何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

阿蘇山

提供: Wikitravel
移動: 案内検索

阿蘇山(あそさん)は熊本県東部にある活火山。阿蘇くじゅう国立公園の一部となっている。


分かる[編集]

概要[編集]

阿蘇山とは世界最大級のカルデラを持つ火山の総称である。そのため阿蘇山という単独の山は存在しないが、一般的に言われる阿蘇山は、観光名所の草千里や活火山の火口がある中岳のことを指すことが多い。

カルデラの中央部には阿蘇五岳(あそごがく)といわれる山々があり、東から根子岳、高岳、中岳、烏帽子岳、杵島岳である。現噴火口のある山は阿蘇中岳である。麓から草千里まではドライブコースの定番であり、阿蘇中岳の火口付近まで自動車で乗り入れることができる。

阿蘇五岳[編集]

  • 根子岳 - 標高1,433mの山。3回目の阿蘇大噴火より前にできた。カルデラ形成前の火山で15万年よりも前にできたと言われる。
  • 高岳 - 標高1,592mの山。阿蘇五岳の中で最も標高が高い山であり、山頂部の東側に北東-南西に長い600mの火口がある。
  • 中岳 - 標高1,506mの山。有史以来、今でも噴火活動を続けている火山。
  • 烏帽子岳 - 標高1,377mの山。草千里よりも古い成層火山。山の形が公家がかぶっていた烏帽子(えぼし)に似ていることが名前の由来。
  • 杵島岳 - 標高1,326mの山。円錐形の火山。近くにある往生岳と名前が入れ替わったと言われている。

歴史[編集]

  • 27万~9万年前 - 複数の火山が一斉に噴火したため、火口周辺に大量の火山灰が堆積した。
  • 9万年前ごろ - 火山活動の収束後、火口周辺が陥没し窪地(カルデラ)が形成される。
    • 降雨によりカルデラ内に水がたまって湖となるが、立野付近にできた切れ目によって消失する。そして中央火山丘が形成される。
  • 数千年前 - 現在のようなカルデラの姿になったといわれる。

風景[編集]

動植物[編集]

気候[編集]

標高が1,000m以上と高いため、阿蘇山のふもとである阿蘇乙姫で最高気温が30℃以上になっても夏日や熱帯夜を記録することはない。夏場は避暑地として観光客が多く訪れる。一方、11月を過ぎたあたりから雪が降り始めるため冬場は積雪が1mを超えるところが出てくることから、冬でも温暖と言うイメージは持たない方が良い。

年間降水量は3,200mmと多い。降った雨は地下に蓄えられ、阿蘇山周辺の至る所で湧き水となって地表に出る。豊かな水資源を供給していると言える。

着く[編集]

列車で[編集]

JR阿蘇駅まで

  • JR熊本駅から豊肥本線の「九州横断特急」で約70分、普通列車で約80分。
  • JR大分駅から豊肥本線の「九州横断特急」で約2時間。

車で[編集]

熊本、大分方面からは国道57号線、由布院からは県道11号線(やまなみハイウェイ)を利用すればよい。阿蘇山頂への登山道以下の通り。

  • 国道57号線・阿蘇駅前から県道111号線を利用。
  • 国道57号線・下野交差点からファームランド・米塚経由の県道298号線を利用
  • 国道325号線・阿蘇白水温泉瑠璃から県道111号線を利用。

料金/許可[編集]

阿蘇山公園道路[編集]

阿蘇山の山上広場から中岳火口付近の駐車場へ向かう有料道路がある。通行可能時間帯は9:00〜16:30である。火山ガスの関係上、喘息・気管支炎・心臓が弱いなど持病がある搭乗者・運転手がいる場合は、通行が許可されない。登山火山ガス発生時は通行止めとなる。通行料金は以下の通り。

  • 軽自動車:¥320
  • 普通車:¥560
  • 大型車:¥1,580(トラックは通行不可)
  • 軽車両:¥100

動く[編集]

車で[編集]

JR阿蘇駅・道の駅阿蘇から阿蘇山の山上広場まで約15km、自動車で20~30分。

バスで[編集]

産交バスがJR阿蘇駅~草千里~阿蘇山西駅(ロープウェイ)において1日に7往復ほど運行している。阿蘇駅前からの所要時間と運賃は以下の通り。産交バス総合案内

  • 草千里阿蘇火山博物館前バス停まで約35分、¥470。
  • 阿蘇山西駅バス停まで約40分、¥540。

ロープウェイで[編集]

産交バスグループが阿蘇山西駅~火口西駅において阿蘇山ロープウェーを運営している。所要時間は約4分である。施設整備点検のため、マイクロバスによる代替輸送(運賃同額)が実施されることがある。通常は15~20分間隔で運行されている。

  • 大人:片道¥600、往復¥1,000
  • 始発便:4月中旬~11月は8:30(12月~4月上旬は9:00)
  • 最終便:上り16:25、下り16:50(通年)

観る[編集]

阿蘇火山博物館 地図  
団体に限りトレッキングツアーを行っている。
 所在  阿蘇市赤水1930-1。JR豊肥本線阿蘇駅下車、バス利用。  電話  (0967) 34-2111  WEB  [1]
 開場時間  9:00~17:00(入館は16:30迄)。  料金  入館料大人¥840、子供¥420。


米塚 地図  
標高954mでありながら山下から頂上までは約100mの小さな山。健磐龍命(たけいわたつのみこと)が、収穫した米を積み上げてできたという伝説がある。米塚は現在立入禁止になっている。
 所在  県道298号線沿い。
米塚

遊ぶ[編集]

草千里 地図  
直径約1kmほどの円形の草原で阿蘇の代表的な観光スポットの1つ。周辺では牛や馬の放牧が行われている。火山博物館、レストラン、みやげ物店などがあり阿蘇観光の拠点にもなっている。
 所在  鳥帽子岳中腹、阿蘇中岳の火口まで数km。  電話    WEB  
 開場時間    料金  駐車場は有料である。
草千里

買う[編集]

食べる[編集]

飲む[編集]


泊まる[編集]


気を付ける[編集]

  • 火口付近は火山ガスの噴出状況によって立入が規制されることがある。
  • ときどき牛が道路を横切ることがあるのでスピードの出しすぎには注意する必要がある。

出かける[編集]

  • 南阿蘇村 — 一心行の桜や南阿蘇鉄道のトロッコ列車で有名。村内には湧水が多い。
  • 由布市 — 湯布院温泉や金鱗湖、由布岳などで有名。
  • 黒川温泉 — 温泉地ランキングで上位になることが多い温泉地。



Wikitravel Shared Logo 阿蘇山に関連する画像がウィキトラベル・シェアードにあります。

この記事「阿蘇山」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。

変種

操作

Docents

他言語版

その他のサイト