何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

関東

提供: Wikitravel
移動: 案内検索
関東地方の位置

関東(かんとう)は本州の中央よりやや東南よりにある「東日本」の地方である。北側は東北地方、西側は中部地方に接しており、東側と南側は太平洋に面している。日本の首都であり行政と経済の中心地である、東京都を有している。


地方[編集]

関東地方は以下の1都6県で構成されている。

関東地方の各県
東京都
神奈川県
千葉県
埼玉県
栃木県
群馬県
茨城県

なお、利根川以北の茨城・栃木・群馬の各県を合わせて北関東、利根川以南の東京都および埼玉・千葉・神奈川・山梨の各県を合わせて南関東と呼ぶことがある。

首都圏といった場合、山梨県を含むことが多い。さらに長野県新潟県を加えて関東甲信越という呼び方もされる。


都市[編集]

その他の旅行先[編集]

分かる[編集]

関東という呼称は時代によって少しずつ定義が変わるものの、「箱根の山は天下の嶮~」の歌(箱根八里)で知られる要所、箱根関(箱根峠)を境に東を関東、西を関西に分けられる。一般的に関東を表す用語「関八州」で示されるように、律令制でいう相模・武蔵・安房・上総・下総・常陸・上野・下野の8ヵ国の範囲を示しており、これらの地域は現在の神奈川県・東京都・埼玉県・千葉県・茨木県・群馬県・栃木県に該当する。

関東地方には、日本の首都である東京をはじめとして横浜、川崎、千葉、さいたまといった大都市を抱え、その人口は約3,000万人以上と、日本の人口の4分の1以上を抱える人口過密地域であり、日本の政治・経済の中枢を抱え、またTV放送や出版といった文化面でも大きな影響力をもつ。

着く[編集]

飛行機で[編集]

  • 東京国際空港(東京都) - 主に国内線が就航している。
  • 成田国際空港(千葉県) - 主に国際線が就航している。
  • 茨城空港(茨城県) - 札幌、神戸への国内線及び上海、ソウル(運休中)への国際線が就航している

列車で[編集]

JR東海
東海道新幹線:東京駅 - 新大阪駅 - 山陽新幹線
JR東日本
東北新幹線:東京駅 - 新青森駅
上越新幹線:大宮駅 - 新潟駅
長野新幹線:高崎駅 - 長野駅
東海道本線:東京駅 - 神戸駅
中央本線:新宿駅 - 塩尻駅
東北本線:東京駅 - 盛岡駅
常磐線:日暮里駅 - 岩沼駅
上越線:高崎駅 - 宮内駅

車で[編集]

  • 東名高速道路 - 東海近畿中国九州方面
  • 中央自動車道 - 山梨県、長野県方面
  • 上信越自動車道 - 長野県、北陸方面
  • 関越自動車道 - 新潟県方面
  • 東北自動車道 - 東北(郡山市)方面
  • 常磐自動車道 - 東北(いわき市)方面

バスで[編集]

船で[編集]

  • 商船三井フェリー (大洗船客予約センター) — 首都圏・北海道航路が大洗(茨城県)~苫小牧(北海道)間を結んでおり、夕便・夜便の2つのタイプがある。1日1~2便運航、1ヶ月に数日程度運航のない日がある。  電話  0120-489-850 / (029) 267-4133  WEB  [1]
  • オーシャン東九フェリー (東京予約センター) — 東京~徳島~北九州(福岡県)を結ぶ1日1便が運航されており、1ヶ月に数日程度運航のない日がある。  電話  (03) 5148-0109  WEB  [2]
  • マルエーフェリー (東京支店) — 東京・沖縄航路が東京~志布志(鹿児島県)~名瀬(奄美大島)~与論(与論島)~那覇(沖縄県)を結んでおり、1ヶ月に4~6便が運航されている。名瀬・与論への寄港は一部の便。  電話  (03) 5643-6170  WEB  [3]

動く[編集]

飛行機で[編集]

東京都調布市から伊豆大島への定期コミューター線が発着している他、遊覧飛行やチャーターなどを行うヘリコプターが存在する他、東京・川島・群馬の各ヘリポートから成田国際空港への定期旅客ヘリコプターが運行されている。

  • 調布飛行場(東京都) - 大島新島神津島からの定期便が就航している。
  • 東京ヘリポート(東京都) - 成田国際空港からの定期旅客ヘリコプターが就航している。
  • 川島ヘリポート(埼玉県) - 成田国際空港からの定期旅客ヘリコプターが就航している。
  • 群馬ヘリポート(群馬県) - 成田国際空港からの定期旅客ヘリコプターが就航している。

列車で[編集]

ICカード

関東地方で発売されているICカード方式の鉄道・バス共通乗車カードは、以下のとおり。

  1. 私鉄鉄道会社によって発売されている「PASMO(パスモ)」
  2. JR東日本の「Suica(スイカ)」
  3. 東京モノレールの「モノレールSuica」
  4. 東京臨海高速鉄道の「りんかいSuica」

これらのICカードは、多くの鉄道会社やバス会社で利用できるので旅行に便利。いずれのカードも相互利用(共通利用)できる。

ダイヤが乱れたとき[編集]

ICカードで入場したあとダイヤが乱れた際の対応は、利用している鉄道会社によって異なる(切符で入場した場合は振替輸送の対象となる)。対応内容は駅の広告にて提示されていることがあるのでそれを確認するかアナウンス内容、駅員に確認をしてもらった方が良いだろう。

