市羽附町1691  電話  (0276) 72-2037  WEB  [-]
 開場時間  -  料金  -
普済寺


旧上毛モスリン事務所  
木立に囲まれた洋風木造建築。内部が公開されていて、明治大正時代の日本の近代化、洋風化の息吹を感じることができる。二階では音楽会が催されることがある。館林第二資料館敷地内にある。
 所在  館林市城町2-3  電話  (0276) 74-9665  WEB  [-]
 開場時間  9:00~17:00(月曜休館)。  料金  無料。
旧上毛モスリン事務所


田山花袋旧居  
館林藩士の家に1872年に生まれ、『蒲団』・『田舎教師』などの自然主義文学の代表作を書いた文豪・田山花袋が少年時代を過ごした家。館林第二資料館敷地内にある。
 所在  館林市城町2-3  電話  (0276) 74-9665  WEB  [-]
 開場時間  9:00~17:00(月曜休館)。  料金  無料。
田山花袋旧居


田山花袋記念文学館  
田山花袋の資料を収集、展示している。中庭を囲むように展示室がある
 所在  館林市城町1-3  電話  (0276) 74-5100  WEB  [33]
 開場時間  9:00~17:00(月曜休館)。  料金  入館料:一般¥210、小中学生無料。
田山花袋記念文学館


向井千秋記念子ども科学館  
館林市出身で日本初の女性宇宙飛行士・向井千秋を記念した科学館で、スペースシャトル関係の展示がある。ドーム直径23m、投影恒星数2万5000個の大型プラネタリウムを備える。
 所在  館林市城町2-2  電話  (0276) 75-1515  WEB  [34]
 開場時間  9:00~17:00(月曜休館)。  料金  入館料:高校生以上¥310、中学生以下無料、プラネタリウム:高校生以上¥520、小中学生¥210。
向井千秋記念子ども科学館


群馬県立館林美術館  
県内二つ目の県立美術館として平成13年10月に開館。 テーマは「自然と人間」。彫刻やインスタレーションを中心とした近現代美術が多い。広い敷地に建てられた流線型の建物が美しい。別館ではフランスの彫刻家・フランソワ・ポンポンのアトリエを再現している。近くに「彫刻の小径」と呼ばれるアカマツ林があり、約40体の彫刻が小道に沿って据えられている。
 所在  館林市日向町2003  電話  (0276) 72-8188  WEB  [35]
 開場時間  9:30~17:00(月曜休館)。  料金  一般¥200、大高生¥100、中学生以下無料。特別展のあるときは異なる。
群馬県立館林美術館


多々良沼  
館林市の西端にある周囲約4kmの沼で白鳥の飛来地として有名。北岸には野鳥観察棟、東側松林に彫刻の小径、対岸の邑楽町側には多々良沼公園と浮島弁財天がある。群馬県立館林美術館から約1km。右写真は東岸から見た多々良沼の夕景
 所在  館林市日向町  電話  -  WEB  [36]
 開場時間  -  料金  -
多々良沼


茂林寺  
分福茶釜の伝説で有名な曹洞宗の寺院。お土産屋や境内にある狸の置き物や像が目を楽しませてくれる。寺内には分福茶釜が保存されている。
 所在  館林市堀工町1570(東武伊勢崎線茂林寺前駅から歩いて10分)  電話  (0276) 72-1514  WEB  [-]
 開場時間  宝物拝観9:00~16:30  料金  境内は無料。宝物拝観は大人¥300、小中学生¥150。
茂林寺


茂林寺沼  
茂林寺の北側に広がる湿原(群馬県天然記念物)。野鳥や湿原動植物の生息地になっており、野鳥の森フラワーガーデンが北東側に隣接する。
 所在  館林市堀工町  電話  -  WEB  [-]
 開場時間  -  料金  -
茂林寺沼


館林野鳥の森フラワーガーデン  
ピンクとブルーに分かれた約37万株の芝桜が約3万㎡の園内に広がる。3月末に開園、5月初旬まで楽しめる。東武茂林寺前駅で下車して茂林寺沼を経由していくのがおすすめ。クルマの場合は渋滞が予想される。
 所在  館林市堀工町1050  電話  (0276) 72-2801  WEB  [37]
 開場時間  8:00~18:00  料金  大人¥500、子供¥200。
館林野鳥の森フラワーガーデン

遊ぶ[編集]

城沼総合運動公園  
鶴生田川沿いの広大な敷地内に、体育館、陸上競技場、野球場、テニスコート、プールなどの運動施設がある。川をはさんだ北側には、コミュニティ広場やアスレチック設備もあり家族連れでにぎわっている。
 所在  館林市つつじ町14-1  電話  -  WEB  [38]
 営業時間  -  料金  -
城沼総合運動公園


館林スポーツレーン  
株式会社ジョイフルパークが運営する32レーンのボウリング場。ビリヤードやゲームコーナーも備える。隣接してジョイハウスや正田やなどのレストランがあり、小音楽会や宴会・法事が可能な大部屋や個室が利用できる。
 所在  館林市美園町15-7  電話  (0276) 73-0040  WEB  [39]
 営業時間  月~金 11:00 ~ 24:00(土日延長)。  料金  -
館林スポーツレーン


ウインドーム館林  
競輪場外車券売場。200インチの大画面で競輪の実況中継が楽しめる。1600人収容
 所在  館林市赤生田町345番地  電話  (0276) 75-0355  WEB  [40]
 営業時間  -  料金  -
ウインドーム館林

買う[編集]

館林つつじの里ショッピングセンター  
城沼に面した敷地にアピタ等の大型店舗が集合
 所在  館林市楠木町3648-1。館林ICよりインターを左折し羽附交差点を右折。  電話  (0276) 75-8512  WEB  [41]
 営業時間  10:00~20:00  値段  
館林つつじの里ショッピングセンター


館林うどん  
館林市立第二小学校隣り
 所在  館林市本町3-8-1  電話  0120-57-3741  WEB  [42]
 営業時間  -  値段  


花山うどん  
館林駅東口前
 所在  館林市本町2-3-48  電話  (0276) 74-0178  WEB  [-]
 営業時間  8:30~9:30(年中無休)。  値段  


三桝家總本舗  
創業350年の麦落雁・麦羊羹の老舗。三の丸本店は館林市立図書館近く
 所在  館林市本町3-9-5  電話  (0276) 72-0100  WEB  [43]
 営業時間  10:00~20:00  値段  

食べる[編集]

安食堂[編集]

福田屋  
成島駅近くにあるいもフライと焼きそばのお店。
 所在  館林市成島町716。  電話  (0276) 73-9621  WEB  
 営業時間    予算  

中級[編集]

コルソ101  
イタリアンカフェレストラン。館林駅近くなので電車の待ち時間などに便利。
 所在  館林市本町2丁目2-4  電話  (0276) 75-8658  WEB  [-]
 営業時間  -  予算  ¥250~¥3,000程度。
コルソ101


GUM (ガム)  
イタリア料理レストラン。座席が83席と広い。市役所や文化会館にも近い。
 所在  館林市本町3-9-5(館林市立図書館近く)  電話  (0276) 75-2363  WEB  [-]
 営業時間  11:00~23:00(第3木曜日定休)。  予算  ¥780~¥3,000程度。
GUM


平野屋本店  
手打ちそば・ラーメン。館林には平野屋が二軒あるが、こちらは本店。昔ながらの味を守っている。定休日は水曜日
 所在  館林市本町4-5-1(新宿交差点角、駅から徒歩15分)  電話  (0276) 72-0076  WEB  [-]
 営業時間  11:00~15:30、17:00~19:30。  予算  ¥500~¥1,000程度。
平野屋本店