湘南新宿ライン
この路線が通る直通運転先の路線が、人身事故などでダイヤが乱れると、湘南新宿ラインの列車は長時間停まった(来ない)ままになることが多い。理由は、直通運転先の東北本線(宇都宮線)と高崎線、横須賀線と東海道本線のダイヤ回復を優先する為である。つまり、湘南新宿ラインが不通となったとしても、充分に代用できる路線があるからそちらを優先・・・というわけだ。
このようなことから、あえて湘南新宿ラインの電車が来るのを無理に待たずに、並行する東北本線(宇都宮線)や高崎線、横須賀線、東海道本線、埼京線、そして山手線、私鉄と地下鉄の鉄道路線を利用した方が、かえって早く目的地に到着する。
既に普通列車グリーン自由席券を購入してしまった場合は、直通運転先の路線が湘南新宿ラインと並行するものであれば、通用する。

普通列車グリーン車[編集]

普通列車グリーン車に乗車出来る路線名は以下のとおり。(あいうえお順)

  • 宇都宮線
  • 高崎線
  • 湘南新宿ライン
  • 常磐線の普通(快速)列車
  • 東海道線
  • 横須賀・総武線快速

グリーン車の乗車券は、JR東日本のSuica、りんかいSuica、モノレールSuica、PASUMOカード、モバイルSuicaにて購入出来る。但し、発売はグリーン車が停車する駅でしか発売されていない。 乗車してから確保することは出来るが料金が高くなる。安くしたければ駅にあるグリーン車用券売機にてSuicaカードにて確保することになる。駅にて購入した場合のみ、購入する際に指定した区間だけが有効であり、これを乗り越えると新たに精算しなければならない。平日と土日祝日とは料金が異なっており、土日祝日のほうが安い。 なお、自由席という設定上、満席となれば立ったままグリーン車の車内にて乗り通す事になる。この場合の払い戻しは降りた駅の駅員に申し出る事で払い戻される。

地下鉄で[編集]

東京メトロ副都心線に接続する電車の種別の変化は以下のとおり。東武鉄道の運行方針により、東京メトロ副都心線から乗り入れてくる電車は全て「普通」としている。その代わり、普通より速い「準急」や「急行」、「快速」、「快速急行」とは主要駅にて必ず乗り換えが出来るようにダイヤを組んでいる。


副都心線直通運転先の種別組み合わせ・その1(2014年1月現在)
東武東上線(埼玉県) 東京メトロ副都心線(東京都) 東急東横線・横浜高速みなとみらい線(神奈川県)
普通 急行 特急または急行
普通 各駅停車 急行または各駅停車
副都心線直通運転先の種別組み合わせ・その2(2014年1月現在)
西武池袋線・西武有楽町線(埼玉県) 東京メトロ副都心線(東京都) 東急東横線・横浜高速みなとみらい線(神奈川県)
快速急行・快速・準急・各駅停車 急行 特急または急行
快速急行・快速・準急・各駅停車 各駅停車 特急または急行または各駅停車

※ 平日朝ラッシュ時間帯のみ運行される「通勤急行」や「通勤特急」は除いている。

車で[編集]

バスで[編集]

路線バス[編集]

関東の主要なバス会社はバス共通カードを発行しており、1枚のカードで様々なバスに乗車できるので旅行者に便利。鉄道と共通化したICカードのPASMO(パスモ)とSuica(スイカ)を利用できるバス会社も多い。

中・長距離バス[編集]

関東地方には多数の中・長距離バスの路線があるが、その多くは東京23区内のバスターミナル(東京、新宿池袋品川など)とその他の地方都市を結ぶもので、東京以外の地方都市間を結ぶ路線はそれほど多くない。地域内の路線の詳細については、「バスどこなび」などを参照されたい。バスどこなび

定期観光バス[編集]

はとバス — 都内を半日~1日かけてまわるコースを多数そろえていることでよく知られているが、その他にも横浜などの近隣の都市や、富士山中禅寺湖など、関東各地の観光地への日帰り・宿泊バスツアーも企画催行している。  WEB  [4]

観る[編集]

遊ぶ[編集]

買う[編集]

食べる[編集]

一般に関西に比べ料理の味付けが濃いと言われており、このことはよく関西から来た人が駅でうどんやそばを食べようとしてその汁の色が濃いことに驚いた、などというエピソードと共に語られることが多いように感じられる。ただしこれには、関東地方の料理は醤油を基調とした味付けになるので色が濃く、その分味付けも濃いように感じるだけで、実際には塩を基調とした味付けの関西の料理と味付けの濃さという点ではさほど変わらないという物言いがされることもある。

飲む[編集]

ホッピー  
ノンアルコールのビールテイストソフトドリンク。大衆酒場の定番ドリンク。単体で飲むことはせず、焼酎甲類で割って飲む。ビールに比べカロリー、プリン体が低く、価格が安い。白、黒といった種類があり、それぞれラガータイプのビールと黒ビールを意識した味となっている。通常は白が提供される。お店で注文する場合は、焼酎の事をナカ、ホッピー単体の事をソトと呼び、単にホッピーと注文した場合は「ナカとソトのセット」が提供されることが多い。飲み方は各種あるが、多くの人は、ナカにソトを半分程度混ぜ一杯目とし、ナカをおかわりする。
 所在  関東一円の大衆酒場等。  電話    WEB  ホッピービバレッジ株式会社
 営業時間    料金  ホッピーセット ¥300~¥500程度が相場。

出かける[編集]

Wikitravel Shared Logo 関東に関連する画像がウィキトラベル・シェアードにあります。

この記事「関東」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。

変種

操作

Docents

他言語版

その他のサイト