(かなえ)  
大きな海老フライで有名な和風レストラン。定食の外メニューが豊富。席数180席、個室、座敷も有る
 所在  館林市朝日町20-36  電話  (0276) 73-5700  WEB  [-]
 営業時間  11:00~22:00(月曜定休)。  予算  ¥1,000~¥5,000程度。
鼎


西ノ洞  
武鷹館近くのレストランで手前にブックオフがある。吹き抜けの空間の周りに2、3階部分があり、1階にあるグランドピアノのあるステージではしばしば演奏会が催される。壁には演奏家のサインが沢山書き込まれている。道路に面したクレープ屋も人気。
 所在  館林市大手町6-41  電話  (0276) 75-1560  WEB  [44]
 営業時間  11:30~22:00(水曜定休)。  予算  ¥1,000~¥5,000程度。
西ノ洞


福よし  
とんかつ料理店。柔らかくジューシーな肉が評判。定食にはお漬物、豚汁が付く。ご飯、豚汁、キャベツはお代わり自由。2階は宴会場にもなる大広間がある。
 所在  館林市緑町2丁目22-8  電話  (0276) 74-5876  WEB  [45]
 営業時間  11:30~22:00(水曜定休)。  予算  ¥800(ランチ)~¥1,860程度。
福よし

高級[編集]

料亭 第五  
大正10年創業の老舗。全ての部屋が庭を通じた離れで個室。完全予約制
 所在  館林市本町3-3-8(駅から徒歩6分)  電話  (0276) 72-0337  WEB  [46]
 営業時間  17:00~21:30(日・祝11:30~14:00)。  予算  ¥7,000程度。
料亭 第五

飲む[編集]

とりそめ (鳥染)  
館林駅から通りを歩いて1分。焼き鳥の匂いが通りまで漂ってきて、会社帰りのサラリーマンなどがちょいと立ち寄りたくなるお店。新鮮な素材を秘伝のたれで炭火焼きした焼き鳥で一杯飲むのは最高。お値段もお手頃。
 所在  館林市本町2-2-15  電話  (0276) 73-0389  WEB  [-]
 営業時間  定休日 日曜日・祝祭日  料金  -

泊まる[編集]

安宿[編集]

中級[編集]

つつじが岡パークイン  
つつじが岡公園そばの城沼に面した位置にある公共の宿。30種以上のハーブ湯が日替わりで楽しめる浴場がある。館林市のサイクリングターミナルになっていて自転車の貸し出しなども行っている。
 所在  館林市花山町2916-4  電話  (0276) 75-8484
 FAX  (0276) 75-8080
 WEB  [47]
 e-mail  [48]
 時間    料金  1泊2食付き和室大人¥6,699、小人¥5,544。
つつじが岡パークイン


ゼロタウンホテル  
館林駅より徒歩20分。城沼総合体育館近く。
 所在  館林市松原1-16-23  電話  (0276) 72-7600
 FAX  (0276) 72-7604
 WEB  [49]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 11:00   料金  シングル¥6,825、ダブル・ツイン¥12,600。


ニューミヤコホテル館林  
無料ランドリー、ネット接続、ウォシュレット完備。
 所在  館林市仲町1-7(館林駅より徒歩3分)  電話  (0276) 73-3337
 FAX  (0276) 74-3339
 WEB  [50]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  シングル¥6,825、ツイン¥13,650〜、エキストラベッド¥3,150。


館林プラザホテル  
高速ネット接続、無料駐車場(100台)、有料コインランドリー、新聞サービス完備。
 所在  館林市堀工町922  電話  (0276) 74-1118
 FAX  (0276) 73-4106
 WEB  [51]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  シングル¥5,700。


館林グランドホテル  
芸術ホールや市役所に近い、鶴生田川に面するホテル。高速ネット接続・ウッシュレット一部の部屋に完備。無料駐車場40台(先着順)。
 所在  館林市松原1-22-2(館林駅より徒歩15分)  電話  (0276) 72-0541
 FAX  (0276) 72-0840
 WEB  [52]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  -


ホテルニューシティーWith館林  
館林駅より徒歩5分。2007年オープン。
 所在  館林市本町2-7-18  電話  0120-66-3118  WEB  [53]
 時間    料金  -


館林ステーションホテル  
館林駅より徒歩3分。駐車場無料(30台) 予約不要
 所在  館林市千代田町5-5  電話  (0276) 72-1588  WEB  [54]
 時間    料金  シングル¥5,500〜。


ビジネスホテルニューシティー  
館林駅より徒歩6分。
 所在  館林市本町3-1-5  電話  (0276) 74-5634  WEB  [-]
 時間    料金  -


第一ホテル  
 所在  館林市台宿町3-37  電話  (0276) 72-1473  WEB  [-]
 時間    料金  -


ホテルニューロイヤル  
 所在  館林市新宿2-13-4  電話  (0276) 72-4555  WEB  [-]
 時間    料金  -


ホテルスリーベル館林  
 所在  館林市大谷町903-10  電話  (0276) 75-0028  WEB  [-]
 時間    料金  -


ビジネス旅館みどりや  
館林駅より徒歩2分
 所在  館林市本町2丁目5-53  電話  (0276) 72-2277  WEB  [-]
 時間    料金  -


ビジネス旅館吉川  
館林駅より徒歩4分
 所在  館林市本町2丁目6-3  電話  (0276) 72-4440  WEB  [-]
 時間    料金  -

高級[編集]

出かける[編集]

  • 北へ
    • 足利市 — 館林の北を流れる渡良瀬川を渡り、北西方面へ向かうと足利。東武伊勢崎線で約20分。クルマなら国道50号線またはそれと平行して走る県道を利用して約30分。
    • 佐野市 — 佐野駅までは東武佐野線で15分。ショッピングセンター・イオンやアウトレットのある佐野新都市へは県道7号線から国道50号線経由でクルマで約30分。
板倉町 水郷公園
  • 東へ
    • 板倉町 — 群馬県邑楽郡の町。群馬県の最東端に位置する。国道354号線をクルマで約20分。館林からの路線バスも利用できる。[55]
      • 東洋大板倉キャンパス[56]
      • コスモス畑[57]
      • 水郷公園 - 3万平方メートルの釣り場にはヘラブナも放流。1日入漁料¥500。年中無休。板倉町大字岩田2914-3
    • 古河市 — 茨城県の西端に位置する古河市へは国道354号線をクルマで約30分。
  • 南へ
    • 明和町 — 群馬県邑楽郡の町。利根川に接し、明和工業団地がある。東武伊勢崎線で川俣駅まで6分。国道122号線をクルマで約15分。館林からの路線バスも利用できる。[58]
    • 羽生市 — 羽生駅までは東武伊勢崎線で10分。国道122号線をクルマで約20分。
邑楽町シンボルタワー
  • 西へ
    • 千代田町 — 群馬県邑楽郡の町。利根川に接し、千代田工業団地・鞍掛第二工業団地がある。国道354号線と県道をクルマで約20分。館林からの路線バスも利用できる。[59]
    • 邑楽町 — 群馬県邑楽郡の町。多々良沼を境に館林市と接する。東武小泉線で本中野駅まで8分。国道354号線をクルマで約15分。館林からの路線バスも利用できる。[60]
      • シンボルタワー「未来MiRAi」- 約60メートルの高さを誇る邑楽町のシンボル[61]。シンボルタワーに隣接して役場(2008年5月7日オープン)、図書館がある。
    • 大泉町 — 群馬県邑楽郡の町。三洋電機や富士重工の企業城下町で日系外国人が多い。東武小泉線で西小泉駅まで18分。国道354号線をクルマで約25分。
    • 太田市 — 太田駅までは東武伊勢崎線で25分。イオン太田ショッピングセンターへは国道122号線をクルマで約30分。



Wikitravel Shared Logo 館林市に関連する画像がウィキトラベル・シェアードにあります。

変種

操作

Docents

他言語版

その他のサイト